悲しみのご縁覚英寺様

10月に入り一日一日秋が深まりつつあります。いのちの営みを感じつつ、色づく木々の葉やちりゆく姿を見つめつつ、過ごしています。

002

一年半という歳月を病気と向き合いつつ一生懸命に生き抜かれた、覚英寺坊守海野敦子様でしたが、10月4日往生の素懐を遂げられました。70年のご生涯をしのびつつ、いただいた数々のご縁に感謝し、お参りさせていただきたいと思います。

004 又、覚英寺様は今年の春に前坊守様が御往生され、葬儀があったばかりで、半年で大切なお二人の葬儀を出すこととなり、ご寺族ご院内皆様のお悲しみも、計り知ることは出来ません。ともに心を寄せつつ、お念仏申させていただきたいと思います。称名

 

通夜10日午後6時 葬儀11日午前10時 会場 覚英寺様本堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください