更新履歴

平成最後の元旦会  (2019年1月10日)

穏やかな大晦日でした。さほど荒れることもなく31日午後2時より壮年会有志の皆さんにより、除雪と除夜会の準備作業が行われました。境内の隅々まで除雪し、清水産業さんのご協力できれいに排雪していただきました。 鐘楼堂・山門・そ […]

続きを読む…

平成31年年頭 住職の書  (2018年12月31日)

年越しは江別の眞願寺で ~除夜の鐘どなたでもどうぞ~  (2018年12月28日)

23時00分 除夜の鐘整理券配布開始 23時30分 除 夜 会 法要と住職一口法話(約15分) 23時45分~0時20分 除 夜 の 鐘 整理券番号順についていただきます。 108番以降は順次自由におつきください。 0時 […]

続きを読む…

今年最後のご命日御法座と壮年会  (2018年12月22日)

「お寺ではクリスマスはしないんですか?」と聞かれることがあります。今年も何回か聞かれました。きっと現代のお寺ではしているところもあるのかもしれませんね。何年か前のドラマ最終回はお寺の境内におおきなツリーが飾られていました […]

続きを読む…

盛況でした!子ども食堂・地域食堂(北翔大学)  (2018年12月18日)

初めて行われる行事は、いつでも緊張しますね。しかし、終わってみれば、主催された北翔大学の教員と生徒さんの一生懸命さに心打たれ、お声がけした皆さんのお陰によって多くの子どもや地域の方120名以上が来られ、協力させていただい […]

続きを読む…

秋初穂感謝法要と「いちょう会」12月3日  (2018年12月11日)

今朝の江別は-14度、しばれましたね。日本全国も各地で寒い朝だったようです。昨日は雪も多く一面雪景色、朝から除雪機を今シーズン初可動しました。 さて、3日は恒例の「秋初穂感謝法要」が午後1時より行われました。年に一度の感 […]

続きを読む…

婦人会報恩講12月2日  (2018年12月5日)

師走としては記録的な温暖になっていますが、今日から平年並になってくるようですね。子ども食堂・地域食堂がにぎやかであればと思います。 さて、2日は午前11時より婦人会の報恩講が行われました。朝早くから役員皆さんの準備もあり […]

続きを読む…

北翔大学の子ども食堂・地域食堂を眞願寺で 12月5日  (2018年12月2日)

あたたかな秋の永代経法要  (2018年11月20日)

11月も20日を過ぎ、ようやく札幌で初雪となりました。江別も今夜(21日)あたり降りそうですね。14日より三日間修行された秋季永代経も、珍しく境内に雪もなくあたたかな三日間でした。 眞願寺境内のイチョウは、黄色く紅葉する […]

続きを読む…

秋の永代経法要ご案内 門信徒写真展も!  (2018年11月9日)

11月14日(水)~16日(金)午後1時より3時半 秋季永代経法要が修行されます。ご法話は鹿追町玄誓寺御住職上本周司師です。また、14日より第2回門信徒写真展が開催されます。出展テーマは『動物に関する写真』です。15日は […]

続きを読む…

眞願寺報恩講報告③   (2018年11月7日)

11月に入り割合暖かな日が続いています。例年だと冷たい雪が降る日もあるのですが、過ごしやすくなっています。境内でも紅葉が進み、落ち葉の清掃も最盛期となりました。今年はニューマシンを購入して、皆さんに喜んでいただいています […]

続きを読む…

眞願寺報恩講報告② 境内では雪囲い  (2018年10月30日)

今日(10月30日)は朝から有志の方により境内の雪囲いをしていただきました。小雨がぱらつく中ではありますが、低木の枝などが重たい雪にも耐えられるよう、きつく縛っていきます。広い境内6名のご奉仕で一日いっぱいかかります。ご […]

続きを読む…

眞願寺報恩講報告① 江別高校華道部  (2018年10月29日)

はや10月もあと三日となり、冬もそこまで来ています。お寺の車のタイヤ一台交換しました。除雪機の整備もそろそろですね。境内では、さくら・もみじ・かえで・ななかまど・つつじなど、6月に芽吹き緑一色でしたが、10月に入り日々変 […]

続きを読む…

境内に雪虫が~秋季彼岸会報告  (2018年10月21日)

10月も半ばを過ぎました。9月の台風と地震による災害復旧が続く中ではありますが、日々季節は変わりつつあります。眞願寺では報恩講を前後して、造園やさんに松やオンコなど、きれいに剪定していただきました。お陰様で境内も明るくな […]

続きを読む…

北海道百五十年 眞願寺百三十五年  (2018年10月17日)

 松浦武四郎は六回におよぶ蝦夷地の探検で、アイヌの人々との交流を元に地名を「北加伊道」と提案しました。これを基に「北海道」と命名されて今年で百五十年になる。天塩川流域を調査した際に出会ったアイヌの長老アエトモから、「カイ […]

続きを読む…