野鳥」タグアーカイブ

境内のエゾヤマザクラ満開

今年のGWはお天気がいい日も多く、3日には境内のエゾヤマザクラも満開になり、連休中は春のぬくもりを感じつつ、過ごさせていただきました。

その他にもモクレン・ムラサキツツジをはじめ、ユキワリソウ・シバザクラ・スイセン・チュウリップなど、春の花が一斉に咲き始めました。

その隅で今年もアスパラがにょきっと背を伸ばしてきましたので、おいしくいただきました。(細身ですがおいしかったです)

これからも、梅をはじめツツジなど、境内の花々がお浄土のように素晴らしい癒やしの世界を奏でてくれることでしょう。楽しみですね。

さて、2日は婦人会・壮年会合同の常例法座がありました。皆さんとご一緒に「らいはいのうた」をお勤めし、ご法話を頂戴しました。ご講師には熊本の源明龍氏に久しぶりにお越しいただき、わかりやすくお話しいただきました。

さて、境内に来る野鳥たちも、いのちの営みの季節となりました。雀をはじめシジュウガラ、ゴジュウガラ、ヤマガラ、カワラヒワなど、飛んできてくれます。とてもかわいいですね。今年は境内に営巣するでしょうか。

といいつつ、先日ハルニレの高いところに営巣したカラスの巣を撤去していただきました。雛がかえるととても凶暴になり、通行人や参拝者に被害が出るということもあり、やむなくお願いしました。しかし、撤去後3日間は親鳥が巣のあった枝にいながら、途方にくれている(様に見えました)姿を見ると、とても心痛みました。卵は4コあったそうです。身勝手な私である事を痛感しつつ、カーカーと鳴くカラスに頭下げる今日です。

 

桜開花しました。アリスイ発見!

DSCF5209眞願寺の桜、開花しました!今日5月1日は快晴ですが、気温は最高で10度、まだ肌寒いですね。明日はあたたかくなりそうなので、開花も進でしょう。

DSCF5216ご本堂横のエゾヤマザクラが昨日からほころび始めました。山門横のエゾヤマザクラはまだのようですね。でも、明日には開花しそうです。

DSCF5208鐘楼堂の横の白梅は、今年も桜よりおそい開花となりました。さすが北海道、これから開花が目白押しですね。

DSCF5211ムラサキツツジ、スイセン、シバザクラ、タンポポ、そしてアスパラ(笑)われや先と、光をいっぱいに受けて、皆一生懸命いきていています。

DSCF5213 DSCF5210DSCF5219 DSCF5220 DSCF5217お隣の江別小学校(廃校になりましたが)からは、アカゲラが白樺を叩く音が響いてきます。きっと子育ての準備なのでしょう。そして境内からは昨年よく聞いた野鳥の声が・・「くいっ・くいっ・くいっ・・」見つけましたアリスイ!イチョウの木一番高いところで泣き叫んでいます。もしかしたら去年眞願寺で生まれたアリスイかもしれませんね。なんか嬉しくなります。いっぱいにズームしてシャッターを押しました。DSCF5222さてさて、GWもお寺は忙しい日が多いようです。里帰りで納骨堂に参拝される家族連れの方も多いようです。熊本や大分の被災地に心よせつつ、いのちの営みを味わう5月です。

壮年会総会 2月6日

DSCF2891

2月も半ばを過ぎて暖かな日が続いています。そして近隣の御寺院の葬儀も続いています。当別の勝圓寺前住職様・丘珠の高恩寺前住職様・そして昨日は長沼誓報寺前坊守様と悲しいごお別れのご縁に弔問させていただいています。人の死は悲DSCF2915しい別れではありますが、いずれは私の事としてどう受けとめさせていただくことが、大事な事なのでしょうね。御往生されてゆかれた先輩諸師のみあとを慕い、如来のご本願におまかせして、明日のある人生を精一杯生かさせてDSCF2938いただきたいと心に思う今日です。境内には野鳥が餌場に集まり、零下の寒い北海道でいのちを繋いでいる姿にも、感動します。

さて、今年度最後の総会は6日に壮年会の総会が行われました。今年は会員で御往生された方がおられましたので、総会に先立ち追悼法要が行われました。故人を偲んでの一時を皆さんご一緒に共有し、お念仏申させていただきました。

DSCF2994_edited-1

総会では事業報告・決算、事業計画・予算が審議されるとともに、今年度20周年を迎えるということで、記念事業についても審議されました。執行部上程通り承認をいただき、大きな節目となる今年の活動がスタートしたことです。

 

DSCF3142_edited-2

続いての新年会は広間で行われ、会長挨拶をはじめ役員・新役員・そして新会員の紹介など、そしておいしいお酒もすすめば、お互いひざを交えつつ話も盛り上がり、会のDSCF3097未来について・仏事・我が家庭・お寺・住職・そして将来の死・そして仏になるって・・。などについて、壮年会らしい会話が進み、皆さんの前で思いを話していただくようになって、とても楽しく、嬉しく、そしてありがたい思いのDSCF3143中で皆さんの思いをただ聞かさせていただきました。尊いとてもすばらしい一時でした。

DSCF3179DSCF3182DSCF3117 DSCF3147DSCF3167DSCF3192DSCF3127DSCF3161DSCF3119DSCF3123お開きとなりましたが、夜の街へとその友垣の輪も流れてゆきました。壮年会20周年。皆さんのお陰で、すばらしい会になりました。

境内にアリスイ(野鳥)営巣

珍しい野鳥が営巣しています。ひと月ぐらい前から向かいの江別小学校から「クイクイクイ」っと甲高い鳴き声が聞こえていました。キツツキの仲間アカゲラはよく見かけますが、その鳴き声とも違うようで、どんな鳥かと思っていましたが。4~5日前、鐘楼堂の近くから鳥の雛らしき声が聞こえてくるようになり、よくよく見てみると、去年コムクドリが営巣した巣箱からでした。

コムクドリの雛とは鳴き声が違うし、スズメでもないし・・。しばしカメラを構えて車の中からバードウオッチング!

DSCF7560_edited-1

あ!なんだ?この鳥。まったく初めて見るようでした。巣箱にとまった親鳥の後ろ姿はまるで蛇のようでした。

そして巣箱から出て来る様子も、正しく蛇の顔そのものでした。

何じゃこの鳥!とネットで調べてみると古代の鳥アリスイとわかりました。珍鳥なんですね~。普段はアリを餌にしているようですが、餌場は江別小学校なのでしょうか?境内のアリは最近増える一方です。松に幹に登ってゆくアリを何とか吸いつくしてほしいものですが・・。

DSCF7574

 

ちょっと動画も映してみました。()ご覧下さい。こんどもっときれいに取りたいと思います。次回をお楽しみに。

 

雪どけすすむ境内、今日よりお彼岸

DSCF4455_edited-1

今年は境内の雪どけも一週間は早く進んでいるようです。あたたかな日が続き、本州の西の方では20度を上回り、桜の開花がそろそろという話題がテレビで紹介されていました。

DSCF4470お彼岸を前に16日御命日法座があり、この日も50名以上の方々が参詣いただきました。たくさんの門信徒皆様のご参詣、とてもありがたいことです。ご一緒に正信偈を拝読させていただき、すがすがしい心の中で、ご法話を聴聞させていただきました。

DSCF4397

この日も先月の16日にお引き続き、長沼町誓報寺副住職天野広道師よりご法話いただきました。とてもわかりやすく、ご自身の体験を元に、み法をお伝えいただきました。又、ご法座の休憩時間にどうぞということで、たくさんの長沼名産のかりんとう饅頭をいただきました。とてもおいしくいただきました。

DSCF4427

DSCF4444

 

 

 

DSCF4446

さて、今日より一週間お彼岸です。昨日はお寺で葬儀があり、悲しみの中ではありましたが、おおくの皆様にお寺にお越しいただきました。この仏縁を大切にしていただければ、悲しみの中から、あらたな出会いに結ばれることでしょう。

DSCF4472_edited-1

DSCF4483 葬儀が終わりましてから仏花を立てて、お内陣の荘厳、清掃など法務員の皆さんと行いました。お陰様で準備も整い、午後1時からのご法座を四日間お迎えさせていただきます。多くの皆様のご参詣、心よりお待ち申し上げます。

8ページ H27 春のお彼岸 御堂コンサート_ページ_1

境内の雪どけとともに、雪に隠れていた雪がこいされた低木も見えてきました。春ですね。

DSCF4467

野鳥もあたたかそうに、境内の餌場に集まってきます。年中いるスズメやヒヨドリに加えキレンジャクの姿も見かけました。アトリやカワラヒワも餌をついばんでいます。

DSCF4346_edited-1DSCF4333_edited-1DSCF4342DSCF4340DSCF4364_edited-1そして自宅では、三代目プーコがせわしく走りまわっています。ティッシュボックスの中に入り込んだときにシャッターチャンス!お陰様で癒やされています。