野鳥」タグアーカイブ

いきなり35センチ降雪 永代経を終えて

14日より3日間、秋季永代経が行われました。その間もぱらぱら降っていましたが、19日はどか雪なり、境内もいきなり冬景色となりました。皆さん除雪作業、お疲れ様です。短めの長靴も埋まるほどで、ナナカマドの実も雪帽子をかぶりました。

さて、秋の永代経はたくさんの御門とに参詣いただきました。三日間ということで、初日は無量寿経、二日目は観無量寿経、三日目は阿弥陀経で開闢法要として修行しました。毎日、ご門徒皆さんとご一緒に大きな声でお勤めし、多くのご懇念いただいたご先達に感謝し、益々子や孫へとこのお寺が、お念仏のみ教えが受け継がれるよう願いつつ、尊いご縁を過ごしました。

三日間のご法話は、八雲町西教寺住職吉村善充師にお取り次ぎいただきました。ご和讃の「本願力にあいぬれば むなしくすぐる人ぞなき」より、ご本願にいだかれている私であり、確かなる未来「お浄土」ヘの日々をこれからも過ごしていきたいと、皆さんと聞かさせていただきました。

法要中三日間、門信徒による眞願寺写真展をご本堂で開催させていただきました。今回は試行ということもあり、住職より四名の方にお願いし、テーマを「動物」として4枚ずつ展示しました。

毎座毎座、休憩時間になると皆さん興味津々とご覧になり、それぞれの動物の特徴や自然の中で力強く生きている「いのち」を感じながら、「とてもいいですね~」「是非これからもしてください」「しばらく、展示されたらどうですか~」など、とても好評な感想を皆さんからちょうだいしました。そんなご意見もあり、1月の総会まではこのまま展示しておこうと思っております。ご協力頂いた宮﨑廣夫さん、原利之さん、田島隆志さん、そして花岡勝美さん、ありがとうございました。

三日目は開闢法要を併修し修行されました。今年の春より半年間御進納された方のご家族に参拝・焼香をいただきました。法要後、別室で住職より御礼のご挨拶、記念品の贈呈と茶席が設けられ、これからも参詣と聴聞をお願いし、懇親の一時を過ごしました。

 



ご参詣くださった多くの方に感謝申し上げます。眞願寺の次の行事は、12月2日婦人会100年記念法要、12月3日秋初穂感謝法要です。

境内のエゾヤマザクラ満開

今年のGWはお天気がいい日も多く、3日には境内のエゾヤマザクラも満開になり、連休中は春のぬくもりを感じつつ、過ごさせていただきました。

その他にもモクレン・ムラサキツツジをはじめ、ユキワリソウ・シバザクラ・スイセン・チュウリップなど、春の花が一斉に咲き始めました。

その隅で今年もアスパラがにょきっと背を伸ばしてきましたので、おいしくいただきました。(細身ですがおいしかったです)

これからも、梅をはじめツツジなど、境内の花々がお浄土のように素晴らしい癒やしの世界を奏でてくれることでしょう。楽しみですね。

さて、2日は婦人会・壮年会合同の常例法座がありました。皆さんとご一緒に「らいはいのうた」をお勤めし、ご法話を頂戴しました。ご講師には熊本の源明龍氏に久しぶりにお越しいただき、わかりやすくお話しいただきました。

さて、境内に来る野鳥たちも、いのちの営みの季節となりました。雀をはじめシジュウガラ、ゴジュウガラ、ヤマガラ、カワラヒワなど、飛んできてくれます。とてもかわいいですね。今年は境内に営巣するでしょうか。

といいつつ、先日ハルニレの高いところに営巣したカラスの巣を撤去していただきました。雛がかえるととても凶暴になり、通行人や参拝者に被害が出るということもあり、やむなくお願いしました。しかし、撤去後3日間は親鳥が巣のあった枝にいながら、途方にくれている(様に見えました)姿を見ると、とても心痛みました。卵は4コあったそうです。身勝手な私である事を痛感しつつ、カーカーと鳴くカラスに頭下げる今日です。

 

桜開花しました。アリスイ発見!

DSCF5209眞願寺の桜、開花しました!今日5月1日は快晴ですが、気温は最高で10度、まだ肌寒いですね。明日はあたたかくなりそうなので、開花も進でしょう。

DSCF5216ご本堂横のエゾヤマザクラが昨日からほころび始めました。山門横のエゾヤマザクラはまだのようですね。でも、明日には開花しそうです。

DSCF5208鐘楼堂の横の白梅は、今年も桜よりおそい開花となりました。さすが北海道、これから開花が目白押しですね。

DSCF5211ムラサキツツジ、スイセン、シバザクラ、タンポポ、そしてアスパラ(笑)われや先と、光をいっぱいに受けて、皆一生懸命いきていています。

DSCF5213 DSCF5210DSCF5219 DSCF5220 DSCF5217お隣の江別小学校(廃校になりましたが)からは、アカゲラが白樺を叩く音が響いてきます。きっと子育ての準備なのでしょう。そして境内からは昨年よく聞いた野鳥の声が・・「くいっ・くいっ・くいっ・・」見つけましたアリスイ!イチョウの木一番高いところで泣き叫んでいます。もしかしたら去年眞願寺で生まれたアリスイかもしれませんね。なんか嬉しくなります。いっぱいにズームしてシャッターを押しました。DSCF5222さてさて、GWもお寺は忙しい日が多いようです。里帰りで納骨堂に参拝される家族連れの方も多いようです。熊本や大分の被災地に心よせつつ、いのちの営みを味わう5月です。

壮年会総会 2月6日

DSCF2891

2月も半ばを過ぎて暖かな日が続いています。そして近隣の御寺院の葬儀も続いています。当別の勝圓寺前住職様・丘珠の高恩寺前住職様・そして昨日は長沼誓報寺前坊守様と悲しいごお別れのご縁に弔問させていただいています。人の死は悲DSCF2915しい別れではありますが、いずれは私の事としてどう受けとめさせていただくことが、大事な事なのでしょうね。御往生されてゆかれた先輩諸師のみあとを慕い、如来のご本願におまかせして、明日のある人生を精一杯生かさせてDSCF2938いただきたいと心に思う今日です。境内には野鳥が餌場に集まり、零下の寒い北海道でいのちを繋いでいる姿にも、感動します。

さて、今年度最後の総会は6日に壮年会の総会が行われました。今年は会員で御往生された方がおられましたので、総会に先立ち追悼法要が行われました。故人を偲んでの一時を皆さんご一緒に共有し、お念仏申させていただきました。

DSCF2994_edited-1

総会では事業報告・決算、事業計画・予算が審議されるとともに、今年度20周年を迎えるということで、記念事業についても審議されました。執行部上程通り承認をいただき、大きな節目となる今年の活動がスタートしたことです。

 

DSCF3142_edited-2

続いての新年会は広間で行われ、会長挨拶をはじめ役員・新役員・そして新会員の紹介など、そしておいしいお酒もすすめば、お互いひざを交えつつ話も盛り上がり、会のDSCF3097未来について・仏事・我が家庭・お寺・住職・そして将来の死・そして仏になるって・・。などについて、壮年会らしい会話が進み、皆さんの前で思いを話していただくようになって、とても楽しく、嬉しく、そしてありがたい思いのDSCF3143中で皆さんの思いをただ聞かさせていただきました。尊いとてもすばらしい一時でした。

DSCF3179DSCF3182DSCF3117 DSCF3147DSCF3167DSCF3192DSCF3127DSCF3161DSCF3119DSCF3123お開きとなりましたが、夜の街へとその友垣の輪も流れてゆきました。壮年会20周年。皆さんのお陰で、すばらしい会になりました。

境内にアリスイ(野鳥)営巣

珍しい野鳥が営巣しています。ひと月ぐらい前から向かいの江別小学校から「クイクイクイ」っと甲高い鳴き声が聞こえていました。キツツキの仲間アカゲラはよく見かけますが、その鳴き声とも違うようで、どんな鳥かと思っていましたが。4~5日前、鐘楼堂の近くから鳥の雛らしき声が聞こえてくるようになり、よくよく見てみると、去年コムクドリが営巣した巣箱からでした。

コムクドリの雛とは鳴き声が違うし、スズメでもないし・・。しばしカメラを構えて車の中からバードウオッチング!

DSCF7560_edited-1

あ!なんだ?この鳥。まったく初めて見るようでした。巣箱にとまった親鳥の後ろ姿はまるで蛇のようでした。

そして巣箱から出て来る様子も、正しく蛇の顔そのものでした。

何じゃこの鳥!とネットで調べてみると古代の鳥アリスイとわかりました。珍鳥なんですね~。普段はアリを餌にしているようですが、餌場は江別小学校なのでしょうか?境内のアリは最近増える一方です。松に幹に登ってゆくアリを何とか吸いつくしてほしいものですが・・。

DSCF7574

 

ちょっと動画も映してみました。()ご覧下さい。こんどもっときれいに取りたいと思います。次回をお楽しみに。