婦人会」タグアーカイブ

2月2日 佛教婦人会総会新年会

SONY DSC

眞願寺の教化活動は平成8年に創立された壮年会と、大正初期に結成された佛教婦人会があり、教化の両輪として、活動していただいています。その婦人会の総会新年会が2月2日に行われました。総会では「東日本大震災の被害にあわれた多くの皆様に心を寄せて、昨年に引き続き今年度も活動していきましょう。」と住職より挨拶させていただき、役員会より上程された原案通りすべて承認されました。

SONY DSC又、昭和55年より30年以上もの長き間、婦人会の文化教室『華道教室』の講師として、ご奉仕いただいた会員の小池節子師が、12月を以て引退されることになり、『華道教室』は一端お休みとなりました。小池師に対して、長年の労に感謝し、安孫子会長より花束と記念品が贈呈されました。小池師も「好きなことでお寺に通えたことはとても良かったと思っています。これからもお寺にお参りしたいと思います。長い間ありがとうございました。」と挨拶されました。

その文化教室では、元々「華道」「茶道」「ピアノ」と、三つの教室がありましたが、すべてお休みとなり、新たに今年より『書道教室』を開講する事になりました。講師は会員で地域で書道教室をされている阪本テル子師で、「実用的な筆ペンの練習を、先ずは自分の氏名を書けるようにしましょう」という目標ではじめることになりました。筆で手紙とか書SONY DSCけるようになれば、楽しいですね。会員の参加は無料で、筆ペン等は自分でそろえていただく事になりました。日程は5月2日・6月2日・7月2日のすべて午前10時より場所眞願寺。お申し込みはお寺までお願いします。

総会も終わり新年会が始まりました。おいしいお弁当をいただき、お楽しみのくじ引きの景品引き換え、住職・坊守・前坊守の特別賞がじゃんけんゲームなど、あっという間に午後2時半になり、お開きとなりました。

SONY DSC

お帰りの際は皆さん笑顔の中で、各地域ごとグループで車に乗り合われたり、ご主人のお迎えを待たれたり、それぞれ山門をあとにされました。今年も婦人会の常例法座をはじめ、楽しい行事がたくさんあります。是非皆さんで参加いただきますよう、お願いします。

SONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSC SONY DSC

婦人会報恩講・会員追悼会



12月に入り、いきなり大雪になり、早くも境内の隅には雪山が出来ました。1日はまさしく「どか雪」となり、いきなり真冬になったようです。そんな寒い中、明日の婦人会報恩講準備に役員の皆様が、厨房でお斎の準備をされていました。

粉雪混じりの天気になった2日、午前11時より婦人会報恩講そして会員物故者追悼法要が行われました。ご本堂には80名を超える会員に参詣いただきました。この日は婦人会と言うこともあって、坊守も出勤しご挨拶させていただきました。





おいしいお斎をいただき、午後から「住職と語る会」と言うことで、膝を交えなごやかな中でお話しさせていただきました。

近年、行われている『仏事相談』のいろんな事例を紹介し、「あなたなら、どうお答えになりますか?また、そんな時どうしますか?」と、皆さんにもいろいろとご意見を聞かさせていただきました。いずれにしても、多種多様な相談が増えています。

 

でも相談に来られると言うことはとてもいいことであり、答えにはなりませんが、私なりの次ぎへのアドバイスが出来るのでは無いかと思います。そこでもう一度お考えいただくことが出来るのでしょう。しかし、ほとんどの場合相談にもこられず、大切な仏事をご近所や業者さんの話をそのまま受けとめて行かれる場合が多いようです。「仏事」の事であれば、お寺にご相談いただきたいものです。

多くの質問もいただきました。『亡くなったご主人が散骨を希望していたのですが、私は出来ないでいます。どうしたら・・・?』『お仏飯をお供えする時間帯は夕方でもいいのでしょうか?』『家具調佛壇がありますが、お寺としてはすすめられますか?』などなど。一つ一つが私にとっても学びになります。尊い一時でした。

三時過ぎ、皆さん各々お帰りいただきました。雪によるスリップや自動車に気をつけてお帰り下さい。

境内の野鳥餌台には、12月よりひまわりの種など、まきはじめました。やがて雀もたくさん来ることと思いますが、先ずはシジュウガラの仲間がたくさん来ています。愛らしい姿にしばし事務仕事を忘れ、バードウオッチングしてました。気に入った写真をUPしますのでご覧下さい。

明日は「秋初穂感謝法要」です。お米をはじめ、あらゆる食材(いのち)をいただいています。皆さんで感謝しつつ、ご法要をお迎えしたいと思います。どうぞ足下お気をつけいただきご参詣下さい。

当別勝圓寺様報恩講に婦人会団体参拝



11月2日の婦人会常例法座は、当別の勝圓寺様報恩講大逮夜に移動参拝させていただきました。我々僧侶は御法中の報恩講に出勤させていただくので、他のお寺のお斎やご接待、そして何よりもご法要にもあわさせていただいていますが、婦人会の皆様にはご縁少ないことです。

そこで、ちょうど婦人会の常例日にあたる日が、「大逮夜」と言うことで、総勢30名でお参りさせていただきました。

ご法要の前に先ずはお斎をいただきました。もちろん手作りの「精進料理」です。婦人会の皆さんにとっても、一番興味あるところでしょう。味付けや盛りつけ方、接待の仕方など、多くを学ばさせていただきました。

ご法要は、ご本堂も満堂となり、雅楽とピアノの生演奏の中、宗祖讃仰作法音楽法要をお勤めされました。眞願寺でも9月の報恩講大逮夜で同じ音楽法要でしたので、皆さん一緒におとなえさせていただきました。私も雅楽の篳篥で参勤させていただきました。

 





御法話は十勝の高田先生です。ご自身の体験や出会いなどをまじえて、親鸞聖人の御遺徳を偲びつつ、お取り次ぎ下さいました。

昨年10月に団体参拝させていただいた折にお話いただき、この度のご縁となりました。度々の参拝にもかかわらずお出迎えから、ご接待、そしてお見送りまで、歓迎いただきましたこと、心より御礼申しあげます。近隣の寺院のお付き合いも、住職坊守だけではなく、ご門徒皆さんの繋がりも大事な事ですね。

境内の冬支度① ~お花の後片付けと雪虫大発生



きれいなお花で境内を彩っていた植木鉢やプランターの花々も終わりをむかえ、かたづける時が来ました。何回ともなく水をやり、花柄を取りながら世話をして来たのは、坊守と前坊守がほとんど。私は数えるほどでした。

11月5日、久しぶりのお天気に恵まれる中で、婦人会有志の皆様に参集いただき、ご本堂の正面階段や山門前の階段、そして隅々に多かれたそれぞれのプランターを集め、後片付けをしていただきました。





「ご本堂の階段にお花を飾ってみたらきれいかもしれない」と思い立ったのはもう12年前になります。まずは試しにということで、お花屋さんにお願いして、鉢に植えていただきそのまま飾りました。ところがそれが美しく咲き乱れ、なんとその年の市民憲章推進委員会で行われている『花のある街並みづくり運動』にて努力賞をいただき、翌年はなんと最優秀賞を頂戴しました。以来、「眞願寺のお花はいつもきれい」というお墨付きをいただき、今日に至っています。

婦人会のご奉仕によって植えるときと片付けは、おまかせしていますし、苗もいただくようになりました。ありがたいことです。道行く人たちが足を止め山門よりながめていただいている姿を見るたびに、「お陰様で」と喜んでいます。

「来年は古くなって壊れたプランターを新調しましょう」「来年はどんなお花を植えましょうか」など、皆さんの声が聞こえてきました。皆さん、ありがとうございます。

作業が一段落したら、境内の落ち葉はきをしていただきました。皆さんお帰りになってから境内は霧がかかったような状態になりました。よく見ると『雪虫』の大発生!





あまりの多さにびっくりしました。外から帰ってきた人にはたくさんの雪虫がついたままで、「ちゃんと払ってから入って!」と声が飛んでいました。もうすぐ雪ですね。毎年お願いしている境内の植木の冬囲いしていただくご門徒からお電話をいただき、日程の調整をしました。車のタイヤ交換も時期ですね。

 

婦人会一泊研修旅行~帯広~

帯広勝興寺様~本願寺帯広別院様~十勝川温泉第一ホテル~清川紫竹ガーデン

10月16日、17日の一泊二日で帯広に研修旅行に行ってきました。今回は眞願寺と親戚寺院のご縁をいただいている帯広市内の勝興寺様に先ずはお参りさせていただきました。

勝興寺様は現住職さんで第二世ということで歴史は浅いのですが、ご住職を中心に教化に取り組まれ、年々ご門徒数も増加し、報恩講をはじめ降誕会、元旦会など、満堂の参詣の中でご法要を営まれているようです。学ぶべきお話しも多く、参加いただいた婦人会の皆さんとご一緒に、住職さんのご苦労されているお話しを聞かさせていただきました。現在は坊守さんの陰ながらのご苦労をいただく中でお寺のきりもりをされ、又、三年前に若院さん夫妻(現在はかわいいお子さんが二人おいでになります)をお迎えになられ、二人で法務に奮闘されているようです。その若院の奥さんが、私の従兄弟になり親戚寺院となりました。



勝興寺様を後に、本願寺帯広別院を参拝させていただきました。真っ赤な屋根の大きなご本堂に入り、その広さと、天井の高さにあらためて『うわ~っ。広いですね~。』と皆さんしばし驚いておられました。さすがに帯広別院、りっぱですね。またこの日は永代経が終わったところで、お内陣もきれいにお荘厳されていました。



ご輪番よりご挨拶いただき、職員さんよりご説明いただきました。対面所ではご別院の婦人会の皆様によりお茶のご接待をいただき、しばし歓談させていただきました。又納骨堂をはじめ、会館や和室などもご案内いただき、別院のスケールの大きさに皆さんと感銘しながら、見学させていただきました。境内にある親鸞聖人の銅像に参拝し、夕日に光り輝くお御堂に手を合わせ、職員さんや婦人会のお見送りの中、宿へと向かいました。

 



宿の宴会には勝興寺様の若院さんご一家をご招待させていただき、皆さんと楽しい団欒の一時を過ごしました。ここのお子さんは、『シャボン玉とんだ』の歌が大好きで、というか私といっしょに踊るのが好きで、それを待ち望んでいるようでした。別に約束をしていたわけではありませんが、「歌うか?」と聞くと「うん!」(笑)と言うことで皆さんの前で初披露!

婦人会の皆さんも一所に歌って下さり、僕は二回、そしてお姉ちゃんも最後に踊り、宴会も盛り上がっていきました。もちろんご一家のお帰りの時は『かえりたくな~い!!』の連発でしたが、温泉に入って帰りの車の中ですぐに寝たことでしょう。また歌おうね (^o^)

翌日17日は「花畑牧場」で買い物をしてから、美栄町にある紫竹ガーデンを訪れました。紫竹昭葉さんが1万8000坪の廣大な牧草地を24年前に購入され、フラワーガーデンをはじめられ、22のゾーン、13のコレクションをもつすばらしい庭園になっていました。

ちょうどご本人が説明していただき、23年前に植えた「ほうのき」がこんなに大きくなったの!と。よかったらこの種もってって~。と気さくにお話しいただきました。ちょうどフジテレビの撮影もあり、私達と一所にあれこれお花の説明をしていただきました。そのうち全国ネ



 

 

 

ットで放映されるかも知れませんね。

雨の予報もありましたが、お天気にも恵まれ、帰路についてから降り出しました。二日間という短い旅行でしたが、実りの多い研修となりました。勝興寺様、帯広別院の皆様、そして旅のお手伝いをいただいた多くの皆さんに心より感謝申し上げます。