月別アーカイブ: 10月 2017

秋の行事 ④ 報恩講 中日 200名の満堂で

台風21号が日本各地に被害をもたらせ、7名の方が亡くなりました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

札幌近郊では台風の影響も少なく、大きな被害は出ませんでしたが、各地で積雪を記録し、23日は寒い一日となりました。本日(24日)は天候も回復し秋晴れのいいお天気になり、風雨で心配された紅葉も一段と深い色に染まりつつあります。

境内の中心にある江別市より保存指定されているイチョウの樹は、例年紅葉しないまま散っていきます。この寒さで今朝から散り始めたようです。

さて、親鸞聖人報恩講の29日中日は、毎年参拝者が一番多い日になります。特に今年はご本堂溢れる方々もあり、大逮夜の参拝者は200名を越えました。ありがたいことです。12時からのお齊にあわせて、皆さんおいでいただきました。総合玄関では総代さんがお出迎えです。特にはじめてお越しの方もあり、ご案内は大切な役割になります。

今年から始まった札幌組報恩講スタンプラリーでお越しいただく方、札幌組婦人会連盟参拝(各単位会長の参拝)があり、それだけで50名の方がおいでいただきました。総代さんや婦人会・壮年会の役員さんが、手際よくお齊会場や合同納骨所の一處廟など、ご案内していただきました。

お齊会場もほぼ満員となり、婦人会の皆様が一生懸命に手を尽くしていただいた精進料理を頂戴しました。とてもおいしくいただきました。

午後1時15分、ご本堂の隣り控室では、ご出勤いただく御法中(御寺院)皆様が参集され、眞願寺を代表して髙間責任役員よりご挨拶申し上げました。会奉行の勝圓寺ご住職より、法要差定説明がありいよいよご法要です。

10分前に外陣の大太鼓が打たれ、場内も静粛になってきます。1時半、いよいよ行事鐘が鳴り始め、大逮夜法要が始まりました。まずは讃嘆衆の皆さん(札幌雅友会)が外陣正面に入道され、雅楽演奏がはじまります。

それにあわせて僧侶の入堂です。最後にこのご法要の導師(相焼香)安楽寺ご住職が七條袈裟で入堂され、親鸞聖人に焼香いただき登礼盤、法要は「宗祖讃仰作法」で皆さんとご一緒にお勤めしました。

ご法要が終わり、引き続き「門信徒追悼会」が当寺住職導師にてお勤めされました。報恩講という一番大切な法要にあわせ、一年間ご往生された方を偲びつつ、ご遺族にご縁をいただく法要です。

ご法要中にご遺族にはお焼香いただき、総代より記念品が授与されました。悲しいご縁の中だったけれど、親鸞さまと出会い、お念仏とのご縁に遇えよと、御往生された方がくださった尊い仏縁でした。

引き続き熊本県加藤尚史氏のご法話が一席あり、親鸞聖人の御生涯を聞き、そのご苦労にご恩報謝の想いを新たにさせていただきました。

午後5時より夕刻のお齊のご接待です。高校生やお子さんもたくさん集まり、おいしい精進のお弁当をいただきました。

午後6時になると外も暗くなり、御堂の照明もおとされ、満灯会が行われました。住職が阿弥陀様の前からともしびをいただき、そのともしびから、皆さんそれぞれ手燭にともしびをいただかれ、お供えします。

一つ一つの灯火は小さいけれど、皆さんの灯火がそろい、美しい灯火となりました。その光りは慈しみの心の光りとなって、私を照らしてくださいます。私の供えた灯火も、阿弥陀様の願いに導かれたご縁といただきました。

続き初夜の法要です。報恩寺ご住職の導師により「らいはいのうた」のお勤めです。そして加藤先生のご法話を聞かさせていただきました。

法要も終わって、この度「花展」のご奉仕をいただいた江別高校華道部の皆さんを紹介しました。地元の大切な高等学校、卒業した方も御門徒には多い事でしょう。その懐かしさと、若い方々の活躍を皆さんと願いつつ、また一緒に尊い仏縁に遇えたことは、ありがたいことでした。是非来年もおいでください。

最後に子供さんにお土産を総代さんからプレゼントされ、85名の参拝をいただいた初夜法要もおわりました。

秋の行事 ③ 報恩講 準備~初日を迎え

10月も半ばを過ぎ、札幌の手稲山山頂付近にも雪が見えるようになりました。11月初旬の冷え込みになった今日ですが秋晴れのすがすがしい朝になりました。(10月19日)

境内では、もみじの紅葉が日に日に進み、だいぶ深い色になってきました。いのちの移り変わりと私のいのちの尊さに気づかさせていただく今日です。



 

 

 

さて、秋の行事、そして年間行事のなかで最も大切な親鸞聖人報恩講を9月28日より30日の三日間、行われました。準備の段階より、多くの皆様にご尽力いただき、門信徒皆様による護持会費ご納入により、修行させていただくことが出来とてもありがたいことです。

9月8日に合同準備会議16日に「おみがき清掃」があり、お彼岸をはさんでいよいよ報恩講です。ご本堂のお荘厳(お飾り・お供物・仏花)をはじめ、境内のお迎えする準備、お齊やご接待、受付・お扱い等々、かぞえきれないほどしなければならないことがあり、とても忙しくなります。それもご恩報謝であり「させていただく」と頂戴しつつ、皆さんと準備させていただきました。

 

仏花は今年も松の傘真で菊の花をメインに立てました。出来上がると、あちこちが気になり、ちょくちょく直しつつ、なんとかお飾りできたと思います。

ご本堂には今年も江別高校の華道部皆さんが前日いけ込みに来てくださいました。部員も増えて11名の生徒さんと高橋先生はじめ皆さんで準備いただき、文字通り法要に花を添えてくださいました。ありがたいご縁です。

前日の準備が終わって時計を見ると午後11時を回っていました。法務員の皆さんに助けられつつ、何とか当日の朝を迎えます。法要前夜の眞願寺。

28日初日は朝早くより、総代さんはじめ壮年会・婦人会・地区当番の方が集い、最終の準備です。境内の山門・本堂・玄関に幕を飾り、提灯・仏旗などで境内を飾ります。そして最後の清掃などあれこれとご奉仕いただきました。



 

 

 

午後1時半の10分前、外陣の大太鼓が打ち下ろされ、いよいよ初逮夜法要です。

東京明西寺住職様の導師により「十二礼作法」で、百名を越える多くの参詣された皆様とご一緒にお勤めいたしました。毎年初逮夜の行事鐘が打たれると、報恩講がいよいよ始まった実感を感じつつ、「お陰様で」とお念仏申させていただきます。綺麗にお飾りできたお内陣、御門徒皆様と手をあわせ、御堂に響くお念仏を身体いっぱいに感じつつ、親鸞聖人の御遺徳にただただ頭垂れる一時です。

法要が終わり、引き続き「御伝鈔拝読」です。今年は下巻の拝読を法務員の竹澤真哉氏と稻垣心平氏によって、暗くなった御堂で拝読者の前にお灯明が点ぜられ、親鸞聖人の御生涯が拝読されました。

休憩をはさみご法話です。今年は熊本県玉名市の法雲寺ご住職、加藤尚史様におひもときいただきました。親鸞聖人のお言葉や、恵心尼様のお手紙などから御生涯を偲びつつ、お念仏の心をお話しされました。

ご法話が終わり皆さんで「領解文」を出言させていただき、一日目終了しました。

 

秋の行事 ② 秋季彼岸会 江別第3中学校マンドリン部御堂コンサート

9月20日より23日の四日間、秋のお彼岸が修行されました。四日間とも法話の御講師は長沼町誓報寺前住職天野廣海氏にお取り次ぎをいただきました。四日間ともわかりやすく、私にとどいてくださっている御本願(阿弥陀様のはたらき)を、お話しくださいました。その私が御本願によって浄土に往生させていただくことを皆様とご一緒に確認し、彼岸のご縁をくださった、おおくのご先祖に感謝申し上げた四日間でした。

そんなお彼岸の三日間は毎日50名以上の門信徒の方々に参拝いただき、最終日の23日は170名を越える方がご本堂に参拝され、賑々しくお勤めしました。

11時半より恒例の『なごみ食堂』があり、お昼のお齊お蕎麦とおうどんが振舞われました。壮年会・婦人会のご奉仕をいただき、参拝者の方々に無料での接待です。どなたでもということで、今年もたくさんの方に味自慢のお齊を召し上がっていただきました。御法話の後で出演していただいた江別第三中学校のマンドリン部皆さんも、ご一緒に召し上がってもらいました。とても好評でした。



ご法要の30分前、ご本堂には早くもたくさんの方がお齊を終えていらっしゃるので、「一口法話」があります。この度は法務員の稻垣さんにお話しいただき、第二子のご長男が誕生されたことや、家庭でのエピソードなどと、ご法要の意義を15分間お話しいただきました。皆さんにこやかな笑顔で、聞かれていました。

」午後1時よりご法要です。お勤めは『しんじんのうた』です。わかりやすい正信偈の意訳なので、皆さんもご一緒に大きな声でお勤めされていました。満堂の御堂に響くお勤め、ありがたいですね。

最終日の御法話は一席です。懇切丁寧に阿弥陀様のはたらきは必ず救うと「お念仏」となって届いてくださっていることを、お話しいただきました。

ご法話が終わり、江別第三中学校マンドリン部による御堂コンサートです。眞願寺では江別第一中学校吹奏楽部によるアンサンブルの御堂コンサートは春のお彼岸に行っていましたが、是非一度、江別第三中学校マンドリン部にもお寺の何かのご縁に演奏して頂きたいと願っておりました。学区は第一中学校ですがすぐそこの国道12号線を渡れば第三中学校の学区でもあり、多くの眞願寺門信徒皆様にとっても、ご縁深い中学校でもあります。そんなことからご依頼したところ、学校の諸行事も忙しい時期ではありましたが、来てくださることになりました。とてもありがたいご縁です。

演奏した曲は「天虎~虎の女」「光と風の四季」「美女と野獣」「海の声」「上を向いてあるこう」など、皆さん知っている曲を演奏してくださいました。

途中で楽器紹介もあり、マンドリンだけではなくギターやコントラバスなどの楽器も一緒に演奏していることや、各楽器の音色を聞き、とてもよかったと思います。

20名での演奏も顧問の河合先生のご指導と生徒からの信頼もあるからと、感じることができました。アンコールも二曲あり、最後は住職よりあまーい大福をプレゼントされ、是非またご縁を頂きたいと、大きな拍手で終了しました。

そしてそして、恒例の彼岸バザーが壮年会婦人会の主催で行われました。新米のうるち米・もち米をはじめ、じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・カボチャ・・。みなさんたくさん、購入して頂き、30分で完売しました。協力頂いた皆さん、そして購入いただいた皆さん、心から感謝いたします。



秋の行事 ① 9月16日清掃おみがき

10月に入り、いきなりストーブが恋しくなってきました。20日より4日間のお彼岸、そして28日より3日間の報恩講と、大切な行事が続く中、御門徒さんや御寺院の葬儀も重なり、9月後半はタイトな日々でした。寒暖差もあったのかもしれませんが風邪をひいてしまったようです。皆さんもうがい手洗いしつつご自愛ください。

さて、秋の行事を前に9月16日、恒例の清掃おみがき奉仕が行われました。5年に一度回ってくる地区当番の皆様はじめ、総代・壮年会・婦人会の皆様、今年は特別に札幌龍谷学園高等学校の宗育局の皆さんもおいでいただき、50名以上の方々により、ご奉仕していただきました。

半年に一度のおみがきでは、蝋燭のすすや線香の煙によって輝きがなくなった仏具を一つ一つ丁寧に磨きます。それでも最近は便利な洗剤(テガール)が発売され、液につけ置きして軽く磨けば、とてもきれいになり輝きます。高校生の皆さんも、笑顔で御門徒さんと話しながら、楽しそうにご奉仕いただきました。

清掃はご本堂はじめ館内ありとあらゆるところを清掃してもらいました。エレベーターの籠や仏花室、押し入れや倉庫等々。御法中の控え室の座布団を干していただいたり、皆さんが普段から使っていただいている椅子も。

境内では、親鸞聖人の石像はじめ、隅々まで草取りや落葉の清掃、本堂前や山門の階段や駐車場まで。特に男性が多かったので、とても助かりました。

お昼は婦人会役員さんが作っていただいたおいしいカレーライスをごちそうになり、ご本堂のお供物のお下がり「さとう」と「タオル」をお持ちになって解散となりました。

多くのご奉仕くださった皆さんのお陰で、綺麗になった境内・会館・本堂で秋の彼岸そして報恩講をお迎えできること、とてもありがたく感謝申し上げました。寺内では、それぞれが「さあ、ご法要だ!」と気合いも入ります。ご奉仕いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

芽室寶照寺ご一行様 「一處廟」見学来寺

9月11日、芽室町にある寶照寺様のご住職と役員の8名が、眞願寺にご来寺いただきました。ご住職のお話によると、これから納骨堂の建設を予定しているとのことで、特にこれからの時代、合同納骨所の必要性を感じ、皆さんで見学に来ていただきました。

護持運営に一生懸命の総代役員さん達も、一生懸命に説明を聞いていただき、たくさんの質問をいただきました。眞願寺開教125周年の事業として建設された「一處廟」には北海道各地より御寺院や骨堂関係者が見学に来られています。少子化が進む中、これから身寄りのない方や子供がいない方、独身の方など、終活問題は大きな課題になっています。その中で、『私は将来一處廟にお世話になるんだ』というお約束をすることによって、安心して人生を全うすることが出来るのです。

そんな願いをもって設計士の金安俊一氏と相談して出来たのがこの廟です。眞願寺の御門徒にとっても、困ったときは一處廟があるとの想いを持っていただき、心のふるさと眞願寺になっていけばと出来ました。

芽室の寶照寺さまにも、そんな合同納骨所ができれば良いですね。ようこそおいでくださいました。