月別アーカイブ: 3月 2014

境内の雪どけ~4月へ

DSC05239

3月も晦日を迎え、世間では明日から消費税が8%になることや、新たな年度へ向かってなにかと忙しい日となりました。午後からは札幌組の組会(一般的には総会)が行われるので、その準備に私も何かと忙しいこの時期です。

DSC05248

そんな中ではありますが、境内などでも少しだけ春の兆しを感じるようになりました。お彼岸が終わり暖かな日も増え、雨の日もあり、雪どけも日に日に進んでいるようです。そんな境内の様子をご紹介します。

DSC05238

DSC05237

DSC05236

境内も、積雪時に目印となるコーンや紅白の標識棒など、徐々にしまい始めました。やっとご本堂の階段が見えるようにもなってきました。親鸞聖人の足元もようやく拝見できるようになりましたネ。(法務員さんが除雪して下さっています。)

DSC05257

DSC05261

昨年の雪どけよりやや早いような気もしますが、今年のクロッカスはいつ花開くでしょうか。ちなみに昨年は4月21日でした。チュウリップも雪どけと同時に芽が出てきました。雪割草などは、まだまだ雪の下ですね。

DSC05198

DSC05252_edited-1

御門徒からいただく野鳥用の餌を冬期間、餌台にまいてきました。3月に入り鳥の種類も徐々に変わってきたようです。ここ最近は群れでヒヨドリがきているようですね。スズメの姿も暖かそうに見えます。

DSC052464月に入りますと、お寺の行事もたくさんあります。3日~5日は東京方面の団体参拝旅行に行ってきます。築地本願寺と調布明西寺へ参拝し、きれいな桜を眺めてきたいと思っています。8日はお釈迦様の花祭り14日~16日は春季永代経、20日にはあかちゃんの初参式宗祖親鸞さまのお誕生をお祝いする降誕会があります。

SONY DSCお寺も充実した月になることです。境内も日に日に春の兆しが進むことでしょう。皆様のご参詣をこころよりお待ち申し上げます。(2年前の花祭りの写真)

 

 

HIGAN MIDOU コンサート ② 江別第一中学校吹奏楽部演奏会

DSC05078全国的に春の嵐となった20日から21日でしたが、江別はさほど荒れることなく、しめった雪と小雨の中日(21日)を迎えました。

朝9時頃より婦人会のご奉仕をいただき、なごみ食堂のお蕎麦とうどんの準備に協力いただきDSC05080ました。壮年会の皆様は会場の設営とご接待のご奉仕をいただき、参拝いただいた皆様へふるまわれました。ご奉仕いただいた皆様、ありがとうございました。

午後1時からのご法要では、ぎっしり詰めて配置したイス席も満席となり、廊下やホールにもお座りいただき、約200名のご参詣でした。 DSC05099

ご一緒に『しんじんのうた』をお勤めし、なき方を偲び彼の岸に思いをよせつつ、み教えをいただきました。四日間のお勤めで、皆さんもなれしたしんでいただけたのではと思います。

DSC05091_edited-1 ご法要に引き続き、一席(40分)の住職法話では、葬儀について20問〇×クイズが出されました。皆さん一生懸命に考えつつ、回答用紙に書かれていました。時々私の顔色をうかがいつつ、考えられている皆さんのお姿が、ありがたく感じました。 DSC05133_edited-1

急な悲しいご縁によって、葬儀を出さなければならなくなると、儀式の意義なども知らずに、知人のすすめや業者さんのアドバイスなどによって、自分の意思や考えもまとまらないまま、儀式が終わることが多いようです。しかし、それでいいのかと言えば、そうではないと思います。『追善』とはどういうことなのか?『冥福を祈る』とは?収骨の時の箸渡しは何のため?いったい誰の為の儀式?・・。そんなことを皆さんと考えつつ、彼の岸へまいられた方のみ後を慕いつつ、お念仏いただいた一時でした。

ご法話が終わり、さてさて皆さんお待たせのHIGAN MIDOU コンサートが始まりました。眞願寺の歴史は130年の長き年月を刻んできましたが、中学校の吹奏楽部の演奏が行われたのは、はじめてのことだったと思います。 DSC05170

思い起こせば江別第一中学校の吹奏楽部は、平成24年8月の夏休みに、一週間だけこの吹奏楽部の練習会場として使っていただきました。多くの子ども達が毎日お寺に通ってくれたのは、本当に尊いご縁だったとありがたく思いました。で、あれば、いつの日かお寺で演奏していただき、地域の方や御門徒の多くの皆さんにこの一生懸命の姿を見ていただきたいと、願いをもちつつ、その願いがかなった今回のコンサートでした。 DSC05165_edited-1 会場は、200人を超える参拝者であふれていますので、40名の子ども達が一度に演奏するのは無理があるので、4人~8人の各パートごとに分かれて、木管を中心としたアンサンブルの演奏となりました。 DSC05151

クラッシックでは、イタリアーナ、シチリアーナや いざおきて、いくさびとよなど、ポップスではムーンリバーやアンド アイ ラブ ア ハー など8曲を曲ごとに交代しつつ演奏して下さいました。舞台となったご本堂正面と参拝の方々は本当に近かったので、一生懸命演奏してい表情や息遣いまでがよくわかり、感動の中で皆さん聞き入っていました。 DSC05146 DSC05134

最後の曲デイ ドリームズ ビリーバー では、途中から部員全員がステージに上がって、一緒に歌ってくれました。 DSC05173_edited-1

満堂のご本堂で時を一緒に過ごした方々の思いは、すばらしい笑顔とやむことのない拍手、そして準備がなかったのでお答えいただけなかったアンコールに、すべて表れていたと思います。この一時、ただただありがたいご縁だったと、不思議なご縁の絆に感謝せずにはいられませんでした。

DSC05180最後に参拝の皆さんにお配りしたあんこ餅を演奏して下さった皆さんに御礼を込めて贈呈しました。ここでもわれんばかりの大きな拍手でした。演奏いただいた一中吹部の皆さん、本当にありがとうございました。是非又のご縁をお待ちしています。 コンサートも終わり、「恩徳讃」をヘタではありましたが、住職のエレクトーンと娘のトロンボーン、そして皆さんの合唱で斉唱し、すばらしいお彼岸のご縁の日が終わりました。

DSC05193少子高齢化の波の中、子ども達となかなかふれあうことの無い方も多いのでしょう。特に中学生や高校生という思秋期~成長期の子ども達とは特にそうだと思います。子ども達も高齢者とのご縁は少なくなっています。そんな中で、お互いにふれあえた尊いご縁でもあり、知らず知らずこの御堂に導いて下さったのはご先祖のお陰とも言えるのではないかと思いました。

子ども達の中で、この日が祖父の七回忌法要だった子がいました。午前中私がご自宅の法要にまいらさせていただいた時、午後からお寺で演奏があるから、学校に練習にDSC05175行っているとのことで、法要にはいませんでしたが、コンサートでお寺に来て演奏し、ご本堂で手を合わせていました。「おじいちゃんの日にお寺で演奏できて良かったね。」と声をかけました。 演奏してくれた一人ひとりの子ども達が、お寺で演奏した事を、いつまでもこころのどこかで覚えていてくれれば・・。そして是非またと、願いつつ。

HIGAN MIDOU コンサート ① アッチカ

DSC04940

18日より春のお彼岸をお迎えしました。今年は境内もまだ雪深い中でお彼岸となりました。樹木の根際ではようやく土が見えてきて、なんとか春が近いことを感じさせてくれています。

DSC04941恒例になりましたお彼岸御堂コンサートも今年も二回行われます。18日はアッチカさんのコンサートでした。午後DSC049881時より参詣いただいた皆さんと彼岸会のお勤めをさせていただき、コンサートが始まりました。昨年の模様はこちらから

 

先ずは佐々木重昭(赤平常照寺御住職)さんと初出演の柴田範尚さん(川沿寳流寺御住職)により、「一緒に歌いましょうコーナー」が行われました。従来よりある眞願寺の歌『微妙』をはじめ、卒業式でおなじみでしたが、今はほとんど歌われなくなった『仰げば尊し』や『どこかで春が』を皆さんとご一緒に歌いました。

DSC04968_edited-1

そしてアッチカさん(横湯誓之さん厚別安楽寺御住職、赤平常照寺衆徒佐々木重厚さん)の登場です。今年もオリジナルの曲や玉置浩二さんなどの歌をアレンジして、すばらしいハーモニーが御堂を包み込み、私たちのここの隅々まで響いてきました。

DSC05001_edited-2

昨年より是非もう一曲作って下さいとお願いしていましたが、佐々木重昭さんの作詞作曲で二日前に出来あがった、眞願寺春のイメージソング『涙のあとにア・リ・ガ・ト・ウ』を初披露して下さいました。とってもいい曲でした。いずれHPにもUPしたいと思います。

曲と曲の間には、それぞれの方よりご法話をいただき、いのちの尊さを味わいながら、あDSC05004っという間の90分でした。そして会場には横湯誓之さんのお子さんも、愛らしい姿を見せてくれました。

是非、来年もお迎えできればと、願いつつ尊い時間を過ごさせていただきました。

DSC04979_edited-1

19日、20日と通常の彼岸会が勤められます。ご法話は佐々木重昭師にわかりやすくおひもときいただきます。

そして21日は11時半よりなごみ食堂でお斎(昼食)の無料接DSC05021待があります。午後1時よりお勤めと住職の法話、そしてお彼岸御堂コンサート第2弾として江別第一中学校吹奏DSC05040_edited-1楽部による演奏が行われます。楽しみですね。皆さんもご家族、ご近所お誘い合わせの上、こころなごむ江別の眞願寺にご参詣下さい。

眞願寺 仏事相談

SKMBT_C65414031722260_0001

春彼岸 MIDOUコンサート

SKMBT_C65414031722252_0001