月別アーカイブ: 3月 2007

永代納骨所一處廟

一處廟(いっしょびょう)とは、永代にお骨をお預かりし、収蔵する処です。
お釈迦様がお説き下さった佛説阿弥陀経に「倶会一處(くえいっしょ)」というお言葉がございます。お念仏を頂く私たちは、皆ともに等しく阿弥陀如来のご本願によって、これ以上ないすばらしい浄土に往生させていただくことでございます。

そのお浄土の世界を現代風に製作し、末永く永代にわたって有縁の方々のご遺骨をお預かりし収蔵させていただく清浄な場所が「一處廟」でございます。

私はお念仏を頂いて、阿弥陀様のお浄土に往生させていただける幸せをよろこび、往生の後、遺骨は「一處廟」に永代にお預けさせていただく安心の中で、いのちあるかぎり、感謝の中で生かさせていただきましょう。

合 掌


一處廟入佛式

平成19年3月21日、午前11時より一處廟入佛式が執り行われました。


納骨の種類

第1種納骨 永代納骨冥加金40万円以上
(永代納骨・指定の法名板費用として)

お持ちいただいた骨壺のまま、33回忌法要まで廟内の棚にてお預かりいたします。
33回忌法要(命日より32年後か、お預かりより32年後)にて管理者が合同納骨所に収蔵いたします。
故人の法名・俗名・行年・命日を指定の法名板に記し、荘厳します。

第2種納骨 永代納骨冥加金25万円以上
(永代納骨・指定の法名板費用として)

お持ちいただいた骨壺のまま、17回忌法要まで廟内の棚にてお預かりいたします。
17回忌法要(命日より16年後か、お預かりより16年後)にて管理者が合同納骨所に収蔵いたします。
故人の法名・俗名・行年・命日を指定の法名板に記し、荘厳します。

第3種納骨 永代納骨冥加金10万円以上
(永代納骨・指定の法名板費用として)

納骨日(ご往生より1年未満)より管理者が合同納骨所に収蔵いたします。
故人の法名・俗名・行年・命日を指定の法名板に記し、荘厳します。

第4種納骨 永代納骨冥加金5万円
(眞願寺の納骨堂に納骨されている方のご移動合葬)

眞願寺の納骨堂仏壇納骨所(個人使用)より一處廟に移動し、合同納骨所に収蔵される場合の一体当たりの冥加金です。申込時にすべて合同納骨所に収蔵します。(合同納骨所に収蔵するまでの年数を希望の方はご相談します)
故人の法名・俗名・行年・命日を指定の法名板に記し、荘厳します。

第5種納骨(分骨) 永代納骨冥加金5万円
(お骨の一部を一處廟に分骨し収蔵される場合)

墓地等に埋葬(収蔵)するが、その一部を分骨し一處廟の合同納骨所に分骨収蔵します。
故人の法名・俗名・行年・命日を指定の法名板に記し、荘厳します。
(法名板が不要の場合の冥加金は2万円とします)


一覧表

1種
納骨冥加金…400,000円
合葬期限年…33回忌(32年後)
法名俗名等…法名板に記載
2種
納骨冥加金…250,000円
合葬期限年…17回忌(16年後)
法名俗名等…法名板に記載
3種
納骨冥加金…100,000円
合葬期限年…申込時(1周忌)
法名俗名等…法名板に記載
4種
納骨冥加金…50,000円
合葬期限年…申込時
法名俗名等…法名板に記載
5種
納骨冥加金…50,000円
合葬期限年…申込時
法名俗名等…法名板に記載

ご使用にあたって

  • 各種とも年会費・管理費は一切かかりません。
  • 合同納骨後は遺骨を出骨することは出来ません。
  • 第1種・第2種の方は合同納骨所に収蔵するまで、廟内ご本尊奥の棚にてお預かりします。
  • 第3種~第5種は申込時に収蔵される日を予約いただき、納めさせていただきます。
  • 第4種は眞願寺の納骨堂をご使用いただいている方が対象です。
  • 第5種は分骨です。法名板が不要の場合は冥加金は2万円となります。
  • 分骨は京都ご本山本願寺の大谷本廟もおすすめしております。詳しくは住職までお問い合わせ下さい。
  • 法名板の荘厳位置は一定の条件で配置しますが、申込者多数等により管理者が移動させていただくことがあります。

納骨壇および一處廟のお申し込みについて

納骨壇及び一處廟のお申し込みにつきましては、所定の手続きが必要となります。お寺にご相談の上、所定の申込書に必要事項をご記入・捺印の上、冥加金を添えてお申し込み願います。

納骨壇の詳細はこちらをご覧ください。
納骨堂の写真をこちらからごらんいただけます。

春のひかり

どっかと降り積もった雪も、暖かな春の光に照らされ、一滴いってきと大地にしみこみ、いのちの芽生えをうながしているようです。

私のいのちも、ご先祖のおみちびきと阿弥陀様の「わかっているよ、そのままでいいよ」というお心によって、いずれ「きよきふるさと・お淨土の大地」へと数え切れない煩悩もとけて、永久のいのちの一滴となってしみいるのでしょう。

その準備がいつでも出来上がっている私に気づいたとき、ただただ、お念佛があふれてまいります。

平成20年3月

門徒総代 富永高雄氏 江別市市政功労者に

当寺門徒総代の富永高雄氏(江別市美原)が昨年11月に市政功労者に選ばれた。

富永氏は市農業委員を15年にわたり勤め、農用地の適正な流動化対策、後継者対策に当たり、農業振興に貢献されたのをはじめ、市表彰審議委員会の委員長も務め、自治会活動にも貢献された。当寺においても、参与、監査役を歴任され、現在は門徒総代・地区世話人・壮年会特別会員として、護持発展にご尽力をいただいている。

秋の永代経法要において、住職よりお祝いの言葉と花束を贈呈し、参詣者の皆さんと慶びをわかちあった。富永氏は、「何よりも皆様のお蔭で、このような身に余るものをいただくことになりました。今後も地域のため、眞願寺のため、出来るだけの努力をさせていただきます。ありがとうございました。」と慶びをかたられた。

札幌正信会発行 法語カレンダー

今年の法語カレンダーは、懐かしいガリ版刷りの挿絵である。
当寺門徒で世話人の竹本美好氏が代表を務め、また同じく門徒である金子桂次郎氏が指導する「江別孔版画同好会」の会員諸氏の作品だという。

なお、この法語カレンダー発行元は札幌正信会であり、45歳までの若手僧侶で組織する会である。会員である当寺住職が絵のあたたかみに魅かれ、同好会にお願いしたというが、ふくじゅ草やかたくりの花、季節の山の景色など、淡くやわらかい色合いをもった作品群である。
手作りの版画と、分かりやすい佛の教えの文字との組み合わせが、多くの人々の感動を呼んでいるに違いない。

版画の技法は、ロウ原紙を鉄筆でなぞり、インクを含ませたローラーで紙に転写する。ロウ原紙にできた目にみえないほどの細かい穴から、インクが浸透するため、淡い色を表現できるというのである。竹本代表は「パソコンが普及している時代だからこそ手間暇をかけた手作りの良さに興味をもってもらえたら」と話している。
また、法語の文字も実に素晴らしい。手作りの絵に、これほど調和する文字があるだろうか。北海道書道展や毎日展でご活躍の覚英寺衆徒神保雨城氏の作品である。

なお、この法語カレンダーは道内を中心に約百五十寺院に配布されているという。竹本氏や神保氏をはじめとして、このカレンダーの作成から配布に携わった多くの方々に、深い感謝の念をもって、有難うございましたとお礼の言葉を申しのべたい。
ちなみに上の法語は当寺住職の作品であり、その他の幾つかの法語も記してみたい。

 
 

浄土真宗札幌組ホームページにて、法語カレンダーの法話を掲載しています。
メニュー覧『法話集』よりご覧下さい。

坊守から・平成19年3月

 去年5月の娘の誕生日にハムスターを買いました。名前は「ぷーちゃん」。娘にせがまれ渋々買ったはずが、いつしか我が家の人気ものでした。(他に金魚・鯉・クワガタがいます。)

子供達はかわいがり、生き物が苦手のおばあちゃんも最初は「ねずみー!」とおそるおそる見ていましたが、孫に洗脳されたのか、いつしか「ぷーちゃん」と呼び近づけるようになりました。私たちも時々子供達が寝てからエサをあげたり、カゴから出したりと楽しんでいました。それが去年の暮れ(12/29)に突然死んでしまいました。子供達はショックと悲しみの中で小さな箱にそれぞれのメッセージを書きご本堂の近くに埋めてお参りをしました。娘は「ちゃんとおせわをしなくてごめんね。」、息子は「たくさんの楽しい思い出をありがとう。」

小さなペットから色々なことを学び、小さくても尊いいのちだということを感じてくれた良い機会でした。これから先、もっともっと色々なことにぶつかりながらたくましく育ってほしいと思うこの頃です。