月別アーカイブ: 1月 2000

本願寺御正忌報恩講と京都の旅に参加して~釋廣響(廣兼 義之)

 この度、ご縁があり団体参拝旅行に参加させて頂きました。住職・御家族と10名の参加者でした。1月11日午前6時本堂でお参り。飛行機が降雪のため30分遅れるというアクシデントがありました。大谷本廟では住職、小生がおつとめするなかで3名の方が、無量寿堂に分骨されました。

明けて1月12日いよいよ本山参拝〈御正忌報恩講〉当日、午前6時30分晨朝(おあさじ)終了後、当寺からお二人の方が帰敬式(おかみそり)を新門様より受けられました。

午前10時から始まる日中法要出勤のため、私は事前に住職様よりお借りしていた衣体(五条袈裟、色衣、袴)を持って、緊張と不安が一杯でしたが、総御堂(阿弥陀堂)の横を通り、受付場所へ、教区、組、寺院名をのべて着替え室へ通されました。だれ一人として面識はなく益々不安になった時、『30分前ですので、着替えて控え室に集合して下さい』との事、自分では急いでいるのに袈裟の結び方がスムースにいかず、ただただ焦るばかりでした。

私をふくめた全国から集まった僧侶50名以上は、それぞれ教区、氏名を呼ばれ、後堂へ行き、正しく座し、法要の始まりを待ちました。

後門では式務部長ほか法要を進行される会役者の方々が正座され、モニターを見ながら、入念に準備をしている様子を拝見した時、さすが本山だと感じました。法要が始まり、右余間に座しますと、私がここにいる事の幸せを感動しながら、おつとめの正信念佛偈を唱えさせていただきました。しかし寒いとか(実はホッカイロを2個背中に忍ばせていました)痺れるとかというよりは、ただただ感激のうちに法要も終わり、着替え室に戻っていました。その途中で当別勝円寺、上山住職様に声をかけられた時、一瞬心にホットするものを感じました。

 何事も経験と言われますが、こうゆう機会を与えられました事に対し、住職様に出勤の話を勧めていただいたことに感謝して居ります。終了後は11時20分より、隣の門法会館にて、足利布教使による特別講演「他力本願」についてのご法話がありました。再び14時から始まる逮夜法要に、ご門主様を先頭に住職様も七条袈裟をつけられご一緒に内陣出勤され、長男の郭成君が、さかんにシャッターを切っていました。早朝からの疲れもなく、時間が過ぎて行くのがとても早く感じられました。

今回参加されました全員がただただ感激と喜びで一杯でした。夕食は黄昏の街に場所を移し三嶋亭の高級スキヤキで・・又その場所で住職様と瑞恵坊守さんの誕生祝いが披露され、ケーキでお祝いしておいしくいただきました。

最終日ジャンボタクシー2台で、京都北区にある大徳寺を訪れ、由緒ある大仙院[代表的な枯山水庭園]を拝観、とりわけ千利休との関係は逸話によって語りつがれているとの事。次に向かったのは[高桐院]細川家の墓所があり、ガラシャ夫人の墓石、石灯籠は苔を褥ねに静かに横たわっている所です。その後、東本願寺を参拝、本堂にて住職様より、お西とお東の荘厳の違い等を教えて頂き京都駅へと、僅か2泊3日の旅でしたが、生涯に残る楽しい旅でした。

合掌

その想いを胸に~中学校3年 M.S

「おじいちゃんが亡くなったよ」3月14日、朝起きて一番最初に聞いた言葉がその一言だった。「えっ、何言ってるの、うそでしょ?」そんな想いが頭の中をずっとまわっていた…。

私の祖父は、元気で孫の私たちといつも一緒に遊んでくれるとても優しいい人だった。私の家は、私の小さい時から、両親が共働きで家にいることがあまりなかったため、その頃一階で一緒に住んでいた祖父母のところへ行って、いつも遊んでもらっていた。両親より一緒にいる時間が長かったため、祖父との思い出がたくさんある。特に、祖父はそばが好きだったので、よくおそば屋さんに連れて行ってもらった。他にもいろいろなところに出かけた。弟と一緒にいつも遊んでもらっていたのもよく覚えている。

私が小学生になった時、近くの児童会に入ったため、祖父母と一緒にいられる時間は少なくなっていた。でも、迎えに来てくれたり、とても良くしてもらっていた。

3年生になった頃、私はミニバスを始めた。やっと上達してきて試合に出してもらえるようになった頃、祖父母が試合を観に来てくれた。その時の嬉しかった気持ちは今でも忘れない。

中学生になってからも、試合があるたび観に来てくれた。来られない時は、父が撮ったビデオを借りて観てくれた。祖父は本当にバスケが好きたったらしく、家にも私の父から借りた弟のミニバスのビデオ、私の中学の試合のビデオが何本も置いてあった。試合に勝つと私と同じくらい喜んでくれているのが何よりも嬉しかった。

そんな元気な祖父にも、病魔が除々に進行していた。祖父の病気が見つかったのは5年前、病名は前立腺のがん。その年に、がんを摘出する手術をし、その後、2、3年は元気にしていた。しかし、がんは悪性だったため、肝臓への転移が見つかった。検査入院を何度も繰り返した。その後、骨にも転移していることがわかり、レーザー治療を行って進行を止めていた。しかし、祖父はそれなりの歳をとっているため体がもたなくて治療をやめたときがあった。その結果、進行が早まり、他の内臓にも転移していった。モルヒネという薬を打って治療をしていたが、やはり体がもたなかった。

祖父が最後に自宅に帰ってこられたのは1月。家族で集まり、寿司やそばを食べたが、祖父は少ししか食べられなかった。帰ってきても病院でも、バスケの試合をみたり、試合のことを気にしてくれたりしていた。祖父が亡くなる前日の3月13日、ずっと目をつぶって寝ていたが、なんと私に「萌佳、頑張れ」と目を開けて言ってくれたのだ。最後の力をふりしぼって言ってくれたのだろう。この言葉が祖父の最後の言葉だった。

私はその言葉を胸に『全道大会ベスト4』というチームの目標に向けて日々練習に励んでいった。もちろん、毎日が辛い練習だった。でも、祖父の言葉を無駄にしたくないという一心でやりとげることができた。

そして、全道大会が始まった。私たちは初日から試合があり、しかも、その相手は昨年全国に出場した北海道2位のチーム。当然、誰もが「勝てるわけがない」と思っていただろう。しかし、勝負の世界に「絶対」という言葉はなく、「気持ち次第で変わる」と信じていた。私たちは勝つんだ、という強い気持ちで戦いに挑んだ。体が思うように動く、シュートも決まった。互いに信じ合い、目標に向かってチームが一つになったような気がした。試合は接戦となり、なんと、私たちは勝つことができたのだ。その差は6点。全道大会の前にもそのチームと試合をしたが、30点差で負けていた。だが、私たちは強い信念を持って試合に臨み、勝利を手にすることともにともにが出来たのだ。

最初、対戦相手が分かったとき、私はあきらめかけていた。しかし、祖父の言葉を思い出し「決まったものは仕方ない。全力で頑張れば何かが変わるかもしれない」と気持ちを入れ替えたのだ。相手を想定して練習を積み重ねていき、心身ともに最高の状態で戦えた。その後は、ベスト4を決める試合で負けてしまったが、私にはとてもいい経験になった。最高の仲間と共に、最高の試合ができたことは一生の思い出だ。祖父のおかげで試合に全力で立ち向かうことができ、本当に言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいだ。きっと、祖父も喜んでくれているだろう。

いつも試合のことを気にしてくれていて、イスを自分で持ってきてまで観に来てくれた祖父。40年間、風邪をひいても何しても病院へ行かなかった頑固な祖父。そんな祖父が私は大好きだ。最後の言葉を私に言ってくれた祖父の想いを無駄にしないよう、何事にも一生懸命頑張ろうと思う。特に応援してくれたバスケはもっと大事にしてこれからも続けていきたいと思う。例え、挫折しそうになっても、あきらめずに頑張りたい。

どんな壁にぶつかっても越えていけるように、祖父が見守っていてくれているのだから…。

【教育振興-第352号-平成18年2月25日掲載記事より転載】

平成17年3月14日 筆者の祖父が御往生され、当寺とご縁ができました。その後、北海道教育振興会の作文コンクールで中学の部優秀賞として発表されておりました。とても感動的で「いのち」を見つめ、祖父の往生を縁としてちから強く生きていこうとする思いがつたわってきました。
ここに、ご本人にご了解いただきましたので、転載させていただきます。
(8月15日、初盆会の法話の中で、住職より紹介された文です)

佛壮大会と帰敬式を受式して~釋法眼(高柳哲弥)・釋法声(高柳七江)

この度は佛壮の大会を縁として札幌別院にて、御門主様から帰敬式を受けました。眞願寺からは私達夫婦のほか、宮崎さん夫婦と支部さんが参加し尊い三帰依文を唱え、おかみそりを受け厳かにも緊張した儀式でした。
このご縁と、尊い経験を生かし、今後も門信徒の一人として寺の発展に些かなりともご協力して参りますことをお誓いしご報告といたします。

合掌