投稿者「kanrisya」のアーカイブ

平成30年 眞願寺スタンプラリー

恒例の眞願寺スタンプラリーを行います。
皆様お誘い合わせの上、どうぞご参加ください。

概要

年間の35回の法座のうち、下記の内容で参拝いただいた皆様を表彰いたします。
金賞
重要法座8法要のうち5つ以上に参拝、かつ全体で30座以上参拝の方
銀賞
重要法座8法要のうち3つ以上に参拝、かつ全体で20座以上参拝の方
銅賞
全体で10座以上参拝の方

対象の法要

  1. 1月16日 親鸞聖人御正忌法座【重要法座】
  2. 1月21日 門信徒総会・新年会【重要法座】
  3. 2月16日 親鸞聖人御命日法座
  4. 3月16日 親鸞聖人御命日法座
  5. 3月18日 春季彼岸会
  6. 3月19日 春季彼岸会
  7. 3月20日 春季彼岸会
  8. 3月21日 春季彼岸会
  9. 4月8日 はなまつり 釈尊降誕会
  10. 4月14日 春季永代経法要
  11. 4月15日 春季永代経法要
  12. 4月16日 春季永代経法要
  13. 4月22日 親鸞聖人降誕会【重要法座】
  14. 5月16日 親鸞聖人御命日法座
  15. 6月17日 一般公開講座
  16. 7月16日 親鸞聖人御命日法座
  17. 8月13日 晨朝勤行
  18. 8月14日 晨朝勤行
  19. 8月15日 晨朝勤行
  20. 8月15日 盂蘭盆会(初盆会)
  21. 8月16日 盂蘭盆会
  22. 9月20日 秋季彼岸会
  23. 9月21日 秋季彼岸会
  24. 9月22日 秋季彼岸会
  25. 9月23日 秋季彼岸会
  26. 9月28日 報恩講 初逮夜法要【重要法座】
  27. 9月29日 報恩講 大逮夜法要・追悼会【重要法座】
  28. 9月29日 報恩講 初夜法要(万灯会)【重要法座】
  29. 9月30日 報恩講 晨朝勤行【重要法座】
  30. 9月30日 報恩講 満日中法要【重要法座】
  31. 11月14日 秋季永代経法要
  32. 11月15日 秋季永代経法要
  33. 11月16日 秋季永代経法要
  34. 12月3日 秋初穂感謝法要
  35. 12月16日 親鸞聖人御命日法座

スタンプカードについて

  • 参拝された日に必ずご自身にて受付でスタンプをもらってください。
  • スタンプ帳はご自身のものに限ります。
  • 金・銀・銅それぞれの賞に該当する方は、翌年の3月彼岸中日(3月21日)までにお寺まで提出してください。
  • カードがない方はお寺の受付にございますので、ご家族などで必要な方はお申し出ください。
  • 景品の受け渡しは、翌年4月の親鸞聖人降誕会にて行います。
※画像をクリックすると、大きく表示します。








坂本 忠靖さん(千歳市) ミコ(スコティッシュフォールド)♂11歳

 8月で11歳になったミコちゃんです。 坂本さんのお家にお盆のお参りに伺ったときに、奥さんの厚子さんと長男さんのご家族お揃いの所を撮らせて頂きました。
 ミコちゃんは生後6ヶ月から飼っているそうです。ミコちゃんは人懐っこくてお参りをしているときや、お話しをしているときもそばに寄ってきてくれました。寄ってきてくれると可愛さも倍増しますね(^.^) 天気が良い日には、厚子さんとリードを付けて外に散歩にでるそうです。リードを外しても遠くには行かないそうです。外に出るのが好きなので厚子さんが出る度に、おねだりをして外に出してもらうそうです。また、大好きなイスが有りそのイスに乗って外を眺めるのも好きなんだそうです。お参りをしているときも外を眺めていました。ネコは時々外を眺めているときがありますが、見ているときの顔は結構真剣な顔をしていますよね(^.^) 何をそんなに真剣に見ているんでしょうね。ミコちゃんは寝るときにもべったりくっついてくるそうです。
 ネコは素っ気ない態度をしているかと思えば急にすり寄ってきたりします。逆のときもありますがそこがまた可愛いところだったりしますよね。またお参りに行ったときにはさわらせてね~!

坊守から・平成29年9月

先日、野菜ソムリエさんの料理教室に参加する機会がありました。

さすがソムリエさん!野菜に関する知識がすばらしく、野菜の性質、保存方法や栄養を損なわず美味しく調理する方法などお話してくださいました。知らなかったことが多くてびっくりです。

「ソムリエ」とはもともとワインの専門家と言う意味で使われているようです。最近は特定の分野に精通した専門家を「ソムリエ」という表現を使って呼んでいるようですね。今では「日本酒ソムリエ」「野菜ソムリエ」「味噌ソムリエ」「チョコレートソムリエ」「温泉ソムリエ」など、日本では沢山のソムリエさんがいらっしゃるみたいです。はて住職は「お念仏ソムリエ」かな?と考え笑ってしまいました。

今年はお盆参りに息子、娘、息子の友人二人がお手伝いしてくれました。若さあふれる中でこの夏を忙しく、楽しく元気に過ごさせていただきました。あらためて自分の年齢を感じつつ、どこかのお寺の寺報で書かれていた「お念仏のバトンタッチは私から」という坊守さんの言葉を思い出しました。ソムリエにはなれませんが、バトンタッチ出来るよう一日一日過ごして行きたいと思い、京都へ戻る子供達を見送りました。

境内のナナカマドが色づきはじめ、秋のお彼岸を迎えてくれています。皆さまどうぞご参拝ください。

8月13日〜15日 午前7時 晨朝勤行

晨朝勤行と凡夫のたわごと
 今年も、お盆の3日間晨朝勤行にお寺へ行って来ました。
 思い出したように時々にしかお寺に行かないが、晨朝勤行は毎年顔を出すのは何かあるのですかと聞かれたことがあります。
 今回の晨朝勤行も住職さんの法話がありました。一日目は「人生そのものの問い」二日目は「凡夫」三日目は「真実の教え」についてでありました。日々の自分の姿を見ていると、法話の凡夫そのもので、反省と後悔を繰り返しています。
 三日目の法話で「求不得苦」のお話しを聞き、仏教のある教えを聞いた事を思い出しました。

〈これ〉があるとき 〈これ〉がある
〈これ〉がないとき 〈これ〉がない

 今の私の場合、がある・がないの〈これ〉を〈反省・後悔〉と置き換えてみると、頭の〈これ〉は何に置き換えたらよいのかと考えたことがありましたが、自分なりの答えを見いだすことなく今に至っていることを思い法話を聞いていました。
 日々心が乱れた状況の多い生活の中、少しでも穏やかな気持ちで一日を過ごすすべはないかと考えた時、毎朝「正信偈」を唱えて一日を始めれば少しは違うのではと考えた事がありました。
 しかし、よい考えかもしれないが、それは大変困難で、私には不可能な事であることはすぐ理解することができ諦めました。凡夫ゆえ諦めたとたんに、そのような事を考えたことも忘れ、前と変わらぬ生活を送っていました。
 それでも、時々〈これ〉を思い出すと同時に心を穏やかに過ごすすべはないかと考えることがありました。
 そんなとき、お盆の晨朝勤行と出会い三日間なら私にでもできるのではと、晨朝勤行をお盆の三日間に集約する言い訳みたいな妥協案を自分に言い聞かせて通い始め今日に至っています。
 動機や経過がなんであれ、三日間無心に勤めながら、少しでも縁起等について考えて見るのは良い事だと自分に都合のよい“たわごと”を呟きながら今年もお勤めさせていただきました。
南無阿弥陀仏

釋 縁 顕(髙間 満昭)




境内にエゾリス

 8月7日朝6時過ぎ、境内になにやら動物が…。リスでした。しばらくえさを求めて走り回り、梅を一つくわえてオンコの木に隠して去って行きました。また取りに来てね~!