春の永代経 4月14日~16日

SONY DSC 雪まじりの日もありましたが、4月14日より16日の三日間、春の永代経をお勤めさせていただきました。三日間とも60名ほどの参詣をいただき、皆様とご一緒に初日は「無量寿経」、二日目は「観無量寿経」、最終日の三日目は「阿弥陀経」を勤行し、『浄土三部経』を読誦させていただきました。

SONY DSC

SONY DSCご法要後のご法話は、高田芳行師にはじめてご縁いただき、わかりやすくおとりつぎしていただきました。最終日は得意のウクレレを披露していただき、「ひとりじゃなかもん」を皆さんとご一緒に歌わさせていただきました。

SONY DSC道路をはじめ、特に残雪の多い今年の4月なので、足元の悪い中皆さんみお越しいただき、有難く思います。境内の雪も多く残っていますが、ようやく春の花々の芽が見えてきました。「雪割草」は4月末には咲きそうですね。そして玄関にある「クンシラン」の芽もだいぶ色づいてきました。

SONY DSCSONY DSCSONY DSCさあ、21日の日曜日は春の行事最後の午前11時より「初参式」、午後1時より「降誕会」です。初参式は、赤ちゃんの初参りで、今年は7名の受式が予定されています。午後1時からの降誕会は親鸞聖人のお誕生をお祝いする喜びの法要です。御講師にはSONY DSC秩父別の山本徹浄師が、御堂コンサートとご法話をいただきます。

4月も後半に入りましたが、まだ寒い日があり、雪まじりの天候もありそうですね。体調には気をつけてお過ごし下さい。

コメントは停止中です。