壮年会 例会 忘年会

12月9日、午後4時より佛教壮年会の例会が行われました。悪天候も重なり、皆さんの出席も心配されましたが、30名の会員に参加いただき、例会後の楽しい『忘年会』まで、過ごさせていただきました。



勤行は、毎回役員さんの中から調声をしていただいています。今回は副会長の鈴木氏でした。1時間前よりお寺においでいただき、作法と勤行の練習をされていました。もちろん本番もきちんとお勤めされていました。

その後は前回の婦人会と同じように住職の出番でした。『知ってますか?お寺って』と言うことで大事なお寺の行事を紹介しつつ、その意義とみ教えにおついて、お話ししました。特に親鸞聖人の報恩講と降誕会について、そして『他力本願』の意味についてもお話ししました。

その後質疑応答では、皆さんの感じていることや、信仰の話、そして疑問など、たくさん寄せられ、膝をまじえながらお話ししました。

続いて忘年会を広間で行い、もちろん話に花が咲き、ともに語り合った晩餐でした。その後はもちろん二次会へ。又来年も壮年会活動にご参加、よろしくお願いします。

 

コメントは停止中です。