春への境内 ⑤  雪の「花祭り」



4月8日はお釈迦様のお誕生日『花祭り』でした。恒例になりましたが、今年も花御堂を山門にお飾りして、たくさんの皆さんにお釈迦様に甘茶をかけて、お祝いさせていただきました。



しかし、今年の花祭りの4月8日はとても寒く、早朝に雪が積もり、準備はまず除雪から始まりました。これも初めてのことです。





前日は婦人会華道部の皆さんが、花御堂の周りに飾るお花の準備をして下さいました。ご協力ありがとうございます。

午後1時からは花御堂をご本堂にご移動し、ご法要がありました。お釈迦様のお姿や、お生まれになられた時のお話『天上天下~』、そして一番最初にお説き下さった「初転法輪」の内容など、お話しさせていただきました。

参詣いただいた皆さんには、婦人会のご協力をいただき、甘茶の接待をしました。暖まってお帰り下さい。

仏事相談にも、門信徒以外の方もたくさんおいでになられ、仏壇の相続やお墓の問題、少子化による相続など、仏事や宗教、人生の相談もありました。お答えを出すことは出来ませんが、「傾聴」とアドバイスの中で、ご一緒に大事な時間を過ごさせていただきました。

さあ、「花祭り」が終わり、春の永代経が14日~16日、そして初産式・宗祖降誕会が22日と春の行事が続きます。しかし、今年はまだ雪が深く残っています。



ユーミンの「は~るょこい♬ は~やくこい♪」を口ずさみながら、顔を出したチュウリップの芽に「おぉ~っ!きた~!」と喜ぶ私でした。



 

コメントは停止中です。