世のなか安穏なれ 佛法ひろまれ

私は、この世に『いのち』をいただき、今生きています。なんと不思議なことでしょう。両親の出会いをはじめ、多くの先祖の方々が出会わなければ、私はありませんでした。そして、大自然の恵みといのちをいただき、生きながらえてきました。
ついつい、自分の力で生きているような錯覚をしてしまいますが、そうではなく、自分の願いや計らいを越えた世界に、私達の『いのち』はあると思います。そしてご先祖をはじめ不思議なご縁の中で阿弥陀如来様に出遇わさせていただいたのです。

時は刻々と過ぎ、すべてのものが移り変わっていく、何が起こるかわからない世の中で、私にはどうにも出来ない『生死』=『いのち』の問題を、きちんと見つめていくことは重要なことです。
750年の時を越えて親鸞さまのお言葉から『まずはあなたから、みほとけの教えを聞き、如来様にすべておまかせする人生をおくり、こころ安らかに穏やかになれよ。』と私に響いてきます。

震災から一年になります。尊い人生をお念佛とともに過ごさせていただきましょう。

コメントは停止中です。