御命日常例法座と市道の排雪

まだまだ厳しい寒さと降雪が続いています。16日も時より吹雪く中でしたが、たくさんの皆様にご参詣いただき、親鸞聖人御命日法座をお勤めさせていただきました。お勤めは「正信偈六首引草普」を皆さんと唱和しました。750年前のこの日(新暦で2月16日)は初命日であったこの日を、当時の皆様がどれほど悲嘆の中でいらっしゃたかを想像しつつお勤めいたしました。



大遠忌御正当が円成されて1ヶ月になりますが、そのご縁をいただき、今年2月~7月の16日(4月は永代経)には、ご講師に由仁町本覚寺住職髙橋宗瑛師をお招きし、親鸞さまのお手紙(ご消息)をひもときながら、お話いただくことになりました。今回も大遠忌のご法要で拝読されたご消息を解説いただきながら、親鸞聖人のお念佛のお味わいを聴聞させていただきました。



その晩眞願寺付近の市道の排雪作業が夜中に行われ、お陰様で道路に降り積もった雪が排雪され、すがすがしい朝をむかえさせていただきました。こんなに道路が広かったかと錯覚するほど、ひどい状態でした。これから雪が降らなければいいと願うばかりですが、同じ江別でも豊幌地区は、降雪量が3メートルも多いそうです。岩見沢や新篠津方面も心配ですね。どうか豪雪にご注意下さい。

コメントは停止中です。