御正忌(御正当)法座 悪天候の中60名の参詣 16日

例年行われている御正忌法座が、本年も16日午後1時より行われました。朝から時折吹雪になり、江別より北では、高速道路や鉄道が寸断されていました。そんな悪天候ではありましたが、60名を越える参詣をいただき、尊いご縁をいただきました。

今年は特に750回大遠忌の御正当と言うこともあり、11日より13日まで団体参拝旅行から帰って間もない御法座でもあり、午後1時からの御法座の30分前に本山本願寺では、まさに御正当法要が円成され、御門主様より『御消息』が発付されたところでした。(御消息とは様々なご縁にたいして宗主がそのお心を広く伝えるために出される書簡)

そのお言葉を思い起こしながら、例年とは作法も変え七条袈裟にて登礼盤し、有縁参集の皆様とご一緒に、親鸞聖人の御遺徳を偲びつつ、感謝の中で正信偈を唱和させていただきました。

又、ご法話の前に、本願寺で12日に行われた「中逮夜法要」の模様をダイジェストと15日の「大逮夜法要」の後に行われた御門主様・新門さまの御親教の動画を皆さんにご覧いただきました。12日の法要では、内陣の結集に出勤させていただいた姿や、一番前で参詣された団参参加者の姿も映し出され、あの感動を思い起こしつつ、御門主様新門さまのお言葉をありがたく聞かさせていただきました。さましくその内容は、16日に発付された『御消息』のお話であり、感慨無量の中で思いを新たにさせていただいた事です。藤順生師のご法話でも、親鸞聖人のお心をわかりやすくおときいただき、阿弥陀如来より賜る「ご信心」をいただく幸せを、深くさせていただきました。

その日は御法座終了後に定例総代会も開かれ、22日の門信徒総会の議事が議論されました。さあ、眞願寺も大遠忌の円成に感謝申し上げながら、未来に向かって護持運営を考えて行きたいと思うことです。(第3期大遠忌団体参拝旅行については後日UPいたします)

コメントは停止中です。