冬の境内 ③ またまた「どっか雪」



天候が荒れ出して、3日目になり、降り続ける雪は境内に雪山を高くする一方ですが、除排雪をお願いしている清水産業の皆さんの作業のお陰で、境内はきれいに整っています。今日は4回も除雪に来ていただきました。



境内にある野鳥の餌台には雪帽子がみるみる高くなっていますが、雀は気にすることもなく、零下6度の寒い中元気に餌をついばんでいます。



境内の赤松の枝も重たそうに、つられている縄に全身を託しながら、ただ降り積もる雪の中で耐え抜いています。遠くにはNTTの鉄塔、そのかなたには太陽がうすく見えていました。雪の日によく見える太陽です。



今日はご法事が3件ありました。道路は悪路となり、非常に視界がうすく、危険な状態でした。どこが道路のセンターなのか、どこに雪山があるのか、ふぶくと何も見えません。帰り道、車から携帯電話のカメラで撮影してみました。高速道路は終日通行止めです。皆さん安全運転を!



お寺にに帰って、つめたく冷えた手でウサギの頭をなぜると、「つめたいよ~!」といやそうに、かくれていきました。(しゃべりませんけどね)

もうすぐ御正忌報恩講ですね。私もご本山に参拝させていただこうと思っております。天候も回復して、飛行機、飛んでくれればいいのですが。。

コメントは停止中です。