母上様(御門徒様の手紙から)

長い年月ご苦労様でした。そしてお疲れ様でした。親の傍から片時も離れず姿が見えないと泣いていた子供達も大人になり両親の葬儀を勤める事が出来るまで育ててくれましたね、ありがとうございます。
子供達5人が年を重ねるまで頑張って、生きていてくれた事に感謝します。
ありがとうございました。

晩年の母さんは楽しい事は何もなく夫の看病だけの5年間でした。夫の七年忌まではと気丈に仏さんを守って…
自分のためにしているんだよと言いながらニッコリ笑って頑張っていた母でした。癌という病気に耐え痛みに耐え命尽きるその日までしっかりと周囲の人達に気を使い、感謝の心を持ち看病して頂いた人達に誉められて恥ずかしそうにしていたね。

辛い日々を送った母は幸福な所え行けるのでしょうか。阿弥陀様は助けてくれますか。父さんと2人手を携えて毎日の幸福探しして下さいね。
私達子供は岡元武夫、岡元キヌの子供として誇を持って生きて行きます。
ありがとうございました、ゆっくり休んで下さいね。
母さんに歌を書きました聞いて下さい最愛の母へ贈ります。 合掌

平成19年2月18日  美保子

コメントは停止中です。