東京の若手僧侶が研修で来訪されました。

4月18日、東京教区(東京都と近郊8県)の若手僧侶で組織されている東京教区青年僧侶協議会(増田廣樹会長)の皆さん14名が、研修旅行で眞願寺に来訪いただきました。

ご一行は登別温泉より北海道博物館を見学され、13時半に到着され、先ずはご本堂で勤行お焼香いただきました。住職より寺史について説明させていただき、今日の現状を簡単にお話しさせていただきました。

眞願寺の前に博物館を見学され、北海道の歴史を学ばれてこられたと言うこともあり、眞願寺の開教当時に深いご縁となった、樺太アイヌ強制移住殉難者墓前法要についてや、北海道のアイヌの歴史や、皆さんの信仰心、これまでの国の政策とその中でどのような思いでおられたかなど質問も沢山いただきました。後から思い起こせばどこまできちんとお話しできたか、疑問ではありますが、私なりの確認もさせていただいた、貴重なご縁でした。

その後、本堂・納骨堂・会館など見学いただき、茶話会でも話が弾み、名残惜しい思いもありましたが、あっという間の2時間の滞在をおえられ、次の大乗寺様に向かわれました。その日の晩も懇親会に呼ばれていましたが、お通夜が2件できたため、残念ながら失礼させていただきました。

私も東京教区出身で、元はこの会の会員でもありました。年の差はありましたが、後輩の皆さんが一生懸命に研修されている姿に感銘しました。是非またお会いできればありがたいと思います。