」タグアーカイブ

一般公開コンサートを終えて ②津軽三味線

一部を終了し、休憩前に眞願寺婦人会会長よりご挨拶がありました。今年は会が結成して100年の記念事業を行なうことになっており、その中で今回のコンサートにも協力をいただきました。そのご縁もあり、平素より会員親睦と法座でのお聴聞、そして楽しい研修旅行などを行なっていることなど、ご紹介いただきました。また、新たな会員も募集していますので、是非にとのお話しでした。(当日パンフレットにも掲載)

さて、第2部は津軽三味線ということで、江別にある八章会の皆さんに出演していただきました。会を取り仕切る渡辺八章さんの進行で始まり、お弟子の小中学生5名が壇上に上がり、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

なにしろ、子供達は一生懸命に腕を伸ばし三味線の弦を押さえ、演奏している姿には、皆さん拍手拍手でした。まずは皆さんご存じの童謡を何曲か演奏していただき、口ずさみつつほほえみながら、鑑賞されていました。はるよこい・めだかの学校・鯉のぼり・ふるさと・等々

そして津軽三味線では有名な歌入りの曲、津軽あいや節・津軽じょんがら節を披露してくださいました。歌に入るまで、歌担当の子供は、直立不動できちんとしている姿、そしてそれまでの三味線がまた素晴らしかったです。

その両方がマッチしているからこそ、私たちを感動させるのでしょうね。そして桜吹雪、あとはだりじょんがら節と演奏して頂きました。

最後は渡辺八章さんの懐かしい演歌を尺八で演奏して頂き、あっという間に1時間が過ぎていきました。

最後に住職より「地域に開けた楽しいお寺・眞願寺をこれからも皆さんと盛り上げて行きたい。今日はようこそおいでいただきました。」とお礼申し上げました。

2時間半というあっという間の御堂コンサートではありましたが、眞願寺いちょう会・眞願寺婦人会の皆様はじめ、そして記録写真は花岡勝美さん、ビデオ撮影は筒渕裕浩さんなど、多くの方のご協力ご奉仕をいただき、でき得たこととあらためて感謝させて頂きます。また今回のコンサートにあわせて、本堂の照明施設をLEDに更新し、特に内陣照明もコンサートなどにも適用できるよう、増設しました。お陰でとても見栄えがいい内陣になり、皆さんも喜んで頂けたと思います。

最後になりますが、出演いただいた札幌雅友会の皆さん、札幌龍谷学園高校宗育局の皆さん、八章会のみなさん、特別出演の佐々木重昭さん、本当に得ありがとうございました。また、開催の掲載をいただいた北海道新聞さん、まんまる新聞さん、ポスター掲示をしていただいた理容室惠美さん、喫茶アップルさん、味処かわ路さん、お口添えいただいた多くの皆さん、そして今回のご縁を結んでくださった婦人会会員阪本テル子さん、孫さんで演奏して頂いた阪本拓都くんにも、心より御礼申し上げます。是非来年も一般公開の催しを開催したいと思います。



 

満堂の中で朗読劇「いのちのいろえんぴつ」5月16日

DSCF6239昨年10月に発足した連研履修者の会である「いちょう会」の皆様には、当日10時半より会場の準備等で奉仕いただきました。朗読劇ということで、暗転にするためDSCF6250に、普段は外にはる幕などを利用して、窓をふさいでいただきました。

お昼前にはスタッフの方々もお越しいただき、機材の搬入や設営にも、お手伝いいただきました。お陰様で準備万端整いました。

DSCF6232_edited-1 二日前より北海道新聞や地域の情報紙まんまる新聞でも紹介いただいたお陰で、問い合わせのお電話もいただいておりました。また会場には1時間前から、おこしにDSCF6259なる方もいらっしゃり、ありがたいことで開演時間には約120名の方々にお越しいただきました。DSCF6276

 

そして2時より熱気あふれる中で、木村弘さんの司会進行により合掌礼拝ののち、住職挨拶そして、いちょう会会長の萩原建興さんの挨拶がありました。

DSCF6284いよいよチーム一番星の代表久保田夕子さんにマイクをわたし、開演となりました。「朗読塾チーム一番星」の概略・今回の朗読劇「いのちのいろえんぴつ」の説明、そして途中で歌う歌を皆さんで一緒にということで、練習をしました。

場内が暗転になり、出演者がスタンバイし、釧路厚岸町の風景や学校がスクリーンに映され、ナレーションよりはじまりました。

DSCF6322

出演された皆さんも、学校の担任の先生、校長先生、お父さん、お母さん、友達、そして本人の加純ちゃん等の登場人物になりきって朗読され、笑い、怒り、涙、それぞれの感情を上手に表現されながら、実際にあったこのお話を、当時の状況とそれぞれの登場人物の思いに心寄せつつ、観劇させていただきました。

DSCF6353

お話は平成15(2003)年に脳腫瘍のため11歳で亡くなった女の子の話であり、悲しくつらい別れのお話ですが、その子が残してくれた絵本から、「いのち」「偶然」「人と人」そして「感謝」など、多くのことを学ばさせていただく事ができます。それを朗読劇として表現していただいた尊い劇でした。

DSCF6403演劇後アンケートにご協力いただきました。その中の感想には

「とてもすばらしかったです。いのちある限り、ありがとうをあらわしていきたいと思います。また是非お願いします。」70代女性

「この度の題目は新聞やテレビで何回か紹介されていました。実話とのことと認識していましたので、どのような朗読になるのか楽しみにして参加しました。素晴らしい演技力と声で本当に感動しました。これからもこのような催しをお願いします」60代女性

「今年知人の娘さんを亡くしました。改めて一生懸命に生きないといけないと感じました。その子のためにも...。」30代男性

などなど、皆さんすばらしかったと、感想をおっしゃって下さいました。

DSCF6427

私のいのちは、不思議なご縁によってさずかった「いのちで」あり、自分の思いや願いによって生まれてきた「いのち」ではありません。生んで下さった両親をはじめ、祖父母、曾祖父母と、多くのご先祖が結ばれなかったら、生まれてくる事はなかった事です。両親にしても、「この子をつくろう。」と思い、生んだ親はいないでしょう。
そしてその人生も、人とくらべる事の出来ない喜びや悲しみなどを経験し、他人に真似できない生涯を過ごしていくことでしょう。それもすべて不思議な出会いと別れをくり返して、老い、病み、いずれは死(終活)をむかえます。
二度とないたった一度の人生をどう生きぬくか、「いい人生」とは「素晴らしい人生」とは「自分らしい人生」とはどんな生涯をおくる事なのか..
11歳で亡くなった加純さんの最後の詩には

お父さん、お母さん、家族の人、自然のぬくもり
みんなの愛情をうけて、人は成長していく
とありました。
我が身をふり返れば、平素から自己中心的になり、なにかと不平不満だらけの私ですが、多くの方々のご縁によって「いのち」をさずかり、両親はじめ家族や多くの方々に助けられながら、感謝の中でいのち終わるその時まで精一杯の人生を歩まれた姿に、ただ感動することです。

最後になりますが、お越しいただいた皆さん、チーム一番星の皆様、そしてご奉仕いただいたいちょう会の皆さんに心より感謝申し上げます。今後とも一般公開のご縁を企画し、地域に開けたお寺を考えていきたいと思います。

H27一般公開講座 朗読劇_ページ_1

春の彼岸会を終えて①

DSCF4451

雪の少ない境内に、春の日ざしが差し込み、お彼岸初日の18日にはクロッカスやチューリップの芽が出てきました。今年の雪どけは昨年より10日は早いようです。きっとお花も早く咲くことでしょう。これも気候変動の激しさや温暖化の影響もあるのかもしれませんが、雪国に住む私達にとっては、ありがたいことですね。

DSCF4462

DSCF4463_edited-1去年(上)と今年(下)、同じ3月18日の山門付近の写真ですが、違いがよく分かりますね。

DSC04938

DSCF4452さて、そんなあたたかな小春日和の中で、お彼岸のご法要も四日間、多くの方々に参詣いただきました。多くのご先祖を偲び、今ある私の「いのち」に感謝しつつ、ご先祖の導きによってみほとけの教えを聴聞させていただくのがお彼岸と思います。初日、二日目と60名以上の方々の参拝をいただきました。

DSCF4472_edited-1

ご一緒に「しんじんのうた」をお勤めし、感謝の中でお念仏申させていただきました。ご法話は二日間、赤平市茂尻常照寺ご住職の佐々木重昭師にお取り次ぎいただきました。わかりやすく丁寧に、お話いただき、何事も私の事といただきつつ、お念仏のおいわれをいただきました。

 

DSCF4573

DSCF4522三日目はご法要の後は春のお彼岸で恒例になってきました「アッチカ」さんの御堂コンサートが行われました。前日までご法話いただいた佐々木重昭師がキーボード、川沿寶流寺ご住職の柴田範尚師がギター、そしてボーカルに「アッチカ」の常照寺衆徒の佐々木重厚師、厚別安楽寺住職の横湯誓之師が。ご本堂正面の仮設ステージに出演し、にぎにぎしくコンサートが始まりました。

DSCF4748

先ずは眞願寺の歌である「微妙」を歌っていただきました。普段、ご法座が終わりますと館内のBGMでかけていますが、やっぱり生の声はいいですね。

DSCF4686

そして「星たちの子守歌」や「生まれ来る子供達のために」など、震災で亡くなってゆかれた方々を偲びながらお話いただき、心に染みいる二曲でした。

DSCF4721DSCF4699

 

 

 

 

雰囲気を変えて、「みんなで歌うコーナー」では、歌詞カードを皆さんにお配りし、「愛燦燦」「上を向いて歩こう」「川の流れのように」の三曲を皆さんご一緒に楽しく歌わさせていただきました。DSCF4745
そして緊張しましたが、特別ゲストということで期待を持っていただきました、が、一人は石狩信教寺石田えりこさんがステージに上がられ、ふたり目は変装した男が入ってきたと思いきや、帽子・マスク・サングラスを取れば当寺住職(私)と言うことで、場内爆笑になりました。この二人と横湯誓之師の三人は、普段より札幌雅友会会員というこもあり、この日はギターやシンセサイザーと一緒に東儀秀樹さんの「越殿楽幻想曲」を演奏しました。初めての試みでしたが、何とか演奏できたかと思います。

DSCF4796後半も「生老病死」や「フクジュソウ」などの持ち歌を披露していただき、素晴らしいコンサートとなりました。この日も80名を超える参詣の方々とご一緒に、春のお彼岸の一日を御堂で楽しく過ごさせていただきました。

出演いただきました皆様、心より感謝申し上げます。

DSCF4852

婦人会報恩講

DSCF2291_edited-1

12月に入り2日に婦人会報恩講、3日には秋初穂感謝法要が行われました。両日ともお天気が心配されましたが、雪がぱらつく程度で、珍しく積雪にもなりませんでした。

DSCF2304_edited-12日の婦人会報恩講は、11時より正信偈を、皆さんご一緒にお唱えいただき、親鸞聖人のご遺徳を偲びつつ、お勤めさせていただきました。

DSCF2304_edited-1引き続き会員物故者追悼会をお勤めさせていただきました。今年は2名の会DSCF2312員が往生され、悲しみの中でお別れしました。しかしお念仏を頂き、浄土で又あわさせていただく未DSCF2326_edited-1来があると、なき方々のお導きをいただきつつ、感謝の中で追悼の一時を過DSCF2314_edited-1ごさせて頂きました。

二つのご法要も無事終わり、坊守・婦人会長のご挨拶を頂いてお斎となりました。昨日から役員皆さんがご用意頂いた精進の「ちらし寿司」と皆さんが持ち寄って下さった「お漬け物」はとてもおいしくいただきました。お漬け物はその家によって味や色も違い、楽しく頂きました。

DSCF2341

お斎が終わり、ご本堂に戻って研修会です。先ずは前会長の安孫子さんによる歌唱指導が行われました。普段からは「恩徳讃」はよく歌いますが、「真宗宗歌」を歌うことが少DSCF2344ないので、是非練習したいとの役員会の意見より、練習することになりました。はじめは声も小さかったのですが、練習するうちに大きな声で歌って頂きました。とてもよかったですね。また是非歌の練習をという声や、婦人会の常例法座でも歌いたいという意見もだされていましDSCF2360_edited-1た。

その後、「これからは住職さん、お願いします」と言うことで、たっぷり一時間半の時間をまかされました。そこでせっかく真宗宗歌を練習したので、その意味についてお話ししましょう。と言うことで、歌詞の概要やお味わいをみなさんとご一緒に学ばさせて頂きました。

ふかきみ法に あいまつる
身の幸なにに たとうべき
ひたすら道を ききひらき
まことのみ旨 いただかん


DSCF2362

ひも解いて行きますとけっこう味わい深い歌詞ですね。勉強になりました。そして皆様からの質問コーナーということで、何名かの方よりご意見や質問をしてもらい、お答えさDSCF2375せて頂きました。最後は「住職さんも縁起をかつぎますか?」という質問から発展して、「縁・縁起」についてご一緒に考えさせていただきました。普段から思っていることDSCF2395_edited-1で疑問を感じていることも多いようですね。思い切って聞いてみると、本当の自分が見えてくることもありますね。とてもいいご縁でした。

 

DSCF2379_edited-1

最後は今一度皆さんで「真宗宗歌」を歌い、解散となりました。役員の皆様おつかれさまでした。

HIGAN MIDOU コンサート ① アッチカ

DSC04940

18日より春のお彼岸をお迎えしました。今年は境内もまだ雪深い中でお彼岸となりました。樹木の根際ではようやく土が見えてきて、なんとか春が近いことを感じさせてくれています。

DSC04941恒例になりましたお彼岸御堂コンサートも今年も二回行われます。18日はアッチカさんのコンサートでした。午後DSC049881時より参詣いただいた皆さんと彼岸会のお勤めをさせていただき、コンサートが始まりました。昨年の模様はこちらから

 

先ずは佐々木重昭(赤平常照寺御住職)さんと初出演の柴田範尚さん(川沿寳流寺御住職)により、「一緒に歌いましょうコーナー」が行われました。従来よりある眞願寺の歌『微妙』をはじめ、卒業式でおなじみでしたが、今はほとんど歌われなくなった『仰げば尊し』や『どこかで春が』を皆さんとご一緒に歌いました。

DSC04968_edited-1

そしてアッチカさん(横湯誓之さん厚別安楽寺御住職、赤平常照寺衆徒佐々木重厚さん)の登場です。今年もオリジナルの曲や玉置浩二さんなどの歌をアレンジして、すばらしいハーモニーが御堂を包み込み、私たちのここの隅々まで響いてきました。

DSC05001_edited-2

昨年より是非もう一曲作って下さいとお願いしていましたが、佐々木重昭さんの作詞作曲で二日前に出来あがった、眞願寺春のイメージソング『涙のあとにア・リ・ガ・ト・ウ』を初披露して下さいました。とってもいい曲でした。いずれHPにもUPしたいと思います。

曲と曲の間には、それぞれの方よりご法話をいただき、いのちの尊さを味わいながら、あDSC05004っという間の90分でした。そして会場には横湯誓之さんのお子さんも、愛らしい姿を見せてくれました。

是非、来年もお迎えできればと、願いつつ尊い時間を過ごさせていただきました。

DSC04979_edited-1

19日、20日と通常の彼岸会が勤められます。ご法話は佐々木重昭師にわかりやすくおひもときいただきます。

そして21日は11時半よりなごみ食堂でお斎(昼食)の無料接DSC05021待があります。午後1時よりお勤めと住職の法話、そしてお彼岸御堂コンサート第2弾として江別第一中学校吹奏DSC05040_edited-1楽部による演奏が行われます。楽しみですね。皆さんもご家族、ご近所お誘い合わせの上、こころなごむ江別の眞願寺にご参詣下さい。