門信徒」タグアーカイブ

春のお彼岸に 得度報告

20日の中日は朝早くから婦人会と壮年会の皆様のご奉仕をいただき、なごみ食堂の準備がはじまりました。厨房では婦人会役員皆様によりおうどんとお蕎麦の準備が進み、広間では壮年会役員の皆様が会場の設定そしてご本堂の法要準備に眞願寺オリジナルのエプロン姿で、はりきっていただきました。

11時半よりなごみ食堂スタート。おいでいただいた老若男女皆さん、今年も笑顔で「おいしかった!ごちそうさま~!」と声をかけてくださいました。

お腹も落いた皆さん、12時半頃にはご本堂がほぼ満席になりました。13時の法要までの時間を利用して、一口法話が法務員さんよりありました。今回は竹澤拓弥氏が担当し、お彼岸の意味とご法要について説明があり、参拝される皆さんもうなずきつつ聴聞されていました。

外陣の大太鼓も堂内響き、13時より彼岸会法要が始まりました。この度高校を卒業し、新たな道を進む住職長女石堂礼華氏が、3月15日本願寺御影堂にて得度式を受け、第25代専如御門主様より度牒を拝受し、このご法要にて奉告法要を兼ねてお勤めしました。

住職・法務員と共に黒衣とご本山でいただいた黄袈裟をかけ内陣に出勤し、ご法要の最後に、内陣正面にて焼香し仏祖に得度奉告いたしました。

住職御文章拝読の後、眞願寺門信徒代表して髙間責任役員よりお祝いの言葉と記念品をいただきました。

いただいたばかりの輪袈裟に着替え、本人より御礼の挨拶があり、高校を卒業し僧僧侶とならさせていただき、新たな道に挑戦していくことなどをふまえ、皆さんに御礼を申し上げました。余間からその姿、このご縁、そして御門徒皆さんからの拍手を聞かさせて頂き、何よりも尊いことと頭が下がるばかりでした。

御法話は住職ということで、江別第一中学校の御堂演奏もこの後ひかえていると言うこともあり、30分間のお話をさせていただきました。「自信教人信~」善導大師のお言葉をいただき、「得度」の意味や領解文のお話をしつつ、あっという間の30分でした。ご本堂をあふれて廊下でも参拝いただく中、最後まで聴聞下さいました。

門信徒総会・新年会1月22日



 

 

 

午前10時より婦人会の役員皆さんが集まられ、新年会に振舞われる豚汁の準備にご奉仕いただきました。壮年会も29日の総会を前に、役員会が行われました。また総代さんも集まられ、総会と新年会の準備をしていただきました。皆さんご苦労様です。

多くの門信徒皆さんに参集いただき、萩原総代の進行により、午後1時より勤行そして総会が行われました。住職・髙間責任役員からは、昨年も一年間に参拝いただいた方が、とても多かったことや、今後も一人でも多くの方が参拝され、来てよかったと思っていただけるお寺を目ざし、皆さんとご一緒に聴聞させていただきましょうと、挨拶がありました。

また、仏教壮年会・仏教婦人会・パークゴルフ実行委員会・いちょう会ら、各教化団体の代表より一年間のご報告もありました。皆さんの一年間のご苦労に感謝させていただきました。

議長には壮年会幹事の鈴木眞砂美さんが選出され、事業報告決算・事業計画予算案が審議され、上程通りご承認いただきました。今年の特別行事としては、5月に眞願寺団体参拝旅行(第二班)があります。昨年10月にも30名の参加をいただき、とても素晴らしい旅行となりました。是非、本願寺の伝灯奉告法要に参拝いただきたいとのご案内がありました。

総会終了後、ご本堂で記念撮影が行われ、多くの皆さんとご一緒に集えたことをともに慶びあいました。そして新年会は河合総代の進行で始まりました。安孫子総代の乾杯に始まり、賑々しくおいしい豚汁や、いただいたお漬け物を頂戴しながら、楽しい一時を過ごさせていただきました。

恒例のくじ引き抽選会、そして住職賞・責任役員賞・坊守賞・前坊守賞・法務員賞などの特別賞が引かれ、一喜一憂しつつ、楽しい宴もお開きとなりました。

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

今年最後の御命日法座

DSCF1471今年もあと10日ほどになりました。少なかった雪も18日から断続的に降り、境内も一面冬景色になりました。野鳥の餌台にいただいた古い青米やひまわりをやると、ゴジュウガラやヒヨドリが食べにきているようです。

DSCF1468

DSCF1469さて、16日は今年最後の御命日法座でした。なんと50名以上の参拝を頂き、賑々しくお勤めをさせて頂きました。スタンプラリーを始めて2年が過ぎますが、11月12月の法DSCF1480座の参拝が特に多くなってきたと思います。そして来年3月までの提出ですが、ご法座終わってスタンプ帳を提出されてかれた方もおられましたが、その中で三十五座パーフェクト皆勤の方が9名もいらっしゃったようです。ありがたく頭が下がる思いです。

DSCF1381_edited-1

お勤めを終えて住職挨拶に引き続き、元法務員の御幸さんのお話がありました。開教使を目指して現在研修中ですが、9月よりハワイに三ヶ月視察研修ということで滞在してこられ、ハワイ別院における布教や活動の様子など、紹介して下さいました。日系人もたくさん在住されていますので、各宗の別院などもありますが、本願寺派のハワイDSCF1406開教の歴史も1887年より始まったようです。皆さんもハワイに旅行された時は別院などにお寄り頂いたらいい記念になると思います。

ご法話は法務員の稻垣心平氏でした。9月に眞願寺に法務員として奉職され、ようやく三ヶ月がたち少し慣れてDSCF1425こられたようですが、持ち前の明るさと、聞き取りやすい声とゆっくり話されることもあり、皆さん新しい法務員さんに好感を持たれながら聴聞していただいたようです。

あっという間の二席の法話を私も聴聞させていただき、とても嬉しく感謝の思いで領解文を出言させて頂きました。あたたかい門信徒の皆様が、お寺に集って頂けるから、法座が勤まり、法を伝えさせていただくことができます。そのご縁によって曲がりながらも学びを深くし、いつの間にかお育て頂いている自分に気づくことです。眞願寺ではじめて法話をされた5年前の御幸さんを思い出すと、この日の姿はとてもほほえましく、そしてたくましく見えました。きっと稻垣さんもここで成長して下さることでしょう。そして私も知らず知らず、日々お育て頂いていることです。

DSCF1429

そんな思いに更けながら、ありがたく年末を過ごし、新たな年を迎えさせていただきたいと思うことです。

ご法座が終わりましてから、いちょう会の定例会が行われました。昨年発会したこの会は、連研履修者の会で、現在20名の方がいらっしゃいます。おもな活動は、お寺の各行事や法座に率先して参詣し、お手伝い頂いていることです。

DSCF1446_edited-1

今年は5月の一般公開講座と6月7月の住職講座をお手伝いいただきました。皆さんそれぞれ反省と感想、そして次年度への思いを述べていただき、懇談させていただきました。今後も眞願寺より連研をたくさんの方が受講していただけるよう、皆さんと声かけもしていきたいと思います。

 

報恩講を終えて ②

DSCF9517_edited-1

30日の朝も雨模様となりました。今年の報恩講は3日とも雨天となり、参詣いただいた皆様には足元の悪い中、お越しいただき本当にありがたいことです。6時の集会鐘の時には総代さんや婦人会の方々もすでにおいでになられ、7時からのお朝事の準備や朝のお斎の準備をしていただいていました。

DSCF9522外陣の太鼓が10分前になり響く時には、すでに50名ほどの方がご本堂においでいただきました。ありがたいことです。晨朝勤行は正信偈草譜で、調声を光明寺御住職にお願いし、引き続いての「御俗鈔」は住職が拝読させていただきました。そして天野先生のご法話と続きました。終わる頃には70名を超える参詣をいただきました。

DSCF9529朝のお斎はバイキングです。一生懸命精進料理のアイデアを出していただき、たくさん並んだおかずを目の前にしますと、ついついあれもこれもと、気がつくと朝からおおご馳走。新米のご飯は江別市中島の田中浩一さんよりいただいたユメピリカは恒例の納豆汁ととても相性もよく、おいしくいただきました。

一息ついていよいよ10時より満日中法要です。各御寺院も各々お着きになり、門信徒の皆さんも、たくさんのご参詣です。10分前には外陣の太鼓が鳴り、本堂横の控室ではご挨拶と差上説明がありました。

DSCF9546

10時より行事鐘が打たれて、ご法要が始まりました。導師は当寺住職が勤め、奉讃大師作法にて皆さんとご一緒に正信偈をお勤めしました。

DSCF9557_edited-1

法要後、左余間にて御講師と御出勤いただいた御寺院への御礼言上が行われ、寺内代表し住職より御礼申し上げさせていただきました。戦後70年という節目にあたって寺報響38号にも掲載しましたが、昭和18年、広島県妙専寺で17歳の少年であった父が出陣前に坊守である母が自分の膝元にに泣きくずれる姿を唯々唖然とする他はなかった思い眞願寺では「金属回収令」によって大切なお寺の仏具や日の丸に包まれた鐘を見送られた廓然住職の姿など、戦中当時に思いをよせれば、こうして報恩講をむかえさせていただくことができる幸せを深く感じつつ、二度とこのような時代が来ないよう、そしてすべての人々が心豊かに生きることのできる社会を目指し、寺内門信徒の皆さんとご一緒に、来年の報恩講に向かって、歩んでいきますと、言上させていただきました。

DSCF9563_edited-1

DSCF9569_edited-1そして髙間責任役員より門信徒皆様に報恩講満座にあたってご挨拶をいただきました。最後に一席のご法話をいただき、領解文を唱和し、親鸞聖人のご恩に報じつつ感謝のなかでお念仏聴聞させていただいた三日間も閉ざさせていただきました。

終了後、皆さんDSCF9577_edited-1一斉に後片付けをご奉仕いただき、1時間半ほどで綺麗にかたずけていただきました。最後に笠羽総代より三日間のご奉仕に感謝しつつ乾杯し、皆さんご一緒に精進落としで昼食をいただき、解散となりました。お陰様で尊い三日間でした。称名

 

寺報響38号発送しました。災害お見舞い

3a77cf6a53b71463bcb86459f2f48bba9月に入り、秋も深まりつつある今日ですが、昨日から台風18号から温帯低気圧に変わり、大雨の被害が各地で出ているようです。鬼怒川の堤防が決壊し多くの方々が、被害にあわれているようです。今後も台風17号の進路から北海道東部も心配ですね。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

01-1さて、昨日は寺報「響38号」が出来上がり、午後2時より発送作業が行われました。多くの方々にご奉仕いただいたお陰で、1時間ほどで作業も終わりました。心より御礼申し上げます。

DSCF8500又、午後4時より総代さんはじめ各役員さん、壮年会婦人会役員さんに参集いただき、報恩講合同準備会が行われました。9月28日より30日に行われる報恩講に向けて、門信徒皆様とご一緒に準備を進めて生きたいと思います。

終了後、壮年会婦人会の合同役員会も行われ、秋の彼岸最終日9月23日に行われる『なごみ食堂』と『バザー』の打ち合わせがありました。今年も宜しくお願いします。

DSCF8499

DSCF8526晩には野幌の「あおい」に移動して、眞願寺法務員歓送迎会が役員皆様44名が集い行われました。6年半お世話になった御幸断さんの長年の勤労に感謝し、益々夢へ向かって頑張ってほしいと激励しました。

DSCF8561_edited-1

海外開教使を目指し、眞願寺での経験を土台として頑張ってほしいと願うばかりです。又、新たに稲垣心平さんが9月1日より着任いただきました。今年の5月に第一子のかDSCF8585_edited-1DSCF8609_edited-1わいい女の子が誕生されたばかりで、奥様と3人でこの日も来て下さいました。ご本山で特別法務員の資格もおもちでいらっしゃり、お経のスペシャリストとしても頑張っていただきたいと思います。