連研」タグアーカイブ

いちょう会(連研履修者の会) 

今年も残すところあとわずかとなりました。先日20日にはFMアップルで札幌組が提供している「お西のお寺さん」午後9時より1時間に出演して、各寺院で行われている年末年始の行事(除夜会~除夜の鐘~元旦会)について、お話しさせていただきました。1月からはお坊さん・仏教・お寺について、あれやこれや質問にお答えするので、楽しみにしてください。詳しくはこちらから

さて、12月9日に眞願寺いちょう会の本年度例会が行われました。総勢25名のところ15名の参加をいただき、一年間をふり返り明年度に向けて、ご意見を聞かさせていただきました。

いちょうか会は発足して3年目になりますが、札幌組などで開催された「連続研修会」12回の話し合い法座を履修された方々の連絡協議会です。眞願寺でも各ご法座に参詣いただくことをはじめ、出来うるご協力をいただいています。とりわけ毎年行われている「一般公開講座」は、いちょう会の方々にすべてお任せし、ご奉仕いただいています。お寺としても、とてもありがたく大きな力になっていただいています。

札幌組でも去年「札幌組連研協議会」が発足し、門徒推進委員の方々が、現在行われている「札幌組連続研修会」などにご奉仕いただいています。その会の副会長にはいちょうか会の萩原建興会長が就任され、ご活躍いただいています。先日も宗派の雑誌「大乗」に紹介されました。

婦人会・壮年会・PG実行委員会・そしてこのいちょう会の方々が、眞願寺の行事に参画され、ご縁を広めてくださっています。年末は除夜会は壮年会の方々のご奉仕があります。来年のスタンプラリーの台紙もカレンダーと一緒に各御家庭に配布されました。多くの方々が眞願寺に参拝されますことを願いつつ、皆様のご協力を心よりお願いします。

今年最後の御命日法座

DSCF1471今年もあと10日ほどになりました。少なかった雪も18日から断続的に降り、境内も一面冬景色になりました。野鳥の餌台にいただいた古い青米やひまわりをやると、ゴジュウガラやヒヨドリが食べにきているようです。

DSCF1468

DSCF1469さて、16日は今年最後の御命日法座でした。なんと50名以上の参拝を頂き、賑々しくお勤めをさせて頂きました。スタンプラリーを始めて2年が過ぎますが、11月12月の法DSCF1480座の参拝が特に多くなってきたと思います。そして来年3月までの提出ですが、ご法座終わってスタンプ帳を提出されてかれた方もおられましたが、その中で三十五座パーフェクト皆勤の方が9名もいらっしゃったようです。ありがたく頭が下がる思いです。

DSCF1381_edited-1

お勤めを終えて住職挨拶に引き続き、元法務員の御幸さんのお話がありました。開教使を目指して現在研修中ですが、9月よりハワイに三ヶ月視察研修ということで滞在してこられ、ハワイ別院における布教や活動の様子など、紹介して下さいました。日系人もたくさん在住されていますので、各宗の別院などもありますが、本願寺派のハワイDSCF1406開教の歴史も1887年より始まったようです。皆さんもハワイに旅行された時は別院などにお寄り頂いたらいい記念になると思います。

ご法話は法務員の稻垣心平氏でした。9月に眞願寺に法務員として奉職され、ようやく三ヶ月がたち少し慣れてDSCF1425こられたようですが、持ち前の明るさと、聞き取りやすい声とゆっくり話されることもあり、皆さん新しい法務員さんに好感を持たれながら聴聞していただいたようです。

あっという間の二席の法話を私も聴聞させていただき、とても嬉しく感謝の思いで領解文を出言させて頂きました。あたたかい門信徒の皆様が、お寺に集って頂けるから、法座が勤まり、法を伝えさせていただくことができます。そのご縁によって曲がりながらも学びを深くし、いつの間にかお育て頂いている自分に気づくことです。眞願寺ではじめて法話をされた5年前の御幸さんを思い出すと、この日の姿はとてもほほえましく、そしてたくましく見えました。きっと稻垣さんもここで成長して下さることでしょう。そして私も知らず知らず、日々お育て頂いていることです。

DSCF1429

そんな思いに更けながら、ありがたく年末を過ごし、新たな年を迎えさせていただきたいと思うことです。

ご法座が終わりましてから、いちょう会の定例会が行われました。昨年発会したこの会は、連研履修者の会で、現在20名の方がいらっしゃいます。おもな活動は、お寺の各行事や法座に率先して参詣し、お手伝い頂いていることです。

DSCF1446_edited-1

今年は5月の一般公開講座と6月7月の住職講座をお手伝いいただきました。皆さんそれぞれ反省と感想、そして次年度への思いを述べていただき、懇談させていただきました。今後も眞願寺より連研をたくさんの方が受講していただけるよう、皆さんと声かけもしていきたいと思います。

 

婦人会報恩講~12月2日

DSCF0715_edited-1

師走に入り、日の出は7時を過ぎるようになりました。2日の朝はきれいな日の出を見つつ、シャッターを切りました。

DSCF0718_edited-18時過ぎには婦人会の役員皆様が参集され、お斎の支度をしていただきました。家のことを一通り終わらせてから来られるのですから、本当に頭が下がります。午前11時の法要開始前には厨房においしそうなちらし寿司がならんでいました。

さて、婦人会の会員さんも毎年高齢化が進み、出席される方も少なくなってきたようですが、寒い中元気に皆さんおいでいただきました。11時より先ずは婦人会報恩講をご一緒に正信偈をお勤めし、親鸞聖人のご遺徳を偲ばさせていただきました。

DSCF0747_edited-1

引き続き蝋燭を朱から白に変えて、会員物故者追悼法要をお勤めしました。余間に今DSCF0754_edited-1年一年間でご往生された方三名を謹書させていただいた掛け軸を奉献し、お焼香させていただきました。

DSCF0818そして、広間にてお斎をおいしくいただきました。ちらし寿司や味噌汁は勿論ですが、持ち寄っていDSCF0869ただいたおいしい自家製のお漬け物は、とってもおいしかったです。

DSCF0863

さて、1時半よりご本堂に戻り研修会です。今年は「住職と、お仲間と、語り合いましょう」ということで話し合い法座をさせていただきました。テーマは『お念仏を子や孫へって言われるが、どうしたらいいのでしょうか』という、ちょっとめんどくさそうなテーマでしたが、問題提議では皆さん真DSCF0964剣に聞いていただいたようです。皆さんそれぞれ自分の家庭の状況を頭に浮かべつつ、聞いていただいたんだと思います。

DSCF0881 このテーマを掘り下げれば、私達と現在の時代背景も違うし、少子高齢化という大きな問題も含まれています。話し合いが進み行き着くところは「お仏壇・お墓・お寺、何故必要?」ということになっていくことでしょう。

DSCF0897 六っつの班に分かれて30分ほど話し合いをしていただきました。そして各班で話されたことを手短に発表していただき、まとめのお話をさせていただきました。

DSCF0941_edited-1いつもお寺のご奉仕をしていただき、お寺にとっても大切な婦人会の皆さんと、この大きな課題を共有出来たことは、とてもありがたくおもいました。皆さんのお寺に参られるそのお姿が、次世代へと伝わっていけばありがたいですね。

DSCF0924そして最後に前門様のご本を紹介させていただき、お座を終わらさせていただきました。普段の生活の中でよくある悩みや苦しみなど、仏教用語をほとんど用いずに、とても読みやすく、わかりやすく書かれています。『人生は価値ある一瞬』是非皆さんもお読みいただければと思います。

教区Aブロック総代研修会に参加して

 7月6日、7日に登別グランドホテルに於いて、浄土真宗本願寺派北海道教区Aブロック門徒総代研修会が右記の日程で開催されました。
 当眞願寺からは、木村、笠羽、富永、河合、土蔵の各総代、住職の計6名で参加をしてまいりました。定刻に始まり、北海道教区門徒総代会の総会が行なわれ、提出された議案すべてを出席者全員の賛成で承認可決されました。
 なお、次年度は日高組の主管担当で行われるとの事です。内容については、後日連絡との事です。
 その後、講師の小林先生からの話があり、”寺離れ”と云われているが、宗教離れではない。お寺をどう活用するか、例えば参加者主導のイベントを企画するとかなるべく葬儀をお寺でする等、色々できる ことがあるのではないか?などと話ががありました。
 引き続き参加者全員を10のグループに分けて”話し合い法座”が行われました(連研方式)。後に各グループの発表があり、それぞれ地域によって色々悩みがあることがわかりました。(グループの代表として眞願寺の木村総代も発表されました。)
 予定の時間に終了し、夕食、懇談会が始まりました。途中ステージでは”熊舞”なる郷土芸能が披露、その迫力に圧倒されました。最後はジャンケンゲームで楽しい一時を過ごしました。その後、眞願寺一行は住職の部屋に集まり、今日の反省と、今の眞願寺の現状などを話し合いました。
 二日目は前日の各グループの発表をもとに先生のまとめの話があり、定刻に終了しました。札幌組には45ヶ寺の寺院がありますが今回参加したのは11ヶ寺で少々寂しい感じがしました。又、他の地域では連研履修者が各グループ1~2名程度でした。眞願寺は全員履修者でした。
 以上、簡単ですが参加報告とします。

総代 釋威曜 土蔵幸雄

18-01

18-02

18-03

住職による記事はこちら

教区Aブロック総代研修会

7月6日より7日にかけて教区Aブロック総代研修会が登別グランドホテルで開催されました。広大な北海道では教区をみっつのブロックに分け、それぞれの取り組みが進められています。その中で札幌・胆振・後志・函館・日高の5組をAブロックとして、毎年各組が担当し、総代研修会が行われています。今年は胆振組さんの主管にて行われ、眞願寺からは5名の総代さんと住職の6名で参加させていただきました。

DSCF7530_edited-1

御講師には大坂の小林顕英師で、『門徒もの知らず。を考える』と題して、班ごとに分散して話し合い法座形式で行われました。「寺離れ」がすすむ中ではあるが、「宗教ばなれ」が進んでいるわけではない。その現状をふまえて総代として、どう護持発展に尽力していくかということを問題提議していただき、班別での話し合い、そして各班の発表、そして一夜をはさんでまとめの研修と進みました。

DSCF7532

今回参加いただいた眞願寺の総代さん5名全員がみな連研履修者ということもあり、まとめ役や助言、そして発表と皆さんご苦労いただいたようです。その中で木村総代は発表されていました。

DSCF7534_edited-1

懇親会も終わり、温泉の後は我が寺だけで部屋に集い、膝を交えつつささやかな二次会をしました。御講師のお話の感想や、各班話し合われた内容、そして「眞願寺はこうしたいね~。」など、あっというまに夜もふけてゆきました。

久しぶりに拝見した御講師の小林先生はじめ、参加いただいたすべての総代の皆さん、そして胆振組の担当された皆さんにこころより感謝申し上げます。とっても有意義な研修会でした。