講演コンサート」タグアーカイブ

6月17日(土) 一般公開御堂コンサート 御堂に響く自然の調べ 聲明と雅楽・津軽三味線

 6月17日は、朝からいいお天気にめぐまれ、行楽日和の土曜日となりました。どこかハイキングにでも出かけたくなるような日でしたが、眞願寺の御堂コンサートにも150名を越える方々、特に一般の方が約半数以上もおこしくださり、賑々しく2時間半の時間を過ごすことができました。
 午後2時より、主催者側より眞願寺いちょう会会長の萩原建興さんにご挨拶をいただきました。連続研修会を履修された方で構成されているこの会は、いつも行事の時にご奉仕いただいています。特にこの一般公開行事は、準備作業から片付けまで献身的に尽力いただき、とてもありがたく力になってくださいます。

 第一部は聲明(しょうみょう)と雅楽ということでした。先ずは親鸞聖人ご命日の法要として、導師は眞願寺住職が勤め、札幌雅友会の皆様の雅楽演奏、そして聲明が行なわれました。札幌雅友会の会長青山氏の進行と解説をいただきつつ、御堂で奏でる和の調べをご法要を通して味わっていただきました。特に眞願寺住職を先頭に7名の僧侶が入堂し、無言行道(むごんぎょうどう)という作法が行われ、本尊である阿弥陀如来を中心に無言で歩く動作や、雅楽の他にも鐃鈸(にょうはち)をはじめて取り入れ、作法を行ないました。聲明は親鸞聖人報恩講で拝読される「畫讃(がさん)」や「十一句念仏」「回向句(えこうく)」を拝読し、散華(さんげ)などの作法も取り入れつつ、天台聲明の流れの中で、現在もお勤めされているものをお称えしました。
 法要終了後、雅楽演奏では、平素一緒に練習をしている札幌龍谷学園の宗育局の皆さんにも特別に出演していただき、平調より「音取(ねとり)」「五常楽急(ごしょうらくきゅう)」「越殿楽(えてんらく)」を演奏し、あわせて雅楽の説明や楽器の紹介をさせていただきました。最後に雅楽と洋楽(オルガン・ギター)を交えて「越殿楽幻想曲」を演奏しました。

楽器の紹介で独奏していただいた札幌龍谷学園宗育局の皆さん




 本堂内の照明設備もLED に一新し初めての行事でしたが、施工いただいた業者さんのお陰で、素晴らしいお浄土の荘厳が整いありがたい御法縁となりました。



 第一部を終了し、休憩前に眞願寺婦人会の笠羽会長よりご挨拶がありました。
 今年は会が結成して100年の記念事業を行なうことになっており、その中で今回のコンサートにも協力をいただきました。そのご縁もあり、平素より会員親睦と法座でのお聴聞、そして楽しい研修旅行などを行なっていることなど、
ご紹介いただきました。
 また、新たな会員も募集していますので、ご入会おまちしていますとのお話しでした。
さて、第2部は津軽三味線ということで、江別にある八章会の皆さんに出演していただきました。会を取り仕切る渡辺八章さんの進行で始まり、お弟子の小中学生5名が壇上に上がり、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。なにしろ、子供達は一生懸命に腕を伸ばし三味線の弦を押さえ、演奏している姿には、皆さん拍手拍手でした。まずは皆さんご存じの童謡を何曲か演奏していただき、口ずさみつつほほえみながら、鑑賞されていました。はるよこい・めだかの学校・鯉のぼり・ふるさと等々




 津軽三味線では有名な歌入りの曲、津軽あいや節・津軽じょんがら節を披露してくださいました。歌に入るまで、歌担当の子供は、直立不動できちんとしている姿、そしてそれまでの三味線がまた素晴らしかったです。その両方がマッチしているからこそ、私たちを感動させるのでしょうね。そして桜吹雪、あどはだり、じょんがら節と演奏して頂きました。


 最後は渡辺八章さんの懐かしい演歌を尺八で演奏して頂き、あっという間に1時間が過ぎていきました。
 最後に住職より「地域に開けた楽しいお寺・眞願寺をこれからも皆さんと盛り上げて行きたい。今日はようこそおいでいただきました。」とお礼申し上げました。


 2時間半というあっという間の御堂コンサートではありましたが、眞願寺いちょう会・眞願寺婦人会の皆様はじめ、そして記録写真は花岡勝美さん、ビデオ撮影は筒渕裕浩さんなど、多くの方のご協力ご奉仕をいただき、でき得たこととあらためて感謝させて頂きます。また今回のコンサートにあわせて、本堂の照明施設をLED に切り替えし、特に内陣照明もコンサートなどにも適用できるよう、増設しました。お陰でとても見栄えがいい内陣になり、皆さんも喜んで頂けたと思います。
 最後になりますが、出演いただいた札幌雅友会の皆さん、札幌龍谷学園高校宗育局の皆さん、八章会のみなさん、特別出演の佐々木重昭さん、本当にありがとうございました。
 また、開催の掲載をいただいた北海道新聞さん、まんまる新聞さん、ポスター掲示をしていただいた理容室惠美さん、喫茶アップルさん、味処かわ路さん、お口添えいただいた多くの皆さん、そして今回のご縁を結んでくださった婦人会会員阪本テル子さん、孫さんで演奏して頂いた阪本拓都くんにも、心より御礼申し上げます。是非来年も一般公開の催しを開催したいと思います。

婦人会にご縁いただき孫が御堂コンサート三味線演奏

 仏教婦人会100周年という節目の年を迎えましたことに心よりお慶び申し上げます。結成100年と言いますと、明治43年に設立されたとのこと、当時その準備等に関わった先輩御婦人たちの苦労に心から感謝申し上げ、共に喜
びを分かち合いたいと思います。ありがとうございます。
 此の度婦人会では100周年をご縁に、6月17日に行われた一般公開講座を協賛させていただきました。住職さんの開会のご挨拶に続き、親鸞聖人のご命日法要、そして第一部に札幌雅友会(僧侶の皆様)と札幌龍谷学園雅楽部の生徒さんたちの雅楽演奏、とても素晴らしく心が洗われ、本当に感動しました。
 第二部に津軽三味線の八章先生と子供達が登場し三味線合奏、さくら吹雪、津軽じょんがら節等にぎやかな演奏でした。その中に私の孫が出演して居りました。彼曰く、お寺での演奏、特に緊張したそうです。住職さんはじめお寺の皆様の声援がありがたかったそうで、とても喜んで居りました。私もこのご縁に感謝して居ります。
 仏教の道は奥が深く遠いと思いながらも、長い間お世話になって居ります。これからも出来る限りお寺に足を運び、住職さんはじめ皆様方のお話に耳を傾けたいと思って居ります。感動のひとときありがとうございました。

釋 照 世(阪本テル子)


札幌組で毎週水曜日午後9時FMラジオ放送中

札幌組では4月より毎週水曜日午後9時より、FMアップル(76.5MHZ)にて「お西のお寺さん」という番組で1時間放送しています。パーソナリティの石川恵子さんと、札幌組のお寺さん(実践運動委員)などがトーク形式で音楽を交えつつ札幌組の実践運動の活動や取り組みを中心に、各寺院の紹介などをふまえつつ、社会へ広めていく活動です。眞願寺住職も4月19日に出演しました。次の出演機会もあると思います。番組のテーマソングは、眞願寺おなじみのあの曲です。どうか一度お聞き下さい。

札幌市以外の電波の届かない地域では、インターネットでパソコンやスマホから聞けますので、試してみて下さい。そして感想など聞かさせていただければありがたく存じます。

満員御礼。一般公開コンサート

DSCF6487_edited-1

お天気のいい三連休の初日の土曜日とあって、どのくらいの方が来られるか心配していましたが、150席の椅子を用意しましたが、たりなくなり30席ほど増やし、皆さんにお座りいただきました。ご来寺いただいた皆さん、ようこそおいでいただいました。

DSC03152_edited-1

午後2時に開演となりご挨拶では、「地域に根ざした開けた寺院でありたいとの願いからあらゆる催しを考え、今回は仏教のみ教え、そして日本の伝統文化をお伝えしていきたい。」とご挨拶申し上げました。

DSCF6533_edited-1

先ずは三味線の演奏から始まりました。「音緒の会」の会員である石垣さんが眞願寺の門徒で、寺報「響」の編集でもお世話になっておりました。ご縁が深まる中で、お聞きしていました三味線と、私たちが法要などで行っている雅楽とを一緒にできないだろうかと、はじめにご相談申し上げ、この度の共演となりました。

DSCF6556_edited-1

第一部は「音緒の会」の方々による演奏を楽しませていただきました。先ずは練習していただいた「恩徳讃」を三味線にあわせてご一緒に歌わさせていただきました。そして「奴さん」や「祇園小唄」「荒城の月」そして「黒田節」など、昔から歌い伝えられた懐かしい歌を始め端唄や俗曲を10曲以上、演奏していただきました。

DSCF6554_edited-1三味線の音色がご本堂に響き、そして歌声と熱気で包まれ、心なごむ第一部でした。

休憩を挟み第二部は「聲明」ということで、この日は浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご命日ということもあり、実際のご法要をお勤めさせていただきました。第二部、第三部の解説と進行は眞願寺会奉行をお願いしている当別勝圓寺ご住職にお願いし、詳しくお話いただきました。

DSCF6602_edited-1

法要の差定(プログラム)ですが、専門的になりますが次のように進行されました。

導師 眞願寺住職 讃嘆衆 札幌雅友会 結衆 眞願寺法務員

先 行事鐘            次 讃嘆衆 入堂着座       次 音 取            次 楽 太食調 合歓塩      次 結衆入堂 着座        次 導師登礼盤          次 持念 総礼          次 止 楽            次 磬 二 音          次 結衆座前立列         次 散華頭参進          次 三奉請 付楽         次 散華頭復席 結衆復座     次 磬 一 音          次 日没礼讃 無常偈以下     次 磬 二 音          次 楽 太食調 抜頭       次 導師降礼盤 持念総礼 退出  次 結衆退出           次 止 楽            次 讃嘆衆退出

DSCF6604_edited-1

荘厳な雰囲気の中、内陣で行われている作法、そして非常に和の音楽を感じさせる聲明、そして雅楽との調和のすばらしさを、実際に感じていただきました。眞願寺では、9月の28日から30日の『報恩講』の法要でも毎年行っていることですが、初めての方も多かったようです。仏教の法要儀式のすばらしさを感じていただけたのではないかと思います。

DSC03218_edited-1

そして第三部は「雅楽」となりました。第二部にも出演というか出勤いただいた「札幌雅友会」の皆さんに出演いただき、第三部では客席の方に向かってお座りいただきました。

DSCF6625_edited-1

曲は平調の「音取」「五常樂急」「倍臚」の三曲を続けて演奏させていただきました。雅な笙の音色から始まり、テンポよく合奏となり最後は静かに終わってゆく、御堂に響く雅楽のすばらしさを堪能していただきました。

DSCF6660

DSCF6642_edited-1途中からは、札幌龍谷学園宗育局の生徒さんにも特別出演いただき、開場を盛り上げていただきました。札幌雅友会の練習は札幌別院で行われることも多く、そのときにはお隣にある学校の生徒さんも、練習に参加していただいています。そんなご縁から特別出演いただくことになり、管楽器の楽器紹介には、少しずつ実際に一人で演奏していただきました。

 

DSCF6677_edited-1DSCF6678_edited-1DSCF6680_edited-1

DSCF6698そんな和やかなひとときも過ぎ、終盤になり全員で「越殿樂」の演奏をさせていただきました。

 

そして最後に、三味線の「音緒の会」の方々にもお入りいただき、「さくら・さくら」を演奏し終演となりました。初めての三味線と雅楽の合同演奏でしたが、同じ和楽器ではありますが、合わせるのは中々難しいですね。

DSCF6715_edited-1

演奏を終え最後に感謝のご挨拶をして、お開きとなりました。

DSCF6694

初めての試みとして行った『御堂に響く自然のしらべ』でしたが、親鸞聖人の和讃にあるように『いつつの音聲いだしつつ 宮商和して自然なり』な世界をこの御堂に感じていただけたと、尊いご縁をいただけたと思いました。

DSCF6741_edited-2

この度のご縁に出演いただいた皆様、ご奉仕いただいた皆様、そしていろんな催しがある中、この御堂におこしいただいた多くの皆様にこころから感謝申し上げます。ありがとうございました。

出演いただいた皆様 (敬称略させていただきます)

音緒の会  浅野 東子 天谷 正通 石垣 巧 北 ふじ子 山田 久美子 結城 正男

札幌雅友会 上山 知現  利國 淨仁  伊澤 淨雄  渡辺 雅俊
暉峻 康信  門上 誓淳  家郷 慶法  稲垣 心平  笠原 哲央  石堂 了正

札幌龍谷学園宗育局  中村 王美  鈴木 絢子  理寛寺 さゆり 茂木 玲菜 室井 梨杏  瀬戸川 称子  笠原 哲央(顧問)

眞願寺一同 眞願寺いちょう会

DSC03220_edited-1

アンケートにご協力いただいた皆様の感想より

○雅楽をききますと心落ち着きます。三味線も良いものですね。これからも一年に一度はコンサートを大変楽しみにしています。(80代女性)

○聞いたことがなかったので、その迫力に圧倒されました。(30代女性)

○三味線を聞いていると「日本人だなー」と思いました。心が清浄になりました。(70代男性)

○静かな流れの中で先祖のことなど頭に浮かびました。今後も是非コンサートよろしくお願いします。是非伺います。(70代女性)

○聲明が素晴らしかったです。是非毎年コンサートをお願いします。そして仏教の普及の為にも、地域へ開かれたこのような会が続きますことを願います。(50代男性)

○雅楽がお経と一緒に演奏されるのを初めて聞き、大変興味深かった。尺八を勉強しており昔は宗教楽器として使われたと聞いているので、一層関心が深まりました。次の機会も是非参加し聞いてみたいです。(60代男性)

その他、貴重なご意見や感想をいただきました。ご協力ありがとうございました。

6月も中旬。涼しい日が続きます

016

よさこいソーラン祭りも終わり、そこまで夏が来ているようですが、今日の江別市も最高気温が17°で小雨混じりの予報なので、何を着ていいのか、迷いつつくしゃみをしている人も多いのではと思います。皆さんいかがお過ごしでしょうか。当HPのUPも久しぶりになってしまいました。いつも使っているパソコンをウィンドウズ7から10にアップグレードしましてから、今まで使っていた写真ソフトが言うこと聞かなくなり、四苦八苦していました。新しいソフトを導入してようやく少し使えるようになりましたので、UPする事になりました。お待たせしてスミマセン(^^;)

DSCF5668

さてさて、何かと行事の多い6月初旬でしたが、3日には婦人会役員さんなど有志の方が集まって、境内の花植作業をしていただきました。あまりお天気も良くなかったのですが、毎年ご奉仕いただいているので、皆さん手際よく作業していただきました。

DSCF5646

DSCF5650本堂前階段・総合玄関前・山門前階段・駐車場への通路などにプランターを設置しました。7月中旬にはきれいになっていることでしょう。皆さんありがとうございました。

019

7日は境内清掃作業が行われました。今年も6月~8月、毎7日の午前9時よりご奉仕頂く事になりました。一回目のこの日も、20名近くの方が参加いただき、中にはわざわざ休暇を取って来て下さった方もいました。

DSCF5705

だんだんと雑草も生い茂ってきましたが、皆さんのお陰で、境内や山門前などきれいになりました。清掃のお陰で3日に植えていただいた花壇も非常に引き立って来たようです。心より感謝いたします。

DSCF5712 DSCF5724

その7日は午後から札幌組の婦人会研修会が札幌別院であり、7名の方に参加していただきました。講演は「親が伝えたかったこと」と題して十勝組上本周司師よりお話を聞かさせていただきました。ご自身の母への思い。そして母が私に伝えたかったことをふり返りつつ、楽しい話もたくさんいただきながら、聴聞させて頂きました。

DSCF5738

又、研修会が終わりましてから、午後3時半より同じ札幌別院で、札幌組総代会の総会と懇親会が行われました。当寺からも木村総代に出席頂きました。

DSCF5747

札幌組も四十四ヶ寺ありますが、婦人会・そして総代会の出席率があまりよくないのが現状です。何とか多くの方々に参加いただくよう、今年より組長という大任を受けさせていただいたので、努力していかなければと参加いただいた方々と話させていただきました。それには先ずは自己研鑽ですね。ご挨拶から学んでいきたいと思います。

春の彼岸を終えて②

 

21日の春分の日、彼岸会も最終日を迎え、朝早くから婦人会の方々と壮年会の方々のご奉仕がはじまりました。これも彼岸会の恒例となっています『なごみ食堂』の準備です。壮年会の皆さんも普段は縁の遠いい方も多いことでしょう。エプロンかけて、準備OKということろです。

DSCF4867

厨房でも婦人会の方々が手慣れた包丁さばきを見せていただき、11時半の開始時間を待つばかりとなっていました。

DSCF4860

時間になると、早々より楽しみにされていた御門徒の方々が、次々と会場においでになります。接待係は壮年会の皆さん。席にご案内して、「うどんと蕎麦、どちらにしますか?」と注文を受けて、厨房へ行き「蕎麦2丁お願いしまーす」と声をかけられます。

DSCF4880そして「はーい!」と婦人会の方々が、手際よく約1分で作り、お盆で運ぶのは壮年会の方。

DSCF4884DSCF4885「はい、おまちどおさんです!」という感じで、皆さんご奉仕いただきました。お陰でいただいた方々はもちろん笑顔で「おいしかったー!ご馳走様!」とご挨拶です。

DSCF4886ご奉仕いただきました皆さん、ありがとうございました。

DSCF4888さて、ご本堂には法要30分前にもかかわらず、もう半分以上の椅子が埋まっていました。満堂まちがいなしでです。総代さんが心配そうに追加して並べる椅子を用意してくださいっていました。ご法要20分前にはほぼ満堂となり、法要前の前座として、御幸法務員さんが、法要の意義と流れについて説明されていました。けっこう知っているようで知らない言葉も多いようですね。

DSCF4892

まもなく法要がはじまる合図である外陣廊下にある大太鼓が総代さんによって響き渡りました。

DSCF45411時からのご法要、導師住職の登禮盤にはじまり、満堂のご本堂皆さんご一緒に「しんじんのうた」をお勤めしました。約220名の参詣者が一緒にお唱えするおつとめは、大合唱となり、素晴らしいですね。

DSCF4902

引き続きの法話は住職が担当し、寺報響37号の巻頭文より、「エンディングノートと葬儀、あなたはどうします?そして遺言は?」というテーマでお話しさせていただきました。皆さん興味深い話だったようで、真剣に聞いていただいたようです。

DSCF4908

DSCF4949DSCF4953_edited-1さてさて、法話も終わり皆さんお待ちかねの「江別第一中学校吹奏楽部による御堂コンサート」がはじまりました。会場の照明も変わり、内陣の極彩色金箔が素晴らしく映える中、2年生の部長さんのご挨拶からはじまりました。

DSCF4983_edited-1

各グループに分かれてアンサンブルで演奏して下さいました。昔なつかしい曲をおりまぜて、金管楽器・木管楽器それぞれの素晴らしさを充分に聞かせて下さいました。

DSCF5020_edited-1

DSCF5045なんと言っても、演奏者と聞いている方々の近さは、手が届くぐらいです。その一生懸命に演奏している姿が、皆さんの心をあたたかくして下さるのでしょうね。

DSCF5055

今時の中学生。思春期、いろいろあると思いますが、純朴な姿に場内皆さん感動の中で聞かさせていただきました。

DSCF5089_edited-1

最後は去年と同様全員で合唱してくれました。「夢のかなう場所で」はとてもいい歌ですね。そしてそして、アンコール!これは去年用意していないということだったので、必ず用意しておいて下さい。とお願いしてあったので、今年は二曲も演奏して下さいました。特に最後は会場の皆さんを囲むように、四方から演奏していただき、感動ものでした。

DSCF5106_edited-1

DSCF5127_edited-1DSCF5133拍手が鳴り止まないどころか、涙が止まらない方もいらっしゃったようです。この子供達から、生きる力をいただいたと、感激の中で話して下さったかたもいました。

DSCF5148

DSCF5159ご協力いただいた江別第一中学校の竹田先生・髙間先生、そして38名の生徒さんに心より感謝申し上げます。素晴らしいご縁、ありがとうございました。そして是非来年も。