」タグアーカイブ

お陰様で婦人会100年をお祝いして②

ご法要も終わり、会場を広間に移動していただき、式典と祝賀会が行われました。130名を超えるご来賓と参加者だっただけに、会場も手狭となり、廊下やロビーまで広げての開催となりました。

司会は役員の月田さんが担当され、午後1時に開式の辞から始まりました。先ずは「仏教婦人会綱領」を役員の河合さんが調声され、皆さんご一緒に唱和しました。

会長(実行委員長)の式辞では、お陰様で100年という記念すべきご縁をいただいた感謝の言葉、安楽寺様にはご住職の記念法話はじめシャンティの素晴らしい歌を披露してくださったこと、院内の各役員皆様がご臨席いただいた御礼、そして当会も年々会員の減少と高齢化していく現状ではあるが、新たな会員の入会や未来に向かって会のあり方も、ご住職はじめ皆様のご指導のもと、会員同士で話し合っていきたいと、ご挨拶されました。

眞願寺への記念品として立経卓二台を寄贈いただきました。これで昨年壮年会20周年で寄贈されたものとあわせて四台となり、内陣でお揃いで使用できるようになり、ありがたいことです。ご協力いただいた奥山仏具店様にも御礼申し上げます。

また、この度の100年を記念して、会員式章を新たにさせていただきました。眞願寺開教125周年で制作したイチョウをイメージしたオリジナルのものを色を変えて作りました。ご協力くださった川勝法衣店様に御礼申し上げます。いいですねーと皆さんより好評をいただきました。

ご本山より連盟総裁大谷流豆美様より表彰状を札幌組副委員長横湯誓之様より、総裁様のご祝辞を相焼香安楽寺様の坊守横湯瓔子様よりそれぞれ伝達いただきました。

住職の祝辞では、この度の行事では何から何まで安楽寺様にお世話になった御礼、ご法要では会員の皆さん全員が参加されるご法要に坊守の導師という新たな試みがとてもよかったこと、そして100年の歴史を顧みつつ、ご本堂余間に奉献されていた会員物故者のご苦労と熱意があったからこその今日であること、そして未来へ向けて益々出来ることを役員さんと語り合いつつ、歩んでいくことを申し上げました。

髙間責任役員の祝辞でも、初代会長の石崎ヨシさん以来お寺にとってなくてはならない婦人会の皆さんが、日夜お寺に通いご奉仕いただいたからこそ、今日の眞願寺がある。これからも是非とも会員皆さんのご協力とお念仏がひとりでも多くの方に広まっていくことをお願いされました。

祝電と祝儀のご披露があり、式典は終わり引き続き祝賀会となりました。冒頭のご挨拶と乾杯を壮年会会長の徳永俊司さんより、「開教135年という眞願寺の歴史の中で、開教30年頃の、まだ大変な時代にこの会を作られたご苦労は、計り知ることは出来ないが、眞願寺護持発展の為、そしてお念仏繁盛の為に心血をそそいでくださったのでしょう」とご挨拶いただき、乾杯しました。

笑顔あふれつつ和やかな中に宴もすすみ、テーブルスピーチをいただきました。安楽寺総代の粟井幸子さん、眞願寺総代の木村弘さんはじめ、歴代会長の髙間美喜子さん、安孫子泰子さん、法務員代表で鈴木彰さん、前坊守より懐かしい話や想いでを語っていただきました。



 

 

 

最後に住職より会員の中で100歳で出席されている進藤ときさんを紹介され、会場より割れんばかりの拍手をいただかれました。

宴も酣となり、最後は坊守より締めのご挨拶と乾杯で、発会創立当初は当寺の坊守が会長を兼務していた事を紹介し、あったこともない曾祖母のご苦労と実行委員会皆さんの労に感謝しつつ、杯を上げました。

午後3時、天候も落ち着いた中、参集いただいた皆さんをお見送りしました。ともに盛会であったことを喜びつつ、なごやかにお茶をいただきました。

希有のご法要に感謝し、尊い一日が暮れゆきました。合掌

追記

前日の準備作業・献花と法要・式典祝賀会・それぞれの習礼と、皆さん一生懸命に作業していただきました。そのご苦労とご尽力にただ頭下がるばかりです。ありがとうございました。

 

秋の行事 ④ 報恩講 中日 200名の満堂で

台風21号が日本各地に被害をもたらせ、7名の方が亡くなりました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

札幌近郊では台風の影響も少なく、大きな被害は出ませんでしたが、各地で積雪を記録し、23日は寒い一日となりました。本日(24日)は天候も回復し秋晴れのいいお天気になり、風雨で心配された紅葉も一段と深い色に染まりつつあります。

境内の中心にある江別市より保存指定されているイチョウの樹は、例年紅葉しないまま散っていきます。この寒さで今朝から散り始めたようです。

さて、親鸞聖人報恩講の29日中日は、毎年参拝者が一番多い日になります。特に今年はご本堂溢れる方々もあり、大逮夜の参拝者は200名を越えました。ありがたいことです。12時からのお齊にあわせて、皆さんおいでいただきました。総合玄関では総代さんがお出迎えです。特にはじめてお越しの方もあり、ご案内は大切な役割になります。

今年から始まった札幌組報恩講スタンプラリーでお越しいただく方、札幌組婦人会連盟参拝(各単位会長の参拝)があり、それだけで50名の方がおいでいただきました。総代さんや婦人会・壮年会の役員さんが、手際よくお齊会場や合同納骨所の一處廟など、ご案内していただきました。

お齊会場もほぼ満員となり、婦人会の皆様が一生懸命に手を尽くしていただいた精進料理を頂戴しました。とてもおいしくいただきました。

午後1時15分、ご本堂の隣り控室では、ご出勤いただく御法中(御寺院)皆様が参集され、眞願寺を代表して髙間責任役員よりご挨拶申し上げました。会奉行の勝圓寺ご住職より、法要差定説明がありいよいよご法要です。

10分前に外陣の大太鼓が打たれ、場内も静粛になってきます。1時半、いよいよ行事鐘が鳴り始め、大逮夜法要が始まりました。まずは讃嘆衆の皆さん(札幌雅友会)が外陣正面に入道され、雅楽演奏がはじまります。

それにあわせて僧侶の入堂です。最後にこのご法要の導師(相焼香)安楽寺ご住職が七條袈裟で入堂され、親鸞聖人に焼香いただき登礼盤、法要は「宗祖讃仰作法」で皆さんとご一緒にお勤めしました。

ご法要が終わり、引き続き「門信徒追悼会」が当寺住職導師にてお勤めされました。報恩講という一番大切な法要にあわせ、一年間ご往生された方を偲びつつ、ご遺族にご縁をいただく法要です。

ご法要中にご遺族にはお焼香いただき、総代より記念品が授与されました。悲しいご縁の中だったけれど、親鸞さまと出会い、お念仏とのご縁に遇えよと、御往生された方がくださった尊い仏縁でした。

引き続き熊本県加藤尚史氏のご法話が一席あり、親鸞聖人の御生涯を聞き、そのご苦労にご恩報謝の想いを新たにさせていただきました。

午後5時より夕刻のお齊のご接待です。高校生やお子さんもたくさん集まり、おいしい精進のお弁当をいただきました。

午後6時になると外も暗くなり、御堂の照明もおとされ、満灯会が行われました。住職が阿弥陀様の前からともしびをいただき、そのともしびから、皆さんそれぞれ手燭にともしびをいただかれ、お供えします。

一つ一つの灯火は小さいけれど、皆さんの灯火がそろい、美しい灯火となりました。その光りは慈しみの心の光りとなって、私を照らしてくださいます。私の供えた灯火も、阿弥陀様の願いに導かれたご縁といただきました。

続き初夜の法要です。報恩寺ご住職の導師により「らいはいのうた」のお勤めです。そして加藤先生のご法話を聞かさせていただきました。

法要も終わって、この度「花展」のご奉仕をいただいた江別高校華道部の皆さんを紹介しました。地元の大切な高等学校、卒業した方も御門徒には多い事でしょう。その懐かしさと、若い方々の活躍を皆さんと願いつつ、また一緒に尊い仏縁に遇えたことは、ありがたいことでした。是非来年もおいでください。

最後に子供さんにお土産を総代さんからプレゼントされ、85名の参拝をいただいた初夜法要もおわりました。

境内のエゾヤマザクラ満開

今年のGWはお天気がいい日も多く、3日には境内のエゾヤマザクラも満開になり、連休中は春のぬくもりを感じつつ、過ごさせていただきました。

その他にもモクレン・ムラサキツツジをはじめ、ユキワリソウ・シバザクラ・スイセン・チュウリップなど、春の花が一斉に咲き始めました。

その隅で今年もアスパラがにょきっと背を伸ばしてきましたので、おいしくいただきました。(細身ですがおいしかったです)

これからも、梅をはじめツツジなど、境内の花々がお浄土のように素晴らしい癒やしの世界を奏でてくれることでしょう。楽しみですね。

さて、2日は婦人会・壮年会合同の常例法座がありました。皆さんとご一緒に「らいはいのうた」をお勤めし、ご法話を頂戴しました。ご講師には熊本の源明龍氏に久しぶりにお越しいただき、わかりやすくお話しいただきました。

さて、境内に来る野鳥たちも、いのちの営みの季節となりました。雀をはじめシジュウガラ、ゴジュウガラ、ヤマガラ、カワラヒワなど、飛んできてくれます。とてもかわいいですね。今年は境内に営巣するでしょうか。

といいつつ、先日ハルニレの高いところに営巣したカラスの巣を撤去していただきました。雛がかえるととても凶暴になり、通行人や参拝者に被害が出るということもあり、やむなくお願いしました。しかし、撤去後3日間は親鳥が巣のあった枝にいながら、途方にくれている(様に見えました)姿を見ると、とても心痛みました。卵は4コあったそうです。身勝手な私である事を痛感しつつ、カーカーと鳴くカラスに頭下げる今日です。

 

報恩講③~江別高校華道部の皆さんと

dscf870529日の大逮夜と追悼会も終わり、しばしの休憩タイム。そんな時間にもロビーでは膝を交えつつ笑い声が絶えません。そして午後5時近くになると、参詣の方がおいでになdscf8714り、夜のお斎のご接待です。精進料理のお弁当をいただきつつ、なごやかな一時が流れます。

dscf8719今年の報恩講には昨年に引き続き、地元の公立江別高校華道部に花展をお願いし、ご法要に花を添えていただきました。昨年はご本人たちを紹介できなかったので残念でしたが、是非今年はということで、お初夜dscf8736の法要に参拝いただき事になりました。

さて、午後6時よりお初夜の法要、その前に満灯会が行われました。住職が阿弥陀様より「ともしび」をいただき、その「ともしび」を、参拝された皆様全員がそれぞれ、ご自身の手で後尊前に捧げます。

一つの「ともしび」が、皆さんの手によって伝えられ、大きな光りとなって、阿弥陀様のご尊顔を照らし、私を包み込んで下さいます。

dscf8748 dscf8752 dscf8762そして皆様とご一緒に~南無阿弥陀仏~初夜法要の始まりです。

dscf8787お勤めは「礼拝の歌」を報恩寺ご住職の御導師により、ご一緒におとなえしました。そして清岡先生よりわかりやすくご法話を頂戴しました。

dscf8793dscf8798dscf8803dscf8816ご法要が終わり、江別高校華道部の皆さんを住職より紹介され、部長さんよりご挨拶いただきました。そして図書カードが皆さんにプレゼントされ、大きな拍手をいただきました。華道部は顧問の髙橋君子先生のご指導のもと、毎年優秀な成績で全道・全国大会に出場されています。これからも活躍を期待しますとともに、是非来年もよろしくお願いします。

dscf8821dscf8727後から聞いたお話ですが、生徒さんはじめ先生も、普段接することのない仏教の法要dscf8827に参拝できて、とても勉強になったし、感動しましたと、お話しいただきました。ありがたいことです。参加いただいたお子さんたちには、最後におみやげが総代さんよりわたされ、中日の夜も更けていきました。

6月も中旬。涼しい日が続きます

016

よさこいソーラン祭りも終わり、そこまで夏が来ているようですが、今日の江別市も最高気温が17°で小雨混じりの予報なので、何を着ていいのか、迷いつつくしゃみをしている人も多いのではと思います。皆さんいかがお過ごしでしょうか。当HPのUPも久しぶりになってしまいました。いつも使っているパソコンをウィンドウズ7から10にアップグレードしましてから、今まで使っていた写真ソフトが言うこと聞かなくなり、四苦八苦していました。新しいソフトを導入してようやく少し使えるようになりましたので、UPする事になりました。お待たせしてスミマセン(^^;)

DSCF5668

さてさて、何かと行事の多い6月初旬でしたが、3日には婦人会役員さんなど有志の方が集まって、境内の花植作業をしていただきました。あまりお天気も良くなかったのですが、毎年ご奉仕いただいているので、皆さん手際よく作業していただきました。

DSCF5646

DSCF5650本堂前階段・総合玄関前・山門前階段・駐車場への通路などにプランターを設置しました。7月中旬にはきれいになっていることでしょう。皆さんありがとうございました。

019

7日は境内清掃作業が行われました。今年も6月~8月、毎7日の午前9時よりご奉仕頂く事になりました。一回目のこの日も、20名近くの方が参加いただき、中にはわざわざ休暇を取って来て下さった方もいました。

DSCF5705

だんだんと雑草も生い茂ってきましたが、皆さんのお陰で、境内や山門前などきれいになりました。清掃のお陰で3日に植えていただいた花壇も非常に引き立って来たようです。心より感謝いたします。

DSCF5712 DSCF5724

その7日は午後から札幌組の婦人会研修会が札幌別院であり、7名の方に参加していただきました。講演は「親が伝えたかったこと」と題して十勝組上本周司師よりお話を聞かさせていただきました。ご自身の母への思い。そして母が私に伝えたかったことをふり返りつつ、楽しい話もたくさんいただきながら、聴聞させて頂きました。

DSCF5738

又、研修会が終わりましてから、午後3時半より同じ札幌別院で、札幌組総代会の総会と懇親会が行われました。当寺からも木村総代に出席頂きました。

DSCF5747

札幌組も四十四ヶ寺ありますが、婦人会・そして総代会の出席率があまりよくないのが現状です。何とか多くの方々に参加いただくよう、今年より組長という大任を受けさせていただいたので、努力していかなければと参加いただいた方々と話させていただきました。それには先ずは自己研鑽ですね。ご挨拶から学んでいきたいと思います。