総会」タグアーカイブ

婦人会総会 2月2日

100年という歴史ある婦人会、昨年の記念事業をふり返りつつ、2月2日総会が行われました。勤行に引き続いての総会では、100年を終えての感謝と、会の未来のあり方を考えつつ、これからの二年間を過ごしていこうと話し合われました。

特に役員の改選がありましたが、この四年間をふり返りつつ今後を考えていくということもあり、笠羽会長にもう二年間留任をいただくこととなりました。そして副会長には鈴木康子さんが留任され、新たに副会長に萩原栄子さん川端芳子さんが事務局には月田眞弓さんがそれぞれ就任されました。

新任として100年事業の実行委員をお勤めいただいた名古屋久美子さん、吉田美智子さん大下美知子さんに幹事に就任され、総勢18名の新たな出発となりました。

退任いただいた阪本テル子さん河野京子さんに会長より花束が贈呈され、長年のご苦労に感謝されました。

婦人会も壮年会同様、会員減少と高齢化により、事業のマンネリ化、奉仕の作業などの参加減少など、そして新会員増強が難しくなってきました。現代社会に即応した会のあり方を考えたとき、決してこのままでいいことはないと思います。150年を目指し、会の益々の反映を考えたとき、改革する大きな節目でもあると思います。壮年会共々、皆さんと話し合っていく年になりました。



総会も終わり新年会が広間で行われ、和やかにお食事をいただきました。そして楽しいビンゴゲームがあり、皆さん真剣な眼差しで番号を聞き台紙をチェックされていました。そして・・・ビンゴ!!

最後は前坊守賞・坊守賞・住職賞がそれぞれ引かれ、豪華景品が送られました。なんと住職賞は四点セットで、一つ一つプレゼントされる度に、会場から拍手やら「え~っ!そんなに~!」「あら~っ!」と歓声?で大賑わいになり、ご本人も満面の笑みで記念写真となりました。おめでとうございます。そういえば、この方、門信徒総会でも住職賞ゲットされていました。(^_^)v



締めは坊守より役員皆様の労に感謝し、今年もご一緒に法座参拝しましょうと、話しました。

とてもしばれる一日でしたが、多くの皆様と楽しく過ごせた一日でした。未来の婦人会についてアンケートのご協力もお願いしました。皆さんでこれからも盛り上げて行きましょう。

婦人会総会・新年会 2月2日

壮年会に引き続き2日に婦人会の総会・新年会が行われました。当日は荒れ模様の天候となり、時より吹雪いて視界が薄くなり、交通機関も影響がありました。そんな中ではありましたが、多くの会員の皆さんに参集いただき、賑々しくおこなわれました。

11時より総会が行われ、住職・髙間責任役員の挨拶があり、平素からの奉仕活動や婦人会活動に尽力いただいていること、感謝申し上げました。特に今年は創立100年の事業が行われるということもあり、多くの先輩諸氏が受け継いでいただき、今日がある事を感謝し、益々会の繁栄に力を合わせていきましょう。と笠羽会長からもご挨拶いただきました。

会員の阿部さんが議長に選出され、事業報告・決算、事業計画・予算、そして創立100年事業の計画予算案が、上程通り承認されました。そして、記念に制作された会員式章が会長より披露されました。12月に予定されている100年事業の時は皆さんで着けて参拝させていただくことになりました。

総会も終わり、新年会が広間で行われました。おいしいお弁当と、役員さんが朝早くから作っていただいたけんちん汁をいただきながら、楽しい一時を過ごさせていただきました。

そして豪華景品が用意されて、ビンゴゲームが始まり、数字を読み上げられると、歓声が上がっていました。

最後に住職賞・坊守賞・前坊守賞だされ、ジャンケンゲームでそれぞれ勝ち抜き、笑顔で受け取っていらっしゃいました。会場はマイクの音も聞こえないほど、おお盛り上がりでした。参加いただいた皆さん、そして準備からご苦労いただいた役員の皆さん、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。



 

壮年会総会・新年会 1月29日

昨年20周年を終えた壮年会、新たな年度をむかえ30年に向かって1月29日総会・新年会が行われました。総会に先だち勤行の調声は幹事の髙間さん、脇に会計の月田さん、幹事の熊野さんによって、重誓偈のお勤めをさせていただきました。

住職と髙間責任役員より、20周年を記念してお寺に経卓二基を寄贈していただいた御礼や、平素からお寺の行事に奉仕いただいていることに感謝し、これからも会員の皆様のご協力によって壮年会を盛り上げていただきたいと、挨拶がありました。

総会では事業報告・決算および事業計画・予算がそれぞれ審議され、上程通り承認いただきました。また、宮崎会長より退任願が提出されたのに伴い、任期途中ということもあり、後任に徳永副会長が会長に就任されました。

 宮崎会長には、7年間という長期にわたって会長をお勤めいただき、特に20周年という節目も、会のまとめ役として尽力いただきました。また、札幌組の代表して教区の理事に、そして理事長となられて、北海道を代表してご本山等にも度々出向いていただきました。心より御礼申し上げます。

総会も終わり、新年会が広間で行われました。歴代の会長である安孫子さん、萩原さん、そしてこの度退任された宮崎さんにご挨拶いただき、これからの会の発展を共に願いつつ、膝を交えつつ楽しい宴を過ごしました。

また、新たに会員になられた、二階堂さん、筒淵さんにもご挨拶いただき、お仲間が増えたこもとても嬉しいご縁となりました。

門信徒総会・新年会1月22日



 

 

 

午前10時より婦人会の役員皆さんが集まられ、新年会に振舞われる豚汁の準備にご奉仕いただきました。壮年会も29日の総会を前に、役員会が行われました。また総代さんも集まられ、総会と新年会の準備をしていただきました。皆さんご苦労様です。

多くの門信徒皆さんに参集いただき、萩原総代の進行により、午後1時より勤行そして総会が行われました。住職・髙間責任役員からは、昨年も一年間に参拝いただいた方が、とても多かったことや、今後も一人でも多くの方が参拝され、来てよかったと思っていただけるお寺を目ざし、皆さんとご一緒に聴聞させていただきましょうと、挨拶がありました。

また、仏教壮年会・仏教婦人会・パークゴルフ実行委員会・いちょう会ら、各教化団体の代表より一年間のご報告もありました。皆さんの一年間のご苦労に感謝させていただきました。

議長には壮年会幹事の鈴木眞砂美さんが選出され、事業報告決算・事業計画予算案が審議され、上程通りご承認いただきました。今年の特別行事としては、5月に眞願寺団体参拝旅行(第二班)があります。昨年10月にも30名の参加をいただき、とても素晴らしい旅行となりました。是非、本願寺の伝灯奉告法要に参拝いただきたいとのご案内がありました。

総会終了後、ご本堂で記念撮影が行われ、多くの皆さんとご一緒に集えたことをともに慶びあいました。そして新年会は河合総代の進行で始まりました。安孫子総代の乾杯に始まり、賑々しくおいしい豚汁や、いただいたお漬け物を頂戴しながら、楽しい一時を過ごさせていただきました。

恒例のくじ引き抽選会、そして住職賞・責任役員賞・坊守賞・前坊守賞・法務員賞などの特別賞が引かれ、一喜一憂しつつ、楽しい宴もお開きとなりました。

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

壮年会総会 2月6日

DSCF2891

2月も半ばを過ぎて暖かな日が続いています。そして近隣の御寺院の葬儀も続いています。当別の勝圓寺前住職様・丘珠の高恩寺前住職様・そして昨日は長沼誓報寺前坊守様と悲しいごお別れのご縁に弔問させていただいています。人の死は悲DSCF2915しい別れではありますが、いずれは私の事としてどう受けとめさせていただくことが、大事な事なのでしょうね。御往生されてゆかれた先輩諸師のみあとを慕い、如来のご本願におまかせして、明日のある人生を精一杯生かさせてDSCF2938いただきたいと心に思う今日です。境内には野鳥が餌場に集まり、零下の寒い北海道でいのちを繋いでいる姿にも、感動します。

さて、今年度最後の総会は6日に壮年会の総会が行われました。今年は会員で御往生された方がおられましたので、総会に先立ち追悼法要が行われました。故人を偲んでの一時を皆さんご一緒に共有し、お念仏申させていただきました。

DSCF2994_edited-1

総会では事業報告・決算、事業計画・予算が審議されるとともに、今年度20周年を迎えるということで、記念事業についても審議されました。執行部上程通り承認をいただき、大きな節目となる今年の活動がスタートしたことです。

 

DSCF3142_edited-2

続いての新年会は広間で行われ、会長挨拶をはじめ役員・新役員・そして新会員の紹介など、そしておいしいお酒もすすめば、お互いひざを交えつつ話も盛り上がり、会のDSCF3097未来について・仏事・我が家庭・お寺・住職・そして将来の死・そして仏になるって・・。などについて、壮年会らしい会話が進み、皆さんの前で思いを話していただくようになって、とても楽しく、嬉しく、そしてありがたい思いのDSCF3143中で皆さんの思いをただ聞かさせていただきました。尊いとてもすばらしい一時でした。

DSCF3179DSCF3182DSCF3117 DSCF3147DSCF3167DSCF3192DSCF3127DSCF3161DSCF3119DSCF3123お開きとなりましたが、夜の街へとその友垣の輪も流れてゆきました。壮年会20周年。皆さんのお陰で、すばらしい会になりました。