研修」タグアーカイブ

第2回住職講座 お仏壇のおかざり。お給仕。皆さん知ってますか?16日午後1時より

先月の住職講座も大変盛り上がりました。簡単な作法といえども、その意味も考えると大事な事がたくさんあることを皆さんとご一緒に学ばさせていただきました。さて第二回目が16日午後1時よりございます。どうぞ皆さんでおこし下さい。

日々お仏壇に手を合わせいらっしゃること、とてもありがたいことです。しかし、社会の中で仕事に追われ生活していると、時間がない日やその余裕がない日も多く、気がつくと仏壇の前に座ることも出来ない日がある方も多いのではないかと思います。

しかし、一日に一回でも手を合わせるだけでも、大切なことと思います。朝晩の、食事の前に、こころ静かに手を合わせお念仏申させていただき、仏祖に感謝し自己を見つめさせていただきましょう。

そんな大切なお仏壇ですが皆さん・・

清掃・おみがきしてますか?

またきちんと仏具など、おかざりできていますか?

香炉の中に使ったマッチ棒など入ってませんか?

あっと、それはお供えしてはいけないものですが・・。

ご一緒に学びましょう。御門徒の方も、興味ある方も、業界の方も、ぜひ是非、おこし下さいませ。

H28年 住職講座

「法要儀式そして作法」16日住職講座。たくさんの質問いただく。来月も開催

北海道は風が強い一日となり、各地で被害も出たようです。そんな中ではありましたが午後1時からの親鸞聖人御命日法座そして住職講座には、たくさんの方が参拝いただきました。ありがたいことです。

DSCF5409

正信偈のお勤めも、いつも皆さん大きな声でお勤めしていただきます。ご一緒にお勤めし、親鸞聖人のみ教えにあわさせていただいたことを感謝しつつ、お念仏申させていただくことです。

さて、5月、6月と今年も住職講座を開催する事になりました。普段の仏事や疑問になる事など、身近なことをお話ししつつ、皆さんとご一緒に学ばさせていただいています。今回は「家庭や法要儀式での簡単な作法について」という事で、法事や通夜葬儀などで必ずする作法そしてその意味などについて実演を交えつつ学ばさせていただきました。

DSCF5469

先ずはなんと言っても「合掌礼拝」ですね。けっこうこれがバラバラになっていて、念珠の持ち方やかけ方が、皆さんまちまちのようです。僧侶の私達も気をつけなければならない事ですが、皆さんと復習してみました。意外と知らない事は、宗派によってけっこう違う事です。お西とお東でも、違いがあることをお話ししました。

そしてなんと言っても「焼香」ですね。これも知ってはいるようですが、皆さん間違っている方が多いようです。香をくめる回数は「頂かずに一回だけ」ということは、近年だいぶ浸透してきたようですが、その前後の作法がバラバラのようですね。何の為に「焼香」するのか。誰のために「焼香」するのか。そこからお話しさせていただきました。

DSCF5434

年忌法要・そして葬儀について、参拝弔問する側の心持ちと、営む側の施主としての心持ち、そして「私のいのち」をきちんと見つめていますか?とお話しさせていただきました。営む側として憂うことは、近年、葬儀にしても、法事にしても、業者さんに任せっきりで、その家や家庭そして集う方々の特徴が見えない法要や儀式が多くなってしまいました。ただ、その会場に来て、お仏壇の荘厳(おかざり)やお供物、お花など、そしてローソクやお線香、そして焼香の準備さえ、業者さんに任せっきりな方が多くなっているからだと思います。

DSCF5462_edited-1

お寺での年忌法要の時も、すべてお寺側で準備してしまうのもどうかと疑問に感じることも多いです。せめてお供物やお花、そしてそのおかざりはご自身でしていただきたいものですね。

DSCF5391私にいのちのご縁をくださった方々の10年に一度か二度のご法要です。この方がいらっしゃったから、今私がここにいる事を思い出し、お陰様でという思い、そして私を仏縁へと導いて下さったご恩を感じなければならないことでしょう。法要儀式は、してあげるのではなく、させて頂くものであるという認識を持って頂きたいとお話しさせていただきました。

また、法事に限らず葬儀の会場も、本来ご自宅のお仏壇を中心に考えることですが、それが無理であれば、お寺をお考えいただく事が大切だと思います。ご自宅のお仏壇は、お寺のお仏壇と同じおかざりです。(お荘厳のすべてが浄土真宗のおかざりです)しかす、セレモニーホール・会館そして斎場などは、一般的なものしか出来ないのです。もしそのような場所を会場として営むのなら、ご本尊や仏具など、先ずはご自身できちんとした準備をしていただく事が必要でしょう。

DSCF5469

最後に「弔電」についてのお話をさせて頂きました。御本人が弔問されその場においでになるのに、弔電をわざわざ披露するのはおかしいことや、本来弔電は、御遺族にたいして諸事情で弔問出来ないからお悔やみ申し上げるメッセージであって、披露する必要はないこと、そして「奉呈」する必要もないのではとお話ししました。弔電を奉呈するのであれDSCF5388ば、皆さんの「御仏前・御香儀」を奉呈するべきでしょう。

質問も5名の方からいただき、それぞれお話しさせていただきました。法要儀式の意味をきちんと知ることによって、おかしい事に気づき、本当の意味で営んでいただければ有り難いとこと思いつつ、来月またお仏壇のお給仕というテーマでお話させていただきたいと思います。

DSCF5257さて、この5月より新たに法務員になられた方を紹介させていただきます。竹澤真哉さん。太美町松雲寺衆徒で、現住職様の三男になられます。今までは松雲寺様で法務をされていましたが、5月より眞願寺に奉職頂く事になりました。現在眞願寺の法務員である竹澤拓弥さんの弟さんでもあり、門信徒の皆様には親しくお付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

婦人会報恩講~12月2日

DSCF0715_edited-1

師走に入り、日の出は7時を過ぎるようになりました。2日の朝はきれいな日の出を見つつ、シャッターを切りました。

DSCF0718_edited-18時過ぎには婦人会の役員皆様が参集され、お斎の支度をしていただきました。家のことを一通り終わらせてから来られるのですから、本当に頭が下がります。午前11時の法要開始前には厨房においしそうなちらし寿司がならんでいました。

さて、婦人会の会員さんも毎年高齢化が進み、出席される方も少なくなってきたようですが、寒い中元気に皆さんおいでいただきました。11時より先ずは婦人会報恩講をご一緒に正信偈をお勤めし、親鸞聖人のご遺徳を偲ばさせていただきました。

DSCF0747_edited-1

引き続き蝋燭を朱から白に変えて、会員物故者追悼法要をお勤めしました。余間に今DSCF0754_edited-1年一年間でご往生された方三名を謹書させていただいた掛け軸を奉献し、お焼香させていただきました。

DSCF0818そして、広間にてお斎をおいしくいただきました。ちらし寿司や味噌汁は勿論ですが、持ち寄っていDSCF0869ただいたおいしい自家製のお漬け物は、とってもおいしかったです。

DSCF0863

さて、1時半よりご本堂に戻り研修会です。今年は「住職と、お仲間と、語り合いましょう」ということで話し合い法座をさせていただきました。テーマは『お念仏を子や孫へって言われるが、どうしたらいいのでしょうか』という、ちょっとめんどくさそうなテーマでしたが、問題提議では皆さん真DSCF0964剣に聞いていただいたようです。皆さんそれぞれ自分の家庭の状況を頭に浮かべつつ、聞いていただいたんだと思います。

DSCF0881 このテーマを掘り下げれば、私達と現在の時代背景も違うし、少子高齢化という大きな問題も含まれています。話し合いが進み行き着くところは「お仏壇・お墓・お寺、何故必要?」ということになっていくことでしょう。

DSCF0897 六っつの班に分かれて30分ほど話し合いをしていただきました。そして各班で話されたことを手短に発表していただき、まとめのお話をさせていただきました。

DSCF0941_edited-1いつもお寺のご奉仕をしていただき、お寺にとっても大切な婦人会の皆さんと、この大きな課題を共有出来たことは、とてもありがたくおもいました。皆さんのお寺に参られるそのお姿が、次世代へと伝わっていけばありがたいですね。

DSCF0924そして最後に前門様のご本を紹介させていただき、お座を終わらさせていただきました。普段の生活の中でよくある悩みや苦しみなど、仏教用語をほとんど用いずに、とても読みやすく、わかりやすく書かれています。『人生は価値ある一瞬』是非皆さんもお読みいただければと思います。

教区Aブロック総代研修会に参加して

 7月6日、7日に登別グランドホテルに於いて、浄土真宗本願寺派北海道教区Aブロック門徒総代研修会が右記の日程で開催されました。
 当眞願寺からは、木村、笠羽、富永、河合、土蔵の各総代、住職の計6名で参加をしてまいりました。定刻に始まり、北海道教区門徒総代会の総会が行なわれ、提出された議案すべてを出席者全員の賛成で承認可決されました。
 なお、次年度は日高組の主管担当で行われるとの事です。内容については、後日連絡との事です。
 その後、講師の小林先生からの話があり、”寺離れ”と云われているが、宗教離れではない。お寺をどう活用するか、例えば参加者主導のイベントを企画するとかなるべく葬儀をお寺でする等、色々できる ことがあるのではないか?などと話ががありました。
 引き続き参加者全員を10のグループに分けて”話し合い法座”が行われました(連研方式)。後に各グループの発表があり、それぞれ地域によって色々悩みがあることがわかりました。(グループの代表として眞願寺の木村総代も発表されました。)
 予定の時間に終了し、夕食、懇談会が始まりました。途中ステージでは”熊舞”なる郷土芸能が披露、その迫力に圧倒されました。最後はジャンケンゲームで楽しい一時を過ごしました。その後、眞願寺一行は住職の部屋に集まり、今日の反省と、今の眞願寺の現状などを話し合いました。
 二日目は前日の各グループの発表をもとに先生のまとめの話があり、定刻に終了しました。札幌組には45ヶ寺の寺院がありますが今回参加したのは11ヶ寺で少々寂しい感じがしました。又、他の地域では連研履修者が各グループ1~2名程度でした。眞願寺は全員履修者でした。
 以上、簡単ですが参加報告とします。

総代 釋威曜 土蔵幸雄

18-01

18-02

18-03

住職による記事はこちら

住職講座~おつとめと作法について~

御霊前?祭壇・告別式?ご冥福?・・・7月16日、この日の御命日法座は先月と同様、住職講座として行われました。午後1時には、60名以上の方々がご本堂に集われました。私も御堂に行き参拝者の方がいつもの16日より多いのにびっくりしながら、又責任を感じつつ、講座に入らさせて頂きました。

DSCF7731

毎月の16日であれば、先ずはお勤めなのですが、この日は住職講座ということでお勤めの練習もするので、最後にして先ずは講座よりはじめました。お配りした資料は通夜や葬儀の時に、司会者に読んでいただく文章を独自で作っていますが、その裏紙に「司会者の注意点」として司会進行される方に注意いただきたいことを表にして掲載してありますが、それを配りました。

DSCF7732

そこには「不適切な語句」と「適切な語句」が比べられるようにしてあり、例えば

不適切「御霊前」  適切「御仏前」「御尊前」「御忌前」

不適切「祭壇」  適切 「荘厳壇」「式壇」

不適切「告別式」 適切「葬儀」

不適切「冥福を祈る」 適切「追悼の意を表す」 などなど他多数

DSCF7726これらが何故不適切であるのか。そして何故そのような表現をするのかなど、一通りの説明をさせていただきました。

葬儀・法事などに行く場合の心づもりとしてのマナーや御仏前・供物・供花の供え方(仏壇前の置き方・お飾りの仕方)、そしてお焼香の作法とその意味など、皆さんと一緒に勉強させていただきました。また、弔辞を読んだら御尊前にどちらに向けて置くのか?弔電を披露した後、御霊前にご奉奠するというが、その必要があるのか?など一緒に考えさせていただきました。一般仏教で正しいとされる作法(HPなどで示されている)は、浄土真宗では間違っていることが多いようです。

DSCF7734こうして学んでみると皆さん、けっこう気づかずにしていたことや使っていた言葉もあったようです。そして、僧侶の側からはとても申し上げにくい事ではありましたが、けっこうあることなので、葬儀・法事・月忌などでの「お布施の渡し方」についてもお話させていただきました。

一通りのお話をして質問をうけ、実際にお焼香の実演とその意味を話し終えると、けっこういい時間になりました。その後少ない時間でしたが「正信偈草譜」を皆さんご一緒に大きな声を出していただき、おつとめの練習をさせていただきました。ひと休みして親鸞聖人御命日のお勤めをご一緒にさせていただきました。素晴らしいお勤めの声が御堂に響きわたっていました。

DSCF6913_edited-1近年、葬儀はもとより法事でも、業者さんがすべてを取り仕切られ、会場も斎場や会館・ホテル・お店などの場合が多くなってきました。そして個人的な葬儀(家族葬・直葬)や法事(家族だけで)も年々多くなってきています。昔は隣近所の方々や関係者が集い、葬儀委員会を形成し委員長が遺族の思いや寺院の指導のもと、受付会計業務から司会・総務・接待・厨房までその式を取り仕切ったものです。そして会場はほとんどがお寺か地域の自治会館などでした。そのご苦労が街の活性化と親睦にも繋がり、ご近所のお付き合いを大事にしてきたものです。そういった文化もここ10年、15年で急速になくなりました。(左の写真は眞願寺本堂での葬儀荘厳)

DSCF7746業者さんに任せることは悪いことではないのでしょうけれど、あまりにも大切な事がうすれてしまい、何の為の儀式なのか、そして各宗派の特色もほとんど無いお飾りが多くなり、それぞれの教えを基本とした儀式がなされなくなっているのが現状だと思います。

そこにはきちんと儀式儀礼の作法と意味を伝えてこなかった、我々僧侶に大きな責任があると思います。そこさえ先ずは私が学びを深め、門信徒の皆様とご一緒に、大切な事を後世に伝えていく責務を痛感しつつ、是非またこのような機会を企画したいと思いました。 今年の6月に行われた眞願寺本堂での葬儀