永代経」タグアーカイブ

春の永代経法要のご案内

秋深まる~14日より16日秋の永代経法要

DSCF0298

朝晩寒い日が多くなってきました。特に朝は冷え込み、12日の朝、江別では-3°だったようです。境内の樹木も最後の落葉が、イチョウの葉が舞い散っています。

DSCF0294

DSCF0284そんな中、14日より秋季永代経法要が始まりました。初日もたくさんの参詣をいただき、ご一緒にお勤めさせていただきました。

DSCF0428

そもそも永代経法要とは、なき方を永代にわたって寺院で供養してもらうため、御懇志をあげられそのご法要をお勤めするものと思われていますが、本来の意味合いを考えますと、多少違うようです。私達が亡き方を偲び仏縁をいただく時、悲しみのなかからみ仏とのあらたな出会いを通して、私がお念仏申す身とならさせていただき、浄土往生の人生が始まることでしょう。そのご縁に感謝しつつ、私たちをはじめ子や孫の代に至るまで、このお寺からお念仏の教え(お経)がいつまでもお勤めされ、み教えが伝えられるよう願い、亡き方を縁として御懇志を納められることを「永代経懇志」と申しています。

DSCF0432_edited-1

そのご懇念に感謝し、眞願寺では大切なご法要をはじめ伝道教化や護持に大切に使われ、年に2回の春秋永代経法要を三日間づつお勤めさせていただいています。そのご法要には先人のご苦労とご懇縁に感謝しつつ、ご縁いただいた方々の法名俗名を掛軸に謹書し、奉献しお勤めさせていただいています。それを「開闢法要」といい、16日に行われています。今回も新たに11名の方々の法名を謹書させていただきました。尊いご縁に感謝しつつ、お勤めし聴聞させていただきたいと思います。

DSCF0309

三日間のご法話は、東川町永楽寺ご住職の永江竜心師です。「老いを生きる」とテーマをいただき、高齢化社会の中でお念仏をいただき、心豊かに生かさせていただくか、わかりやすくお話をいただいています。

DSCF0468

DSCF0488DSCF049115日は雨模様となりましたが16日までご法要がございますの。15日は午後4時より仏事無料相談も行います。皆様の参詣心よりお待ち申し上げます。DSCF0311

秋深まる~雪囲い

DSCF0218

11月に入りましたが、ここ3日ほどはあたたかに日が続き、お天気もよかったようです。週末から平年並みになり、だんだん寒くなるようですね。そんな5日、6日と境内では有志のご奉仕により低木の雪囲いが行われました。ご奉仕いただきました皆さん、ありがとうございました。

DSCF0234

その合間を見つつ、雪囲いではかかせない縄の縛り方「おとこしばり」を伝授していただきました。一件簡単そうに見えましたので、昼食の時に簡単におそわり、こっそりYouTyubeで練習し、いざ現場で実践しましたが、これが中々・・・。

DSCF0260

きちんと要所要所でゆるまないようにしつつ、結束しないと、ついゆるんでしまうようですね。修行が足りないようです。笑笑(^^;)

DSCF0262

DSCF0237そんな境内も桜やナナカマド、モミジなどもほとんど落葉し、今はドウダンツツジそして野村モミジが真っ赤に染まっています。ことしは特にきれいなようですね。

DSCF0243 DSCF0238 DSCF0134_edited-1 DSCF0157

街路樹のイチョウも黄色く染まり風とともに道路を黄色く染めていますが、眞願寺のイチョウだけはまだ深い緑の葉が茂っていますね。

DSCF0224

2日は婦人会の常例法座でした。久しぶりに体調をくずしておられた法務員の長老鈴木彰氏が来られ、集会鐘をおねがいしました。そこに現職法務員さんも帰寺しましたので、一緒に一枚。まるで孫と一緒って感じでしょうか。(^o^)お元気そうでなによりでした。

DSCF0171

常例にはたくさんの会員が参詣され、ご一緒にお勤めし、ご法話をいただきました。御講師は浦臼真宗寺ご住職土屋慎一師でした。普段の生活や家庭のお話などを交えつつ、大きな声でわかりやすくおひもときいただきました。

DSCF0174_edited-1 DSCF0192_edited-1 DSCF0205_edited-1

14日より16日の毎日午後1時より3時半は、秋の永代経がございます。それまでには雪も降りそうですね。ご自愛いただきまた参詣下さいませ。

 

春の永代経を終えて 「おとうさんありがとうございました」

DSCF5358

今年の春季永代経は、寒の戻りのような寒さと雨の多い三日間でしたが、多くの門信徒のご参詣をいただき、お勤めさせていただくことが出来ました。眞願寺のご縁ある多くの物故者のご苦労を偲び、自分のある姿に感謝するとともに、み佛の教えを聞かさせていただきました。

DSCF5423_edited-1

このご法要より、別納永代経掛け軸を奉献させていたいている御忌前様前卓を新調させていただきました。多くの皆様のご懇念により、み教え(お経)が代々に受け継がれていくよう願いつつ、お飾りできた喜びを共に感謝申し上げました。

DSCF5416_edited-1

その前卓にかけるちょうどいい大きさの打ち敷が無いため、短かったのですが古い打ち敷を使わさせていただきました。いくつかあった古い打ち敷の中で、その裏に、昭和49年に念仏奉仕団でご本山に行ったときの記念に寄贈いただいた事が書かれ、そのご懇念をいただいた方々の御芳名も記載されていましたので、中日にご披露させていただきました。

DSCF5396_edited-1

ちょうど40年前にご本山に団参でご奉仕いただき、その時の記念としてお残しいただいた貴重な打ち敷、その日に参詣されていた方々の先代のお名前が沢山ありました。その方々のご懇念も、こうして今日ご法要にお飾りして参詣出来る喜びこそ、今日のご縁といただきました。

DSCF5404三日目は開闢法要と総永代経を併修し、特に多くの門信徒皆様と参詣させていただきました。

DSCF5426_edited-1この度の法話は、斜里町秀岳寺御住職の林川渉師に昨年に引き続いてお取り次ぎいただきました。当寺の寺報響37号の記事を参考にしていただきながら、「灯」「香」「花」という三具足の一つ一つの味わいを、三日間それぞれお話しいただきました。

DSCF5445

み法をいただき、ご縁あるこの社会の中で生かさせていただく、私の姿を見つめさせていただくご縁となったと思います。

DSCF5449

そんな境内も、ひと雨ごとに残雪もあとわずかとなりました。今年の雪どけは特に早いですね。

DSCF5365

そっと枝のそばまで来てよく見てみると、まもなくですね。境内のお花も。

DSCF5378DSCF5364DSCF5380DSCF5369DSCF5363

 

 

 

永代経が終われば、まもなく初参式と親鸞さまの降誕会です。春の行事も大詰めをむかえさせていただきます。桜のつぼみもだんだんふくらむことでしょう。

DSCF5295その永代経の三日間、いつもお世話になっている監査役の宮崎廣夫さんにご協力いただき、御本人の映した写真展を行いました。ご本堂に大きなパネル作品を6枚展示いただき、北海道ならではの自然豊かな景色を拝見させていただきました。いつかは門信徒皆さんでデジカメコンテストでも出来たらいいですね。

法要も終わり今日4月17日の朝、ご本堂でお勤めさせていただいていると、永代経法要前日の13日に立てた仏花の白菊が、ようやく開いて来たようで、ご法要は終わってしまいましたが、仏花全体が一番美しくなったようです。自分で立てた仏花ではありますが、そんな仏花を拝見しつつ手を合わせ、「あんな自分が・・。気づけばこれも唯々お導きだったなー。」と深くお念仏申させていただきました。

DSCF5458

そんな今日は9回目の父の祥月命日。子供の頃寒い外で冷たい水で父に言われつつ、嫌々花瓶を洗わさせられた時のこと、真剣そのものの眼差しで仏花を立てていた父の姿、そしてその仏花をお供えしてお念仏申していた父の姿、、。不思議ですね。当時はお花にまったく興味なかった自分でした。

知らず知らず私の計らいを越えたご縁が、今日の私の手を合わせて下さっているのでしょう。お陰様で今年も春の永代経、お勤めさせていただきました。明日はおみがき清掃です。

春季永代経 4月14日~16日

DSC05876_edited-1

14日より16日まで午後1時より春季永代経法要が行われました。残雪の残る境内ですが、概ね天候も良くたくさんの皆さんに参詣いただき、お勤めさせていただきました。

DSC05933_edited-1

三日間のご法要では、初日は大無量寿経、二日目観無量寿経、三日目阿弥陀経と、浄土三部経をそれぞれお勤めし、三日目の満座にあわせて、秋より春に御進納いただいた開闢法要を修行しました。

DSC05935_edited-1

三日目の開闢法要には60名以上の参詣をいただき、経切太鼓も加えて、賑々しくお勤めいたしました。ご法要終了後には、別室にて御進納いただいた施主・ご家族皆様に御礼申し上げ、記念のお扱いを贈呈させていただきました。

DSC05948_edited-1

三日間の布教は初めてのご縁で、斜里町秀岳寺御住職の林川渉師に御出向いただき、無量寿経のお心を、おひもときいただきました。御門徒皆様も、大変わかりやすくいいお話しでしたと、喜んでいただきました。

DSC05913開教以来130年になりますが、多くの方々が御浄財を御進納いただき、今日お念仏のみ教えをいただくことが出来る事、感謝の中でお勤めした三日間でした。このご法要を機縁として、心新たにし、御仏となられたなき方のおすすめをいただき、お念仏薫る日々を過ごしていきたいと思います。

境内の雪どけも日々進んでいるようです。駐車場に山となっていた雪もあとわずかになり、屋根から落ちた雪の山が、春の日に照らされて、輝いていました。クロッカスは満開DSC05880となり、フクジュソウもお日さまめがけてきれいな花を咲かせています。雪割草も薄いピンクが見えてきました。

DSC05980今年も門徒の木村さんより、桜の枝をいただきました。永代経にあわせて、お庭の枝を切っていただき、もってきて下さいました。仏花の真に使わさせていただきました。16日に満開となり、一足早い桜をみさせいただきました。

DSC05983境内の桜はまだまだ堅いつぼみです。やはり連休頃になると思います。楽しみですね。

4月3日より三日間、団体参拝旅行がありました。東京の桜はすばらしかったですね。近日中にUPします。

DSC05476_edited-120日は初参式と降誕会がございます。お寺の行事としては秋の報恩講と同様とても大事な法要です。親鸞さまのお誕生を心よりお喜び申し上げ、お祝いのご法要をお迎えしましょう。