樹木」タグアーカイブ

秋季永代経ご案内 写真展も

11月に入り紅葉も日に日に深まり、最後にイチョウが大量に散っている境内です。今年は気温も極端に下がることもなく、珍しくイチョウの葉が少し黄色く紅葉しつつ散っています。そして一面絨毯に。

真っ赤に染まったモミジがとっても美しい境内です。さて、掃除をしなければ。

11月1日境内の低木雪囲いに五名の方がご奉仕くださいました。今年から新たに三名が加わって頂き、一日で境内の木々も冬支度が整いました。

さて、14日より三日間秋季永代経です。ご布教は八雲町吉村善充師におひもとき頂きます。門信徒の方による写真展も開催予定です。どうぞお越しくださいませ。



 

秋の行事 ① 9月16日清掃おみがき

10月に入り、いきなりストーブが恋しくなってきました。20日より4日間のお彼岸、そして28日より3日間の報恩講と、大切な行事が続く中、御門徒さんや御寺院の葬儀も重なり、9月後半はタイトな日々でした。寒暖差もあったのかもしれませんが風邪をひいてしまったようです。皆さんもうがい手洗いしつつご自愛ください。

さて、秋の行事を前に9月16日、恒例の清掃おみがき奉仕が行われました。5年に一度回ってくる地区当番の皆様はじめ、総代・壮年会・婦人会の皆様、今年は特別に札幌龍谷学園高等学校の宗育局の皆さんもおいでいただき、50名以上の方々により、ご奉仕していただきました。

半年に一度のおみがきでは、蝋燭のすすや線香の煙によって輝きがなくなった仏具を一つ一つ丁寧に磨きます。それでも最近は便利な洗剤(テガール)が発売され、液につけ置きして軽く磨けば、とてもきれいになり輝きます。高校生の皆さんも、笑顔で御門徒さんと話しながら、楽しそうにご奉仕いただきました。

清掃はご本堂はじめ館内ありとあらゆるところを清掃してもらいました。エレベーターの籠や仏花室、押し入れや倉庫等々。御法中の控え室の座布団を干していただいたり、皆さんが普段から使っていただいている椅子も。

境内では、親鸞聖人の石像はじめ、隅々まで草取りや落葉の清掃、本堂前や山門の階段や駐車場まで。特に男性が多かったので、とても助かりました。

お昼は婦人会役員さんが作っていただいたおいしいカレーライスをごちそうになり、ご本堂のお供物のお下がり「さとう」と「タオル」をお持ちになって解散となりました。

多くのご奉仕くださった皆さんのお陰で、綺麗になった境内・会館・本堂で秋の彼岸そして報恩講をお迎えできること、とてもありがたく感謝申し上げました。寺内では、それぞれが「さあ、ご法要だ!」と気合いも入ります。ご奉仕いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

清掃作業と花植

6月7日は、午前9時より境内の清掃作業が行なわれ、当番地区の皆様はじめ多くの方々のご奉仕を頂き、草取りや花植が行なわれました。

毎年、ご本堂の階段や山門付近など、プランターに寄せ植えして、境内の美化に努めています。今年も皆さんのご協力により、きれいに飾ることができました。あとひと月ほどたてば、きれいにお花もそろってくることでしょう。

休憩時間には、皆さんで膝を交えつつ親睦も深まり、ご本堂前で記念撮影しました。ご協力いただいた皆さんに心より感謝申し上げますとともに、是非7月8月の7日、清掃作業も宜しくお願いします。

新緑とツツジの境内

5月の後半より境内のツツジなどはきれいに咲き、木々の新緑もあたたかなおひさまに照らされて、まぶしく光り輝いています。6月に入り天候が安定しませんが、これからも初夏に向かってあたたかな日が多くなっていくことでしょう。今日は婦人会の常例法座、お天気の心配もありますが、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。すこしではありますが境内の様子をご紹介します。



 

境内のエゾヤマザクラ満開

今年のGWはお天気がいい日も多く、3日には境内のエゾヤマザクラも満開になり、連休中は春のぬくもりを感じつつ、過ごさせていただきました。

その他にもモクレン・ムラサキツツジをはじめ、ユキワリソウ・シバザクラ・スイセン・チュウリップなど、春の花が一斉に咲き始めました。

その隅で今年もアスパラがにょきっと背を伸ばしてきましたので、おいしくいただきました。(細身ですがおいしかったです)

これからも、梅をはじめツツジなど、境内の花々がお浄土のように素晴らしい癒やしの世界を奏でてくれることでしょう。楽しみですね。

さて、2日は婦人会・壮年会合同の常例法座がありました。皆さんとご一緒に「らいはいのうた」をお勤めし、ご法話を頂戴しました。ご講師には熊本の源明龍氏に久しぶりにお越しいただき、わかりやすくお話しいただきました。

さて、境内に来る野鳥たちも、いのちの営みの季節となりました。雀をはじめシジュウガラ、ゴジュウガラ、ヤマガラ、カワラヒワなど、飛んできてくれます。とてもかわいいですね。今年は境内に営巣するでしょうか。

といいつつ、先日ハルニレの高いところに営巣したカラスの巣を撤去していただきました。雛がかえるととても凶暴になり、通行人や参拝者に被害が出るということもあり、やむなくお願いしました。しかし、撤去後3日間は親鳥が巣のあった枝にいながら、途方にくれている(様に見えました)姿を見ると、とても心痛みました。卵は4コあったそうです。身勝手な私である事を痛感しつつ、カーカーと鳴くカラスに頭下げる今日です。