本堂」タグアーカイブ

除夜の鐘~元旦会

境内に響く除夜の鐘を聞きつつ、新たな年をお迎えしました。ありがたいことです。

午前0時半、ご本堂で元旦会が始まりました。門信徒の方々をはじめ地域の方、遠く離れて生活されているけど、年末年始に江別に帰省され参拝された方など、多くの皆さんと新年のお勤めをいたしました。

続いては住職法話でした。「元旦は、『今年もいい年でありますように』と願う方もおおいようですが、この娑婆世界は、諸行無常でいつ何が起こるかわからない世界です。悲しいこと、苦しいこと、よろこびやうれしいことなど、生きているとその方の感性もありますが、予想外のあらゆる事があるでしょう。その一つ一つのできごとは不思議なご縁ですから、いいこと・悪いことと区別することはできません。出来事をできうるだけ受けとめつつ、精一杯の人生を生き抜きましょう。自己中心的な私は、欲や怒りも捨てることが出来ず、悩みも多いのですが、10あるおもいの中で『たるを知る』という言葉を思い出しつつ10から一つでも減らしつつ、一歩さがり見つめることも大切なことでしょう。私のすべてを知り抱きしめてくださっている阿弥陀様とともの人生を、一日一日お念仏を称えつつ、生かさせていただきましょう。」

引き続き新年恒例の景品くじ引きがおこなわれました。郭成氏と礼華さんが進行され、楽しくくじ引きがおこなわれました。今年は念珠・ぬいぐるみ・いちご・ロイズのチョコレート・ワイン・お米など豪華景品が並びました。見事当たった皆さん、おめでとうございます。



 

 

 

最後に住職法話で話された「今年の住職の書」がジャンケンゲームでお一人に住職よりプレゼントされました。おめでとうございます。

午前1時20分、すべてが終了しお帰りになられました。お帰りにはお寺から「お年賀」が配られました。参拝された皆さん、ご奉仕いただいた皆さん、ありがとうございました。午前3時、すべての片付けも終わり、私達もほっと一息しつつ、テレビのスイッチをいれました。

除夜会~除夜の鐘

12月は荒れた日もありましたが大晦日は落ち着いた一日になりました。午後2時から壮年会による境内除雪と除夜会準備の奉仕作業があり、20名の会員皆さんによって、綺麗に除雪されあとは篝火に火を入れるだけとなりました。ご奉仕いただきました皆さん、ありがとうございます。

ご本堂の内陣は、元旦会の仏花や打敷お供物があげられお荘厳が整い、両余間には当寺の開教そして寺号公称の頃の本願寺歴代宗主、そして当寺の歴代住職が奉献されました。

夜も10時を過ぎ、冷えてきた境内では壮年会の方がご奉仕いただき、篝火に灯がともり、皆様をお迎えする準備が整いました。寒い中、本当にありがとうございます。

午後11時より先着順に除夜の鐘之札108枚が配布されました。(眞願寺の除夜の鐘之札は108枚ですが、今年もその後60~70名の方々が自由につかれていました。)

午後11時半、行事鐘と同時に僧侶が出仕し、除夜会がお勤めされました。続いて住職の一口法話がありました。「ただ煩悩を打ち消す為の鐘ではなく、鐘をつき、その音は誰にもないただ私だけの音であり、私のいのちの音と体全身でその響きを受けとめてください。煩悩だらけの私ではありますが、新たな年をお迎えすることが出来る事に感謝し、合掌しお念仏申してください。きっとあなたのいのちの音が、聞こえてくるはずです。」

午後11時45分より除夜の鐘が始まりました。それぞれの鐘の音の中、いのちの響きが境内に広がります。眞願寺に参拝いただいたすべての方のいのちの数だけ、新年をお迎えする感謝の響きです。そのいのちの響きの中で新年をお迎えしました。

お陰様で婦人会100年をお祝いして①

12月2日、心配されたお天気でしたが、寒さはあったものの江別は雪も降らずに、落ち着いた日になりました。9時には実行委員会の皆さんが集まり、最終の打合せをし集合写真をとり、いよいよお出迎えの準備です。

10時より受付が始まりました。御来賓の総代さん、壮年会の役員さん、地区世話人さん、そして安楽寺の皆さんと、たくさんの方々、そして会員皆さんも参集くださいました。

 

いよいよご法要です。「全員参加型法要」と言うことで、一ヶ月前の常例法座で練習、そして準備を重ねてこの日をお迎えしました。司会の黒田さんから説明があり、ご法要に先だち会員全員による献花が行われました。

正面に準備されたお飾りの花壇に、ひとりひとりのお花が順々にいけられ、やがて綺麗なお花の壇となりました。

中央には五具足とお供物がお供えされました。最後に法要の導師を勤める坊守が献香し、ご一緒に合掌礼拝~ご法要がそのまま始まりました。

この度のご縁では何かとお力添えをいただいた安楽寺様の女声コーラス「シャンティ」の皆さん、指揮の佐藤卓見さん、伴奏の計良通子さんのご協力により、音楽法要~重誓偈作法をお勤めさせていただきました。

婦人会の記念すべき100年のお祝いということで、実行委員会の皆さんとどんなご法要にするか、試行錯誤させていただきました。特に今年6月に行われた全道仏婦大会を思い出しつつ、坊守の導師、そして実行委員皆さんが、それぞれの役割についていただき、すべての会員皆さんが参加する形を考えました。皆様のご協力により、感動的なご法要になったと思います。

ご法要に引き続き、安楽寺様の女声コーラス「シャンティ」の皆さんによる演奏をしていただきました。、指揮は佐藤卓見さん、伴奏計良通子さんです。のんのんののさま・親鸞さま・念仏など、仏教讃歌を披露してくださいました。この日のために練習を重ねてくださったのでしょう。女声ならではのすばらしいハーモニーによるコーラスでした。

そして会場の皆さんとご一緒に童謡を歌ってくださいました。~うさぎおいしかの山~こぶな釣りしかの川~。遠くに思いを寄せつつ心暖まる一時でした。本当にありがとうございました。

休憩をはさみ記念法話です。安楽寺様ご住職横湯誓之師に、ご出向いただきました。相焼香寺院ということや、札幌組執行部でも組長・副委員長というご縁もあり、何から何までお世話になりました。ご法話では、先代ご住職横湯徹之師が龍谷大学男声合唱団でご活躍されたこと、そのご縁から本日指揮された佐藤卓見さんも同じ合唱団に入られていたことなどを通し、仏教讃歌のすばらしさをお話しくださいました。そしてご和讃「たとい大千世界にみてらん火をもすぎゆきて」をひかれ、お念仏を頂戴しともにお浄土への道を歩まさせていただくことを皆さんとご一緒に聴聞いたしました。

 

いきなり35センチ降雪 永代経を終えて

14日より3日間、秋季永代経が行われました。その間もぱらぱら降っていましたが、19日はどか雪なり、境内もいきなり冬景色となりました。皆さん除雪作業、お疲れ様です。短めの長靴も埋まるほどで、ナナカマドの実も雪帽子をかぶりました。

さて、秋の永代経はたくさんの御門とに参詣いただきました。三日間ということで、初日は無量寿経、二日目は観無量寿経、三日目は阿弥陀経で開闢法要として修行しました。毎日、ご門徒皆さんとご一緒に大きな声でお勤めし、多くのご懇念いただいたご先達に感謝し、益々子や孫へとこのお寺が、お念仏のみ教えが受け継がれるよう願いつつ、尊いご縁を過ごしました。

三日間のご法話は、八雲町西教寺住職吉村善充師にお取り次ぎいただきました。ご和讃の「本願力にあいぬれば むなしくすぐる人ぞなき」より、ご本願にいだかれている私であり、確かなる未来「お浄土」ヘの日々をこれからも過ごしていきたいと、皆さんと聞かさせていただきました。

法要中三日間、門信徒による眞願寺写真展をご本堂で開催させていただきました。今回は試行ということもあり、住職より四名の方にお願いし、テーマを「動物」として4枚ずつ展示しました。

毎座毎座、休憩時間になると皆さん興味津々とご覧になり、それぞれの動物の特徴や自然の中で力強く生きている「いのち」を感じながら、「とてもいいですね~」「是非これからもしてください」「しばらく、展示されたらどうですか~」など、とても好評な感想を皆さんからちょうだいしました。そんなご意見もあり、1月の総会まではこのまま展示しておこうと思っております。ご協力頂いた宮﨑廣夫さん、原利之さん、田島隆志さん、そして花岡勝美さん、ありがとうございました。

三日目は開闢法要を併修し修行されました。今年の春より半年間御進納された方のご家族に参拝・焼香をいただきました。法要後、別室で住職より御礼のご挨拶、記念品の贈呈と茶席が設けられ、これからも参詣と聴聞をお願いし、懇親の一時を過ごしました。

 



ご参詣くださった多くの方に感謝申し上げます。眞願寺の次の行事は、12月2日婦人会100年記念法要、12月3日秋初穂感謝法要です。

秋の行事 ④ 報恩講 中日 200名の満堂で

台風21号が日本各地に被害をもたらせ、7名の方が亡くなりました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

札幌近郊では台風の影響も少なく、大きな被害は出ませんでしたが、各地で積雪を記録し、23日は寒い一日となりました。本日(24日)は天候も回復し秋晴れのいいお天気になり、風雨で心配された紅葉も一段と深い色に染まりつつあります。

境内の中心にある江別市より保存指定されているイチョウの樹は、例年紅葉しないまま散っていきます。この寒さで今朝から散り始めたようです。

さて、親鸞聖人報恩講の29日中日は、毎年参拝者が一番多い日になります。特に今年はご本堂溢れる方々もあり、大逮夜の参拝者は200名を越えました。ありがたいことです。12時からのお齊にあわせて、皆さんおいでいただきました。総合玄関では総代さんがお出迎えです。特にはじめてお越しの方もあり、ご案内は大切な役割になります。

今年から始まった札幌組報恩講スタンプラリーでお越しいただく方、札幌組婦人会連盟参拝(各単位会長の参拝)があり、それだけで50名の方がおいでいただきました。総代さんや婦人会・壮年会の役員さんが、手際よくお齊会場や合同納骨所の一處廟など、ご案内していただきました。

お齊会場もほぼ満員となり、婦人会の皆様が一生懸命に手を尽くしていただいた精進料理を頂戴しました。とてもおいしくいただきました。

午後1時15分、ご本堂の隣り控室では、ご出勤いただく御法中(御寺院)皆様が参集され、眞願寺を代表して髙間責任役員よりご挨拶申し上げました。会奉行の勝圓寺ご住職より、法要差定説明がありいよいよご法要です。

10分前に外陣の大太鼓が打たれ、場内も静粛になってきます。1時半、いよいよ行事鐘が鳴り始め、大逮夜法要が始まりました。まずは讃嘆衆の皆さん(札幌雅友会)が外陣正面に入道され、雅楽演奏がはじまります。

それにあわせて僧侶の入堂です。最後にこのご法要の導師(相焼香)安楽寺ご住職が七條袈裟で入堂され、親鸞聖人に焼香いただき登礼盤、法要は「宗祖讃仰作法」で皆さんとご一緒にお勤めしました。

ご法要が終わり、引き続き「門信徒追悼会」が当寺住職導師にてお勤めされました。報恩講という一番大切な法要にあわせ、一年間ご往生された方を偲びつつ、ご遺族にご縁をいただく法要です。

ご法要中にご遺族にはお焼香いただき、総代より記念品が授与されました。悲しいご縁の中だったけれど、親鸞さまと出会い、お念仏とのご縁に遇えよと、御往生された方がくださった尊い仏縁でした。

引き続き熊本県加藤尚史氏のご法話が一席あり、親鸞聖人の御生涯を聞き、そのご苦労にご恩報謝の想いを新たにさせていただきました。

午後5時より夕刻のお齊のご接待です。高校生やお子さんもたくさん集まり、おいしい精進のお弁当をいただきました。

午後6時になると外も暗くなり、御堂の照明もおとされ、満灯会が行われました。住職が阿弥陀様の前からともしびをいただき、そのともしびから、皆さんそれぞれ手燭にともしびをいただかれ、お供えします。

一つ一つの灯火は小さいけれど、皆さんの灯火がそろい、美しい灯火となりました。その光りは慈しみの心の光りとなって、私を照らしてくださいます。私の供えた灯火も、阿弥陀様の願いに導かれたご縁といただきました。

続き初夜の法要です。報恩寺ご住職の導師により「らいはいのうた」のお勤めです。そして加藤先生のご法話を聞かさせていただきました。

法要も終わって、この度「花展」のご奉仕をいただいた江別高校華道部の皆さんを紹介しました。地元の大切な高等学校、卒業した方も御門徒には多い事でしょう。その懐かしさと、若い方々の活躍を皆さんと願いつつ、また一緒に尊い仏縁に遇えたことは、ありがたいことでした。是非来年もおいでください。

最後に子供さんにお土産を総代さんからプレゼントされ、85名の参拝をいただいた初夜法要もおわりました。