忘年会」タグアーカイブ

今年最後のご命日法座 壮年会もご一緒に

昨日より荒れた天候になり、北海道各地で雪の被害が聞こえてきています。お出かけの時は皆さん気をつけてください。江別でも時折吹雪となっています。

そんな中ではありますが今晩お寺のご本堂でお通夜が行われます。会場の準備はきれいに整いました。境内では何度か除雪はしましたが、まだ降りそうですね。穏やかになればと思うばかりです。

さて、16日は午後1時より今年最後のご命日法座が行われました。たまたま土曜日ということもあり、壮年会の皆さんも参詣され多くの皆様とご一緒に正信偈をお勤めさせていただきました。

ご法話は院内ということで、久々に竹澤拓弥法務員さんでした。皆さんご存知の方だけに、笑顔も絶えない中で、お聴聞されていました。ありがたいことです。

今年の御法座も最後なので、スタンプラリーの台紙を受付に提出されてお帰りになりました。どうやら今年も30座以上の金賞の方がたくさんおいでになられるようです。35座すべて参詣の方も!ありがたいですね。

御法座が終了し、壮年会の忘年会が広間で行われました。徳永会長のご挨拶と乾杯ではじまり、なごやかに宴も深まり、楽しい一夜となりました。参加いただいた皆さん、ありがとうございます。



 

12月ご命日法座と壮年会例会

dscf0672_edited-1今年もあと10日となり、忙しい日々が続いています。眞願寺でも年末年始の行事の準備もあり、年度末の事務仕事もあり、院内ばたばたとしております。道内では鳥インフルエンザによって、「殺処分」という言葉を聞き、「食の安全」を保つために失われていく「いのち」を思い、心痛めつつ過ごしています。

dscf0676例年に比べると降雪量も多く、-10度を下回る日もあり、しばれる日も多くなってきました。寒暖の差も激しく、道路は荒れて交通事故や転倒による救急搬送も多くなっているようです。境内も16日の朝の様子です。16日は特に境内も凍りつき、ダイヤモンドダストも見えました。

dscf0681dscf0682_edited-1dscf0673_edited-1dscf0690さて、その16日は今年最後のご命日法座でした。眞願寺スタンプラリーの35座目、最後のマスということで、受付においでいただいた方は、そのマスにスタンプをいただかれながら、数をかぞえていました。そして参詣いただいた皆さんとご一緒に正信偈のお勤めを唱和させていただきました。

dscf0702dscf0712_edited-1ご法話は院内ということで、法務員の竹澤真哉さんに、初めてのご縁をいただきました。ご法話されるのもはじめてということで、だいぶ緊張はされていましたが、ゆっくりとdscf0721した話し方で、わかりやすく自分の経験を元に「有り難い」という言葉より、ご法話いただきました。きっとこの日の晩は熟睡出来たことと思います。お疲れ様でした。

中一日あけて18日は壮年会の例会と忘年会が行われました。年末の日曜日ということもあり、お寺でのご法事もありましたが、終了しまもなく午後2時より例会が行われました。35名以上の会員が参集いただき、調声に木村達副会長、両脇に森好幹事・熊野幹事の三名にお願いし、讃仏偈のお勤めをさせていただきました。

dscf0849dscf0878_edited-1住職・責任役員・会長の挨拶の後、稻垣心平法務員のご法話となり、会員の皆様とご一緒に聴聞させていただきました。稻垣氏のご法話では「摂取の光明」ということで、阿弥陀如来のお心をかみ砕いてお話しいただきました。

dscf0883終了してから会場を市内の焼肉店に移動し、楽しい忘年会となりました。会員一人ひとりが一言ずつ「思い」をスピーチしていただき、益々友垣の輪の絆が強く結ばれた尊い一時でした。

dscf0929dscf0934_edited-1年末になり、風邪やインフルエンザも各地で流行してきたようです。皆様ご自愛いただき、年末お過ごし下さい。そして大晦日は除夜会~除夜の鐘~元旦会と、年越しを眞願寺でお過ごし下さい。

今年最後の常例法座と壮年会

師走も半ばを過ぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。地域によって降雪量も違うようですが、今のところ江別は少ない様です。除雪した日も数えるほどと、ありがたいことです。

DSC03057_edited-115日、16日と今年最後の行事が続きました。15日は午後4時から仏教壮年会の例会があり、40名の皆さんとご一緒に一時を過ごさせていただきました。

DSC03092_edited-1お勤めは役員の方が3名選抜されて、調声を勤めていただき、讃仏偈をあげさせていただきました。住職・責任役員・会長の挨拶の後、会員で総代の河合氏より11月に行われた「第2回札幌組福島支援旅行」の報告を聞かさせていただきました。モニターを通して現地の様子と、『避難指示解除準備区域』になった常福寺様の奉仕活動など、DSC03103_edited-1聞かさせていただきました。お寺に人がいる~そこに来られる方がいる~お念仏と笑顔があふれる~。誰も住めない状態のこの地域にではありますが、久しぶりに再会された住職と笑顔で話される御門徒さんの姿に、目頭を熱くしました。と語って下さいました。

DSC03111ご法話は法務員の小林氏、「真実について」ということで20分ほどでしたが、お取り次ぎしていただきました。終了後はお寺から移動して忘年会が行われ、夜遅くまで朋友の宴は続き、親睦を深め合いまいした。

DSC03110_edited-116日は今年最後の「親鸞聖人御命日法座」になり、皆さんとご一緒に『正信偈』をお勤めさせていただきました。足元の悪い中ではありましたが、この日も40名以上の方々が参拝いただき、親鸞聖人のご苦労を偲びつつ、お念仏申させていただきました。

DSC03159_edited-1

ご法話は同じ江別市のゆめみので開教され、17年目になりました真宗大谷派大恩寺御住職小川如俊師にはじめてお越しいただき、お取り次ぎいただきました。通常、同じDSC03169_edited-1浄土真宗本願寺派の布教使においでいただき、ご法話を聞かさせていただいておりますが、この度は大谷派(お東)より出講いただき、ありがたいご縁となりました。

お陰様で今年もすべてのご法座を門信徒の皆様とご一緒にお勤めし、お聴聞させていただきました。ご縁いただいた御法中の皆さん、そして布教いただいた御講師の方々、そして何よりご一緒に参詣いただいたすべての皆様に感謝申させていただきたいと思います。

DSC03064 今年も残すところ2週間となりました。年末のお仕事何かとご多忙の事とは存じますが、体調を崩されないようご注意いただきつつ、お念仏香る日々をお過ごしいただければと思います。

ご 案 内

12月31日 午後11時半 除夜会~除夜の鐘~元旦会

 

壮年会例会・懇親会(12月11日)「近年の葬儀に関する嘆き」

11日の日曜日は、結構な積雪があり、早くも積雪量が29センチになりました。今日12日は朝から境内の除雪に、清水産業のブルが力強く除雪していただきました。たすかります。

さて、昨晩は壮年会の12月例会ということで、久しぶりに40名の会員が参加いただき、とてもいい例会になりました。いつもは役員の方の調声で讃佛偈のおつとめですが、今回は「正信偈六首引」のおつとめを、たまにはしようと言うことになり、住職の調声で皆さんとお勤めさせていただきました。やはりいつもと比べると、声が小さかったような気がしました。正信偈のおつとめも、大切ですね。

引き続いて法務員の竹澤氏のご法話でした。昨年の12月例会は御幸法務員のご法話だったので、今年は竹澤法務員の話しを聞きたいとの役員会からのご要望をいただきました。ご法話では、眞願寺の1年間の行事をふり返って、それぞれの行事や法要の意義と説明を聞かさせていただきました。普段、なかなか時間的にも参拝出来ない方が多い壮年会の皆さんには、とてもいい研修となりました。是非、お時間あるときには参拝していただきたいと思います。

続いて住職より、「近年の葬儀に関する嘆き」として婦人会の報恩講と同様、北海道新聞より配布された『道新ポケットブック・北海道の冠婚葬祭』に掲載されている「葬儀」の部分の中で、仏式葬儀での意義や作法について書かれていた内容について、お話させていただきました。道新ポケットブックには、元々の根拠となる部分が書かれていないので、読むひとはそのままうのみにしてしまう危険性があるので、浄土真宗ではまったく違った考え方や、作法なので注意していただくよう、お願いしました。

又、近年の葬儀は、葬儀社主体の儀式になってしまって、故人やご遺族の思いが儀式に反映されず、又宗教的意義がうすれてしまっていることを申し上げました。事前からの学びと、家族での話し合い、そしていざというときは、先ずはお寺にご相談いただくよう、お話させていただきました。葬儀については皆さんからもたくさんの質問をいただき意義深い一時になりました。

場所を移動して一番町の「和風レストラン丸〆」さんで懇親会(忘年会)が行われ、おいしいすき焼きとしゃぶしゃぶをいただきながら、膝をまじえての楽しい夜が深まっていきました。

次回は12月31日の除雪作業と除夜会・元旦会の「篝火」などのお手伝いです。防寒を整えて、ご奉仕よろしくお願いします。参加いただいた皆さん。そして新入会員の正木さん。ありがとうございました。

 

佛教壮年会 例会忘年会

12月12日、壮年会の例会と忘年会が行われました。

壮年会役員の木村達さんの調声で讃佛偈を勤行し、法務員の御幸氏のご法話を聴聞いただきました。その後丸〆さんに移動し、すき焼きとしゃぶしゃぶで楽しく忘年会を過ごしました。

ちょうどこの日が息子の16歳の誕生日とあって、会よりおいしいケーキをプレゼントいただき、皆さんから祝福していただきました。
今年も行事が少なくなってきました。16日の御命日法座、31日の除夜会、どうぞ皆さんでご参詣下さいませ。