彼岸」タグアーカイブ

秋の行事 ② 秋季彼岸会 江別第3中学校マンドリン部御堂コンサート

9月20日より23日の四日間、秋のお彼岸が修行されました。四日間とも法話の御講師は長沼町誓報寺前住職天野廣海氏にお取り次ぎをいただきました。四日間ともわかりやすく、私にとどいてくださっている御本願(阿弥陀様のはたらき)を、お話しくださいました。その私が御本願によって浄土に往生させていただくことを皆様とご一緒に確認し、彼岸のご縁をくださった、おおくのご先祖に感謝申し上げた四日間でした。

そんなお彼岸の三日間は毎日50名以上の門信徒の方々に参拝いただき、最終日の23日は170名を越える方がご本堂に参拝され、賑々しくお勤めしました。

11時半より恒例の『なごみ食堂』があり、お昼のお齊お蕎麦とおうどんが振舞われました。壮年会・婦人会のご奉仕をいただき、参拝者の方々に無料での接待です。どなたでもということで、今年もたくさんの方に味自慢のお齊を召し上がっていただきました。御法話の後で出演していただいた江別第三中学校のマンドリン部皆さんも、ご一緒に召し上がってもらいました。とても好評でした。



ご法要の30分前、ご本堂には早くもたくさんの方がお齊を終えていらっしゃるので、「一口法話」があります。この度は法務員の稻垣さんにお話しいただき、第二子のご長男が誕生されたことや、家庭でのエピソードなどと、ご法要の意義を15分間お話しいただきました。皆さんにこやかな笑顔で、聞かれていました。

」午後1時よりご法要です。お勤めは『しんじんのうた』です。わかりやすい正信偈の意訳なので、皆さんもご一緒に大きな声でお勤めされていました。満堂の御堂に響くお勤め、ありがたいですね。

最終日の御法話は一席です。懇切丁寧に阿弥陀様のはたらきは必ず救うと「お念仏」となって届いてくださっていることを、お話しいただきました。

ご法話が終わり、江別第三中学校マンドリン部による御堂コンサートです。眞願寺では江別第一中学校吹奏楽部によるアンサンブルの御堂コンサートは春のお彼岸に行っていましたが、是非一度、江別第三中学校マンドリン部にもお寺の何かのご縁に演奏して頂きたいと願っておりました。学区は第一中学校ですがすぐそこの国道12号線を渡れば第三中学校の学区でもあり、多くの眞願寺門信徒皆様にとっても、ご縁深い中学校でもあります。そんなことからご依頼したところ、学校の諸行事も忙しい時期ではありましたが、来てくださることになりました。とてもありがたいご縁です。

演奏した曲は「天虎~虎の女」「光と風の四季」「美女と野獣」「海の声」「上を向いてあるこう」など、皆さん知っている曲を演奏してくださいました。

途中で楽器紹介もあり、マンドリンだけではなくギターやコントラバスなどの楽器も一緒に演奏していることや、各楽器の音色を聞き、とてもよかったと思います。

20名での演奏も顧問の河合先生のご指導と生徒からの信頼もあるからと、感じることができました。アンコールも二曲あり、最後は住職よりあまーい大福をプレゼントされ、是非またご縁を頂きたいと、大きな拍手で終了しました。

そしてそして、恒例の彼岸バザーが壮年会婦人会の主催で行われました。新米のうるち米・もち米をはじめ、じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・カボチャ・・。みなさんたくさん、購入して頂き、30分で完売しました。協力頂いた皆さん、そして購入いただいた皆さん、心から感謝いたします。



春のお彼岸に 得度報告

20日の中日は朝早くから婦人会と壮年会の皆様のご奉仕をいただき、なごみ食堂の準備がはじまりました。厨房では婦人会役員皆様によりおうどんとお蕎麦の準備が進み、広間では壮年会役員の皆様が会場の設定そしてご本堂の法要準備に眞願寺オリジナルのエプロン姿で、はりきっていただきました。

11時半よりなごみ食堂スタート。おいでいただいた老若男女皆さん、今年も笑顔で「おいしかった!ごちそうさま~!」と声をかけてくださいました。

お腹も落いた皆さん、12時半頃にはご本堂がほぼ満席になりました。13時の法要までの時間を利用して、一口法話が法務員さんよりありました。今回は竹澤拓弥氏が担当し、お彼岸の意味とご法要について説明があり、参拝される皆さんもうなずきつつ聴聞されていました。

外陣の大太鼓も堂内響き、13時より彼岸会法要が始まりました。この度高校を卒業し、新たな道を進む住職長女石堂礼華氏が、3月15日本願寺御影堂にて得度式を受け、第25代専如御門主様より度牒を拝受し、このご法要にて奉告法要を兼ねてお勤めしました。

住職・法務員と共に黒衣とご本山でいただいた黄袈裟をかけ内陣に出勤し、ご法要の最後に、内陣正面にて焼香し仏祖に得度奉告いたしました。

住職御文章拝読の後、眞願寺門信徒代表して髙間責任役員よりお祝いの言葉と記念品をいただきました。

いただいたばかりの輪袈裟に着替え、本人より御礼の挨拶があり、高校を卒業し僧僧侶とならさせていただき、新たな道に挑戦していくことなどをふまえ、皆さんに御礼を申し上げました。余間からその姿、このご縁、そして御門徒皆さんからの拍手を聞かさせて頂き、何よりも尊いことと頭が下がるばかりでした。

御法話は住職ということで、江別第一中学校の御堂演奏もこの後ひかえていると言うこともあり、30分間のお話をさせていただきました。「自信教人信~」善導大師のお言葉をいただき、「得度」の意味や領解文のお話をしつつ、あっという間の30分でした。ご本堂をあふれて廊下でも参拝いただく中、最後まで聴聞下さいました。

春のお彼岸に震災七回忌法要

17日より4日間、今年も春のお彼岸が行われました。雪どけの進む境内には小春日和の中たくさんの方々が参拝していただきました。多くの方々がこの境内においでになり、仏縁を結ばれたこと、とてもありがたく思います。

初日の17日は、東日本大震災七回忌法要併修ということで、7年目になる今日も避難所で生活されている皆様、大切な方を亡くされた多くの皆様、今も続く原発事故により、辛い生活を余儀なくされている皆様に心をよせて、お勤めしました。ご法要では阿弥陀経を参詣いただいた皆尼と

御門徒の中には、ご親戚や知人など大切な方が今なお非難されている方もおいでになります。大地震という災害と同時に原発事故という私たち人間の煩悩が肥大したことによって起きたことを反省しつつこれからの社会環境を憂いつつ大自然の中でいかされている私である事を今一度思い返させていただきました。

 3日間のご法話は例年通り茂尻常照寺佐々木重昭氏でした。震災の時のお話を交えつつ、お念仏の中にいかされている私に気づきつつ、お浄土への道を歩みましょう。とお話しいただきました。

 20日の中日は朝早くから婦人会と壮年会の皆様のご奉仕をいただき、なごみ食堂の準備がはじまりました。厨房では婦人会役員皆様によりおうどんとお蕎麦の準備が進み、広間では壮年会役員の皆様が会場の設定そしてご本堂の法要準備に眞願寺オリジナルのエプロン姿で、はりきっていただきました。11時半よりなごみ食堂スタート。おいでいただいた老若男女皆さん、今年も笑顔で「おいしかった!ごちそうさま~!」と声をかけてくださいました。
 お腹も落ち着いた皆さん、12時半頃にはご本堂がほぼ満席になりました。13時の法要までの時間を利用して、一口法話が法務員さんよりありました。今回は竹澤拓弥氏が担当し、お彼岸の意味とご法要について説明があり、参拝される皆さんもうなずきつつ聴聞されていました。

 外陣の大太鼓も堂内に響き、13時より彼岸会法要が始まりました。このご法要では住職長女石堂礼華さんの得度式を受けられた奉告法要を兼ねてお勤めしました。

一中吹奏楽部御堂コンサート

 皆さんとご一緒に声たからかに「しんじんのうた」をお勤めし、お彼岸のご縁に会わさせていただきました。礼華さんの儀式、住職のご法話も終わり、いよいよ恒例になりました江別第一中学校吹奏楽部の御堂コンサートです。今年も歌を交えてアンサンブルを発表してくれました。
 先ずは部員全員での「校歌斉唱」です。地元地域の学校だけに、懐かしい想いで聞かれた方も多いと思います。ちなみに眞願寺の寺族も代々卒業生です。
 アンサンブルは「風の丘」「トップオブザ ・ワールド」「おもちゃのアヒルの大冒険」「晴れた日は恋人と市場へ」「ムーンリバー」「デイ・ドリーム」や「ルパン三世」「笑点」などのおなじみの曲も演奏してくださいました。
 そして角田部長さんの心こもったご挨拶をいただき、最後は皆さん存じの NHK 課題曲になりました「ふるさと」を合唱してくれました。とてもよかったですね。
 ですから~拍手止まずアンコールの声がたくさんでました。急遽ご用意いただいたのが、編成でメイン奏者による「ライオンキング」でした。急遽でしたが、とてもよく、拍手・拍手でした。ここで終了と言うことで、これも恒例になりましたがお寺から「大福餅」をさし上げて、閉会となりました。
 さて、9月24日は定期演奏会が市民ホールであるそうです。特に8月に行われたコンクールでは見事金賞となり、北海道大会に行くことになったそうです。皆さんで応援したいですね。

深まる秋の境内~9月彼岸会最終日(9月22日)熊本復興支援バザー

dscf007110月も残すところあと四日となりました。20日には例年より早い積雪を札幌で観測し、冬の到来間近という今日です。眞願寺の団体参拝旅行も、皆様のおかげにより素晴らしい四日間となりました。あらためてご報告します。京都は小春日和のようでしたが、江別は寒いですね。

dscf0074_edited-1境内の紅葉も染まりゆく中、事務所ではストーブが活躍しています。サクラ・ナナカマド・カエデ・サツキ・・。そしてイチョウなど、風雨にさらされ散りながら、素晴らしいいのちの営みを、見せてくれています。

dscf0080_edited-1札幌では日本シリーズ第五戦があるようです。さてさて、大手はどちらのチームが先にかけるのでしょうね。

dscf8009_edited-1さて、9月22日彼岸最終日は賑々しく、一日を過ごさせていただきました。朝から婦人会・壮年会の方々がご奉仕いただき、恒例のなごみ食堂で、皆さんにお昼のお斎(昼食)をお手伝いいただきました。

dscf8018婦人会の皆様は厨房で、壮年会の皆様にはおはこびをお願いしました。とてもありがたくお蕎麦におうどん、おいしく頂きました。小さな子供たちにも人気だったようです。

dscf8042_edited-1dscf8023dscf8032_edited-1dscf8015法要30分前にはご本堂にもたくさんの方が、参集いただいていましたので、法務員の竹澤真哉さんより、「一口法話」をいただきました。ご自坊の松雲寺様のお父様のお話などをふまえて、笑いもありなごやかに聞かさせて頂きました。

dscf8056_edited-1午後1時よりご法要が始まり、ご本堂より廊下まであふれるご参詣(180名)を頂く中、皆さんとご一緒に「初夜礼讃」のお勤めをさせていただきました。この度の四日間のあと二dscf7470日間はお彼岸でははじめて「初夜礼讃」のお勤めをさせていただきました。今年の7月に行われた一般公開御堂コンサートの中で「初夜礼讃の無常偈」をお勤めし、とてdscf8093も良かったというご意見を多数いただき、皆さんとご一緒にお勤めさせていただきました。

音の上がり下がりや節回しなども多く、とても難しいお勤めではありますが、最終日は皆さん大きな声でご一緒にお勤めいただきました。お勤めの後は住職の御文章拝読をお聞き頂きました。

dscf8065_edited-1ご法話は四日間とも清水谷篤仁師におひもとき頂きました。最終日は先に御往生されたご自身のお父様のお話をまじえ、受け継がれる子との大切さ、そして法を頂戴するこdscf8132とのすばらしさを、わかりやすくお話し頂きました。

また、熊本地震のお話では、予想もし得なかった大地震が起きたときの生々しい経験談や、ご自身のお寺が被災し現在更地となってしまった現実、今後に向かって御門徒が立ち上がって下さっdscf8169_edited-1た話など、そして「地震の話をすると、そうしても・・・。でも皆さんありがとうございます。」と。最後は涙、涙でした。

dscf8172_edited-1ご法話終了後に、眞願寺より「お見舞い金」をお渡ししました。またまた涙。こちらも涙。参拝の皆様も目をうるませながら、皆さんとご一緒に新公寺様の一日も早い復興を心より願いつつ、終了となりました。

さてさて、お待ちかねのバザーがはじまりました。当然のごとく熊本復興支援バザーとなり、坊守が熊本から取り寄せた焼酎はじめ物産をたくさんお求め頂きました。そして恒例の新米「ユメピリカ」はじめタマネギ・ジャガイモ、カボチャなどたくさんのお野菜、ご協力頂いた品々をたくさん飾らさせて頂きました。

dscf8152dscf8187dscf8179お陰様で30分ほどで、ほとんどの品物が完売しました。売上金とこの日にご協力いただいた熊本支援募金、四日間の賽銭をあわせて26万円を熊本教区に送金させてdscf8151いただきました。皆さんの善意、そして何よりも心を寄せていただいた思いは、きっと熊本にも届いたことでしょう。ご協力ありがとうございました。

dscf8188_edited-1そして、清水谷篤仁師、はるばる熊本より四日間のご縁、本当にありがとうございました。

 

深まる秋の境内 -9月彼岸会に札幌龍谷高校吹奏楽部演奏会ー

dscf9239

今日(10月19日)は秋晴れのあたたかないいお天気になりました。10月も後半に入り、雪虫も飛ぶようになりました。境内の紅葉も日に日に深まってきたようです。

dscf9242

dscf9265緑一色だった6月からあっという間に夏も過ぎ、早足で冬仕度の季節になってきました。明日からは一段と寒くなるようでrす。

dscf9278_edited-1dscf9273_edited-2

 

 

 

 

dscf9269_edited-1風邪もはやってきているようです。うがい手洗などをこまめにして予防して下さい。

dscf7554_edited-1さて、ひと月前の行事報告になります。秋の彼岸会が9月19日より四日間修行させていただきました。四日間でのべ380名の参詣を頂き、ご一緒に尊いご縁を頂きました。

dscf7609_edited-1ご法話は諸般の都合により急遽11月の永代経にご縁を頂く予定だった、清水谷篤仁師においでいただき、秋彼岸の予定だった加藤尚史師に秋永代経にお越し頂くことになりました。ご両人とも熊本県のご住職であられ、特に秋彼岸にご縁いただいた清水谷師は、熊本市内本荘町の新公寺様で、熊本地震によって境内は現在更地となっていらっしゃいます。地震の被害をもろに受けられ、本堂・庫裏すべて解体せざるおえなかdscf7875-1ったということです。現在は知人の集合住宅に仮住まいをされ、お子さん3人とご一緒に避難生活をされています。そんな大変なご事情ではありますが、だからこそ、北海道の地にお越し頂き、現実から少し離れて一息入れて頂ければと、お越し頂いたことです。

笑いあり、涙あり、そして心を寄せ合いながら、熊本の復興を願いつつ、門信徒皆様と聴聞させていただきました。

初日19日、ご法話が終ってから御堂コンサートということで札幌龍谷学園高等学校の吹奏楽部の皆さんにお越し頂き、とても楽しく演奏を聞かさせて頂きました。春のお彼岸では毎年江別第一中学校の吹奏楽部皆さんにお越し頂いていますが、高校生の演奏は、落ち着いた雰囲気の中で、参詣者も参加しつつ楽しい一時でした。

dscf7786_edited-1先ずは恩徳讃の演奏に合わせて皆さんと一緒に歌い、真田丸のメインテーマ・麦の歌・雨のち晴レルヤ・365日の紙飛行機など、皆さん聞き覚えある曲を演奏して頂きました。

dscf7702_edited-1dscf7691_edited-1参加型ということで、「イントロクイズ」があり、豪華景品も用意され、耳を澄まして曲目を当てて楽しみました。結構簡単でした(笑)

dscf7770_edited-1dscf7780_edited-1dscf7774_edited-1

 

 

 

また、指揮体験コーナーでは、顧問の先生にデモをして頂き、3人が挑戦しましたが、初めの吹き出すところの指揮が難しかったようです。「剣の舞」というテンポ早い難しい曲でしたし大変だったようです。見ている側はとても楽しかったです。(笑)

dscf7793_edited-1

そして「明日があるさ」・アンコールは「いい湯だな」ということで、楽しい演奏も終了。住職から生徒さん皆さんにお礼として図書券を渡されました。顧問の野口先生、そして吹奏楽部の皆さん、本当にありがとうございました。

dscf7706_edited-1

ちなみに部員の中に江別第一中学校吹奏楽部の卒業生も2名いて、この本堂で演奏した経験がある子供が、再び演奏していただいたのは、とてもうれしいご縁でした。