役員」タグアーカイブ

秋の行事 ③ 報恩講 準備~初日を迎え

10月も半ばを過ぎ、札幌の手稲山山頂付近にも雪が見えるようになりました。11月初旬の冷え込みになった今日ですが秋晴れのすがすがしい朝になりました。(10月19日)

境内では、もみじの紅葉が日に日に進み、だいぶ深い色になってきました。いのちの移り変わりと私のいのちの尊さに気づかさせていただく今日です。



 

 

 

さて、秋の行事、そして年間行事のなかで最も大切な親鸞聖人報恩講を9月28日より30日の三日間、行われました。準備の段階より、多くの皆様にご尽力いただき、門信徒皆様による護持会費ご納入により、修行させていただくことが出来とてもありがたいことです。

9月8日に合同準備会議16日に「おみがき清掃」があり、お彼岸をはさんでいよいよ報恩講です。ご本堂のお荘厳(お飾り・お供物・仏花)をはじめ、境内のお迎えする準備、お齊やご接待、受付・お扱い等々、かぞえきれないほどしなければならないことがあり、とても忙しくなります。それもご恩報謝であり「させていただく」と頂戴しつつ、皆さんと準備させていただきました。

 

仏花は今年も松の傘真で菊の花をメインに立てました。出来上がると、あちこちが気になり、ちょくちょく直しつつ、なんとかお飾りできたと思います。

ご本堂には今年も江別高校の華道部皆さんが前日いけ込みに来てくださいました。部員も増えて11名の生徒さんと高橋先生はじめ皆さんで準備いただき、文字通り法要に花を添えてくださいました。ありがたいご縁です。

前日の準備が終わって時計を見ると午後11時を回っていました。法務員の皆さんに助けられつつ、何とか当日の朝を迎えます。法要前夜の眞願寺。

28日初日は朝早くより、総代さんはじめ壮年会・婦人会・地区当番の方が集い、最終の準備です。境内の山門・本堂・玄関に幕を飾り、提灯・仏旗などで境内を飾ります。そして最後の清掃などあれこれとご奉仕いただきました。



 

 

 

午後1時半の10分前、外陣の大太鼓が打ち下ろされ、いよいよ初逮夜法要です。

東京明西寺住職様の導師により「十二礼作法」で、百名を越える多くの参詣された皆様とご一緒にお勤めいたしました。毎年初逮夜の行事鐘が打たれると、報恩講がいよいよ始まった実感を感じつつ、「お陰様で」とお念仏申させていただきます。綺麗にお飾りできたお内陣、御門徒皆様と手をあわせ、御堂に響くお念仏を身体いっぱいに感じつつ、親鸞聖人の御遺徳にただただ頭垂れる一時です。

法要が終わり、引き続き「御伝鈔拝読」です。今年は下巻の拝読を法務員の竹澤真哉氏と稻垣心平氏によって、暗くなった御堂で拝読者の前にお灯明が点ぜられ、親鸞聖人の御生涯が拝読されました。

休憩をはさみご法話です。今年は熊本県玉名市の法雲寺ご住職、加藤尚史様におひもときいただきました。親鸞聖人のお言葉や、恵心尼様のお手紙などから御生涯を偲びつつ、お念仏の心をお話しされました。

ご法話が終わり皆さんで「領解文」を出言させていただき、一日目終了しました。

 

寺報「響42号」発行 報恩講準備会議

8日午後より皆さんにご奉仕いただき、寺報「響42号」、お彼岸・報恩講のご案内と共に発送作業が行われました。毎年かかさず3月と9月に発送させてきましたので、21年間続けたことになり、皆さんのご協力があってからこそと、あらためて感謝しました。

ご奉仕には20名以上の方が集い、なれた手つきで世話人さんへの封筒、それぞれ皆さんへの封筒と、順次作業が行われ約1時間で終了しました。発送は郵便局の「ゆうメール」で江別郵便局に集荷をお願いし、運ばれていきました。皆さんありがとうございました。

どうか到着しましたらご一読いただければありがたいと思います。

引き続き3時より9月28日~30日に修行される報恩講の準備合同会議が行われ、総代役員・壮年会役員・婦人会役員の皆さんに集まっていただきました。16日には清掃おみがき奉仕があり、報恩講の前には秋のお彼岸が4日間あります。その打合せもあわせておなわれました。

特に23日の江別第三中学校マンドリン部演奏がとても楽しみですね。みのりの秋、壮年会婦人会のバザーもあります。ひとりでも多くの方に参詣いただけるよう、準備をさせていただきたいと思います。

門信徒総会・新年会1月22日



 

 

 

午前10時より婦人会の役員皆さんが集まられ、新年会に振舞われる豚汁の準備にご奉仕いただきました。壮年会も29日の総会を前に、役員会が行われました。また総代さんも集まられ、総会と新年会の準備をしていただきました。皆さんご苦労様です。

多くの門信徒皆さんに参集いただき、萩原総代の進行により、午後1時より勤行そして総会が行われました。住職・髙間責任役員からは、昨年も一年間に参拝いただいた方が、とても多かったことや、今後も一人でも多くの方が参拝され、来てよかったと思っていただけるお寺を目ざし、皆さんとご一緒に聴聞させていただきましょうと、挨拶がありました。

また、仏教壮年会・仏教婦人会・パークゴルフ実行委員会・いちょう会ら、各教化団体の代表より一年間のご報告もありました。皆さんの一年間のご苦労に感謝させていただきました。

議長には壮年会幹事の鈴木眞砂美さんが選出され、事業報告決算・事業計画予算案が審議され、上程通りご承認いただきました。今年の特別行事としては、5月に眞願寺団体参拝旅行(第二班)があります。昨年10月にも30名の参加をいただき、とても素晴らしい旅行となりました。是非、本願寺の伝灯奉告法要に参拝いただきたいとのご案内がありました。

総会終了後、ご本堂で記念撮影が行われ、多くの皆さんとご一緒に集えたことをともに慶びあいました。そして新年会は河合総代の進行で始まりました。安孫子総代の乾杯に始まり、賑々しくおいしい豚汁や、いただいたお漬け物を頂戴しながら、楽しい一時を過ごさせていただきました。

恒例のくじ引き抽選会、そして住職賞・責任役員賞・坊守賞・前坊守賞・法務員賞などの特別賞が引かれ、一喜一憂しつつ、楽しい宴もお開きとなりました。

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

御正忌法座(1月16日)

本山本願寺では、9日より16日まで本年も御正忌報恩講が行われ、全国より門信徒が参拝になられ、親鸞聖人の御遺徳を偲びつつ、聴聞させていただきました。

私もお陰様で11日、12日とご法要に出勤させていただきました。懐かしい勤式同期生とも再会しつつ、ご尊いご縁を慶ばさせていただきました。

本願寺では伝灯奉告法要が10月より5月まで行われている関係で、参拝席はすべて椅子席になっており、参拝しやすかった様ですが、逆に例年より参拝者が少なかったのか、空席が目たっていました。

さて、眞願寺におきましても16日は午後1時より御正忌法座が行われました。スタンプラリーの35座の一番目ということもあり、70名以上の方が参拝くださいました。

ご一緒に正信偈をお勤めさせていただき、御文章は「御正忌章」を拝読させていただきました。

御法話には今年も藤順生先生にお越しいただき、笑いを交えてわかりやすくお念仏のお心をお伝えいただきました。有り難いことです。

ご本山の御正忌に参拝させていただいたお土産として、本願寺のお仏飯のお下がりで作られている「本願寺煎餅」を休憩時間に参拝者皆さんに差し上げました。なかなかの好評だったようです。

ご法座が終わり、午後4時より定例の総代会が行われ、22日に行われる門信徒総会の議案をはじめ、眞願寺の護持運営に関わる重要な案件について、ご議論いただきました。時代にあった布教伝道活動をどう進めていくか、そしてこの寺院をどう護持し、次世代に受け継いでいくか、これからも皆さんと考えていきたいと思います。

例年に比べると雪の少ない正月ですが、インフルエンザや風邪も流行しているようです。皆さんご自愛の中、お過ごしください。

教区Aブロック総代研修会に参加して

 7月6日、7日に登別グランドホテルに於いて、浄土真宗本願寺派北海道教区Aブロック門徒総代研修会が右記の日程で開催されました。
 当眞願寺からは、木村、笠羽、富永、河合、土蔵の各総代、住職の計6名で参加をしてまいりました。定刻に始まり、北海道教区門徒総代会の総会が行なわれ、提出された議案すべてを出席者全員の賛成で承認可決されました。
 なお、次年度は日高組の主管担当で行われるとの事です。内容については、後日連絡との事です。
 その後、講師の小林先生からの話があり、”寺離れ”と云われているが、宗教離れではない。お寺をどう活用するか、例えば参加者主導のイベントを企画するとかなるべく葬儀をお寺でする等、色々できる ことがあるのではないか?などと話ががありました。
 引き続き参加者全員を10のグループに分けて”話し合い法座”が行われました(連研方式)。後に各グループの発表があり、それぞれ地域によって色々悩みがあることがわかりました。(グループの代表として眞願寺の木村総代も発表されました。)
 予定の時間に終了し、夕食、懇談会が始まりました。途中ステージでは”熊舞”なる郷土芸能が披露、その迫力に圧倒されました。最後はジャンケンゲームで楽しい一時を過ごしました。その後、眞願寺一行は住職の部屋に集まり、今日の反省と、今の眞願寺の現状などを話し合いました。
 二日目は前日の各グループの発表をもとに先生のまとめの話があり、定刻に終了しました。札幌組には45ヶ寺の寺院がありますが今回参加したのは11ヶ寺で少々寂しい感じがしました。又、他の地域では連研履修者が各グループ1~2名程度でした。眞願寺は全員履修者でした。
 以上、簡単ですが参加報告とします。

総代 釋威曜 土蔵幸雄

18-01

18-02

18-03

住職による記事はこちら