当番」タグアーカイブ

秋の行事 ⑤ 報恩講 満座 そして得度奉告法要

早11月を迎えました。30日は台風の影響もあり、江別市でも遅く雪が降り、風も強い日となりました。綺麗だった紅葉も吹き飛んで、落葉はきもピークを迎えてきました。新調した竹箒、なかなかいいです。笑。

そんな中、24日は婦人会と有志の方により、境内のプランター片付けと落葉はきにご奉仕くださいました。皆さんありがとうございます。これから11月は冬支度の時期ですね。名残惜しい紅葉も最後です。



 

 

 

さて、ひと月前になりましたが報恩講三日目。9月30日は早朝5時半頃より総代さんや壮年会・婦人会役員さん達がお越しいただき、境内清掃・お齊準備にご奉仕いただきました。ありがたいことです。

晨朝勤行は午前7時より、光明寺住職さんの調声により、正信偈六首引和讃は「五十六億七千万」のお勤めでした。早朝より50名の参拝をいただき、今日も朝を迎えさせていただいたことを感謝しつつ、最終日の朝、お念仏申させていただきました。

引き続き「御俗鈔」は恒例で当寺住職が拝読させていただきました。蓮如上人のお言葉を私のことと拝聴し、益々「真実信心・報恩謝徳の御仏事と」報恩講最終日を過ごさせていただこうと、心新たにしました。そして加藤氏の布教をいただきました。

朝のお齊は、恒例の納豆汁とバイキングです。婦人会と当番地区の皆さんが一生懸命に用意していただいたたくさんのお料理を、おいしく頂戴しました。

いよいよ満日中法要です。10分前に本堂横控室に装束つけられ出勤される方がおそろいになり、上山会奉行よりご法要の説明がありました。導師は当寺住職が大逮夜法要の導師された安楽寺住職と同様礼装第一種で出勤です。

10時、行事鐘が鳴り響く中、住職長男の廓成氏が外陣正面に黒衣黄袈裟にてひとり外陣に入堂。この満日中法要の後で本人の得度奉告法要があるので、緊張した面持ちで出勤です。

雅楽の演奏がはじまり、結衆そして導師の入堂。祖師前焼香し登礼盤。親鸞聖人の報恩講にあたってご法要をお勤めする旨、尊前に申し上げ、一同皆さんとご一緒に感無量の思いの中で正信偈のお勤めをさせていただきました。

70名以上の参拝となりましたが、例年大逮夜法要に比べ、少なくなるのが残念です。しかし参拝いただいた皆様には焼香いただき、すばらいい御縁にあっていただけたと思います。

ご法要も終わり、今年は特別にもう一座「得度奉告法要」を有縁のご法中皆さんとお勤めさせていただきました。

外陣正面で調声を廓成氏が、両脇に住職・相焼香の安楽寺住職様そしてご法中みなさんと、讃仏偈をお勤めし、仏祖に得度の奉告をさせていただきました。

法要が終わり「御礼言上」を住職より申し上げました。今年も報恩講をお勤めできた喜びと、明年の報恩講に向かって、明日より門信徒皆様と念仏相続の道を歩みつつ、寺門興隆に努めていく旨を申し上げました。また、今年は春に娘が秋に息子が、それぞれ得度し仏祖にご奉告できたこと、何よりの御縁とありがたく感謝申し上げました。ちょうど10年前の開教125周年の法要テーマであった「未来へ受け継ごうお念仏をこのお寺を」が少しづつ進んでいるとこ、しかしながらまだまだ未熟で愚息故、皆様の叱咤ご指導いただけるよう、お願いし、最後は皆さんご一緒に恩徳讃を唱和しました。

終了後、髙間専造責任役員よりご挨拶と、得度のお祝いとして、門信徒皆様からお祝いの目録をいただきました。長い年月をお勤めいただき、念願であった住職の長男が僧侶になられたことは、とてもありがたいこと、これからもっと学んで、素晴らしい僧侶になり、眞願寺第六世となって欲しいとお言葉をいただきました。

ご法要も終わり、最後のご法話を皆さんご一緒に聴聞させていただき、お陰様で無事終了となりました。

ありがたいことに、役員も皆さん後片付けのご奉仕をしてくださいます。ご本堂はじめ、境内全般、お疲れのことと存じますが、涙が出るほどありがたいです。

最後に布教使の加藤氏をお見送りし、「なおらい」の始まりです。感謝・感謝、反省すべきことも反省しつつ、おいしいビールをいただきました。久しぶりにご夫婦でおいでいただいた内藤さんにもご挨拶いただき、来年は住職に就任されるとのご報告もいただきました。御幸さんも開教使としてブラジルに赴任されたし、御縁いただいた方々からの報告はとてもありがたいことですね。さてさて、息子や娘も・・。



 

清掃おみがき奉仕 20日より秋のお彼岸

DSCF0014

16日、朝はからっとした秋晴れとなり、連休明けではありましたが、多くの方々にご協力いただき、ご本堂のおみがきと境内の清掃作業をしていただきました。

DSCF0068年に春秋の2回行われていますが、秋はお彼岸そして報恩講を前に、その準備もかねて行われています。おみがきは薬品を水で割った液につけてから軽く磨くときれいになります。昔は新聞紙でよく磨き込んだものですが、楽になりました。『二ユーテガール』は本当にてがるですね。お陰様でピカピカに仕上がりました。

DSCF0076

DSCF0079

DSCF0098

境内の清掃も、ご本堂を始め客殿や大広間など廊下の隅々まで、きめ細かに清掃していただきました。外は10時過ぎから雷まじりの雨となり、一時中断しましたが、親鸞さまの石像はじめ、掃き掃除や草むしりなど、細かく清掃していただきました。

DSCF0080

DSCF0094

お昼の昼食までにはほとんどが終了し、時間の許す方には、お供物のお飾りをい手伝いいただきました。皆さんきれいに作業していただきました。

DSCF0103お忙しい方も多くいらっしゃったと思いますが、ご協力いただいた皆さんに感謝申し上げます。

DSCF0019_edited-1さあ、20日より秋のお彼岸がございます。境内の「萩」も満開になってきました。秋のよき季候の四日間ではありますが、多くのご先祖に感謝し、み教えを頂く尊いご縁とさせて頂きたいと思います。どうぞ皆さんでお寺にお参り下さい。

SKMBT_C65414090315271_0002

清掃奉仕と御命日常例法座

DSC075266月7日、お隣の江別小学校ではちょうど運動会ということで元気な子ども達の声が聞こえてました。お天気はあまりよくありませんでしたが、午前中は清掃作業が行われ、20名以上の方々にご奉仕いただき、きれいな境内になりました。

DSC07516境内のお花も盛りを迎え、色とりどりのツツジや牡丹など、境内を彩ってくれました。これから徐々に夏の草花が咲いてくれることでしょDSC07522-1う。しかし、北海道にも梅雨があるような日が続きました。

休憩時間は総合玄関で京都のおみやげを皆さんにふるまいつつ、新しいご門主様のことなどで話も盛り上がっていました。ご協力いただきました皆さん、ありがとうございました。

DSC07515

さて、16日は親鸞聖人御命日法座と言うことで、午後1時よりお勤めさせていただきました。今年の常例法座は、御講師のご法話が大変素晴らしいことと、スタンプラリーの影響も多少あるのか、毎回40名以上の参詣があります。有り難いことですね。

DSC07545_edited-1

多くの皆さんとご一緒にお勤めする『正信偈』は、御堂に響き渡り、とても有り難く心もすこやかになります。ご法話は今月も金龍之哉師におひもときいただきました。ご法座の最後にいつもおとなえする『領解文』の意味って知ってますか~?『たのむ』『往生一定』などなど、わかっているようで、一つ一つのお言葉をひもとくと、味わいも深いものです。6月7月と、2回に分けて、「領解文」のお話しを頂く事になりました。

DSC07567_edited-1談話コーナーには、先日の本願寺で行われた法統継承式の様子を、本願寺新報はじめ報道各社のコメントなど、コーナーを作り掲示させていただきました。どうぞご覧いただきたいと思います。

DSC07541_edited-1

 

先月の16日に行われた住職講座「仏花のいけ方」以来、皆さんご本堂のお花もよくよく観察していただくようになり、有り難いことです。が、気をぬけなくなりました。まあ、まだいいかな~ということもありましたが、特にお座の前は、そうはいかなくなったようです。(笑)これからお花DSC07539も、かれやすくなりますので、お給仕には花瓶の水をこまめに替えるようにしましょう。

 

春の清掃おみがき奉仕作業~4月18日

SONY DSC

春の永代経もおわり、降誕会の準備が進められています。そんな18日は春の清掃おみがきを、当番地区や有縁の皆様50名に、ご奉仕していただきました。

SONY DSC昨年も同様でしたが、残雪の多い年になり、境内担当の男性組は、先ず雪割りから始められました。そして親鸞聖人の雪像のお洗濯をしていただき、ました。こうして横に立っていただくと、親鸞様の身丈は不明ですが、ほぼSONY DSC等身大に作られていることが想像できますね。

館内は御本堂の佛具の「おみがき」を丁寧にしていただきました。お陰様で光り輝く輪灯や菊灯がよみがえり、お荘厳させていただくことです。

そして御本堂始め館内すべての清掃は大変な作業です。~掃除機はフル活動~すべての畳のから拭きや格子戸や窓のサンの清掃、廊下やカーペットのふき取りまで、いたるところの清掃をしていただきました。

お陰様ですべてきれいになり、春の最後の行事である親鸞聖人降誕会・初参式を21日にお迎えさせていただく事が出来そうです。ご奉仕いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

 

SONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSC

 

 

 

21日の初参式は7名の受式申し込みをいただきました。可愛い赤ちゃんの姿に癒やされながら、いのちの誕生をお祝いさせていただきたいと思います。

SONY DSC

報恩講三日目 お陰様で御満座お迎えしました

9月30日、朝6時集会鐘が響く境内には、はやくも総代さんが清掃をしていただきました。お晨朝にご参詣の門信徒の皆様をお迎えする、尊いお姿でした。ありがたいことです。6時45分には総代さんによる大太鼓が鳴り、ご法要が始まる知らせが響きます。

7時より朝のお勤めは『正信偈』でした。この度は今年の3月まで当寺の法務員をされていた石狩光明寺の西井正了師の調声をいただき、40名の門信徒皆様とご一緒におつとめさせていただきました。西井正了師は、この10月で住職の継職奉告法要を修行されるそうです。

お勤めに続いて「御俗章」の拝読をさせていただきました。少々声がれの拝読、申し訳なく思いつつ、蓮如上人のお言葉を、聞かさせていただいたことです。そして御法話を一席いただき、皆さんご一緒に朝のお斎をいただきました。眞願寺特製の『納豆汁』は絶品でした。6時前よりご準備いただいた婦人会の皆様、ご苦労様でした。

10時よりいよいよ満座法要(満日中)です。住職導師の任をいただき、ご法中の皆様、そしてご参詣の皆様と『宗祖讃仰作法』をお勤めさせていただきました。もったいなくもありがたい感無量の一時です。

ご法要が終わり、布教使・ご法中を前に報恩講の「御礼言上」を寺内・総代・壮年会・婦人会・そして門信徒一同を代表し、申し上げさせていただきました。

本願寺御門主様が、9月の大遠忌法要の時にのべられた中で福島第一原発事故について

『原子力は人間の知恵や能力で扱うことの出来るものかどうかを問いかけています。後の世に犠牲を強いて今の経済的豊かさを優先する私達の生き方は、仏教から見ても大きな問題です。』

と、お言葉をご照会し、子や孫にお念佛とともにご相続させていただく大切なものがあることを、真摯に受けとめ考えて行かなければならないことを申し上げ、明年の報恩講に向かって明日より門信徒の皆さんとご一緒に考えつつ歩んでいきたいと、申し上げさせていただきました。

その後、御法話を一席いただき、お陰様で三日間の親鸞聖人報恩講を円成させていただいたことです。一月前よりご準備いただいた総代の皆様はじめ、当番地区の皆様、婦人会、壮年会の皆様、そしてご参詣いただいた多くの皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。合掌