年間行事」タグアーカイブ

春のお彼岸 アッチカ・江別第一中学校吹奏楽部の御堂コンサートがあります。

8ページ H27 春のお彼岸 御堂コンサート_ページ_1

今年最後の常例法座 年越しは眞願寺にお越し下さい

DSCF2631

16日の朝は、結構寒くなりました。今年最後の親鸞聖人御命日法座が大荒れになる前の日でよかったと思いつつ、朝方ひえきった境内の写真を撮影してきました。

DSCF2628午後1時からの常例法座には、この日も50名近い御門徒が参詣いただき、にぎにぎしく正信偈のお勤めをさせていただきました。お勤めの後のご挨拶で一年間をふり返りつつご挨拶申し上げました。

DSCF2655_edited-1

 

特に初めて取り入れたスタンプラリーによって、常例法座をはじめとする恒例法要はもちろん、婦人会・壮年会の例会なども、ご参詣がとても多くなり、来年も是非行いたいと御礼申し上げました。なんと、スタンプ35回、パーフェクトの方が5名もおいでになられました。金賞(30座以上)・銀賞(20座以上)・銅賞(10座以上)と、参詣いただいた皆さんに感謝しつつ、景品を考えさせていただきたいと思います。表彰は4月の降誕会を予定しています。

DSCF2703ご法話は法務員の御幸断さんにお話しいただきました。普段より親しみある皆さんだけに、ほほえましい思いやら、我が子・我が孫の話を聞かれる様に、あたたかな心でお聴聞いただいたのではないかと、感謝しつつ私も聴聞させていただきました。こうして聞いて下さる方々のお陰、そして御門徒皆さんにお育ていただき、私たちも「自信教人信」の道を歩まさせていただくのだと、感謝したことです。

DSCF2687_edited-1さて、師走も年末になってきました。年賀状の準備やらお正月の準備にせわしいですね。私もお正月の仏花を考えつつ、毎朝ご本堂に参拝させていただいています。DSCF270120日には京都の本山西本願寺でも恒例の「お煤払い」が行われたようですね。道路はつるつる路面で車の事故や歩行者の転倒も増えているようです。どうぞご自愛いただきつつ、感謝の中で年末をお過ごし下さい。

DSCF2740

ご案内

年越しは眞願寺で

DSC03314-1

   除夜会~除夜の鐘~元旦会

   午後11時  除夜の鐘受付

   午後11時半 除夜会(法要と住職の一口法話)

   引き続き   除夜の鐘

(108の鐘は整理券を11時より配布しますそれ以降は自由についてください)

IMG_0826_edited-1

   午前0時半  元旦会(法要と住職の一口法話)

元旦会終了時にお楽しみ抽選会・参詣いただいた方にチャンスあり!お年賀の品も用意いたします。

DSC03447-1どなたでも法要に参詣し・除夜の鐘がつけます。皆様お揃いでおいで下さい。

大型の低気圧お見舞い 壮年会例会14日に

DSCF2526_edited-1

全国的に、低気圧の影響で大荒れの天候になったこの二日間ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。北海道も特に道東やオホーツク海に面した地域では、暴風雪や高波・高潮の被害が出ているようですね。札幌近郊のこの江別でも、暴風雪が心配され、小中学校では二日間臨時休校となっているようですが、今のところ、暴風雪にもあわず、2日前よりは暖かくなり、雨も降りましたが、日ざしのさす時間帯もあり、平穏な時が過ぎています。

DSCF2540

14日の日曜日は、午後3時半より仏教壮年会の例会・忘年会がおこなわれました。お勤めの調声は鈴木副会長、両脇に惠美幹事、支部幹事が前に出られて、讃仏偈を唱和していただきました。

DSCF2521又、行事鐘も月田会計さんが、初挑戦され、三名の方と息を合わせつつ、きれいにうっていただきました。

引き続き、萩原前会長による、札幌組で行われた復興支援旅行に参加した報告が行われました。昨年も眞願寺より4名参加し、今年も3名が参加、その中で萩原氏と河合氏が連続して参加いただき、その報告となりました。

DSCF2583

又、お客様に東北教区仏教壮年連盟理事長の佐藤治雄様にお越しいただき、震災当時の話を始め、現状についての話もいただき、なお一層深いご縁をいただきました。三年後は東北教区で全国壮年大会が行われるそうで、それまでに少しでも復興が進んでいればいいと願いつつ、話を聞かさせていただきました。

DSCF2588例会も終わり広間での忘年会、坊守お手製の湯豆腐をすすりながら、閖上再会市場で購入してきた佐々木酒造のしぼりたてをいただきつつ、夜も更けてゆきました。

DSCF2617壮年会の皆さんには、大晦日の除夜会・元旦会でもご奉仕がございます。例年のことではありますが宜しくお願いします。

DSCF2626

DSCF2621

DSCF2612

報恩講 ② 大逮夜 門信徒追悼会 万灯会

DSCF07749月29日も朝8時前から厨房より元気な皆さんの声が響いてきました。この声を聞くだけで、うれしく、有り難く思います。そんな皆さんのご奉仕によって、おいしい精進料理のお斎(食事)が出来ました。

DSCF0769DSCF0764お斎の会場には正午よりたくさんの方々がご接待にあわれ、皆さん口々に「おいしいです。」とにこにことなさっていらっしゃいました。

DSCF0925御法中(御寺院)の皆さんも徐々に参集いただき、いよいよ大逮夜法要となりました。ご法要を前にして控室で髙閒責任役員より御挨拶がございました。

DSCF0802

DSCF0805

ご法要の御導師は相焼香の厚別安楽寺御住職様です。礼装第一種の装束をまとわれて、15ヶ寺20名の御法中(僧侶)、そして10名の雅楽を演奏していただく札幌雅友会の皆さん、そして満堂の参詣者の皆さんとご一緒に、宗祖讃仰作法のお勤めをいただきました。

DSCF0816

皆さんとご一緒に親鸞聖人のご和讃をお唱えし、ご恩感謝のご法要でした。

DSCF0828

引き続いて門信徒追悼会をお勤めさせていただきました。報恩講をご縁として一年間ご往生された門信徒の御遺族にご案内し、悲しみのご縁ではありましたが、あらためて親鸞さまのお念仏に出会っていただきたいとの願いより、おつとめさせていただいています。

DSCF0859

導師は住職がおつとめさせていただき、大逮夜に出勤いただいた皆様とご一緒に、阿弥陀経をお勤めいたしました。

DSCF0891そして、竹田嘉円先生のご法話です。心暖まるお話しの中で、お念仏と出会って行く大切さをしみじみと味わさせていただきました。

DSCF0906午後5時より、お斎(夕食)の精進弁当をいただきました。お子さん達も、お初夜に参拝するため集まってこられます。

DSCF09626時からの初夜法要は、参詣いただいた皆さんすべての方に、献灯(ともしびをお供えする)していただきました。

そして御法中の皆様とご一緒に「らいはいのうた」をお勤めさせていただきました。

DSCF0991

DSCF1017

引き続いての竹田先生のご法話は絵本をとおして、「優しさにであってゆきましょう。阿弥陀様のやさしさは、いつでも私をだきしめてくださっています」と聞かさせていただきDSCF1041ました。

報恩講の中日、多くの方がお寺においでいただきました。どなた様も皆さんとご一緒に参詣出来ましたこと、希有のご縁と有り難く尊い一日でした。

秋のお彼岸② 御堂よりあふれるよろこび いよいよ報恩講

DSCF0297_edited-1

9月23日、お彼岸四日目の法要最終日の朝も、秋晴れのいいお天気に恵まれました。朝早くから納骨堂にも参拝に来られる中、なごみ食堂やバザーの準備に、壮年会・婦人会の役員皆さんがご奉仕に来て下さいました。

DSCF0273

DSCF0265_edited-1

食堂開始30分前の11時。新しく作ったエプロンを身にまとって、記念写真を撮りました。「なかなかいいですね、このエプロン。」「つけたら汚れるからもったいないね~」など好評でした。報恩講や各行事にも皆さでつけていただきたいと思います。

DSCF0323_edited-1

さてさて、毎年好評の『なごみ食堂』。11時半より一時間の限定でしたが、開始早々満席となりました。厨房では婦人会の皆さん、おはこびは壮年会の皆さん、お忙しとなりました。お陰様で今回もおいしいおうどんとお蕎麦を頂きました。ご協力下さった皆さん、ありがとうございました。

 

DSCF0344

午後1時よりの彼岸会のお勤めは、ご本堂に用意された椅子もすべてうまり、予備に用意していた椅子を、次々と総代さんに出していただき、館内ご案内も大変だったようです。座りきれない方は、ロビーのソファーで参詣された方もあった様です。数えきることは出来ませんでしたが、200名以上の方が参拝いただいたようです。

DSCF0373_edited-1

DSCF0376_edited-1

 

ご一緒に「しんじんのうた」を唱和し、声たからかにお勤めし、ご本堂からは慶びのお念仏があふれていました。ありがたいことです。

DSCF0423ご法話は四日目になりましたが、長沼町誓報寺ご住職の天野廣海師におひもとき頂きました。最終日は「何故、自分の思い通りにならないのですか?」というテーマでお話しいただきました。歯切れのいいお話しを、自分を省みつつ、皆さん一生懸命聴聞していただきました。天野先生、四日間ありがとうございました。

DSCF0404

ご法話の休憩時間には恒例になりましたが、お供えしてあった『あんこ餅』をお下がりとしてお一人お一人に配られ、お持ち帰りいただきました。皆さんお楽しみにされている方も多いようです。先ずはお内仏に、お供えしていただきたいものですね。しかし広いと思っていたロビーも、混雑して狭く感じました。改善出来る余裕もありませんが、考えたいですね。

DSCF0430満堂の皆さんと『領解文』を唱和させていただき、四日間のお座も閉じさせていただきました。

DSCF0314DSCF0302DSCF0469DSCF0454DSCF0460さあ、お待ちかねのバザーです。一度に移動するのも危険を感じましたので、参詣の皆さんにはご協力いただき、順次ご移動いただきました。

そしてバザー会場は大盛況です。生産者のご協力をいただき、たくさん用意した新米・とれたて野菜や物品も、30分で完売となりました。壮年会・婦人会の役員皆様、ご苦労様でした。

DSCF0287_edited-1一夜明けて今朝ひとり、ご本堂にお参りし、多くの皆さんとご一緒にここで参拝出来たと、感謝の中でお念仏いただきました。さあ、四日後からいよいよ報恩講です。準備を重ねてきましたが、いよいよ最終準備になります。昨日DSCF0441のようにたくさんのかたが参詣いただけるよう願いつつ、お迎えさせていただきたいと思います。

中庭の襲名菊もきれいに満開となりました。是非報恩講に参詣下さい。

SKMBT_C65414090315271_0001