子ども」タグアーカイブ

秋の行事 ② 秋季彼岸会 江別第3中学校マンドリン部御堂コンサート

9月20日より23日の四日間、秋のお彼岸が修行されました。四日間とも法話の御講師は長沼町誓報寺前住職天野廣海氏にお取り次ぎをいただきました。四日間ともわかりやすく、私にとどいてくださっている御本願(阿弥陀様のはたらき)を、お話しくださいました。その私が御本願によって浄土に往生させていただくことを皆様とご一緒に確認し、彼岸のご縁をくださった、おおくのご先祖に感謝申し上げた四日間でした。

そんなお彼岸の三日間は毎日50名以上の門信徒の方々に参拝いただき、最終日の23日は170名を越える方がご本堂に参拝され、賑々しくお勤めしました。

11時半より恒例の『なごみ食堂』があり、お昼のお齊お蕎麦とおうどんが振舞われました。壮年会・婦人会のご奉仕をいただき、参拝者の方々に無料での接待です。どなたでもということで、今年もたくさんの方に味自慢のお齊を召し上がっていただきました。御法話の後で出演していただいた江別第三中学校のマンドリン部皆さんも、ご一緒に召し上がってもらいました。とても好評でした。



ご法要の30分前、ご本堂には早くもたくさんの方がお齊を終えていらっしゃるので、「一口法話」があります。この度は法務員の稻垣さんにお話しいただき、第二子のご長男が誕生されたことや、家庭でのエピソードなどと、ご法要の意義を15分間お話しいただきました。皆さんにこやかな笑顔で、聞かれていました。

」午後1時よりご法要です。お勤めは『しんじんのうた』です。わかりやすい正信偈の意訳なので、皆さんもご一緒に大きな声でお勤めされていました。満堂の御堂に響くお勤め、ありがたいですね。

最終日の御法話は一席です。懇切丁寧に阿弥陀様のはたらきは必ず救うと「お念仏」となって届いてくださっていることを、お話しいただきました。

ご法話が終わり、江別第三中学校マンドリン部による御堂コンサートです。眞願寺では江別第一中学校吹奏楽部によるアンサンブルの御堂コンサートは春のお彼岸に行っていましたが、是非一度、江別第三中学校マンドリン部にもお寺の何かのご縁に演奏して頂きたいと願っておりました。学区は第一中学校ですがすぐそこの国道12号線を渡れば第三中学校の学区でもあり、多くの眞願寺門信徒皆様にとっても、ご縁深い中学校でもあります。そんなことからご依頼したところ、学校の諸行事も忙しい時期ではありましたが、来てくださることになりました。とてもありがたいご縁です。

演奏した曲は「天虎~虎の女」「光と風の四季」「美女と野獣」「海の声」「上を向いてあるこう」など、皆さん知っている曲を演奏してくださいました。

途中で楽器紹介もあり、マンドリンだけではなくギターやコントラバスなどの楽器も一緒に演奏していることや、各楽器の音色を聞き、とてもよかったと思います。

20名での演奏も顧問の河合先生のご指導と生徒からの信頼もあるからと、感じることができました。アンコールも二曲あり、最後は住職よりあまーい大福をプレゼントされ、是非またご縁を頂きたいと、大きな拍手で終了しました。

そしてそして、恒例の彼岸バザーが壮年会婦人会の主催で行われました。新米のうるち米・もち米をはじめ、じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・カボチャ・・。みなさんたくさん、購入して頂き、30分で完売しました。協力頂いた皆さん、そして購入いただいた皆さん、心から感謝いたします。



秋の行事 ① 9月16日清掃おみがき

10月に入り、いきなりストーブが恋しくなってきました。20日より4日間のお彼岸、そして28日より3日間の報恩講と、大切な行事が続く中、御門徒さんや御寺院の葬儀も重なり、9月後半はタイトな日々でした。寒暖差もあったのかもしれませんが風邪をひいてしまったようです。皆さんもうがい手洗いしつつご自愛ください。

さて、秋の行事を前に9月16日、恒例の清掃おみがき奉仕が行われました。5年に一度回ってくる地区当番の皆様はじめ、総代・壮年会・婦人会の皆様、今年は特別に札幌龍谷学園高等学校の宗育局の皆さんもおいでいただき、50名以上の方々により、ご奉仕していただきました。

半年に一度のおみがきでは、蝋燭のすすや線香の煙によって輝きがなくなった仏具を一つ一つ丁寧に磨きます。それでも最近は便利な洗剤(テガール)が発売され、液につけ置きして軽く磨けば、とてもきれいになり輝きます。高校生の皆さんも、笑顔で御門徒さんと話しながら、楽しそうにご奉仕いただきました。

清掃はご本堂はじめ館内ありとあらゆるところを清掃してもらいました。エレベーターの籠や仏花室、押し入れや倉庫等々。御法中の控え室の座布団を干していただいたり、皆さんが普段から使っていただいている椅子も。

境内では、親鸞聖人の石像はじめ、隅々まで草取りや落葉の清掃、本堂前や山門の階段や駐車場まで。特に男性が多かったので、とても助かりました。

お昼は婦人会役員さんが作っていただいたおいしいカレーライスをごちそうになり、ご本堂のお供物のお下がり「さとう」と「タオル」をお持ちになって解散となりました。

多くのご奉仕くださった皆さんのお陰で、綺麗になった境内・会館・本堂で秋の彼岸そして報恩講をお迎えできること、とてもありがたく感謝申し上げました。寺内では、それぞれが「さあ、ご法要だ!」と気合いも入ります。ご奉仕いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

家族親睦BBQ 壮年会7月8日

7月初旬なのに30度を超える猛暑が続いております。九州の豪雨による被害も現在25名の方がなくなったと聞き、心よりお悔やみを申し上げます。

さて、眞願寺壮年会恒例の家族親睦BBQが、2年ぶりに賑やかに行なわれました。昨年は組の壮年の集いがあり、BBQはできませんでしたが、晴天というか猛暑の中、50名以上の参加者皆さんが灼熱のコンロを囲みつつ、楽しい一時を過ごしました。

午前中から、庭木の剪定や清掃奉仕に汗を流して頂き、婦人会の役員さんも、おにぎりや野菜の準備など、ご奉仕いただいました。会員のお孫さんなど、子供達もたくさん集い、会話と笑い声のたえない中で、あっという間の2時間でした。

町ではこれも恒例の「江別やきもの市」が行なわれ、市街とともに賑やかな境内となり、道行く人もビール片手に賑やかなお寺を眺めていました。

ご奉仕いただいた皆さん、壮年会の役員の皆さん、そして参加頂いた皆さん、ありがとうございました。

 

一般公開コンサートを終えて ②津軽三味線

一部を終了し、休憩前に眞願寺婦人会会長よりご挨拶がありました。今年は会が結成して100年の記念事業を行なうことになっており、その中で今回のコンサートにも協力をいただきました。そのご縁もあり、平素より会員親睦と法座でのお聴聞、そして楽しい研修旅行などを行なっていることなど、ご紹介いただきました。また、新たな会員も募集していますので、是非にとのお話しでした。(当日パンフレットにも掲載)

さて、第2部は津軽三味線ということで、江別にある八章会の皆さんに出演していただきました。会を取り仕切る渡辺八章さんの進行で始まり、お弟子の小中学生5名が壇上に上がり、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

なにしろ、子供達は一生懸命に腕を伸ばし三味線の弦を押さえ、演奏している姿には、皆さん拍手拍手でした。まずは皆さんご存じの童謡を何曲か演奏していただき、口ずさみつつほほえみながら、鑑賞されていました。はるよこい・めだかの学校・鯉のぼり・ふるさと・等々

そして津軽三味線では有名な歌入りの曲、津軽あいや節・津軽じょんがら節を披露してくださいました。歌に入るまで、歌担当の子供は、直立不動できちんとしている姿、そしてそれまでの三味線がまた素晴らしかったです。

その両方がマッチしているからこそ、私たちを感動させるのでしょうね。そして桜吹雪、あとはだりじょんがら節と演奏して頂きました。

最後は渡辺八章さんの懐かしい演歌を尺八で演奏して頂き、あっという間に1時間が過ぎていきました。

最後に住職より「地域に開けた楽しいお寺・眞願寺をこれからも皆さんと盛り上げて行きたい。今日はようこそおいでいただきました。」とお礼申し上げました。

2時間半というあっという間の御堂コンサートではありましたが、眞願寺いちょう会・眞願寺婦人会の皆様はじめ、そして記録写真は花岡勝美さん、ビデオ撮影は筒渕裕浩さんなど、多くの方のご協力ご奉仕をいただき、でき得たこととあらためて感謝させて頂きます。また今回のコンサートにあわせて、本堂の照明施設をLEDに更新し、特に内陣照明もコンサートなどにも適用できるよう、増設しました。お陰でとても見栄えがいい内陣になり、皆さんも喜んで頂けたと思います。

最後になりますが、出演いただいた札幌雅友会の皆さん、札幌龍谷学園高校宗育局の皆さん、八章会のみなさん、特別出演の佐々木重昭さん、本当に得ありがとうございました。また、開催の掲載をいただいた北海道新聞さん、まんまる新聞さん、ポスター掲示をしていただいた理容室惠美さん、喫茶アップルさん、味処かわ路さん、お口添えいただいた多くの皆さん、そして今回のご縁を結んでくださった婦人会会員阪本テル子さん、孫さんで演奏して頂いた阪本拓都くんにも、心より御礼申し上げます。是非来年も一般公開の催しを開催したいと思います。



 

初参式に3名が授式されました(4月23日)

眞願寺では毎年宗祖親鸞さまのお誕生をお祝いする降誕会にあわせて初参式(初参り)が行われています。今年も3名の方が授式されました。心よりお祝い申し上げます。

初参式は、小さきあこの姿にふれて、ふしぎなご縁の中でいただいたいのちであることをともに慶び、私のいのちの尊さと、いかさせていただいていることににあらためて出遭う儀式です。

そのいのちも多くのご先祖のご縁と願いの中で授かり、仏縁をいただかれたことは、何にもかえがたい慶びであります。勿論、私もその尊いいのちでありました。

核家族化と少子化の中で、み教えを後世に受け継ぐことの難しさを強く感じる中で、お寺にとって大切な行事であろうと思います。授式されたことはすぐにでも忘れていますと思いますが、記念のアルバムなどを見つつ、思い出してもらえればと願うばかりです。



 

初参式に参拝された皆様、そして準備をいただいた総代さんや婦人会の皆さん、尊いご縁ありがとうございました。