募金」タグアーカイブ

深まる秋の境内~9月彼岸会最終日(9月22日)熊本復興支援バザー

dscf007110月も残すところあと四日となりました。20日には例年より早い積雪を札幌で観測し、冬の到来間近という今日です。眞願寺の団体参拝旅行も、皆様のおかげにより素晴らしい四日間となりました。あらためてご報告します。京都は小春日和のようでしたが、江別は寒いですね。

dscf0074_edited-1境内の紅葉も染まりゆく中、事務所ではストーブが活躍しています。サクラ・ナナカマド・カエデ・サツキ・・。そしてイチョウなど、風雨にさらされ散りながら、素晴らしいいのちの営みを、見せてくれています。

dscf0080_edited-1札幌では日本シリーズ第五戦があるようです。さてさて、大手はどちらのチームが先にかけるのでしょうね。

dscf8009_edited-1さて、9月22日彼岸最終日は賑々しく、一日を過ごさせていただきました。朝から婦人会・壮年会の方々がご奉仕いただき、恒例のなごみ食堂で、皆さんにお昼のお斎(昼食)をお手伝いいただきました。

dscf8018婦人会の皆様は厨房で、壮年会の皆様にはおはこびをお願いしました。とてもありがたくお蕎麦におうどん、おいしく頂きました。小さな子供たちにも人気だったようです。

dscf8042_edited-1dscf8023dscf8032_edited-1dscf8015法要30分前にはご本堂にもたくさんの方が、参集いただいていましたので、法務員の竹澤真哉さんより、「一口法話」をいただきました。ご自坊の松雲寺様のお父様のお話などをふまえて、笑いもありなごやかに聞かさせて頂きました。

dscf8056_edited-1午後1時よりご法要が始まり、ご本堂より廊下まであふれるご参詣(180名)を頂く中、皆さんとご一緒に「初夜礼讃」のお勤めをさせていただきました。この度の四日間のあと二dscf7470日間はお彼岸でははじめて「初夜礼讃」のお勤めをさせていただきました。今年の7月に行われた一般公開御堂コンサートの中で「初夜礼讃の無常偈」をお勤めし、とてdscf8093も良かったというご意見を多数いただき、皆さんとご一緒にお勤めさせていただきました。

音の上がり下がりや節回しなども多く、とても難しいお勤めではありますが、最終日は皆さん大きな声でご一緒にお勤めいただきました。お勤めの後は住職の御文章拝読をお聞き頂きました。

dscf8065_edited-1ご法話は四日間とも清水谷篤仁師におひもとき頂きました。最終日は先に御往生されたご自身のお父様のお話をまじえ、受け継がれる子との大切さ、そして法を頂戴するこdscf8132とのすばらしさを、わかりやすくお話し頂きました。

また、熊本地震のお話では、予想もし得なかった大地震が起きたときの生々しい経験談や、ご自身のお寺が被災し現在更地となってしまった現実、今後に向かって御門徒が立ち上がって下さっdscf8169_edited-1た話など、そして「地震の話をすると、そうしても・・・。でも皆さんありがとうございます。」と。最後は涙、涙でした。

dscf8172_edited-1ご法話終了後に、眞願寺より「お見舞い金」をお渡ししました。またまた涙。こちらも涙。参拝の皆様も目をうるませながら、皆さんとご一緒に新公寺様の一日も早い復興を心より願いつつ、終了となりました。

さてさて、お待ちかねのバザーがはじまりました。当然のごとく熊本復興支援バザーとなり、坊守が熊本から取り寄せた焼酎はじめ物産をたくさんお求め頂きました。そして恒例の新米「ユメピリカ」はじめタマネギ・ジャガイモ、カボチャなどたくさんのお野菜、ご協力頂いた品々をたくさん飾らさせて頂きました。

dscf8152dscf8187dscf8179お陰様で30分ほどで、ほとんどの品物が完売しました。売上金とこの日にご協力いただいた熊本支援募金、四日間の賽銭をあわせて26万円を熊本教区に送金させてdscf8151いただきました。皆さんの善意、そして何よりも心を寄せていただいた思いは、きっと熊本にも届いたことでしょう。ご協力ありがとうございました。

dscf8188_edited-1そして、清水谷篤仁師、はるばる熊本より四日間のご縁、本当にありがとうございました。

 

秋のお彼岸19日から22日 イベントあります

h28-%e7%a7%8b%e5%bd%bc%e5%b2%b8%e3%83%93%e3%83%a9%e5%86%8d-1

全道仏壮大会 ① 釈徹宗先生と春野恵子さん

CIMG1027_edited-12月21日(土)・22日(日)の両日、札幌パークホテルにて第13回北海道教区仏教壮年研修大会が行われました。今回は札幌組が担当組として、組内四ヶ寺の壮年会を中心に実行委員会が組織され、開催されました。

特にその実DSC00736_edited-2行委員長に眞願寺の壮年会の会長である宮崎英治さんが、教区の理事長も務めていることから、実行委員長として大役を担っていただきました。又、眞願寺からは10名の壮年会委員が実行委員として協力いただき、総勢35名の委員会となりました。2月という北海道では天候に左右される次期ではありましたが、二日間とも晴天に恵まれ、430名を越える参加者が一堂に集い、熱気あふれる中で行われました。

DSC00765_edited-1

札幌組も四十五ヶ寺と札幌別院がありますが、壮年会に加盟している寺院は四ヶ寺ということで、何とか新たに会が発足していただきたいという願いもあり、組総代会・組婦人会連盟の後援と、研修会を兼ねる形で行われました。そのような試みも教区では初めてであったと思います。その結果、壮年会活動にも知識と理解をいただく事が出来たのではと思いますし、多くの参加者に恵まれました。その中で眞願寺からは42名の参加をいただきましたこと、本当にいいご縁になったとありがたく思います。参加いただきました皆さん、ありがとうございました。

DSCF3963-1

初日は午後2時より開会式が行われ、実行委員より選抜された七名の方の結集により讃仏偈のお勤めより始まりました。結集には眞願寺からも木村達副会長・支部英孝幹事が出勤いただきました。普段から勤行には慣れていらっしゃるとは言え、。400名を超える参加者の前では緊張されたようです。

DSC09306_edited-1大会長である黒田教務所長のご挨拶の後、実行委員長である宮崎氏の挨拶も、とてもわかりやすく、札幌組の現状と、取り組みについてもお話いただき、今後に向けての思いも語っていただきました。

DSCF3998-1事例発表の後、いよいよ研修がはじまりました。御講師は相愛大学教授・大阪如来寺住職の釈徹宗(しゃくてっしゅう)師が二日間ご講演いただきました。テーマは『仏縁を楽しむ』ということで、お説教のルーツをたどり、そのご縁を実際に体感することでした。

宗教の歴史からお話しがはじまり、浄土真宗ではなぜお説教が大切なのか、そのお説教の内容など、詳しくお話いただき、浪曲や落語にもそのルーツが深く関わっていることを、わかりやすく二日間かけてお話しいただきました。

DSC09308_edited-1-1

そして実践では初日が「浪曲」を聞かさせていただきました。私も初めてのことでしたが、今回は女流浪曲師春野恵子さんがおいでになり、浪曲の聞き方や間の入れ方など教えていただいた後、いよいよ『親鸞京日記』をかけていただきました。曲師の一風亭初月さんの素晴らしい三味線とあうんの呼吸を取り合いつつ、語り口調あり、朗々と表白を称えるような節や歌などが入り交じりつつ、約30分間、親鸞聖人が流罪となられる模様を、聞かせてくださいました。親鸞聖人の姿を思い描きつつ、聞かさせていただきました。なるほど、「節段説教」との関わりが、実際に聞いてみると深いことがよく理解出来たようです。

DSCF4039-1

その後の釈先生とのトークも楽しく聞かさせていただきました。その中で春野恵子氏が釈先生が書かれた本の内容について質問されるところもあって、とてもよかったです。

DSC00831-1二時間を越える初日の研修となりましたが、その後の懇親会でも研修の話で盛り上がったようです。懇親会では眞願寺の木村弘さんより札幌組実践運動で行われている、震災復興の福島支援の報告と募金の協力についてお話しいただき、20万円以上のお金が集まりました。ありがたいことです。

DSC09316-1

DSC09315_edited-1

DSC09311-1

DSC09312-1

又釈先生とご一緒に翌日出演される桂雀々師匠もご臨席いただき、最後の乾杯のご挨DSCF4107拶時には、参加者の笑いを誘い会場を盛り上げてくださいました。そして札幌の夜は三々五々とふけていったようです。

 

お盆 ② 「別れを縁として」~お仏壇と私~

8月15日、16日は「眞願寺盂蘭盆会法座」が行われ、多くの皆様に参詣いただきました。特に雨の中のご参詣ありがたく存じます。

15日は「初盆会」として、昨年7月より今年6月にご往生された御家族皆様をご案内し、御焼香いただきました。ご法要後の法話は住職が勤めさせていただき、「別れを縁として」~お仏壇と私~と言うことでお話させていただきました。

お仏壇はなぜ必要なのか?誰のためのお仏壇なのか?神棚とお仏壇がひとつの家にあっていいのか?など、お仏壇の意義を皆さんと考えさせていただきました。そして、御本尊阿弥陀如来様の説明や、木像・絵像・名号についてもお話させていただきました。特に当寺の宝物「蓮如上人染筆の六字名号」をご披露し、皆様と手を合わさせていただきました。後半はお荘厳(お飾り)について細かく説明させていただき、よくあるまちがいや、佛花の実際のいけかた、「お水」のお供え方、打敷の飾り方、お供物の意義など、お話しました。最後に質問を受け、尊い御法座となりました。

16日は例年通り古崎先生にご法話いただき、本当の「しあわせ」とはどんなことなのかなどのお話をふまえ、お念佛のおいわれを聞かさせていただいたことです。今年もすばらしい「蓮の華」をお供え下さいました。

その後、納骨堂のお下がり清掃作業を有志の皆様と行いました。毎年ご協力いただく方が増えていることと、震災の関係もあるのか、お供物をきちんとさげて下さる方も増えてきました。ありがたい事です。それでも処分するお供物は・・・。もったいないですね。

 7月23日からはじまった「お取り次ぎ報恩講」もほぼ終了し、お盆の諸行事もお陰様で終わりました。9月に入ればお彼岸と大切な「眞願寺報恩講」があります。「ご佛縁」をどう「私が」いただくか。そんな思いの中で、次の行事を見つめつつ、過ごしていきたいと思います。8月21日は眞願寺前住職の祥月命日です。御門徒の皆様ではなつかしい方も多いことでしょう。午後3時より安楽寺様にお下がりいただき、皆様と「ご佛縁」をいただきたく存じます。少しづつではありますが、秋の風を感じる朝晩になってきました。皆様ご自愛下さい。

御門徒(山田さん)のご自宅にあった花壇です。奥様の思いが伝わってくる花壇でした。東日本大震災への義援金も15日16日と皆様の「志」をいただきました。合計7万2千407円を浄土真宗本願寺派東北教区災害義援金に送金させていただきます。ありがとうございました。これからも続けていきたいと思います。

ハイチ地震募金57,405円 眞願寺より送金

去る1月12日(日本時間午後4時53分)カリブ海のハイチ共和国の首都ポルトープランス近郊を震源とするM7.0 というとても大きな地震が発生しました。この地震により20万人程の尊いいのちが失われましたが、さらに死者は30万人に達する可能性もあると言われています。また、この地震により家を失い150万人もの人たちがテントでの生活を強いられているとのことです。

こうした現状をふまえて、本願寺では被災地の復興を願い「助け合い運動募金」にて災害義援金を募ることになり、眞願寺もこの運動に参加することになりました。門信徒総会・婦人会総会・壮年会総会それぞれの新年会の時にこの募金のご協力をお願いいたしました。皆様のご厚情により57,405円の募金が集まり、本願寺「たすけあい募金」に納めさせていただきました。感謝の意をこめて、ご報告させていただきます。(竹澤法務員)