勝圓寺様」タグアーカイブ

御正忌を終えて 定例総代会

大寒を過ぎた22日の朝は、江別でもマイナス11度まで下がり、底冷えする日となりました。都心でも夕方より雪の予報となっています。どうかお気をつけください。

さて、ご本山本願寺では、9日より16日まで御正忌報恩講がおつとまりになりました。お陰様で今年も10日より3日間、参拝・出勤させていただき、御真影様に感謝の中でお念仏申し心より御礼させていただきました。

雅楽での出勤では、全国から集った100名以上の特別法務員演奏の方々とご一緒に演奏出来ること、御真影様の御前で素晴らしい雅が体全身に響き渡る中で身をおける喜びを、感謝申し上げました。ありがたい希有のご縁です。

中逮夜法要には毎年結衆として出勤させていただき、御門主様・前門様とご一緒にすばらしいお内陣で、聲明作法させていただける喜びをいただきました。尊い三日間でした。

江別の眞願寺でも16日、午後1時より御正忌法座がありました。本願寺で御導師されている御門主様のお姿を思い返しつつ、参詣いただいた皆さんと正信偈をお勤めさせていただきました。御文章は「御正忌章」を拝読させていただき、そのいわれと蓮如上人が大切になさったお心をお話ししました。

ご法話は増毛の藤順生師で、親鸞聖人の御生涯をおひもときいただきつつ、無量寿経の四十八願より第一願~五願までを、わかりやすくお話しくださいました。今年もこの御正忌より新たな年度が始まったことを感じつつ、感謝の中で一時を過ごしました。

ご法要が終わり、午後4時より定例の総代会が行われました。責任役員・総代・監査役・壮年会婦人会代表者によって、会議が始まり、昨年一年間をふり返りつつ、今年度の事業計画予算などを審議いたしました。

私達の現代は少子高齢化と信仰心がうすれ、特にお寺離れが進 んできています。その中で次世代にどうやってお念仏のみ教えを伝えていくことが出来るのか、このお寺を維持していくことが出来るのか、眞願寺の事業をふり返りつつ、議論していただきました。この総代会に出席いただいた方々がおいでになるからこそ、このお寺の鐘の音が、今日も響いているのだと実感しつつ、夜もふけていきました。

秋の行事 ⑤ 報恩講 満座 そして得度奉告法要

早11月を迎えました。30日は台風の影響もあり、江別市でも遅く雪が降り、風も強い日となりました。綺麗だった紅葉も吹き飛んで、落葉はきもピークを迎えてきました。新調した竹箒、なかなかいいです。笑。

そんな中、24日は婦人会と有志の方により、境内のプランター片付けと落葉はきにご奉仕くださいました。皆さんありがとうございます。これから11月は冬支度の時期ですね。名残惜しい紅葉も最後です。



 

 

 

さて、ひと月前になりましたが報恩講三日目。9月30日は早朝5時半頃より総代さんや壮年会・婦人会役員さん達がお越しいただき、境内清掃・お齊準備にご奉仕いただきました。ありがたいことです。

晨朝勤行は午前7時より、光明寺住職さんの調声により、正信偈六首引和讃は「五十六億七千万」のお勤めでした。早朝より50名の参拝をいただき、今日も朝を迎えさせていただいたことを感謝しつつ、最終日の朝、お念仏申させていただきました。

引き続き「御俗鈔」は恒例で当寺住職が拝読させていただきました。蓮如上人のお言葉を私のことと拝聴し、益々「真実信心・報恩謝徳の御仏事と」報恩講最終日を過ごさせていただこうと、心新たにしました。そして加藤氏の布教をいただきました。

朝のお齊は、恒例の納豆汁とバイキングです。婦人会と当番地区の皆さんが一生懸命に用意していただいたたくさんのお料理を、おいしく頂戴しました。

いよいよ満日中法要です。10分前に本堂横控室に装束つけられ出勤される方がおそろいになり、上山会奉行よりご法要の説明がありました。導師は当寺住職が大逮夜法要の導師された安楽寺住職と同様礼装第一種で出勤です。

10時、行事鐘が鳴り響く中、住職長男の廓成氏が外陣正面に黒衣黄袈裟にてひとり外陣に入堂。この満日中法要の後で本人の得度奉告法要があるので、緊張した面持ちで出勤です。

雅楽の演奏がはじまり、結衆そして導師の入堂。祖師前焼香し登礼盤。親鸞聖人の報恩講にあたってご法要をお勤めする旨、尊前に申し上げ、一同皆さんとご一緒に感無量の思いの中で正信偈のお勤めをさせていただきました。

70名以上の参拝となりましたが、例年大逮夜法要に比べ、少なくなるのが残念です。しかし参拝いただいた皆様には焼香いただき、すばらいい御縁にあっていただけたと思います。

ご法要も終わり、今年は特別にもう一座「得度奉告法要」を有縁のご法中皆さんとお勤めさせていただきました。

外陣正面で調声を廓成氏が、両脇に住職・相焼香の安楽寺住職様そしてご法中みなさんと、讃仏偈をお勤めし、仏祖に得度の奉告をさせていただきました。

法要が終わり「御礼言上」を住職より申し上げました。今年も報恩講をお勤めできた喜びと、明年の報恩講に向かって、明日より門信徒皆様と念仏相続の道を歩みつつ、寺門興隆に努めていく旨を申し上げました。また、今年は春に娘が秋に息子が、それぞれ得度し仏祖にご奉告できたこと、何よりの御縁とありがたく感謝申し上げました。ちょうど10年前の開教125周年の法要テーマであった「未来へ受け継ごうお念仏をこのお寺を」が少しづつ進んでいるとこ、しかしながらまだまだ未熟で愚息故、皆様の叱咤ご指導いただけるよう、お願いし、最後は皆さんご一緒に恩徳讃を唱和しました。

終了後、髙間専造責任役員よりご挨拶と、得度のお祝いとして、門信徒皆様からお祝いの目録をいただきました。長い年月をお勤めいただき、念願であった住職の長男が僧侶になられたことは、とてもありがたいこと、これからもっと学んで、素晴らしい僧侶になり、眞願寺第六世となって欲しいとお言葉をいただきました。

ご法要も終わり、最後のご法話を皆さんご一緒に聴聞させていただき、お陰様で無事終了となりました。

ありがたいことに、役員も皆さん後片付けのご奉仕をしてくださいます。ご本堂はじめ、境内全般、お疲れのことと存じますが、涙が出るほどありがたいです。

最後に布教使の加藤氏をお見送りし、「なおらい」の始まりです。感謝・感謝、反省すべきことも反省しつつ、おいしいビールをいただきました。久しぶりにご夫婦でおいでいただいた内藤さんにもご挨拶いただき、来年は住職に就任されるとのご報告もいただきました。御幸さんも開教使としてブラジルに赴任されたし、御縁いただいた方々からの報告はとてもありがたいことですね。さてさて、息子や娘も・・。



 

秋の行事 ④ 報恩講 中日 200名の満堂で

台風21号が日本各地に被害をもたらせ、7名の方が亡くなりました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

札幌近郊では台風の影響も少なく、大きな被害は出ませんでしたが、各地で積雪を記録し、23日は寒い一日となりました。本日(24日)は天候も回復し秋晴れのいいお天気になり、風雨で心配された紅葉も一段と深い色に染まりつつあります。

境内の中心にある江別市より保存指定されているイチョウの樹は、例年紅葉しないまま散っていきます。この寒さで今朝から散り始めたようです。

さて、親鸞聖人報恩講の29日中日は、毎年参拝者が一番多い日になります。特に今年はご本堂溢れる方々もあり、大逮夜の参拝者は200名を越えました。ありがたいことです。12時からのお齊にあわせて、皆さんおいでいただきました。総合玄関では総代さんがお出迎えです。特にはじめてお越しの方もあり、ご案内は大切な役割になります。

今年から始まった札幌組報恩講スタンプラリーでお越しいただく方、札幌組婦人会連盟参拝(各単位会長の参拝)があり、それだけで50名の方がおいでいただきました。総代さんや婦人会・壮年会の役員さんが、手際よくお齊会場や合同納骨所の一處廟など、ご案内していただきました。

お齊会場もほぼ満員となり、婦人会の皆様が一生懸命に手を尽くしていただいた精進料理を頂戴しました。とてもおいしくいただきました。

午後1時15分、ご本堂の隣り控室では、ご出勤いただく御法中(御寺院)皆様が参集され、眞願寺を代表して髙間責任役員よりご挨拶申し上げました。会奉行の勝圓寺ご住職より、法要差定説明がありいよいよご法要です。

10分前に外陣の大太鼓が打たれ、場内も静粛になってきます。1時半、いよいよ行事鐘が鳴り始め、大逮夜法要が始まりました。まずは讃嘆衆の皆さん(札幌雅友会)が外陣正面に入道され、雅楽演奏がはじまります。

それにあわせて僧侶の入堂です。最後にこのご法要の導師(相焼香)安楽寺ご住職が七條袈裟で入堂され、親鸞聖人に焼香いただき登礼盤、法要は「宗祖讃仰作法」で皆さんとご一緒にお勤めしました。

ご法要が終わり、引き続き「門信徒追悼会」が当寺住職導師にてお勤めされました。報恩講という一番大切な法要にあわせ、一年間ご往生された方を偲びつつ、ご遺族にご縁をいただく法要です。

ご法要中にご遺族にはお焼香いただき、総代より記念品が授与されました。悲しいご縁の中だったけれど、親鸞さまと出会い、お念仏とのご縁に遇えよと、御往生された方がくださった尊い仏縁でした。

引き続き熊本県加藤尚史氏のご法話が一席あり、親鸞聖人の御生涯を聞き、そのご苦労にご恩報謝の想いを新たにさせていただきました。

午後5時より夕刻のお齊のご接待です。高校生やお子さんもたくさん集まり、おいしい精進のお弁当をいただきました。

午後6時になると外も暗くなり、御堂の照明もおとされ、満灯会が行われました。住職が阿弥陀様の前からともしびをいただき、そのともしびから、皆さんそれぞれ手燭にともしびをいただかれ、お供えします。

一つ一つの灯火は小さいけれど、皆さんの灯火がそろい、美しい灯火となりました。その光りは慈しみの心の光りとなって、私を照らしてくださいます。私の供えた灯火も、阿弥陀様の願いに導かれたご縁といただきました。

続き初夜の法要です。報恩寺ご住職の導師により「らいはいのうた」のお勤めです。そして加藤先生のご法話を聞かさせていただきました。

法要も終わって、この度「花展」のご奉仕をいただいた江別高校華道部の皆さんを紹介しました。地元の大切な高等学校、卒業した方も御門徒には多い事でしょう。その懐かしさと、若い方々の活躍を皆さんと願いつつ、また一緒に尊い仏縁に遇えたことは、ありがたいことでした。是非来年もおいでください。

最後に子供さんにお土産を総代さんからプレゼントされ、85名の参拝をいただいた初夜法要もおわりました。

深まる秋の境内~報恩講②

dscf0218寒い日が続く北海道です。天候は12月中旬なみと、天気予報では例年より早い降雪などに注意を呼びかけています。インフルエンザも例年よりより早く流行出したようで、札幌市内小学校でも学年閉鎖など、はやりだしたようです。

dscf0198境内では今年も雪囲いにスペースデザインさんに松などの高木をお願いし、木村弘総代さんはじめ有縁の皆様にご奉仕いただき、作業が始まりました。

dscf0220今年も緑色のままでちりはじめたイチョウのですが、まだ散り残っておるようでdscf0221すね。雪と混じって清掃が大変です。庫裏では、我が家の人気者プー子ちゃんが、元気そうにはしり回っdscf0213ています。

さてさて、報恩講二日目(9月29日)のご報告です。まもなく正午になるかと思いつつ、山門前に来てみると、制服姿の高校生が笑顔で歩み寄ってきてくれました。札幌龍谷高校の宗育局の皆さんです。大逮夜法要で雅楽演奏に特別出勤していただくことになりました。少々緊張気味な皆さんです。

dscf8430正午を過ぎると門信徒の方々はじめ、各ご寺院ご住職などが参集された方より、お齊を召し上がっていただきました。今年のお齊もとてもおいしく頂きました。婦人会の皆さんdscf8451ありがとうございます。

又、本堂ロビーでは東日本大震災支援バザーが行われ、福島の物産などを皆さんにご協力頂きました。お陰様で完売です。

 

dscf8455大逮夜のご法要の10分前、本堂横の控え室で、ご出勤頂くご法中がそろわれ、髙間専造責任役員よりご挨拶申し上げました。また、会奉行の勝圓寺ご住職より、差定の説明があり、いよいよご法要です。御導師は相焼香安楽寺ご住職様にお願いし、宗祖讃迎作法にてお勤め頂きました。外陣正面には札幌雅友会と札幌龍谷高校宗育局の皆さんに出勤いただき、賑々しく雅楽演奏をしていただきました。

dscf8464dscf8465dscf8504dscf8482dscf8496大逮夜法要に引き続き、眞願寺住職の導師により本年度門信徒追悼会がお勤めされ、昨年9月より本年8月に御往生された方々をご縁として、阿弥陀経の読経作法にて一座をお勤めいただきました。

dscf8627法要終わりましてからご挨拶で、札幌龍谷高校宗育局の皆さんに感謝を込めて、生徒さんお一人づつ図書券を差し上げました。また、札幌雅友会のメンバーで札幌別院に奉職されている山階晃雄さんに、住職よりサプライズのプレゼントがありました。ちょうどこの日お誕生日であり、そのお誕生日に第二子が誕生されたということで、おめでたいことが、重なり満堂の皆さんとお祝いさせていただきました。山階さんおめでとうございます。

dscf8642dscf8657お陰様で満堂のお御堂からお念仏が響きわたり、親鸞様に感謝申し上げさせていただきました。引き続き清岡先生のご法話も、皆さんと聴聞させていただき、大逮夜も終了dscf8666いたしました。

終了後、ご本堂のロビーに行ってみると、広島の友人原田有浄さん方が旅行の途中に寄って下さり、参拝して下さいました。ちょうど6年前のお彼岸にご法話頂いて以来dscf8701の訪問で、懐かしい一時をすごさせていただきました。ようこそでした。

満員御礼。一般公開コンサート

DSCF6487_edited-1

お天気のいい三連休の初日の土曜日とあって、どのくらいの方が来られるか心配していましたが、150席の椅子を用意しましたが、たりなくなり30席ほど増やし、皆さんにお座りいただきました。ご来寺いただいた皆さん、ようこそおいでいただいました。

DSC03152_edited-1

午後2時に開演となりご挨拶では、「地域に根ざした開けた寺院でありたいとの願いからあらゆる催しを考え、今回は仏教のみ教え、そして日本の伝統文化をお伝えしていきたい。」とご挨拶申し上げました。

DSCF6533_edited-1

先ずは三味線の演奏から始まりました。「音緒の会」の会員である石垣さんが眞願寺の門徒で、寺報「響」の編集でもお世話になっておりました。ご縁が深まる中で、お聞きしていました三味線と、私たちが法要などで行っている雅楽とを一緒にできないだろうかと、はじめにご相談申し上げ、この度の共演となりました。

DSCF6556_edited-1

第一部は「音緒の会」の方々による演奏を楽しませていただきました。先ずは練習していただいた「恩徳讃」を三味線にあわせてご一緒に歌わさせていただきました。そして「奴さん」や「祇園小唄」「荒城の月」そして「黒田節」など、昔から歌い伝えられた懐かしい歌を始め端唄や俗曲を10曲以上、演奏していただきました。

DSCF6554_edited-1三味線の音色がご本堂に響き、そして歌声と熱気で包まれ、心なごむ第一部でした。

休憩を挟み第二部は「聲明」ということで、この日は浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご命日ということもあり、実際のご法要をお勤めさせていただきました。第二部、第三部の解説と進行は眞願寺会奉行をお願いしている当別勝圓寺ご住職にお願いし、詳しくお話いただきました。

DSCF6602_edited-1

法要の差定(プログラム)ですが、専門的になりますが次のように進行されました。

導師 眞願寺住職 讃嘆衆 札幌雅友会 結衆 眞願寺法務員

先 行事鐘            次 讃嘆衆 入堂着座       次 音 取            次 楽 太食調 合歓塩      次 結衆入堂 着座        次 導師登礼盤          次 持念 総礼          次 止 楽            次 磬 二 音          次 結衆座前立列         次 散華頭参進          次 三奉請 付楽         次 散華頭復席 結衆復座     次 磬 一 音          次 日没礼讃 無常偈以下     次 磬 二 音          次 楽 太食調 抜頭       次 導師降礼盤 持念総礼 退出  次 結衆退出           次 止 楽            次 讃嘆衆退出

DSCF6604_edited-1

荘厳な雰囲気の中、内陣で行われている作法、そして非常に和の音楽を感じさせる聲明、そして雅楽との調和のすばらしさを、実際に感じていただきました。眞願寺では、9月の28日から30日の『報恩講』の法要でも毎年行っていることですが、初めての方も多かったようです。仏教の法要儀式のすばらしさを感じていただけたのではないかと思います。

DSC03218_edited-1

そして第三部は「雅楽」となりました。第二部にも出演というか出勤いただいた「札幌雅友会」の皆さんに出演いただき、第三部では客席の方に向かってお座りいただきました。

DSCF6625_edited-1

曲は平調の「音取」「五常樂急」「倍臚」の三曲を続けて演奏させていただきました。雅な笙の音色から始まり、テンポよく合奏となり最後は静かに終わってゆく、御堂に響く雅楽のすばらしさを堪能していただきました。

DSCF6660

DSCF6642_edited-1途中からは、札幌龍谷学園宗育局の生徒さんにも特別出演いただき、開場を盛り上げていただきました。札幌雅友会の練習は札幌別院で行われることも多く、そのときにはお隣にある学校の生徒さんも、練習に参加していただいています。そんなご縁から特別出演いただくことになり、管楽器の楽器紹介には、少しずつ実際に一人で演奏していただきました。

 

DSCF6677_edited-1DSCF6678_edited-1DSCF6680_edited-1

DSCF6698そんな和やかなひとときも過ぎ、終盤になり全員で「越殿樂」の演奏をさせていただきました。

 

そして最後に、三味線の「音緒の会」の方々にもお入りいただき、「さくら・さくら」を演奏し終演となりました。初めての三味線と雅楽の合同演奏でしたが、同じ和楽器ではありますが、合わせるのは中々難しいですね。

DSCF6715_edited-1

演奏を終え最後に感謝のご挨拶をして、お開きとなりました。

DSCF6694

初めての試みとして行った『御堂に響く自然のしらべ』でしたが、親鸞聖人の和讃にあるように『いつつの音聲いだしつつ 宮商和して自然なり』な世界をこの御堂に感じていただけたと、尊いご縁をいただけたと思いました。

DSCF6741_edited-2

この度のご縁に出演いただいた皆様、ご奉仕いただいた皆様、そしていろんな催しがある中、この御堂におこしいただいた多くの皆様にこころから感謝申し上げます。ありがとうございました。

出演いただいた皆様 (敬称略させていただきます)

音緒の会  浅野 東子 天谷 正通 石垣 巧 北 ふじ子 山田 久美子 結城 正男

札幌雅友会 上山 知現  利國 淨仁  伊澤 淨雄  渡辺 雅俊
暉峻 康信  門上 誓淳  家郷 慶法  稲垣 心平  笠原 哲央  石堂 了正

札幌龍谷学園宗育局  中村 王美  鈴木 絢子  理寛寺 さゆり 茂木 玲菜 室井 梨杏  瀬戸川 称子  笠原 哲央(顧問)

眞願寺一同 眞願寺いちょう会

DSC03220_edited-1

アンケートにご協力いただいた皆様の感想より

○雅楽をききますと心落ち着きます。三味線も良いものですね。これからも一年に一度はコンサートを大変楽しみにしています。(80代女性)

○聞いたことがなかったので、その迫力に圧倒されました。(30代女性)

○三味線を聞いていると「日本人だなー」と思いました。心が清浄になりました。(70代男性)

○静かな流れの中で先祖のことなど頭に浮かびました。今後も是非コンサートよろしくお願いします。是非伺います。(70代女性)

○聲明が素晴らしかったです。是非毎年コンサートをお願いします。そして仏教の普及の為にも、地域へ開かれたこのような会が続きますことを願います。(50代男性)

○雅楽がお経と一緒に演奏されるのを初めて聞き、大変興味深かった。尺八を勉強しており昔は宗教楽器として使われたと聞いているので、一層関心が深まりました。次の機会も是非参加し聞いてみたいです。(60代男性)

その他、貴重なご意見や感想をいただきました。ご協力ありがとうございました。