住職講座」タグアーカイブ

住職講座 ご本堂まめ知識・法要体験講座

第2回目 7月16日 ご本堂まめ知識・法要体験講座

  • お寺のご本堂って何が飾ってあるの?
  • 家庭のお仏壇とのちがいは?
  • 僧侶の方はどんな目線でおつとめを?
  • 本堂お内陣側より法要体験

 第2回目の7月16日は、普段は僧侶が出勤して着座する内陣の両脇の部屋である両余間に、皆さん着座しご一緒に法要に参加いただき、僧侶の目線で内陣での法要体験をしていただきました。「余間に着座したら、厳粛なる法要なので、私語を慎んで大きな声でお勤めください。金箔の柱や仏具などには手で触れないで。」などの注意事項を聞かれてから、皆さん緊張の面持ちでそれぞれ両余間にお座りいただきました。

 『かんしょーーはーーーいーー』と法要開始の合図のあと、行事鐘がすぐそばで打たれ、外陣正面に法務員さんが出勤されました。いよいよご命日法要です。雅楽の演奏(CD)の中、導師(住職)が登礼盤し、正信偈を皆さんご一緒に大きな声でお勤めいただきました。内陣のすぐ横から、導師の作法をご覧になり、導師の息遣いも聞こえてくる中で法要の体験された皆さんでした。『よかったです。こんな体験、初めてで緊張しました。』『阿弥陀様の姿をはじめて真横から拝見して、感動しました』『住職さんと一緒にお内陣でお勤めできて、とても感動しました。』と、みなさんとてもよかったという感想でした。しかし普段とはちがい、一番緊張したのは住職かもしれません。(笑)



住職講座の前席では、そのまま両余間(よま)にお座り頂き、内陣と両余間のお荘厳を細部にわたって説明がありました。この日は特別に眞願寺法宝物の蓮如上人御染筆(ごせんぴつ)名号も奉献(ほうけん)させていただきました。そして外陣からでは見えにくい部分について、須弥壇の形とその意味や、宮殿(くうでん)と厨子(ずし)のちがい、戸帳(とちょう)と華鬘(けまん)・揚巻(あげまき)、そして天井や宮殿の屋根や天蓋(てんがい)など。皆さん興味深く聞いておられました。
 後席は、外陣にもどり、報恩講にしか奉献しない御絵伝(ごえでん)についてお話ししました。毎年報恩講では遠くにしか見られないので、近くでじっくり見ていただき、御伝鈔との関係など、そしてお得度の図、弁円の図について解説し親鸞聖人のご苦労をともにいただくのが報恩講で、おとり越し報恩講として夏のお盆時期に御家庭に参勤させていただいている旨も、お話ししました。
 本来から言えば、不作法・ご無礼のこととは存じましたが、内陣のすばらしさと、僧侶の作法をきちんと知っていただきたい、そして本堂での法要について益々理解をいただければとの思いから、体験していただきました。豪雨の中、多くの皆様に参拝いただき、尊い体験をしていただくことができて、とても良かったと思います。
 さて、来年の住職講座はどんなことをしましょうか。ご要望があれば是非住職までお願いします。

住職講座 おつとめ作法・ご本堂まめ知識・法要体験

今年も昨年に引き続き住職講座が2回行われました。2回とも講座の最後に質問コーナーがありましたが、皆さんからたくさんいただき、時間もあっという間に過ぎてしまいました。また、皆さん初めての内陣での法要体験もされました。

第1回目 5月16日 おつとめと作法

  • ご家庭の仏壇では普段どうされていますか?
  • ご命日のおつとめは?
  • ご法事や悲しみのご縁の時はどうしたら…?
  • 短時間でできるお勤めとは…?

 「お仏壇をどう後世に受け伝えるか。」眞願寺で行っている仏事相談でも、この問題が結構あります。少子化によって、生まれてきた問題でもありますが、その根本にはお寺や僧侶側にきちんと教化してこなかった大きな責任を感じます。ご本山では今年「伝灯奉告法要」が行われ、ご門主様(法灯)が親子によって受け継がれ、慶びの年となりました。御家庭でお仏壇(信仰)が親から子へ・子から孫へと受け継いでいける家は、年々少なくなっています。受け継ぐとはどういうことなのか。誰の為のお仏壇なのか。そんなお話しをはじめにさせていただきました。おめでたいことにこの5月9日、法務員の稻垣さんに第二子(長男)が誕生し、名前を灯眞(とうま)君といただきました。そのお名前の字から、お父様の願いが響いてくる様でした。
 そんなお話をしつつ、平素ご自宅で短時間でおつとめするいくつかの事例や、ご命日はじめ各行事でのおつとめを紹介しました。また、家庭でのお仏壇の作法やお飾りについて、実際にお仏壇を例に取りながら紹介しました。
 特にご法事の時のお飾り方法やご往生された方のご遺骨などの壇(中陰壇)のお飾りなども、細かくお話しさせていただきました。そしてその意味合いも。
 皆さんはいかがされていますか?ご法事や葬儀の時、大事なお仏壇のお飾りなど、仕出し業者さんや葬儀会社にすべてお任せしてしまっていませんか?最近、一番の主役であるはずのご家族が、まるでお客さんのように思えることも多々あるようです。そんな一つ一つの例を上げながら、お話しさせていただきました。

住職講座から家庭でのお仏壇豆知識

①三具足(みつぐそく)と五具足(ごぐそく)

三具足

ポイント
☆平素のお飾りは三具足で十分です。
☆お寺でも五具足は特別な法要(報恩講)の時のみです。
☆三具足=左から花瓶、香炉、ローソクの順で並べておきましょう。(五具足=花瓶一対、香炉、ローソク一対になります)
②お仏壇に過去帳と位牌は必要?写真はどこに?

過去帳・見台


中陰壇

ポイント
☆浄土真宗は位牌を用いない。あくまでも過去帳か法名軸などを仏壇に飾る。
☆眞願寺では葬儀の時、額を用いています。
☆写真は必ず必要なものではない。飾るのであれば仏壇の中や上は避ける。
☆ご法事や中陰のとき仏壇の横(脇・床の間など)にお飾り壇(中陰壇)を設ける。そこに名号を飾り、法名(額・軸)写真などを飾るとよい。
③法事の時、焼香はどのように?

ポイント
☆本来は読経する僧侶の後ろに焼香卓(机)を設置し、香炉・香合・香炭(火だね)を用意し、読経中に僧侶から合図の後、順番に焼香卓に出て焼香する。
☆場所がなければ略式としてお盆にのせて僧侶の合図があってから参拝者に回す。
☆略式だが家庭では香炉と香合が一体になったものが便利。

略式焼香箱 香炭を忘れずに用意


経卓(きょうじょく) 机の上は経本のみ置き、線香などの用具はまとめておく


いつも整頓し綺麗に