ペット」タグアーカイブ

秋初穂感謝法要 12月3日

北陸から北日本と全国的に荒れた天気になっています。昨日(11日)は暖気になり、雪が溶けて道路はひどい状態でしたが、今日からまた雪になってきました。12月12日、今日は愚息の誕生日。思い出しますね。あの日を。

さて、3日は恒例の秋初穂感謝法要がありました。前日の婦人会100年記念法要の疲れもありましたが、多くの皆さんとご一緒にお勤めさせていただきました。お飾りはせっかく綺麗に飾られた花飾りがありましたので、そのままで法要をお迎えし、ご法話終了後に参拝の皆さんにお花をお持ち帰りいただきました。

野菜、特に葉物が高騰していますね。天候不順もあるのでしょう。スーパーでは白菜の4分の1カットが140円、水菜が380円。。。お鍋の季節ですが手が出なくなってきました。なるべく安いお店を探してと思いますが、どこもあまりかわらないようですね。お米や小麦も段々と値上げしてきました。そんな昨今ではありますが、平素は味の濃淡を問うたり、好き嫌い・新鮮古いと、なにかと不平不満が先に出て、心から食の感謝できない私ですが、年に一度そんな私の姿を見つめ直すご法要でもあると思います。

「食前・食後の言葉」をよく申し上げますが、覚えることが優先して、本当に実践しているかと、我をふり返ることです。「多くのいのちと皆様のおかげによりこのごちそうをめぐまれました。深くご恩を喜びありがたくいただきます」「尊いお恵みをおいしくいただき、ますますご恩報謝につとめます。おかげでごちそうさまでした。」もう一度学んでみたいと思います。

ご法要には、上納いただいた新米を奉献し、皆さんご一緒に阿弥陀経をお勤めしました。御法話は深川納内町轡田光章師に親鸞聖人のご和讃をわかりやすくおひもときいただきました。お陰様でと感謝しお念仏申し、年末の一日一日を過ごしましょう。

そういえば、眞願寺の「プー子」も2歳です。(推定ですが笑笑)

 

深まる秋の境内~報恩講②

dscf0218寒い日が続く北海道です。天候は12月中旬なみと、天気予報では例年より早い降雪などに注意を呼びかけています。インフルエンザも例年よりより早く流行出したようで、札幌市内小学校でも学年閉鎖など、はやりだしたようです。

dscf0198境内では今年も雪囲いにスペースデザインさんに松などの高木をお願いし、木村弘総代さんはじめ有縁の皆様にご奉仕いただき、作業が始まりました。

dscf0220今年も緑色のままでちりはじめたイチョウのですが、まだ散り残っておるようでdscf0221すね。雪と混じって清掃が大変です。庫裏では、我が家の人気者プー子ちゃんが、元気そうにはしり回っdscf0213ています。

さてさて、報恩講二日目(9月29日)のご報告です。まもなく正午になるかと思いつつ、山門前に来てみると、制服姿の高校生が笑顔で歩み寄ってきてくれました。札幌龍谷高校の宗育局の皆さんです。大逮夜法要で雅楽演奏に特別出勤していただくことになりました。少々緊張気味な皆さんです。

dscf8430正午を過ぎると門信徒の方々はじめ、各ご寺院ご住職などが参集された方より、お齊を召し上がっていただきました。今年のお齊もとてもおいしく頂きました。婦人会の皆さんdscf8451ありがとうございます。

又、本堂ロビーでは東日本大震災支援バザーが行われ、福島の物産などを皆さんにご協力頂きました。お陰様で完売です。

 

dscf8455大逮夜のご法要の10分前、本堂横の控え室で、ご出勤頂くご法中がそろわれ、髙間専造責任役員よりご挨拶申し上げました。また、会奉行の勝圓寺ご住職より、差定の説明があり、いよいよご法要です。御導師は相焼香安楽寺ご住職様にお願いし、宗祖讃迎作法にてお勤め頂きました。外陣正面には札幌雅友会と札幌龍谷高校宗育局の皆さんに出勤いただき、賑々しく雅楽演奏をしていただきました。

dscf8464dscf8465dscf8504dscf8482dscf8496大逮夜法要に引き続き、眞願寺住職の導師により本年度門信徒追悼会がお勤めされ、昨年9月より本年8月に御往生された方々をご縁として、阿弥陀経の読経作法にて一座をお勤めいただきました。

dscf8627法要終わりましてからご挨拶で、札幌龍谷高校宗育局の皆さんに感謝を込めて、生徒さんお一人づつ図書券を差し上げました。また、札幌雅友会のメンバーで札幌別院に奉職されている山階晃雄さんに、住職よりサプライズのプレゼントがありました。ちょうどこの日お誕生日であり、そのお誕生日に第二子が誕生されたということで、おめでたいことが、重なり満堂の皆さんとお祝いさせていただきました。山階さんおめでとうございます。

dscf8642dscf8657お陰様で満堂のお御堂からお念仏が響きわたり、親鸞様に感謝申し上げさせていただきました。引き続き清岡先生のご法話も、皆さんと聴聞させていただき、大逮夜も終了dscf8666いたしました。

終了後、ご本堂のロビーに行ってみると、広島の友人原田有浄さん方が旅行の途中に寄って下さり、参拝して下さいました。ちょうど6年前のお彼岸にご法話頂いて以来dscf8701の訪問で、懐かしい一時をすごさせていただきました。ようこそでした。

息子の誕生日に・・プーコが

DSCF1117_edited-1よろこびと悲しみが一度におとずれる。息子の21回目の誕生日の朝、どんな言葉をかけてお祝いしょうかと考えつつ、ちょうど飼いはじめて一年になるハムスターのプーコの様子が気になり、ゲイジをのぞくと、小さな小屋の中で横たえていた。その姿から命終したのだと気づく。あ~っ、ぷーコ・・。

DSCF1112昨日の晩元気ない様子や、ここ一週間ほどいつもきれいな毛並みが乱れている様子があったので、ひょっとして死が近いのかと心のどこかで思っていたが、急な出来事だった。勿論息子も帰省するDSCF4364_edited-1とかわいがっていた。

息子の誕生の時や幼い姿を写真などを見つつ思い返し、よく育ってくれたと不思議な多くのご縁に感謝すのと同時に、生まれることも死ぬことも、日常のことなんだとあらためて感じた今朝でした。

DSCF1114_edited-1そんな息子にラインで『生まれてくるのも死にゆくのも、みな大切ないのち、日々感謝だね』と言葉を送りました。

不思議なご縁によっていのちを授かり、不思議なご縁が重なり合って出会いと別れの生涯を過ごし、不思議なご縁によっていのちの終わりがくる。その「不思議なご縁」を感謝しつつ受けとめ、浄土に往生させていただく人生を歩まさせていただきたいものですね。

そうもいいつつ、まもなく年の瀬、愚息の元気な姿を楽しみに思うおやじでした。さて、土葬してお葬式を。

御正忌報恩講に出勤~ご消息発布~成人式

DSC_0185

11日より13日まで本山の京都本願寺に参拝させていただきました。本願寺でも年間行事の中で一番大切な法要であり、宗祖親鸞聖人の年忌法要として9日より16日まで毎年行われています。堀川道りの山門付近は、仏旗や本願寺旗がたなびき、駒札もだされていました。

DSC_0189

毎年の事ではありますが、今年も何とか参拝し出勤もさせていただき、尊いご縁をいただきました。11日の夕刻ですが、閉門後に12日の中逮夜法要の練習と打ち合わせが行われました。私達宗派でも最も難しい作法の『浄土奉事讃作法』をご門主様御導師、前門様ご出座により修行されます。毎年内陣に出勤させていただいていますが、特に今年は昨年6月に法統を継承された御門主様が本願寺で初めてこの作法の御導師をお勤めになられるということで、内陣に出勤された皆さんも、練習にはタイミング等の打ち合わせが入念に行われました。

DSC_0190内陣に出勤する私達は、御門主様とご一緒に礼装第一種(七条袈裟)をつけさせて頂くということで、2時からの法要ですが1時には集まり、衣体をつけて頂きました。同じ札幌のお世話になっている勝圓寺御住職もご一緒だったので、法要前の緊張している時でしたが、写メしてもらいました。

DSC_0224約一時間の法要でしたが、満堂の御影堂で、出勤されている多くの僧侶、特に正面の讃嘆衆の雅楽演奏はとても素晴らしい響きです。そのなかでお勤めさせていただき、法要中は5回の行道(内陣のご本尊である親鸞聖10900185_752213351523410_7902141080690057588_o_edited-1人御木造の周りを5回まわる作法)があります。特に正面に立たさせていただくときは観無量の中で揖拝させていただきました。

DSC_0213立花も素晴らしく、梅慎に竹と水仙は年に一度だけのものです。今年もきれいに立てられていました。法要中、ちょうど立花の真横の席だったので、その奥行きの深さを、見ることが出来ました。

DSC_023516日の満日中法要の後に、御門主様より御消息の発布式が行われました。御消息とは御門主より内外に発布されるお手紙であり、大切なことをお伝えになるときに出されるものです。この度はmon_hw_150116_okotoba伝灯奉告法要をお勤めする事を発表されました。それを受けて石上智康総長より、決意を述べられていました。私達も御消息を熟読し、普段の寺院での布教活動をしていきたいと思います。

ちょうどこの16日は、眞願寺でも御正忌法座が行われました。今年の初めての法座ということもあり、たくさんの方が参詣され、ご一緒に正信偈をお勤めさせていただきました。そしてご本山での事をご報告させていただき、今年も藤順生師のご法話を聴聞させていただきました。

DSCF3267_edited-1

DSCF3301_edited-1

又、午後4時からは定例の総代会が行われました。会議冒頭で、御消息発布式の模様をご覧いただき、そのお言葉を直接総代さんにも聞いていただきました。その意をいただきつつ、今月25日に行われる今年の門信徒総会に向けての会議、そして意見交換をさせていただきました。

DSCF3315

江別の積雪も平均を上回り1メートルを超えました。道路では夏場の半分以下に道幅が狭まり、車の往き来も当然ですが、人が歩くことも危険を感じるところも増えてきたように思えます。道路の除排雪も行われてはいるようですが、ちょっと住宅街に入ると、行き届いていないようです。これからもまだ積雪が多いと思いますので、事故の無いよう、お気をつけ下さい。

DSCF3418_edited-1

DSCF3427_edited-1

追記 お陰様で長男が成人式を迎えさせていただきました。ちょうど京都本山に出勤している時で会えませんでしたが、ありがたいことでした。当日は地元の友人と再会しつDSC09277_edited-1つ楽しく過ごしたようです。幼いころを思い出しつつ、親になれたことを感謝し手を合わさせていただきました。今後もお育ていただきますよう、お願いいたします。

そしてハムスターのぷーこも今月から家族になりました。宜しくお願いします。
DSCF3369_edited-1

いのちの営み 清掃奉仕と花植

DSC000496月7日、いいお天気の中で清掃奉仕と花植が行われました。今年の境内清掃奉仕は6月、7月、8月の各7日と決められ、当番地区の方々はじめご協力いただける皆様と境内の清掃を行うこととなりました。

DSC00055第一回目は花植作業も行われ、境内には50以上のプランターにいただいた苗や購入した苗などが皆さんによって植えられ、ご本堂正面の階段、山門の階段をはじめ、覚玄関前など配置されました。

この花植作業が終わると、北の大地にも春本番というか、初夏が訪れたことを実感できます。

DSC00090

DSC00104

午前中いっぱい、境内の草取りや、樹木の剪定、そして清掃にご協力いただき、境内もすばらしくきれいに整いました。

DSC00047ご協力いただいた30名以上の皆さん、本当にありがとうございました。

これからは、日々朝夕に水やりの仕事が増えますが、皆さんと協力しながら、お花を枯らさないよう、勤めていきたいと思います。

DSC00110氷と雪に阻まれた冬期間を、何とか生きぬいた境内のイチョウやハルニレなどの樹木も、いのちあることを喜んでいるように、力強い息吹を感じるほど、すばらしい新緑となりました。

DSC00112

低木のツツジや五月なども、きれいな花を開かせ、紫からはじまり赤や黄色と、咲き始めました。

SONY DSCそしてチュウリップの後から、芝桜なども楽しませてくれています。

DSC00075そんな北海道では一番いい季節の6月ですが、5月末は叔父の御往生、そして7年間かわいがっていたミュウ(ウサギ・ネザーランドドアーフー)も、命終しましDSC04213た。体調がおかしいと気づいて動物病院に手当をしていただき入院しましたが、叔父の葬儀の日に動物病院から悲しい電話が入り、重ねての悲しみを縁として、晩に娘と一緒に土葬し、家族で手を合わせました。

「ありがとう、そしてごめんね。」なぜかそんな言葉が出てDSC01655きました。

SONY DSC悲しみの多かった5月でしたが、その悲しみの中で、いのちある私を教えて下さっているのが、一生懸命いのちの営みを続けている草花でした。わたしも、いのちあったんですね。

境内はすばらしく美しい時を迎えました。まさしく「浄土」のようです。お散歩にでもお出かけ下さい。その時には、是非ご本堂にも参拝下さい。

DSC00059

DSC00063