スタンプラリー」タグアーカイブ

いちょう会(連研履修者の会) 

今年も残すところあとわずかとなりました。先日20日にはFMアップルで札幌組が提供している「お西のお寺さん」午後9時より1時間に出演して、各寺院で行われている年末年始の行事(除夜会~除夜の鐘~元旦会)について、お話しさせていただきました。1月からはお坊さん・仏教・お寺について、あれやこれや質問にお答えするので、楽しみにしてください。詳しくはこちらから

さて、12月9日に眞願寺いちょう会の本年度例会が行われました。総勢25名のところ15名の参加をいただき、一年間をふり返り明年度に向けて、ご意見を聞かさせていただきました。

いちょうか会は発足して3年目になりますが、札幌組などで開催された「連続研修会」12回の話し合い法座を履修された方々の連絡協議会です。眞願寺でも各ご法座に参詣いただくことをはじめ、出来うるご協力をいただいています。とりわけ毎年行われている「一般公開講座」は、いちょう会の方々にすべてお任せし、ご奉仕いただいています。お寺としても、とてもありがたく大きな力になっていただいています。

札幌組でも去年「札幌組連研協議会」が発足し、門徒推進委員の方々が、現在行われている「札幌組連続研修会」などにご奉仕いただいています。その会の副会長にはいちょうか会の萩原建興会長が就任され、ご活躍いただいています。先日も宗派の雑誌「大乗」に紹介されました。

婦人会・壮年会・PG実行委員会・そしてこのいちょう会の方々が、眞願寺の行事に参画され、ご縁を広めてくださっています。年末は除夜会は壮年会の方々のご奉仕があります。来年のスタンプラリーの台紙もカレンダーと一緒に各御家庭に配布されました。多くの方々が眞願寺に参拝されますことを願いつつ、皆様のご協力を心よりお願いします。

今年最後の御命日法座

DSCF1471今年もあと10日ほどになりました。少なかった雪も18日から断続的に降り、境内も一面冬景色になりました。野鳥の餌台にいただいた古い青米やひまわりをやると、ゴジュウガラやヒヨドリが食べにきているようです。

DSCF1468

DSCF1469さて、16日は今年最後の御命日法座でした。なんと50名以上の参拝を頂き、賑々しくお勤めをさせて頂きました。スタンプラリーを始めて2年が過ぎますが、11月12月の法DSCF1480座の参拝が特に多くなってきたと思います。そして来年3月までの提出ですが、ご法座終わってスタンプ帳を提出されてかれた方もおられましたが、その中で三十五座パーフェクト皆勤の方が9名もいらっしゃったようです。ありがたく頭が下がる思いです。

DSCF1381_edited-1

お勤めを終えて住職挨拶に引き続き、元法務員の御幸さんのお話がありました。開教使を目指して現在研修中ですが、9月よりハワイに三ヶ月視察研修ということで滞在してこられ、ハワイ別院における布教や活動の様子など、紹介して下さいました。日系人もたくさん在住されていますので、各宗の別院などもありますが、本願寺派のハワイDSCF1406開教の歴史も1887年より始まったようです。皆さんもハワイに旅行された時は別院などにお寄り頂いたらいい記念になると思います。

ご法話は法務員の稻垣心平氏でした。9月に眞願寺に法務員として奉職され、ようやく三ヶ月がたち少し慣れてDSCF1425こられたようですが、持ち前の明るさと、聞き取りやすい声とゆっくり話されることもあり、皆さん新しい法務員さんに好感を持たれながら聴聞していただいたようです。

あっという間の二席の法話を私も聴聞させていただき、とても嬉しく感謝の思いで領解文を出言させて頂きました。あたたかい門信徒の皆様が、お寺に集って頂けるから、法座が勤まり、法を伝えさせていただくことができます。そのご縁によって曲がりながらも学びを深くし、いつの間にかお育て頂いている自分に気づくことです。眞願寺ではじめて法話をされた5年前の御幸さんを思い出すと、この日の姿はとてもほほえましく、そしてたくましく見えました。きっと稻垣さんもここで成長して下さることでしょう。そして私も知らず知らず、日々お育て頂いていることです。

DSCF1429

そんな思いに更けながら、ありがたく年末を過ごし、新たな年を迎えさせていただきたいと思うことです。

ご法座が終わりましてから、いちょう会の定例会が行われました。昨年発会したこの会は、連研履修者の会で、現在20名の方がいらっしゃいます。おもな活動は、お寺の各行事や法座に率先して参詣し、お手伝い頂いていることです。

DSCF1446_edited-1

今年は5月の一般公開講座と6月7月の住職講座をお手伝いいただきました。皆さんそれぞれ反省と感想、そして次年度への思いを述べていただき、懇談させていただきました。今後も眞願寺より連研をたくさんの方が受講していただけるよう、皆さんと声かけもしていきたいと思います。

 

サクラ満開 初参式と降誕会を終えて② 降誕会 スタンプラリー表彰式

DSCF5951_edited-1

5月2日、境内のエゾヤマザクラも満開になり、ソメイヨシノより少しこいピンクに染まってきれいに咲いています。

DSCF5930_edited-1

DSCF5950通りかかった子供達に、せっかくなので写真に入ってもらいました。お祖母ちゃんの家に遊びに来ているようです。お天気のお散歩いいですね。

DSCF5935

山門付近のシバザクラも咲き始めました。今年もアスパラがニョッキと映えてきています。梅も満開ですね。

DSCF5944

さて、4月26日の初参式もにぎやかに終わり、同日午後1時より親鸞聖人のお誕生をお祝いする宗祖降誕会を多くの皆様とご一緒に、おつとめさせていただきました。ご法要は正信偈作法でしたので、参詣いただいた皆さんも、ご一緒に大きな声でおつとめしていただき、喜びの中で尊いご縁をいただきました。

DSCF5739

ご法要の最後、僧侶が退出する時でしたが、この度6年間眞願寺法務員としてお勤めいただいた御幸断さんが、退職されることになり、内陣正面にてお焼香していただきました。

DSCF5753_edited-1

ご法要に引き続き、「門信徒の集い」が行われました。住職・髙間責任役員より平素からの護持運営にご尽力いただいている御礼と、昨年初めて行われた眞願寺スタンプラリーにも多くの方が参加いただき、そのお陰でどのお座も参詣者が30%は増えたことを感謝させていただきました。

DSCF5765_edited-1そして金賞の方より記念品贈呈が行われました。金賞は30回以上のスタンプの方が対象となり、昨年は16名の方が該当されました。特に35座すべて参拝されたパーフェクトの方が5名おいでになられ、盛大な拍手の中、住DSCF5958職より金賞のオリジナルバッチをそれぞれ式章につけさせて頂き、総代さんより記念品のオリジナル腕輪念珠(金文字で眞願寺文字DSCF5774入り)が贈られました。

金賞皆さんおそろいのところで、パーフェクトの滝川さんより、「お陰様で何とかお参りさせていただきました。」とご挨拶いただき、記念に写真を撮りました。

DSCF5784

続いて20回以上のスタンプ銀賞です23名方々へオリジナルバッチと記念品が贈呈されました。銀賞の記念品はこれもオリジナルでsinganjiの文字入りマグカップです。最後に10回以上のスタンプ銅賞は、18名でした。オリジナルバッチと記念に可愛い花かごが贈呈されました。金賞から銅賞まで57名の方々が表彰されましたが、今年も多くのDSCF5797_edited-1方に参加いただき、眞願寺の行事がにぎにぎしくなることを念じつつ、感謝の中で、拍手を送らさせていただきました。

その後、御幸法務員さんの退職ご挨拶をいただきましDSCF5817_edited-1た。僧侶になり何も分からない中で眞願寺にお世話になったこと、住職はじめ御門徒皆様にお育ていただいた事を感謝され、今後海外開教使という自分の夢に向かって、歩みをはじめたいということでした。

住職より眞願寺からの記念品、髙間責任役員より、門信徒一同として記念品が贈られ、6年間のご苦労に感謝の拍手が送られました。尚、このDSCF5865_edited-14月で退職されますが、今年の8月まで、引き続き非常勤法務員として勤務していただ久ことになっています。

引き続いてのご法話は、今年も歌手でもあり秩父別常楽寺御住職でもあられる山本徹浄師にお取り次ぎそして素晴らしい歌を披露していただきました。

今年は浄土和讃にご自身で曲を作られ、ご法話をまじえながら歌をご披露いただいたり、麦の歌や少年時代、いのちの理由など、NHK連続ドラマの主題歌やなつかしい曲を交えつつ、あっという間の1時間でした。

DSCF5871_edited-1

門信徒の皆さんも毎年楽しみにされている方も多いようで、とてもよかったと、皆さん喜んでお帰りになられました。山本先生、そして毎年ピアノ伴奏していただく江口紀代美さん、本当にありがとうございました。

初参式 降誕会(親鸞さまのお誕生日)

4月26日(日)午前11時 初参式(赤ちゃんの初参り)

~子どもが誕生して初めてお寺にお参りする儀式です。ご家族皆さん、ご一緒にお祝いいたしましょう。

DSC06075_edited-14月26日(日)午後1時より3時半まで
ご法話  山本徹淨先生(本願寺派布教使・秩父別町常楽寺住職)

降誕会は親鸞さまのお誕生会です。ご法話は声楽家でもある山本徹淨先生です。歌と手品をまじえながら、笑いのうちにお念佛の心をやさしく聴聞させていただける機会です。どうぞお誘い合わせの上、ご参詣下さいますよう、お待ちいたしております。09-02
09-03

闇に迷う  われひとの
生くる道は  ひらけたり
無漏のともし  はるけくも
かかげんとて 生まれましぬ
たたえまつれ  きょうの日を
祝いまつれ  きょうの日を
讃歌「宗祖降誕会」より

眞願寺スタンプラリー表彰式

09-05
ご法要に引き続き、平成26年度眞願寺スタンプラリー表彰式を行います。金賞(30法座以上)・銀賞(20法座以上)・銅賞(10法座以上)、それぞれ該当されます方は是非ご参詣下さい。