ご法中」タグアーカイブ

秋の行事 ⑤ 報恩講 満座 そして得度奉告法要

早11月を迎えました。30日は台風の影響もあり、江別市でも遅く雪が降り、風も強い日となりました。綺麗だった紅葉も吹き飛んで、落葉はきもピークを迎えてきました。新調した竹箒、なかなかいいです。笑。

そんな中、24日は婦人会と有志の方により、境内のプランター片付けと落葉はきにご奉仕くださいました。皆さんありがとうございます。これから11月は冬支度の時期ですね。名残惜しい紅葉も最後です。



 

 

 

さて、ひと月前になりましたが報恩講三日目。9月30日は早朝5時半頃より総代さんや壮年会・婦人会役員さん達がお越しいただき、境内清掃・お齊準備にご奉仕いただきました。ありがたいことです。

晨朝勤行は午前7時より、光明寺住職さんの調声により、正信偈六首引和讃は「五十六億七千万」のお勤めでした。早朝より50名の参拝をいただき、今日も朝を迎えさせていただいたことを感謝しつつ、最終日の朝、お念仏申させていただきました。

引き続き「御俗鈔」は恒例で当寺住職が拝読させていただきました。蓮如上人のお言葉を私のことと拝聴し、益々「真実信心・報恩謝徳の御仏事と」報恩講最終日を過ごさせていただこうと、心新たにしました。そして加藤氏の布教をいただきました。

朝のお齊は、恒例の納豆汁とバイキングです。婦人会と当番地区の皆さんが一生懸命に用意していただいたたくさんのお料理を、おいしく頂戴しました。

いよいよ満日中法要です。10分前に本堂横控室に装束つけられ出勤される方がおそろいになり、上山会奉行よりご法要の説明がありました。導師は当寺住職が大逮夜法要の導師された安楽寺住職と同様礼装第一種で出勤です。

10時、行事鐘が鳴り響く中、住職長男の廓成氏が外陣正面に黒衣黄袈裟にてひとり外陣に入堂。この満日中法要の後で本人の得度奉告法要があるので、緊張した面持ちで出勤です。

雅楽の演奏がはじまり、結衆そして導師の入堂。祖師前焼香し登礼盤。親鸞聖人の報恩講にあたってご法要をお勤めする旨、尊前に申し上げ、一同皆さんとご一緒に感無量の思いの中で正信偈のお勤めをさせていただきました。

70名以上の参拝となりましたが、例年大逮夜法要に比べ、少なくなるのが残念です。しかし参拝いただいた皆様には焼香いただき、すばらいい御縁にあっていただけたと思います。

ご法要も終わり、今年は特別にもう一座「得度奉告法要」を有縁のご法中皆さんとお勤めさせていただきました。

外陣正面で調声を廓成氏が、両脇に住職・相焼香の安楽寺住職様そしてご法中みなさんと、讃仏偈をお勤めし、仏祖に得度の奉告をさせていただきました。

法要が終わり「御礼言上」を住職より申し上げました。今年も報恩講をお勤めできた喜びと、明年の報恩講に向かって、明日より門信徒皆様と念仏相続の道を歩みつつ、寺門興隆に努めていく旨を申し上げました。また、今年は春に娘が秋に息子が、それぞれ得度し仏祖にご奉告できたこと、何よりの御縁とありがたく感謝申し上げました。ちょうど10年前の開教125周年の法要テーマであった「未来へ受け継ごうお念仏をこのお寺を」が少しづつ進んでいるとこ、しかしながらまだまだ未熟で愚息故、皆様の叱咤ご指導いただけるよう、お願いし、最後は皆さんご一緒に恩徳讃を唱和しました。

終了後、髙間専造責任役員よりご挨拶と、得度のお祝いとして、門信徒皆様からお祝いの目録をいただきました。長い年月をお勤めいただき、念願であった住職の長男が僧侶になられたことは、とてもありがたいこと、これからもっと学んで、素晴らしい僧侶になり、眞願寺第六世となって欲しいとお言葉をいただきました。

ご法要も終わり、最後のご法話を皆さんご一緒に聴聞させていただき、お陰様で無事終了となりました。

ありがたいことに、役員も皆さん後片付けのご奉仕をしてくださいます。ご本堂はじめ、境内全般、お疲れのことと存じますが、涙が出るほどありがたいです。

最後に布教使の加藤氏をお見送りし、「なおらい」の始まりです。感謝・感謝、反省すべきことも反省しつつ、おいしいビールをいただきました。久しぶりにご夫婦でおいでいただいた内藤さんにもご挨拶いただき、来年は住職に就任されるとのご報告もいただきました。御幸さんも開教使としてブラジルに赴任されたし、御縁いただいた方々からの報告はとてもありがたいことですね。さてさて、息子や娘も・・。



 

御命日法座 2月16日

今年初めての親鸞聖人御命日法座が2月16日午後1時より行われました。足元の悪いこの季節でしたが、天候もさほど荒れることもなく、60名ちかくのの門信徒皆様が参詣下さり、ご一緒に正信偈をお勤めさせていただきました。

DSCF3244_edited-1僧侶も住職はじめ、元法務員の御幸さんも出勤いただき、衆徒2名法務員3名と7名でお勤めさせていただきました。内陣には6名が出勤し、巡讃(和讃の一行目を六首巡々にお唱えする)にてお勤めさせていただきました。ありがたいことです。

DSCF3247_edited-1ご法話の御講師には、長沼町誓報寺若院、天野広道師にお越しいただき、いつもですがはぎれのいい口調で、わかりやすくおひもとき下さいました。

DSCF3278一席終わり休憩時間は、恒例のお茶とお菓子でロビーでは、なごみの一時を皆さんほほ笑みの中で、お過ごし下さいました。

DSCF3286二席目になり、ご法話下さいっていた天野師より突然の悲報を聞かされました。「うちもお陰様で三代そろって過ごしていましたが、今朝ほどお祖母ちゃんが往生されました。」と。「今頃、緊急の総代会が開かれ、寺葬の段取りが相談されていることと思います。」聴聞させていただいた私達もびっくりしました。そんな悲しいお話しでしたが淡々DSCF3294とお話しされる中にも、悲しみの中で今お話しされていることに心を寄せつつ、手を合わさせていただきました。

きっと誓報寺様の寺内も大変なことになっていることでしょう。そんな中でも、眞願寺までお越しいただき、ご法話いただいたことに、ありがたく聴聞させていただきました。正しく「臨終の法話」をいただいたこの度のご縁とおもいます。昨日葬儀も終わり、一息つかれていることでしょう。心より感謝とお念仏申し上げます。そして3月のこのご法座にもお越しいただける事をありがたく存じ上げます。

初雪。境内は晩秋の紅葉

DSCF1759_edited-1

今朝の気温は0度となり、札幌はじめ各地より初雪の便りが聞こえてきました。晩秋と言うより初冬と言ったところでしょうか。境内の景色も、日に日に変化しつつ紅葉も終わりに近づいてきました。

DSCF1761

大きなハルニレもほとんど葉を落とし、落葉樹で緑一色なのは市の指定木になっているイチョウの木だけとなりました。

DSCF1818

しかしこのイチョウの木の葉が散る時は、ほとんど緑の葉のままで散っていくので、不思議なことです。緑の絨毯となってきれいなんですが、雪と混じったりして、掃除は本当に大変ですね。今朝は散り始めてきました。

DSCF1766_edited-1

境内で紅葉の写真をバシバシと撮っていますと、やはりポイントになるのは、針葉樹と鐘楼堂や山門の建物でしょうか。けっこう意識しつつ撮っています。

DSCF1787

DSCF1803

DSCF1804

車のタイヤやワイパーも交換終了し、スコップなども積みました。玄関前には除雪用の雪っぺらもそろそろ準備が必要になってきました。

DSCF1835

DSCF1832

電気代もこの冬から再値上げをするようです。電力会社も大変でしょうけれど、私たちも生活に大きく影響しますね。原発を稼働させないで、低コストに電力を作る研究を早急に進めてほしいものですね。泊原発の再稼働はあらゆる面を考えても賛成することが出来ない今日です。

DSCF1824

御門徒のお家に参らさせていただくと、早くも雪囲いがすんでいるところもあります。眞願寺も、総代の木村さんと宮崎さんに日程を打ち合わせして、今年もお願いしようと思います。本当に毎年有り難いことです。

DSCF1841

つめたい風の中で散りゆく葉を眺めつつ、冬支度を思いつつ、お陰様でと感謝する今日です。ご法中の報恩講出勤も終盤になってきました。28日・29日は日高町の照順寺様です。

DSCF1842

DSCF1815

日に日に寒くなる季節、どうかご自愛いただき、お過ごし下さい。

DSCF1770

報恩講 ① 御嶽山噴火お見舞い

御嶽山の突然の噴火によって多くの登山者が死傷されたようです。私たちの生きているこの世界が自然の中にあることはわかってはいますが、突然の災害に遭うと、その人間の力には及ばない出来事がある世界であることを、痛感することです。災害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。救助活動に携わる方々のご尽力、ご苦労様です。どうぞお気をつけ下さい。

DSCF0565

さて、28日報恩講初日をお迎えさせていただきました。朝早くから総代さん、壮年会、婦人会の役員さんなど、たくさんの方々がご奉仕に集まっていただきました。

DSCF0572

外回りは男性陣がご本堂・山門・玄関それぞれに幕を張っていただき、提灯や仏旗などを設置していただきました。9月も終わりになると落ち葉も目立ちはじめて来ました。清掃もしていただき、準備も万全です。

DSCF0588厨房では明日からのお斎(食事)の準備に女性陣がご苦労いただきました。各部屋のセッティングもかかせない準備ですね。

DSCF0604午後1時半、初逮夜法要が行われました。導師は当別勝圓寺御住職様にお願いし、皆様とご一緒に『十二礼作法』のお勤めをさせていただきました。

 

DSCF0642

DSCF0649

引き続いて『御伝鈔』の拝読。今年は上巻の拝読が、住職・竹澤法務員・御幸法務員の三人により行われ、参詣の皆様も、参拝の冊子をご覧いただきつつ、聴聞いただきました。親鸞聖人のご生涯をともに偲ばさせていただいたことです。

DSCF0717

休憩をはさんでご法話をいただきました。初めてのご縁をいただき、広島県呉市明円寺住職竹田嘉円師におひもときいただきました。やわらかいタッチで、御門徒とご一緒の目線で、親しみやすくお話しいただきました。笑いの中に大切なお念仏のお心をお説きいただいた一時間でした。

DSCF0752お陰様で、初日もたくさんの皆様に参詣をいただき、お勤めさせていただきました。さあ、中日の二日目です。参詣の皆さんにお斎(昼食)の接待が正午からあり、1時半より雅楽の演奏の中、大逮夜法要・門信徒追悼会・そしてご法話がございます。午後5時より夕食のお斎接待があり、6時より初夜DSCF0119法要(万灯会)がございます。初夜法要にはお子さんもたくさん参詣されることと思います。

三日目は朝7時より晨朝勤行、お斎(朝食)のご接待、10時より満日中法要、ご法話とございます。どうぞ引き続いての参詣をお待ちします。

紅葉深まる境内 婦人会常例法座

DSC02042_edited-1

11月に入り、益々紅葉がすすむ境内です。ちりゆく葉を見つめつつ、その美しさに見とれる境内です。今日は鐘楼堂横の楓が見頃となりました。山門横の楓は8割程度散りましたが、その散った楓の葉の絨毯も美しいですね。平たいオンコの枝の上に楓の葉が散り、すばらしい色彩で親鸞さまを荘厳しています。

DSC02048_edited-1

 

 

 

 

DSC02104

DSC02109

 

 

 

DSC02131DSC02051DSC02069DSC02112そんな中、今晩はお寺でお通夜が行われます。古くからのご縁をいただく御門徒のおばあちゃん。かぞえで108歳の御往生でした。108年間のご生涯、慶びや嬉しいことも多々あったことと存じますが、悲しみや苦しみもたくさんあったことでしょう。早くにご主人も往生され、日々お念仏との人生でした。おばあちゃんの遺品の中から『死んだらおDSC02077願いします。』と書かれた大きめの封筒が出てきました。その中には帰敬式でいただいた「法名」と式章・念珠がDSC02086入っていました。お念仏をいただかれ、往生まちがいなしといただかれ、感謝の中で生きぬかれたご生涯だったのでしょう。そのご苦労を偲び、いただいたご縁に感謝しつつ、お念仏申させていただきたいと思います。

 

DSC020042日は婦人会の常例法座がありました。連休初日と言うこともあって、20名ほどの参拝でしたが、報恩講が終わって初めての法座だったので、新たな思いでお勤めさせていただきました。布教は福岡県の永寿祥幸師にお取り次ぎいただきました。

 

DSC01977

 

 

DSC01942お付き合いさせていただいている各寺院の報恩講も終盤になってきました。1日から3日は当別町の勝圓寺様の報恩講で参勤させていただきました。昨年は婦人会で団体参拝させていただいた時を思い出しつつ、出勤させていただいた事です。初日の初逮夜法要では、導師の任に仰せ付かり、緊張の中お勤めさせていただきました。

DSC01926

 

DSC02021
 

 

ご近所にあるイチョウ並木は、金色に輝く樹木と舞い落ちる葉が、すばらしい秋を演じてくれます。

DSC02062

境内の樹木の紅葉も終盤になってきました。太陽の光に照らされて、輝いている姿は、いただいたいのちを108年間一生懸命生きぬかれ、みほとけとなられたおばあちゃんのお姿のように美しく感じました。

DSC02112そろそろ境内で最後のイチョウが散り始めます。ここのイチョウは不思議ですが黄色く紅葉せずに散っていきます。急にしばれた朝など、いっきに散り、緑の絨毯となります。今年はどんな散る姿を見せてくれるでしょうか。

DSC02076寒くなって風邪もはやってきたようです。どうかご自愛の中お過ごし下さい。14日から三日間、秋の永代経がございます。皆さんでご参詣下さい。