お荘厳」タグアーカイブ

お陰様で婦人会100年をお祝いして②

ご法要も終わり、会場を広間に移動していただき、式典と祝賀会が行われました。130名を超えるご来賓と参加者だっただけに、会場も手狭となり、廊下やロビーまで広げての開催となりました。

司会は役員の月田さんが担当され、午後1時に開式の辞から始まりました。先ずは「仏教婦人会綱領」を役員の河合さんが調声され、皆さんご一緒に唱和しました。

会長(実行委員長)の式辞では、お陰様で100年という記念すべきご縁をいただいた感謝の言葉、安楽寺様にはご住職の記念法話はじめシャンティの素晴らしい歌を披露してくださったこと、院内の各役員皆様がご臨席いただいた御礼、そして当会も年々会員の減少と高齢化していく現状ではあるが、新たな会員の入会や未来に向かって会のあり方も、ご住職はじめ皆様のご指導のもと、会員同士で話し合っていきたいと、ご挨拶されました。

眞願寺への記念品として立経卓二台を寄贈いただきました。これで昨年壮年会20周年で寄贈されたものとあわせて四台となり、内陣でお揃いで使用できるようになり、ありがたいことです。ご協力いただいた奥山仏具店様にも御礼申し上げます。

また、この度の100年を記念して、会員式章を新たにさせていただきました。眞願寺開教125周年で制作したイチョウをイメージしたオリジナルのものを色を変えて作りました。ご協力くださった川勝法衣店様に御礼申し上げます。いいですねーと皆さんより好評をいただきました。

ご本山より連盟総裁大谷流豆美様より表彰状を札幌組副委員長横湯誓之様より、総裁様のご祝辞を相焼香安楽寺様の坊守横湯瓔子様よりそれぞれ伝達いただきました。

住職の祝辞では、この度の行事では何から何まで安楽寺様にお世話になった御礼、ご法要では会員の皆さん全員が参加されるご法要に坊守の導師という新たな試みがとてもよかったこと、そして100年の歴史を顧みつつ、ご本堂余間に奉献されていた会員物故者のご苦労と熱意があったからこその今日であること、そして未来へ向けて益々出来ることを役員さんと語り合いつつ、歩んでいくことを申し上げました。

髙間責任役員の祝辞でも、初代会長の石崎ヨシさん以来お寺にとってなくてはならない婦人会の皆さんが、日夜お寺に通いご奉仕いただいたからこそ、今日の眞願寺がある。これからも是非とも会員皆さんのご協力とお念仏がひとりでも多くの方に広まっていくことをお願いされました。

祝電と祝儀のご披露があり、式典は終わり引き続き祝賀会となりました。冒頭のご挨拶と乾杯を壮年会会長の徳永俊司さんより、「開教135年という眞願寺の歴史の中で、開教30年頃の、まだ大変な時代にこの会を作られたご苦労は、計り知ることは出来ないが、眞願寺護持発展の為、そしてお念仏繁盛の為に心血をそそいでくださったのでしょう」とご挨拶いただき、乾杯しました。

笑顔あふれつつ和やかな中に宴もすすみ、テーブルスピーチをいただきました。安楽寺総代の粟井幸子さん、眞願寺総代の木村弘さんはじめ、歴代会長の髙間美喜子さん、安孫子泰子さん、法務員代表で鈴木彰さん、前坊守より懐かしい話や想いでを語っていただきました。



 

 

 

最後に住職より会員の中で100歳で出席されている進藤ときさんを紹介され、会場より割れんばかりの拍手をいただかれました。

宴も酣となり、最後は坊守より締めのご挨拶と乾杯で、発会創立当初は当寺の坊守が会長を兼務していた事を紹介し、あったこともない曾祖母のご苦労と実行委員会皆さんの労に感謝しつつ、杯を上げました。

午後3時、天候も落ち着いた中、参集いただいた皆さんをお見送りしました。ともに盛会であったことを喜びつつ、なごやかにお茶をいただきました。

希有のご法要に感謝し、尊い一日が暮れゆきました。合掌

追記

前日の準備作業・献花と法要・式典祝賀会・それぞれの習礼と、皆さん一生懸命に作業していただきました。そのご苦労とご尽力にただ頭下がるばかりです。ありがとうございました。

 

いきなり35センチ降雪 永代経を終えて

14日より3日間、秋季永代経が行われました。その間もぱらぱら降っていましたが、19日はどか雪なり、境内もいきなり冬景色となりました。皆さん除雪作業、お疲れ様です。短めの長靴も埋まるほどで、ナナカマドの実も雪帽子をかぶりました。

さて、秋の永代経はたくさんの御門とに参詣いただきました。三日間ということで、初日は無量寿経、二日目は観無量寿経、三日目は阿弥陀経で開闢法要として修行しました。毎日、ご門徒皆さんとご一緒に大きな声でお勤めし、多くのご懇念いただいたご先達に感謝し、益々子や孫へとこのお寺が、お念仏のみ教えが受け継がれるよう願いつつ、尊いご縁を過ごしました。

三日間のご法話は、八雲町西教寺住職吉村善充師にお取り次ぎいただきました。ご和讃の「本願力にあいぬれば むなしくすぐる人ぞなき」より、ご本願にいだかれている私であり、確かなる未来「お浄土」ヘの日々をこれからも過ごしていきたいと、皆さんと聞かさせていただきました。

法要中三日間、門信徒による眞願寺写真展をご本堂で開催させていただきました。今回は試行ということもあり、住職より四名の方にお願いし、テーマを「動物」として4枚ずつ展示しました。

毎座毎座、休憩時間になると皆さん興味津々とご覧になり、それぞれの動物の特徴や自然の中で力強く生きている「いのち」を感じながら、「とてもいいですね~」「是非これからもしてください」「しばらく、展示されたらどうですか~」など、とても好評な感想を皆さんからちょうだいしました。そんなご意見もあり、1月の総会まではこのまま展示しておこうと思っております。ご協力頂いた宮﨑廣夫さん、原利之さん、田島隆志さん、そして花岡勝美さん、ありがとうございました。

三日目は開闢法要を併修し修行されました。今年の春より半年間御進納された方のご家族に参拝・焼香をいただきました。法要後、別室で住職より御礼のご挨拶、記念品の贈呈と茶席が設けられ、これからも参詣と聴聞をお願いし、懇親の一時を過ごしました。

 



ご参詣くださった多くの方に感謝申し上げます。眞願寺の次の行事は、12月2日婦人会100年記念法要、12月3日秋初穂感謝法要です。

秋の行事 ③ 報恩講 準備~初日を迎え

10月も半ばを過ぎ、札幌の手稲山山頂付近にも雪が見えるようになりました。11月初旬の冷え込みになった今日ですが秋晴れのすがすがしい朝になりました。(10月19日)

境内では、もみじの紅葉が日に日に進み、だいぶ深い色になってきました。いのちの移り変わりと私のいのちの尊さに気づかさせていただく今日です。



 

 

 

さて、秋の行事、そして年間行事のなかで最も大切な親鸞聖人報恩講を9月28日より30日の三日間、行われました。準備の段階より、多くの皆様にご尽力いただき、門信徒皆様による護持会費ご納入により、修行させていただくことが出来とてもありがたいことです。

9月8日に合同準備会議16日に「おみがき清掃」があり、お彼岸をはさんでいよいよ報恩講です。ご本堂のお荘厳(お飾り・お供物・仏花)をはじめ、境内のお迎えする準備、お齊やご接待、受付・お扱い等々、かぞえきれないほどしなければならないことがあり、とても忙しくなります。それもご恩報謝であり「させていただく」と頂戴しつつ、皆さんと準備させていただきました。

 

仏花は今年も松の傘真で菊の花をメインに立てました。出来上がると、あちこちが気になり、ちょくちょく直しつつ、なんとかお飾りできたと思います。

ご本堂には今年も江別高校の華道部皆さんが前日いけ込みに来てくださいました。部員も増えて11名の生徒さんと高橋先生はじめ皆さんで準備いただき、文字通り法要に花を添えてくださいました。ありがたいご縁です。

前日の準備が終わって時計を見ると午後11時を回っていました。法務員の皆さんに助けられつつ、何とか当日の朝を迎えます。法要前夜の眞願寺。

28日初日は朝早くより、総代さんはじめ壮年会・婦人会・地区当番の方が集い、最終の準備です。境内の山門・本堂・玄関に幕を飾り、提灯・仏旗などで境内を飾ります。そして最後の清掃などあれこれとご奉仕いただきました。



 

 

 

午後1時半の10分前、外陣の大太鼓が打ち下ろされ、いよいよ初逮夜法要です。

東京明西寺住職様の導師により「十二礼作法」で、百名を越える多くの参詣された皆様とご一緒にお勤めいたしました。毎年初逮夜の行事鐘が打たれると、報恩講がいよいよ始まった実感を感じつつ、「お陰様で」とお念仏申させていただきます。綺麗にお飾りできたお内陣、御門徒皆様と手をあわせ、御堂に響くお念仏を身体いっぱいに感じつつ、親鸞聖人の御遺徳にただただ頭垂れる一時です。

法要が終わり、引き続き「御伝鈔拝読」です。今年は下巻の拝読を法務員の竹澤真哉氏と稻垣心平氏によって、暗くなった御堂で拝読者の前にお灯明が点ぜられ、親鸞聖人の御生涯が拝読されました。

休憩をはさみご法話です。今年は熊本県玉名市の法雲寺ご住職、加藤尚史様におひもときいただきました。親鸞聖人のお言葉や、恵心尼様のお手紙などから御生涯を偲びつつ、お念仏の心をお話しされました。

ご法話が終わり皆さんで「領解文」を出言させていただき、一日目終了しました。

 

お盆のご案内とお供物のお願い

残暑お見舞い申し上げます。台風5号の影響で安定しない天気が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。眞願寺では7日の日に清掃作業があり、きれいになった境内で、お盆法要をお迎えさせていただきます。プランターに植えられた花々も、きれいに咲き皆様をお迎えします。是非おそろいでご参詣くださいますよう、ご案内します。

先日とあるスーパーには盆のお供え物がたくさん売られていました。お盆のお供物は「これ!」とは決まっていませんが、どうしてもそう思われているようです。しかし、お盆も終わり納骨堂にそのまま放置されて処分されるお供物に多いのも、「これ!」が毎年多いようです。お墓でも同じことですが、お供物はお供えいただき参拝されたらすぐにお下げいただき、召し上がっていただくことが大切です。お下がりとしていただくことを考えてお供えいただき、必ずお持ち帰りくださいますことを、お願いします。

一般公開コンサートを終えて ①聲明と雅楽

17日は、朝からいいお天気にめぐまれ、行楽日和の土曜日となりました。どこかハイキングにでも出かけたくなるような日でしたが、眞願寺の御堂コンサートにも150名を越える方々、特に一般の方が約半数以上もおこしくださり、賑々しく2時間半の時間を過ごすことができました。

午後2時より、主催者側より眞願寺いちょう会会長の萩原建興さんにご挨拶をいただきました。連続研修会を履修された方で構成されているこの会は、いつも行事の時にご奉仕いただいています。特にこの一般公開行事は、準備作業から片付けまで献身的に尽力いただき、とてもありがたく力になってくださいます。

第一部は聲明と雅楽ということでした。先ずは親鸞聖人ご命日の法要として、導師は眞願寺住職が勤め、札幌雅友会の皆様の雅楽演奏、そして聲明が行なわれました。

札幌雅友会の会長青山氏の進行と解説をいただきつつ、御堂で奏でる和の調べをご法要を通して味わっていただきました。



特に眞願寺住職を先頭に7名の僧侶が入退し、無言行道という作法が行なわれ、本尊である阿弥陀如来を中心に無言で歩く動作や、雅楽の他にも鐃鈸(にょうはち)をはじめて取り入れ、作法を行ないました。

聲明は親鸞聖人報恩講で拝読される「畫讃」や「十一句念仏」「回向句」を拝読し、散華などの作法も取り入れつつ、天台聲明の流れの中で、現在もお勤めされているものをお称えしました。

法要終了後、雅楽演奏では、平素一緒に練習をしている札幌龍谷学園の宗育局の皆さんにも特別に出演していただき、平調より「音取」「五常楽急」「越殿楽」を演奏し、あわせて雅楽の説明や楽器の紹介をさせていただきました。最後に雅楽と洋楽(オルガン・ギター)を交えて「越殿楽幻想曲」を演奏しました。



 

 

 

本堂内の照明設備もLED に一新し初めての行事でしたが、施行いただいた業者さんのお陰で、素晴らしいお浄土の荘厳が整いありがたい御法縁となりました。~②へ続く