お盆」タグアーカイブ

お盆のご案内とお供物のお願い

残暑お見舞い申し上げます。台風5号の影響で安定しない天気が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。眞願寺では7日の日に清掃作業があり、きれいになった境内で、お盆法要をお迎えさせていただきます。プランターに植えられた花々も、きれいに咲き皆様をお迎えします。是非おそろいでご参詣くださいますよう、ご案内します。

先日とあるスーパーには盆のお供え物がたくさん売られていました。お盆のお供物は「これ!」とは決まっていませんが、どうしてもそう思われているようです。しかし、お盆も終わり納骨堂にそのまま放置されて処分されるお供物に多いのも、「これ!」が毎年多いようです。お墓でも同じことですが、お供物はお供えいただき参拝されたらすぐにお下げいただき、召し上がっていただくことが大切です。お下がりとしていただくことを考えてお供えいただき、必ずお持ち帰りくださいますことを、お願いします。

~お盆ですね~

DSCF6815

11日、初めての「山の日」になりましたが、眞願寺では毎年この日は江別市営墓地参拝の日になっています。今年も朝7時より夕方6時まで、僧侶6名、受付ご奉仕6名の体制で、皆さんをお迎えさせていただきました。国民の休日となり、参拝者も多くなると見込んでいましたが、逆に例年に比べると少なかったようです。皆さん墓参より行楽地を選ばれた方も多かったのかもしれませんね。

さてさて、本日13日より三日間の晨朝勤行が始まりました。朝6時に集会鐘が打たれ、近隣に皆様にお勤めのあることをお知らせします。7時には30人以上の方に参集いただき、皆様ご一緒に正信偈のお勤めをさせていただきました。

DSCF6827_edited-1

皆さんとご一緒に大きな声でお勤めさせていただき、すがすがしい朝のひとときを、過DSCF6848ごさせていただきました。法話は住職より10分という短い時間ではありましたが、拝読浄土真宗のみ教えより「光の浄土」を皆様とご一緒に拝読させていただき、無量の光に照らされていることを、頂戴させていただきました。

DSCF6831

そしてさすがに13日だけあって、多くの方々が納骨堂に参拝されました。懐かしい方々にもお会いさせていただき、お互いに元気で過ごさせていただいていることを感謝させていただきました。

DSCF6859

午後1時からは年に一度の納骨堂一處廟の追悼会があり、多くの方々に参拝いただきました。第壱・第貳の納骨堂そして一處廟でご法要・御法話と約1時間のご法座でした。亡き人のお導きをいただき、御仏とのご縁に気づき感謝させていただきました。たくさんのご参詣、心より御礼申し上げます。

DSCF6874 DSCF6889 DSCF6895

DSCF6910終了後、仏事相談もあり、毎年ではありますが、とても忙しい一日となりました。しかし、このお寺に多くの方が参詣いただけたことを思えば、とてもありがたく思うばかりです。

明日・明後日と朝7時より晨朝勤行、そして晩にはお通夜もお寺であります。15日・16日とお盆のご法要が午後1時から、そして年忌法要などもございます。多くの方があらゆるご縁で、眞願寺にお越しいただき、お念仏申していただければと願うばかりです。

晨朝勤行・納骨堂一處廟追悼会

DSCF7949

8月も13日となり、多くの方々がお寺においでいただく日となりました。先ずは13日より三日間お勤めする晨朝勤行。1時間前の朝6時に集会鐘が打たれ、各々お寺へと足を運んでいただきました。

DSCF79507時には行事鐘がご本堂に鳴り響き、多くの皆さんとご一緒に、正信偈六首引のお勤めをさせていただきました。皆さん大きな声で、お勤めいただき、とてもありがたく思います。勤行の最後は『拝読浄土真宗のみ教え』より「浄土真宗の救いのよろこび」をご一緒に拝読し、お念仏申させていただきます。

DSCF7954

その後の住職の一口法話でも、この『拝読浄土真宗のみ教え』よりひとつ選び、皆さんとご一緒に味わいを深めさせていただきました。今日は「浄土への人生」でした。

DSCF7962

15日までの二日間、朝7時より晨朝勤行がございますが、とてもすがすがしい朝の一時となりますので、どうかご参詣いただきますよう、お誘い申し上げます。

勤行が終わり、朝食をいただき一休みすると、納骨堂には多くの方々がおいでいただいていました。ご先祖のご苦労を偲びつつ、いただいたいのちに感謝しつつ、それぞれ手を合わされたことでしょう。

DSCF7982

午後1時より、納骨堂・一處廟追悼会が行われました。先ずは第壱納骨堂にて、引き続き第貳納骨堂でお勤めしました。皆さんそれぞれの納骨壇前においでいただき、ご一緒に手を合わせていただきました。

DSCF8002

DSCF8011最後に一處廟にてお勤めし、住職より法話がありました。60脚ほど用意した椅子もほとんどうまり、暑い中ではありましたが、第壱納骨堂・第貳納骨堂に参拝された皆さんもおいでいただき、にぎにぎしく追悼のご縁をいただきました。

DSCF8032

ご法話はやはり『拝読浄土真宗のみ教え』より「かならず再び会う」を拝読し、お念仏に出会えたよろこびと浄土で再び会えるわが身である喜びを味わい、感謝の日々をとお話ししました。

DSCF8042

夕方から夜もふけてきましたが、納骨堂にはお参りにこられているようです。尊い一時のご縁を、私のいのちのルーツをたどり、感謝の中で、お念仏申していただければと思います。

DSCF802413日~15日 午前7時 晨朝勤行

  正信偈六首引・一口法話

15日 午後1時 初盆会 ご法要と法話二席

  法話 当寺 住 職

16日 午後1時 盂蘭盆会 ご法要とご法話二席

   法話 三笠市 名和康成 師

お盆に参る~②~

DSC08345_edited-1

ついに15日より喉がかれて、咳き込みはじめてしまいました。たいしたことはありませんが、さすがに喉も悲鳴を上げたようです。イソジンうがい薬とプロポリスキャンディーを愛用しつつ、何とかお勤めさせていただきました。(笑)

DSC0822915日のお朝事3日目最終日も、30名以上の方が参拝いただきました。朝の一時、特にお盆時期はなつかしい方も参拝いただけるので、有り難いですね。お帰りの際は、インスタントに飲めるお味噌汁を寺族より皆さんにさし上げました。その足で納骨堂にも参拝され、各々帰路につかれます。ご苦労様です。

DSC0838815日、16日の午後1時より行われた盂蘭盆会ですが、特に15日は「初盆会」と言うことで昨年7月より今年6月までに往生されたご家族にご案内し、法要をさせていただいています。そんなご縁もあり、15日は200名以上の方が参拝下さいました。なき方を偲び始めてお盆をおむかえになり、なき方への思いもたくさんあられたことでしょう。

DSC08416_edited-1

ご法話は住職がさせていただきましたが、その際お聞きしたのが、『はじめてこのお寺に参拝された方、どれぐらいいらっしゃるでしょうか?』と聞きますと、40名以上はおいでになられました。来ていただけたことを感謝し、はじめて来て下さった方にもお念仏のみ教えが伝わるよう、思いを込めてお話しさせていただきました。お話しの最後には自作の詩を読まさせていただき、今後もお寺においでいただけますよう、お願いをさせていただきました。

FB_IMG_14081660314991241この二日間は、念珠の販売も行いました。江別で念珠店をしている長岡念珠店さんに出店していただき、念珠はもちろん、お香や蝋燭(ローソク)などの消耗品の販売もお願いしました。その店主である長岡慶一郎さんは特技DSC08443も多く、音楽もたくさんされています。そこでこの日の住職法話の後で、御堂コンサートとしてギターの弾き語りをしていただきました。ほとんどがオリジナルの曲で、お盆らしい曲を中心に40分間演奏いただき、心なごむ一時を過ごさせていただきました。長岡さん、ありがとうございました。

DSC08445

16日の盂蘭盆会も150名を越える方々が参拝いただき、ご一緒に阿弥陀経をお勤めさせていただきました。ご法話は三笠市名和康成師より、わかりやすくお盆のルーツや、真宗門徒としての味わいなどを通して、み教えをお伝えいただきました。ご参詣いただきました皆さん、心より御礼申し上げます。

DSC08467_edited-1

DSC08504

ところで、眞願寺納骨堂の入り口付近に写真のような言葉が貼ってあります。3年前にはったと思いますが、けっこうこれを見て、ご本堂に参拝されるかたが増えました。有りDSC08546難いことです。ご本堂の前でお参りされて、、導かれるようにご本堂の中へ~「すばらしいご本堂ですね~」「はじめて入りました」「ここの本尊はどなたですか?」など、ごDSC08251質問いただいたり、いろんなご縁が広がっていきます。これこそ、ご先祖に導かれた尊い仏縁ですね。有り難いことです。

午後4時からは有志の方とご一緒に寺族家の納骨堂に参拝し、お供物お下げ清掃作業が行われました。例年少なくはなってきてはいますが、まだまだお供えしっぱなしの方も多くいらっしゃります。はじめてご奉仕いただいたDSC08527方から「もったいないですね~。いただいていってもいいですか?」と言われたので、ありがとうございます。是非持って行って召し上がって下さい。とお願いしました。しかし中には腐敗しカビている果物などもあり、お仏壇もけDSC08530っこう汚れてしまっています。これでは何の為に参拝されたのか疑問が出てきますね。清掃にご奉仕いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

DSC08533お陰様で納骨堂もきれいに清掃が出来て、心もホッとすることです。多くの皆様がご先祖をご縁としてこのお寺に足を運んでいただき、手を合わせていただきました。そのこと自体とても素晴らしいご縁と思うことですが、そこから始まるお念仏への出会いに繋がっていかれることを願うばかりです

DSC0853717日は前住職の祥月命日のご縁を相焼香の安楽寺御住職様にお越しいただき有縁のご親戚皆さんといただきました。ご往生されて28年目を迎えました。前住職のまかれた種DSC08544が、今みのりとなって、このお寺に多くの方が参拝されています。そのみ後を慕いつつ、合掌させていただきました。

 

お盆に参る~①~

DSC08183

台風11号が通過と同時に、お盆の恒例行事である墓地読経参拝が行われました。11日午前6時、境内の様子を見てみると、強風にあおられている木々が激しく揺らいでいました。中止するか迷いましたが、台風の進路もだいぶ西側になったので、午後に向かって風雨もおさまっていく予報でしたので、はじめることにしました。

DSC08188強風のため朝はテント設営はあきらめ、壮年会ご奉仕の参拝読経受付は、急遽自動車でおこなっていただきました。午前7時、毎年この時間に来られる総代さんも、皆さんお揃いで参拝されていました。例年よりも参拝者はずくなかったですが、風雨の中の参拝、ご苦労様でした。

DSC08196私たちも朝は雨合羽を前進にまとっていましたので「市役所の方ですか?うちのお墓の前、雨水ひどくってお参り出来ないんですけど、どうにかなりませんか?」と話しかけられました。この風雨の中、市役所の方でも無理ですね。壮年会のご奉仕いただいた皆さん、ありがとうございました。

DSC08223

13日は、朝7時より晨朝勤行が3日間、お勤めされています。すがすがしい朝の一時を、ご本堂でご一緒に正信偈をお勤めし、「拝読浄土真宗のみ教え」を繰り読みし、法話もさせていただいています。毎朝30名以上の方々が参拝いただいています。明日の朝(15日)もきっとたくさんの方が参拝いただく事でしょう。

DSC0823313日は納骨堂・一處廟の年に一度の「追悼会」が午後1時より勤められました。今年は納骨堂をお持ちの方々にも個別にご案内さし上げたこともあり、のべ150名ほどの方が参拝下さいました。

 

DSC08251第壱納骨堂・第貳納骨堂・一處廟と順々に読経し、最後の一處廟では住職より一口法話がありました。広いと思っていた一處廟前のロビーも参拝の方々でいっぱいになり、立っての参拝された方もおいでになったようです。

DSC08258

DSC08267

DSC08277

なき方をご縁として、私のいのちの尊さを味わい、今生かさせていただいていることを感謝させていただきました。そしてご先祖の方々のお導きによって、お念仏にあわさせていただいたことです。

DSC08288さあ、15日は晨朝勤行と午後1時より初盆会(盂蘭盆会)がございます。三日目最後のお朝事を皆さんとご一緒にお勤めし、初盆会は悲しみまもない皆さんとご一緒に、故人を偲び、お念仏とのあらたな出会いをいただきたいものです。又、二席目は眞願寺おなじみの御堂コンサートがあります。今回はふだんよりお世話になっているお念珠やさんの長岡念珠店のご主人に、ギターと歌の演奏をしていただき、楽しい一時を過ごさせていただきたいと思います。16日も午後1時より盂蘭盆会があります。二日目の御法話は三笠市より名和康成師におひもときいただきます。是非、皆さんでご参詣下さい。

DSC08243さて、皆さんも時節柄お墓や納骨堂に参拝いただいたことでしょう。お供えされたお供物やお花などはどうされましたか?まさかそのまま?ではないですよね~。それではお供えされた意味が無くなってしまいます。この暑い時期、腐敗も早いし臭いもでます。墓地には丸々太ったカラスがたくさんいました。「お供物はおさがりいただき感謝する」でなくてはなりません。自分が参拝した形跡を残す必要は無いのです。
ある方が納骨堂で、「あら、ここの家誰も来ていないのかしら。扉も閉められDSC08161ているし、お供物も何も上がっていないわ。ご先祖も気の毒ね~」とおっしゃりました。まったく逆ですね。お供物が山のようにあげっぱなしになって、臭いさえ出ている納骨壇のほうが、どれほど失礼なことなのか、考えていただきたいと思いました。自分が参拝したことを他の人に知ってもらうことではなく、ご先祖のお陰によって、自分が参拝出来たことを感謝し、お念仏をよろこばさせていただくことが、一番大切なことですね。