お仏壇」タグアーカイブ

第2回住職講座 お仏壇のおかざり。お給仕。皆さん知ってますか?16日午後1時より

先月の住職講座も大変盛り上がりました。簡単な作法といえども、その意味も考えると大事な事がたくさんあることを皆さんとご一緒に学ばさせていただきました。さて第二回目が16日午後1時よりございます。どうぞ皆さんでおこし下さい。

日々お仏壇に手を合わせいらっしゃること、とてもありがたいことです。しかし、社会の中で仕事に追われ生活していると、時間がない日やその余裕がない日も多く、気がつくと仏壇の前に座ることも出来ない日がある方も多いのではないかと思います。

しかし、一日に一回でも手を合わせるだけでも、大切なことと思います。朝晩の、食事の前に、こころ静かに手を合わせお念仏申させていただき、仏祖に感謝し自己を見つめさせていただきましょう。

そんな大切なお仏壇ですが皆さん・・

清掃・おみがきしてますか?

またきちんと仏具など、おかざりできていますか?

香炉の中に使ったマッチ棒など入ってませんか?

あっと、それはお供えしてはいけないものですが・・。

ご一緒に学びましょう。御門徒の方も、興味ある方も、業界の方も、ぜひ是非、おこし下さいませ。

H28年 住職講座

住職講座~おつとめと作法について~

御霊前?祭壇・告別式?ご冥福?・・・7月16日、この日の御命日法座は先月と同様、住職講座として行われました。午後1時には、60名以上の方々がご本堂に集われました。私も御堂に行き参拝者の方がいつもの16日より多いのにびっくりしながら、又責任を感じつつ、講座に入らさせて頂きました。

DSCF7731

毎月の16日であれば、先ずはお勤めなのですが、この日は住職講座ということでお勤めの練習もするので、最後にして先ずは講座よりはじめました。お配りした資料は通夜や葬儀の時に、司会者に読んでいただく文章を独自で作っていますが、その裏紙に「司会者の注意点」として司会進行される方に注意いただきたいことを表にして掲載してありますが、それを配りました。

DSCF7732

そこには「不適切な語句」と「適切な語句」が比べられるようにしてあり、例えば

不適切「御霊前」  適切「御仏前」「御尊前」「御忌前」

不適切「祭壇」  適切 「荘厳壇」「式壇」

不適切「告別式」 適切「葬儀」

不適切「冥福を祈る」 適切「追悼の意を表す」 などなど他多数

DSCF7726これらが何故不適切であるのか。そして何故そのような表現をするのかなど、一通りの説明をさせていただきました。

葬儀・法事などに行く場合の心づもりとしてのマナーや御仏前・供物・供花の供え方(仏壇前の置き方・お飾りの仕方)、そしてお焼香の作法とその意味など、皆さんと一緒に勉強させていただきました。また、弔辞を読んだら御尊前にどちらに向けて置くのか?弔電を披露した後、御霊前にご奉奠するというが、その必要があるのか?など一緒に考えさせていただきました。一般仏教で正しいとされる作法(HPなどで示されている)は、浄土真宗では間違っていることが多いようです。

DSCF7734こうして学んでみると皆さん、けっこう気づかずにしていたことや使っていた言葉もあったようです。そして、僧侶の側からはとても申し上げにくい事ではありましたが、けっこうあることなので、葬儀・法事・月忌などでの「お布施の渡し方」についてもお話させていただきました。

一通りのお話をして質問をうけ、実際にお焼香の実演とその意味を話し終えると、けっこういい時間になりました。その後少ない時間でしたが「正信偈草譜」を皆さんご一緒に大きな声を出していただき、おつとめの練習をさせていただきました。ひと休みして親鸞聖人御命日のお勤めをご一緒にさせていただきました。素晴らしいお勤めの声が御堂に響きわたっていました。

DSCF6913_edited-1近年、葬儀はもとより法事でも、業者さんがすべてを取り仕切られ、会場も斎場や会館・ホテル・お店などの場合が多くなってきました。そして個人的な葬儀(家族葬・直葬)や法事(家族だけで)も年々多くなってきています。昔は隣近所の方々や関係者が集い、葬儀委員会を形成し委員長が遺族の思いや寺院の指導のもと、受付会計業務から司会・総務・接待・厨房までその式を取り仕切ったものです。そして会場はほとんどがお寺か地域の自治会館などでした。そのご苦労が街の活性化と親睦にも繋がり、ご近所のお付き合いを大事にしてきたものです。そういった文化もここ10年、15年で急速になくなりました。(左の写真は眞願寺本堂での葬儀荘厳)

DSCF7746業者さんに任せることは悪いことではないのでしょうけれど、あまりにも大切な事がうすれてしまい、何の為の儀式なのか、そして各宗派の特色もほとんど無いお飾りが多くなり、それぞれの教えを基本とした儀式がなされなくなっているのが現状だと思います。

そこにはきちんと儀式儀礼の作法と意味を伝えてこなかった、我々僧侶に大きな責任があると思います。そこさえ先ずは私が学びを深め、門信徒の皆様とご一緒に、大切な事を後世に伝えていく責務を痛感しつつ、是非またこのような機会を企画したいと思いました。 今年の6月に行われた眞願寺本堂での葬儀

お佛壇のあるくらし4 佛壇と神棚

18-01 家を離れた学生生活の頃からだと思いますが、久しぶりに古里の家に戻り、佛壇に掌を合わせれば、自分の家に帰ってきたという実感が湧いてきた思い出があります。
 しかし、佛壇の前に坐ったのは、けして自発的な行為などではなく、半ば強制的な祖母の誘導があったればこそなのです。
いま、往時を振り返って祖母の心を思うとき、泣きたいほどの懐かしさと、有難さが心を満たしてゆくものです。
 そして、その記憶の先に、佛壇の前の母の姿を忘れることはありません。娘二人に先立たれ深い悲しみの現実を、母はどう受け止めていたのであろうか。
佛様との対話ができたのであろうか。そんなことを語り合うには、余りにも若い私であり、遠くから見つめるだけでありました。
 今回は佛壇(佛教)と神棚(神道)について考えてみたいと思います。
 こんな歌を最近雑誌で読みました。「灯明をか細く点す神棚を視線の先に仏間に坐る」訪れた家の佛間に坐り、ふと隣の部屋の高い所に目をやると、白木造りの神棚に灯明が点されていたという意味の歌だと思います。
 真宗の家庭内風景ではないと思いますが、戦前の佛教徒の家庭であれば、どこでも見られた普通の情景でありました。かつて北関東の農村などでは、佛教宗派に関係なく、佛壇と神棚のほかに、小さな祠(屋敷神)が、敷地の一角などに建てられていたものです。
 そもそも、日本人固有の宗教は、祖先崇拝であり霊魂信仰でありました。そんな風土に佛教の渡来(六世紀初めの頃)があり、幾度かの衝突や摩擦があり、徐々に日本人の宗教意識を変化させていったものです。その変化の具体的なあらわれ方が、神佛習合の思想でありました。日本固有の神の信仰と佛教信仰とを折衷(両方のよい点を合わせ取り入れる)した考え方でありました。18-02
 奈良時代に始まるこの考え方は、平安時代に入ると本地垂迹説として説かれるようになっていくのです。日本の神々は佛が衆生救済(生きとし生きる一切の人や動植物を救う)のために姿を変えて現れたもので、神佛は同体であるという考え方です。例えば八幡様の本地は阿弥陀佛であるとか、熊野権現の本地は観音菩薩であるなどという考え方であります。ちなみに権現の権には、仮の意味があるそうです。かつては寺の境内に社があり、一軒の家に佛壇と神棚があっても、けして矛盾するものではないという考え方が、定着していったものです。
 その後画期的な宗教の改革の時代を迎えるのは、鎌倉の世に入ってからのことです。親鸞聖人などによって、佛教は単なる学問や知識ではなく、生死出離(生死を離れた悟りの世界)の問題を自己自身の問題であるとして取り組み、佛教が本当に日本人のものになる、そんな輝かしい時代を迎えたわけです。
 しかし、その後は佛教の土着化や俗信化が急速にすすみます。江戸時代の檀家制度や、明治に入ってからの廃佛毀釈(佛教排撃運動、各地で寺院や佛像の破壊や弾圧など)や、国家神道の強制などによって、日本人の宗教意識は大きく歪められていきました。
 戦後、信教の自由の時代を迎えるわけですが、われわれ日本人の精神風土には、相変わらず「神佛習合」の残滓(のこりかす)を取り除けることができない一面があります。そのことが冒頭の歌に表現されているのではないかと思われます。
 多神教(多くの神々を同時に崇拝する宗教)的世界で培われてきた、私たち日本人の宗教意識の根強さも事実でありますが、「弥陀一佛」の浄土真宗の私達の家には佛壇だけがあり、神棚は必要ありません。一神教(キリスト教やイスラム教のように、唯一の神的存在だけを認めて、これを信仰する宗教)では考えられない多神教のわが国の歴史の中から、私達が神棚を必要としない理由を確かめていきたいと思います。

お盆をおえて



今年もたくさんのご参詣をいただく中で、『お盆』の時期も終わりました。7月23日から始まった『お取り越し報恩講』では、各ご門徒さんのご自宅を参勤させていただき、親鸞聖人のご恩に感謝するお勤めを、ご家族の皆様といっしょにさせていただきました。 この間、お参りさせていただいたお寺さん(僧侶)は、住職はじめ坊守、長男、衆徒・法務員の5名そしてお手伝いいただいた光明寺住職様、合計9名でご縁をいただきました。あたたかくお迎えいただき、ご一緒に手を合わせていただいたすべての皆様に感謝申し上げます。



8月13日より三日間という短期間ではありましたが、朝7時からの『お朝事(晨朝勤行)』にも、毎日30名以上の方々にご参詣いただきました。「正信解六首引」をお勤めし、『拝読・浄土真宗のみ教え』の「浄土真宗の救いのよろこび」をご一緒に拝読させていただきました。法話もその中から『凡夫』『信実の教え』『限りなき光と寿の仏』をそれぞれ皆様と頂戴しました。すがすがしい朝の一時でした。

13日の午後1時より年に一度の『納骨堂・一所廟追悼法要』が行われました。このご法要は今年で4年目となり、ご参詣も多くなってきました。第壱納骨堂・第貳納骨堂でそれぞれお勤めし、最後に「一處廟」でお参りさせていただきました。一所廟には20名ほどしか入れませんが、ロビーにもたくさんの皆様にご参詣いただきました。





15日、16日は午後1時より「盂蘭盆会」が行われ、特に15日は初盆会ということで満堂の御本堂の中で賑々しくお勤めできました。この日は住職が法話させていただき、近年のお墓事情や、お盆の時のお墓や納骨堂、そしてお仏壇のお飾りについてお話しさせていただきました。また、少子高齢化と核家族化により、仏事相談などでも大変多い事例である、仏壇やお墓・納骨堂の相続についても詳しくお話しさせていただきました。身の回りに現実にせまってきている『相続』は、誰にでも当てはまる大切な問題でしょう。





16日の午後4時より、納骨堂の清掃作業をさせていただきました。毎年ありがたい事にお供物をあげっぱなしで帰られる方が減ってきました。そしてこの作業をお手伝いいただく方も増えて、短時間で作業が進み、感謝に堪えないことです。お供物をあげることは大事なことですが、あげたお供物を感謝してお下がりとしていただくことをしなければ、意味が半減してしまいます。皆様のご理解ありがたく存じます。

ゆく年くる年 ~元旦会~

除夜の鐘が氷点下の静かな境内に響く中で、新年を迎えました。参拝いただいた皆様、待合室で甘酒など飲みながら過ごす皆様、それぞれに「あけましておめでとうございます」と声をかけあっていました。

「今年はどんな年になるでしょうね~。いい年になればいいですね~。」などの声が聞こえてくる中で、除夜の鐘も108を終わり、元旦会の0時半になりました。

ご本堂に集い、今年最初の行事『元旦会』です。導師が内陣に入堂し、御本尊正面での御焼香にあわせて皆さんで合掌・礼拝。お勤めは皆さんご一緒に『讃佛偈』をあげさせていただきました。

住職法話では、1年をふり返り新たな年を迎えさせていただいた意義を、皆さんとともに味わさせていただきました。(除夜会元旦会の動画をupしました)昨年の動画はこちらへ。

法話が終わり、お楽しみの新年くじ引き大会。番号札を握りしめながら、発表される番号に聞き入り、めでたく15人の方に豪華景品をさし上げました。(ちなみに景品は豪華念珠・腕輪念珠をはじめ、ロイズのチョコレートなど)その後特別賞と言うことで、お正月用のアレンジフラワーを4名の方にじゃんけんゲームでさし上げました。

最後にお年賀のお扱いを参拝者皆さんにお配りしながら、お見送りし尊い新年の行事を過ごさせていただきました。

31日の除雪にはじまり、篝火などのご奉仕をしていただいた壮年会の皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました。

さあ、まもなく本願寺では御正当法要が1月9日より16日まで行われます。当寺も団体参拝で3日間の旅行を24名で行ってきます。12日は一日本願寺にて参拝予定です。本願寺に行けない多くの皆様も、どうかそれぞれのお家のお仏壇に、感謝の中で参拝されますよう、お願い申し上げます。又、本願寺のホームページより法要中継(動画)をみることが出来ますので、是非ご覧下さいませ。