日別アーカイブ: 2018年3月16日

食事のことばの普及について

 私がこのお寺にお勤めさせて頂いてあっという間に2年目になりました。最近お寺で食事をご馳走になる時に私が「食事の言葉」を発声させて頂いています。きちんと「食事のことば」を申しますと食事がいっそう美味しく感じます。
 幼い頃は難しい言葉は使えないので「いただきます」「ごちそうさま」しか言えませんでしたが、きちんと手を合わせ合掌し申しますと自坊の御門徒さんが誉めて下さいました。幼いながらもとても嬉しく、とても誇らしい気持ちになりました。
 近頃、学校給食でお金を払っているのだから「いただきます」「ごちそうさま」とわざわざ言う必要が無いと苦情の電話があるそうです。しかしお金を払ったからといって感謝の気持ちを表現しないで良いのでしょうか?驚くばかりです。
 皆様の御家庭では「いただきます」「ごちそうさま」という言葉がきちんと伝わっているのでしょうか?浄土真宗では「食事のことば」を食前食後に申しています。今一度、「食事のことば」を学んでみたいと思います。

食前のことば
『多くのいのちと、みなさまのおかげにより、このごちそうにめぐまれました。深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。』
私たちの日々の食事は多くの動植物のいのちの犠牲の上に成り立っているのであり、そのいのちへ感謝と慚愧を明らかに示すことになります。私たちは多くの尊いいのちによって、今の自分が支えられている「おかげ」に気付くことで、感謝の心が育まれることでしょう。
 ※「慚愧(ざんぎ)とは自分自身の罪に恥じる心」
食後のことば
『尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。おかげで、ごちそうさまでした。』
「食前のことば」をとおして、私たちの食事はさまざまな尊いおかげによって成り立っていることに気付かされます。そして「食後のことば」では、この食事に対して、深い感謝の念を表すとともに、多くのいのちの「尊いおめぐみ」を糧にして今の私が生かされていることが示されます。
 「御恩報謝」とは、仏さまから救いの目当として願われていることへの、返しても返しきれないほどの大きな仏恩に対し、不断の努力をもって報謝の生活を送ることです。「食後のことば」では、「御恩報謝」と口にすることで、そのことを再認識し、報謝の生活を送る決意を表明しています。
※本願寺「食事のことば」解説より

 皆さんも是非ご自宅で「食事のことば」を申し、日々の食事に感謝し、「御恩報謝」して頂きたいと思います。眞願寺では「食事のことば」の卓上カードを配布しています。是非御家庭でお使いください。

法務員 釋真哉 竹澤真哉 

















坊守から・平成30年3月

 ちかごろ健康ブームですが、皆さんは健康のために何かされていますか?
 新聞のテレビ欄では、毎日どこかのチャンネルで病気や健康に関する番組を見つけます。血圧が高い人は何々が良い、風邪予防にはこれを食べると良いなど様々な事をとりあげていますよね。私は肩こり症なので特集があると見ています。先日は、「肩こりに効く30 秒体操これはすごい!簡単!毎日やろう!」とテレビを前に一緒に体操をして意気込むのですが、またいつもの通り三日坊主で終わってしまいました。比べる次元が違うのですが、冬季オリンピックで競技された選手の方々は日々地道な練習をし自分との戦いでしょう。想像を超える努力というのは、本当にすばらしいですね!感動しつつテレビを見ていました。
 私はというと、そんな簡単なことも出来ずにいますから情けなく悲しくなります。続かないし、加えて忘れっぽい。いつもご本堂で法話を聞いても右耳から左耳へスーッと忘れてしまうなぁとがっかりします。
 前に来られたご講師さんがお話の中で、「お寺へ来て良いことを聞き、賢くなって帰るということではなく、自分の背負っている重荷を下ろして、鎧を取って軽くなって帰ってください。そのままの自分で良いというホッとする場所がお寺なんですよ。」と言ってくださいました。そんなやさしく心強い言葉を思い出し少し安心したことでした。
 さて、ようやく春が近づいてまいりました。皆さんも冬の厳しい寒さや日常の色々なことで体や心が重く硬くなっていませんか。まもなくお彼岸です。お寺でほんの少し軽くなってお帰りください。お待ちしております。

元旦

 元旦は、『今年もいい年でありますように』と願う方も多いようです。この娑婆世界は、諸行無常でいつ何が起こるかわからない世界です。
 悲しいこと、苦しいこと、喜びや嬉しいことなど、その方の感性もありますが、生きていると予想外のあらゆる事もあるでしょう。その一つ一つのできごとは不思議なご縁ですから、いいこと・悪いことと区別することはできません。だから出来事をできうるだけ受けとめながら、精一杯の人生を生き抜きましょう。
 自己中心的な私は、欲や怒りも捨てることが出来ず、悩みも多いのですが、十あるおもいの中で『足るを知る』という言葉を思い出しつつ十から一つでも減らし、時には一歩さがり見つめることも大切なことです。
 私のすべてを知り抱きしめてくださっている阿弥陀様とともの人生を、一日一日お念仏を称え、生かさせていただきましょう。

眞願寺元旦会法話