月別アーカイブ: 2月 2017

ご命日法座 長沼のかりんとう饅頭をいただき

2月16日、ご命日法座が多くの皆様の参詣をいただきました。天候も落ち着き、降雪量も少ないので、ありがたいことです。

午後1時より正信偈六首引のお勤めをさせていただき、皆さんと大きな声でお念仏申させていただきました。ご法話には長沼誓報寺ご住職の天野広道師においでいただき、わかりやすくお話しいただきました。今年も昨年に引き続き2月と3月の16日、二回お世話になります。

一年前をふり返れば、この2月16日に天野師の祖母がご往生され、臨終のお勤めもすます前に、ご法話をいただいたことを昨日のように思い返すことです。諸行無常の理を味わいつつ、一年のたつ早さを感じつつ、聴聞させていただきました。

また、御講師の天野師より、長沼名物のかりんとう饅頭をたくさんいただき、休憩時間に皆さんと頂戴させていただきました。本当においしいですね。

まもなく3月になります。だんだんと日も長くなってきました。あちらこちらの御家庭にも、ひな人形を拝見するようになりました。次回は桃の花を仏花に使おうかとも思います。どうぞご参詣ください。

婦人会総会・新年会 2月2日

壮年会に引き続き2日に婦人会の総会・新年会が行われました。当日は荒れ模様の天候となり、時より吹雪いて視界が薄くなり、交通機関も影響がありました。そんな中ではありましたが、多くの会員の皆さんに参集いただき、賑々しくおこなわれました。

11時より総会が行われ、住職・髙間責任役員の挨拶があり、平素からの奉仕活動や婦人会活動に尽力いただいていること、感謝申し上げました。特に今年は創立100年の事業が行われるということもあり、多くの先輩諸氏が受け継いでいただき、今日がある事を感謝し、益々会の繁栄に力を合わせていきましょう。と笠羽会長からもご挨拶いただきました。

会員の阿部さんが議長に選出され、事業報告・決算、事業計画・予算、そして創立100年事業の計画予算案が、上程通り承認されました。そして、記念に制作された会員式章が会長より披露されました。12月に予定されている100年事業の時は皆さんで着けて参拝させていただくことになりました。

総会も終わり、新年会が広間で行われました。おいしいお弁当と、役員さんが朝早くから作っていただいたけんちん汁をいただきながら、楽しい一時を過ごさせていただきました。

そして豪華景品が用意されて、ビンゴゲームが始まり、数字を読み上げられると、歓声が上がっていました。

最後に住職賞・坊守賞・前坊守賞だされ、ジャンケンゲームでそれぞれ勝ち抜き、笑顔で受け取っていらっしゃいました。会場はマイクの音も聞こえないほど、おお盛り上がりでした。参加いただいた皆さん、そして準備からご苦労いただいた役員の皆さん、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。



 

壮年会総会・新年会 1月29日

昨年20周年を終えた壮年会、新たな年度をむかえ30年に向かって1月29日総会・新年会が行われました。総会に先だち勤行の調声は幹事の髙間さん、脇に会計の月田さん、幹事の熊野さんによって、重誓偈のお勤めをさせていただきました。

住職と髙間責任役員より、20周年を記念してお寺に経卓二基を寄贈していただいた御礼や、平素からお寺の行事に奉仕いただいていることに感謝し、これからも会員の皆様のご協力によって壮年会を盛り上げていただきたいと、挨拶がありました。

総会では事業報告・決算および事業計画・予算がそれぞれ審議され、上程通り承認いただきました。また、宮崎会長より退任願が提出されたのに伴い、任期途中ということもあり、後任に徳永副会長が会長に就任されました。

 宮崎会長には、7年間という長期にわたって会長をお勤めいただき、特に20周年という節目も、会のまとめ役として尽力いただきました。また、札幌組の代表して教区の理事に、そして理事長となられて、北海道を代表してご本山等にも度々出向いていただきました。心より御礼申し上げます。

総会も終わり、新年会が広間で行われました。歴代の会長である安孫子さん、萩原さん、そしてこの度退任された宮崎さんにご挨拶いただき、これからの会の発展を共に願いつつ、膝を交えつつ楽しい宴を過ごしました。

また、新たに会員になられた、二階堂さん、筒淵さんにもご挨拶いただき、お仲間が増えたこもとても嬉しいご縁となりました。