月別アーカイブ: 10月 2016

深まる秋の境内~9月彼岸会最終日(9月22日)熊本復興支援バザー

dscf007110月も残すところあと四日となりました。20日には例年より早い積雪を札幌で観測し、冬の到来間近という今日です。眞願寺の団体参拝旅行も、皆様のおかげにより素晴らしい四日間となりました。あらためてご報告します。京都は小春日和のようでしたが、江別は寒いですね。

dscf0074_edited-1境内の紅葉も染まりゆく中、事務所ではストーブが活躍しています。サクラ・ナナカマド・カエデ・サツキ・・。そしてイチョウなど、風雨にさらされ散りながら、素晴らしいいのちの営みを、見せてくれています。

dscf0080_edited-1札幌では日本シリーズ第五戦があるようです。さてさて、大手はどちらのチームが先にかけるのでしょうね。

dscf8009_edited-1さて、9月22日彼岸最終日は賑々しく、一日を過ごさせていただきました。朝から婦人会・壮年会の方々がご奉仕いただき、恒例のなごみ食堂で、皆さんにお昼のお斎(昼食)をお手伝いいただきました。

dscf8018婦人会の皆様は厨房で、壮年会の皆様にはおはこびをお願いしました。とてもありがたくお蕎麦におうどん、おいしく頂きました。小さな子供たちにも人気だったようです。

dscf8042_edited-1dscf8023dscf8032_edited-1dscf8015法要30分前にはご本堂にもたくさんの方が、参集いただいていましたので、法務員の竹澤真哉さんより、「一口法話」をいただきました。ご自坊の松雲寺様のお父様のお話などをふまえて、笑いもありなごやかに聞かさせて頂きました。

dscf8056_edited-1午後1時よりご法要が始まり、ご本堂より廊下まであふれるご参詣(180名)を頂く中、皆さんとご一緒に「初夜礼讃」のお勤めをさせていただきました。この度の四日間のあと二dscf7470日間はお彼岸でははじめて「初夜礼讃」のお勤めをさせていただきました。今年の7月に行われた一般公開御堂コンサートの中で「初夜礼讃の無常偈」をお勤めし、とてdscf8093も良かったというご意見を多数いただき、皆さんとご一緒にお勤めさせていただきました。

音の上がり下がりや節回しなども多く、とても難しいお勤めではありますが、最終日は皆さん大きな声でご一緒にお勤めいただきました。お勤めの後は住職の御文章拝読をお聞き頂きました。

dscf8065_edited-1ご法話は四日間とも清水谷篤仁師におひもとき頂きました。最終日は先に御往生されたご自身のお父様のお話をまじえ、受け継がれる子との大切さ、そして法を頂戴するこdscf8132とのすばらしさを、わかりやすくお話し頂きました。

また、熊本地震のお話では、予想もし得なかった大地震が起きたときの生々しい経験談や、ご自身のお寺が被災し現在更地となってしまった現実、今後に向かって御門徒が立ち上がって下さっdscf8169_edited-1た話など、そして「地震の話をすると、そうしても・・・。でも皆さんありがとうございます。」と。最後は涙、涙でした。

dscf8172_edited-1ご法話終了後に、眞願寺より「お見舞い金」をお渡ししました。またまた涙。こちらも涙。参拝の皆様も目をうるませながら、皆さんとご一緒に新公寺様の一日も早い復興を心より願いつつ、終了となりました。

さてさて、お待ちかねのバザーがはじまりました。当然のごとく熊本復興支援バザーとなり、坊守が熊本から取り寄せた焼酎はじめ物産をたくさんお求め頂きました。そして恒例の新米「ユメピリカ」はじめタマネギ・ジャガイモ、カボチャなどたくさんのお野菜、ご協力頂いた品々をたくさん飾らさせて頂きました。

dscf8152dscf8187dscf8179お陰様で30分ほどで、ほとんどの品物が完売しました。売上金とこの日にご協力いただいた熊本支援募金、四日間の賽銭をあわせて26万円を熊本教区に送金させてdscf8151いただきました。皆さんの善意、そして何よりも心を寄せていただいた思いは、きっと熊本にも届いたことでしょう。ご協力ありがとうございました。

dscf8188_edited-1そして、清水谷篤仁師、はるばる熊本より四日間のご縁、本当にありがとうございました。

 

深まる秋の境内 -9月彼岸会に札幌龍谷高校吹奏楽部演奏会ー

dscf9239

今日(10月19日)は秋晴れのあたたかないいお天気になりました。10月も後半に入り、雪虫も飛ぶようになりました。境内の紅葉も日に日に深まってきたようです。

dscf9242

dscf9265緑一色だった6月からあっという間に夏も過ぎ、早足で冬仕度の季節になってきました。明日からは一段と寒くなるようでrす。

dscf9278_edited-1dscf9273_edited-2

 

 

 

 

dscf9269_edited-1風邪もはやってきているようです。うがい手洗などをこまめにして予防して下さい。

dscf7554_edited-1さて、ひと月前の行事報告になります。秋の彼岸会が9月19日より四日間修行させていただきました。四日間でのべ380名の参詣を頂き、ご一緒に尊いご縁を頂きました。

dscf7609_edited-1ご法話は諸般の都合により急遽11月の永代経にご縁を頂く予定だった、清水谷篤仁師においでいただき、秋彼岸の予定だった加藤尚史師に秋永代経にお越し頂くことになりました。ご両人とも熊本県のご住職であられ、特に秋彼岸にご縁いただいた清水谷師は、熊本市内本荘町の新公寺様で、熊本地震によって境内は現在更地となっていらっしゃいます。地震の被害をもろに受けられ、本堂・庫裏すべて解体せざるおえなかdscf7875-1ったということです。現在は知人の集合住宅に仮住まいをされ、お子さん3人とご一緒に避難生活をされています。そんな大変なご事情ではありますが、だからこそ、北海道の地にお越し頂き、現実から少し離れて一息入れて頂ければと、お越し頂いたことです。

笑いあり、涙あり、そして心を寄せ合いながら、熊本の復興を願いつつ、門信徒皆様と聴聞させていただきました。

初日19日、ご法話が終ってから御堂コンサートということで札幌龍谷学園高等学校の吹奏楽部の皆さんにお越し頂き、とても楽しく演奏を聞かさせて頂きました。春のお彼岸では毎年江別第一中学校の吹奏楽部皆さんにお越し頂いていますが、高校生の演奏は、落ち着いた雰囲気の中で、参詣者も参加しつつ楽しい一時でした。

dscf7786_edited-1先ずは恩徳讃の演奏に合わせて皆さんと一緒に歌い、真田丸のメインテーマ・麦の歌・雨のち晴レルヤ・365日の紙飛行機など、皆さん聞き覚えある曲を演奏して頂きました。

dscf7702_edited-1dscf7691_edited-1参加型ということで、「イントロクイズ」があり、豪華景品も用意され、耳を澄まして曲目を当てて楽しみました。結構簡単でした(笑)

dscf7770_edited-1dscf7780_edited-1dscf7774_edited-1

 

 

 

また、指揮体験コーナーでは、顧問の先生にデモをして頂き、3人が挑戦しましたが、初めの吹き出すところの指揮が難しかったようです。「剣の舞」というテンポ早い難しい曲でしたし大変だったようです。見ている側はとても楽しかったです。(笑)

dscf7793_edited-1

そして「明日があるさ」・アンコールは「いい湯だな」ということで、楽しい演奏も終了。住職から生徒さん皆さんにお礼として図書券を渡されました。顧問の野口先生、そして吹奏楽部の皆さん、本当にありがとうございました。

dscf7706_edited-1

ちなみに部員の中に江別第一中学校吹奏楽部の卒業生も2名いて、この本堂で演奏した経験がある子供が、再び演奏していただいたのは、とてもうれしいご縁でした。

悲しみのご縁覚英寺様

10月に入り一日一日秋が深まりつつあります。いのちの営みを感じつつ、色づく木々の葉やちりゆく姿を見つめつつ、過ごしています。

002

一年半という歳月を病気と向き合いつつ一生懸命に生き抜かれた、覚英寺坊守海野敦子様でしたが、10月4日往生の素懐を遂げられました。70年のご生涯をしのびつつ、いただいた数々のご縁に感謝し、お参りさせていただきたいと思います。

004 又、覚英寺様は今年の春に前坊守様が御往生され、葬儀があったばかりで、半年で大切なお二人の葬儀を出すこととなり、ご寺族ご院内皆様のお悲しみも、計り知ることは出来ません。ともに心を寄せつつ、お念仏申させていただきたいと思います。称名

 

通夜10日午後6時 葬儀11日午前10時 会場 覚英寺様本堂

東日本大震災 七回忌 物故者追悼法要 主催札幌組 重点プロジェクト


 10月3日、本願寺札幌別院に於いて東日本大震災で被災されました東北教区相馬組(福島県)のご住職様・坊守様をお招きして「東日本大震災七回忌物故者追悼法要」を札幌組が主催し行われました。
 4年前より札幌組として被災された相馬組支援活動を、原発事故の影響で今日も非難されている相馬組の皆さんに心をよせて、「避難解除準備区域」などにあるご寺院の境内清掃作業や、報恩講参拝・ご門徒さんとの交流など、手を取
り合いつつ進めてきました。その取り組みには眞願寺からもご住職・木村総代・河合総代・萩原総代も参加し、思いを寄せてきました。
 そんなご縁から相馬組の常福寺様のご住職はじめ門信徒皆さんによる北海道団体参拝の時には、眞願寺にも参拝いただいたことです。(響38号16ページ参照)
 そんなご縁から相馬組とのご縁も深まり、この度のご法要を修行することとなりました。
 ご法要を前に、相馬組常福寺廣畑住職より、現状の報告を聞かさせて頂きました。この3月でまる6年となる事ですが、復興したといえる状態ではなく、時間がたてば経つほど原発事故の収束がいかに難しく、非難されている方をはじめ、関係する方々の苦しみも増すばかりの様です。聞かさせて頂ければいただくほど、原発事故の恐ろしさを思い知ると同時に、今日も苦しんでおられる多くの方々に思いを寄せつつ、心静かにご法要をお迎えしました。
 ご法要ではお供物やお花などをお供えする儀式が行われ、相馬組の坊守様はじめ、札幌組の坊守・各団体・龍谷高校などの代表の方が献具されました。

 眞願寺からは坊守と宮﨑壮年会会長が参加されました。
 ご法要は導師に別院黒田御輪番にお願いし、相馬組の湯澤組長はじめご住職、皆様と札幌組を代表して組長(眞願寺ご住職)はじめ多くの住職が出勤されました。参拝者も札幌組内の門信徒はじめ多くのご縁ある方々が参拝頂き、ご一緒に思いを寄せつつ、お焼香し、おつとめさせて頂きました。
 法要終了後の交流会では、相馬組の方々皆さんからお話し頂き、札幌組からの義援金を札幌組組長より相馬組組長組長挨拶では言葉に詰まってしまいましたが、参拝いただいた皆さん、協力いただいた多くの皆様に感謝申し上げ、今後もこのご縁を大切に思いを寄せつつ取り組んでいきたいとお話しさせていただきました。
 眞願寺からも参拝いただいた皆さんに心より御礼申し上げます。