月別アーカイブ: 1月 2016

門信徒総会新年会 1月24日

DSCF2085_edited-1 先日新たな年を迎えたばかりでしたが、はや1月も3日となりました。北海道でも冬のイベントがこれから多くなることでしょう。例年に比べると雪の少ない札幌ですが、雪祭りももうすぐですね。

DSCF2091さて、24日の午前中は壮年会の役員会があり、2月6日に行われる壮年会総会に向けての審議が行われました。特に今年は20周年をお迎えする事に鳴り、その事業についても花井あわれました。

DSCF2098婦人会役員皆様も朝から準備いただき、総会に出して頂く豚汁やお昼のおにぎりなど、ご協力いただきました。総代さんはじめ壮年会婦DSCF2099人会皆さんと昼食をいただき、午後1時よりご本堂で門信徒総会が萩原雅司総代の司会進行により開催され、100名近い方々が参集いただきご審議いただきました。

DSCF2166_edited-1

総会に先立ち讃仏偈を衆徒の鈴木氏調声のもとお勤めし、住職・髙間責任役員の挨拶、そして1月15日に本願寺で行われた御正忌報恩講大逮夜法要終了時に行われた「御門主御親教」の動画を、皆さんとご一緒に拝聴させていただきました。今年は大切な伝灯奉告法要があり、その後法要をお迎えされる御門主様のお心を聞かさせていただきました。眞願寺も10月と来年5月に団体参拝を企画しています。

DSCF2221_edited-1

その後、笠羽範夫総代が議長に選任され、昨年度事業報告・決算そして本年度事業計画・予算が上程され、満場一致にて可決承認いただきました。中でも昨年の事業ではスタンプラリーによって参拝者が多くなったこと、市内にも葬儀会社の斎場が増えたが、お寺を会場とした葬儀が増えたこと、一般公開講座や、江別第一中学校吹奏楽部の御堂コンサートなど、地域の方々にも足を運んでいただき、多くの方々がこのお寺に来ていただくことができたことなど、よかった点が多かったのではないかと報告させていただきました。これも役員はじめ壮年会婦人会いちょう会の方々、そして参詣いただいた多くの方々のお陰と、あらためて感謝申し上げ、この流れを続け、なお一層皆様とご一緒に出来る事からはじめたいと申し上げました。

議事終了後、人事についての発表があり、四地区の世話人が交代され新たに二地区が新設され、合計6名の方がそれぞれ住職より委嘱されました。なお、一地区は世話人退任に伴って解散し個人扱いとなりましたのでご報告いたします。(詳細は寺報響にて)また、清掃当番地区の発表があり、約1時間半の総会も無事終了しました。

DSCF2231

会場を移動し3時より新年会が行われました。司会は河合弘美総代です。ご挨拶と乾杯を安孫子建雄総代より発声いただき、皆さんとご一緒に杯を上げさせていただきました。引き続いて萩原建興いちょう会会長の発声により「食前のことば」がありました。

DSCF2101飲み物は日本酒をはじめ、焼酎、ウイスキーなどたくさん出され、おいしいお酒をいただきつつ、会話に花咲きDSCF2325_edited-1賑々しく時間が過ぎていきました。その中で新たに地区世話人になられた五十嵐登さん、平野光男さん、有末眞さん、倉谷直DSCF2330_edited-1樹さんの4名より一言スピーチいただきました。

DSCF2335_edited-1さて、恒例のくじ引き景品の受け渡しが始まりました。特に今年の景品は「お花」が多くあり、寒い冬ではありますが、お家に飾れるお花だけに、よろこばれていました。そして責任DSCF2277DSCF2340_edited-1役員賞・住職賞・坊守賞・前坊守賞のくじ引きが行われました。責任役員賞と前坊守賞が胡蝶蘭、坊守賞と住職賞は腕輪念珠がそれぞれの方に渡されました。

DSCF2392

そして最後に特別住職賞の「今年の書」と高級腕輪念珠が、これも恒例のジャンケンゲームでみごと勝ち抜いたからがゲットされ、最後の最後に男性用念珠(住職がその時身DSCF2391_edited-1につけていた)がこれもジャンケンゲームでプレゼントされました。

DSCF2399お陰様でもりあがりも最高潮となりましたが、最後に坊守より「今年も是非ご参詣を」と挨拶があり、「食後の言葉」をいちょう会の三上ご夫妻によっておこなわれ、お開きとなりました。

DSCF2401_edited-1多くの方とともに楽しい一時を過ごさせていただき、今年の事業も始まりました。ご参詣いただいた皆様に心より感謝申し上げます。そして2月1日は私が会長を務めDSCF2404_edited-1る札幌雅友会の総会、2月2日が婦人会、2月6日が壮年会とそれぞれの総会がおこなわれす。天候が荒れなければと思いつつ、心新たに議事を見つめていきたいと思います。

御正忌報恩講勤まる 今夜より大荒れ注意

DSCF2043

年が明けて例年に比べると穏やかな冬の日が続いておりましたが、ここ2日ほどは、毎日除雪に汗かく様になりました。境内も松などの樹木は雪の傘が出来ていました。親鸞聖人の傘も重たそうになっています。

DSCF2044

今朝の気温も境内で-14°に下がり、外に出ると「しばれる」感じです。そんな中でも、野鳥は元気よく飛び回っていました。餌台もにぎわってきていますね。冬場は野鳥の餌DSCF2045が激減するので、野鳥も大変ですね。

DSCF2074_edited-1さて、そんな中ですが16日は眞願寺でも御正忌法座が午後1時より勤まりました。雪も降りましたので参拝者は少ないかと思いましたが、お陰様で70名近い方々の参詣をいただき、賑々しく正信偈のお勤めをさせていただきました。

DSCF1982_edited-1

ご法話は増毛町の藤順生師におひもときいただきました。親鸞聖人のご恩に感謝しつつ聴聞させていただき、ありがたくお念仏申させていただきました。皆さんようこそのご参詣でした。

DSCF2035

ご法座が終わり、午後4時より定例の総代会が行われ、門信徒総会にかけられる議案などについて議論いただきました。総代役員皆さんより、貴重な意見をいただき、今年も一人でも多くの方がこのお寺に来ていただける様、努めていきたいと心新たにさせていただきました。

 

edited_DSC_1118_edited-1京都本願寺においては、9日より16日まで御正忌報恩講が修行去れました。お陰様で今年も12日の日中法要・逮夜法要に出勤し、御真影様(親鸞聖人御木造)に御礼申し上げさせていただくことができました。

DSC09718特に今年は9日の初逮夜法要には前坊守が参拝し、12日の逮夜法要には当別勝圓寺様御住職とご一緒に内陣に七条袈裟で出勤し、坊守・娘・東京の母・叔母・甥も一緒に参拝させていただき、翌朝6時からの晨朝勤行にDSC_1231は長男と一緒に参拝させていただくことができました。

ご本山の御正忌という門徒として一番大切なご法要ですが、参詣が少ない様に思えました。御正忌だけではなく、ご本山に参拝させていただくことの大切さを、身近な方よりこれからも伝えていかなければと感じた事です。

DSC09721

DSC_1119 13日には大谷本廟明著堂のお夕事に参拝させていただきました。この明著堂の奥にあるのが六角堂(親鸞聖人御廟)です。

DSC09747

DSC09745そして眞願寺の納骨堂にも参拝させていただきました。多くの眞願寺門信徒皆様が分骨されています。

DSC09752

15日はインターネットの同時放映で御門主様の御親教をいただきました。その動画を録画し、翌日の総代会にも皆さんに見ていただきました。今年はいよいよ「伝灯奉告法DSC_1113_edited-1要」です。眞願寺も本年10月と翌年5月に団体参拝をさせていただきます。多くの方とご一緒できればと願うばかりです。

東京でも雪の便りが聞こえてきました。今晩1月18日から道内でも荒れた天気になりそうです。先日は地震もありましたね。自然の中で生かさせていただいているわが身ですが、先ずはいつ起こるかわからない自然災害について身近な備えだけはしておきましょう。眞願寺も江別市指定の避難所になっています。

元旦会

DSCF1668

1日午前0時半より元旦会が勤まりました。除夜の鐘を打ち終えた方々も、広間で時を過ごされ、くじ引き券を引いてご本堂に参集されました。

住職がご本尊に焼香されご一緒に合掌礼拝、讃仏偈のお勤めを皆さんご一緒にさせて頂きました。ご法要の最後には住職が両脇段(親鸞聖人・蓮如上人)両余間(向かって左余間に廣如上人・明如上人・七高僧・聖徳太子、向かって右余間に当寺第二世廓然師・第三世廓也師・第四世廓悟師)にそれぞれ焼香し、退出しました。

DSCF1705_edited-1

法要終了後、住職の法話では、新年「住職の書」のお話と、「布施」特に「無財の七施」について話があり、混沌とした世界や社会の中で、今年の目標がない方は是非にとのお話でした。

法話も終わり皆さんお待ちかねの新年恒例のくじ引きが行われました。

DSCF1723

今年は腕輪念珠、チョコレート、正月の花籠、ぬいぐるみ、スターウォーズのクッション、お米10キロ、そして住職の新年の書などで、当たった方が次の方を引き当てる方法で、兄弟で引き当てたり、親子で引き当てたりと、楽しい一時でした。

DSCF1766

DSCF1802午前1時半におみやげの「お年賀」を皆さんに配られ、終了となりました。皆さんようこそのご参詣でした。

除夜会~除夜の鐘

DSCF1535

12月31日午後2時からはじまった除雪作業と除夜会の準備も、例年に比べると雪も少なく短時間で出来たようです。ご奉仕頂いた壮年会の皆さんありがとうございました。

DSCF1524

午後10時にはご奉仕頂く方が集合して頂き、かがり火に火を入れて頂きました。山門前と境内六ヶ所に明かりが灯り、パチパチと薪の燃える音が、何とも風情がありますね。寒い中、今年も外で奉仕頂いている皆さんとハイチーズ!

DSCF1564

DSCF1571さて、11時を過ぎますとそろそろ参拝者がおいでになります。受付で記名いただき、除夜の鐘整理券を配布し、そして11時半より多くの参拝者の方々と除夜会をお勤めさせていただきました。

DSCF1586

重誓偈のお勤めの後、住職より一口法話があり、福島県浪江町の常福寺様では、この時間そこに居ることが許されていないので、昼間に住職が除夜の鐘を打たれてきた。眞願寺では例年通り除夜会をお勤めしたが、一度一度のご縁を当たり前なこととして参るのではなく、こうして今年も参れたことを偶然の縁として感謝しなければならない、と話しました。

DSCF1590_edited-1

DSCF1608ご法話が終わり11時50分頃より除夜の鐘が始まりました。煩悩を打ち消すのではなく、煩悩だらけのままで新たな年を迎えさせていただくこと、そして、ここに命があることを鐘の響きとともに感謝させて頂きました。

DSCF1634そして鐘の響く境内で有縁の皆様と静かに年を越させて頂きました。

DSCF1627