月別アーカイブ: 9月 2012

対雁(ついしかり)の碑(いしぶみ)

 明治8年、日本とロシアの間で樺太千島交換条約が締結され、樺太南部のアイヌ人108戸、841人が北海道に移住させられました。
 紆余曲折のすえ対雁への農業移民として移されたのは明治9年のことでありました。
アイヌ移民の生活を混乱に陥れたのは、明治12年春以降、全国的に蔓延したコレラ等の伝染病でした。犠牲者数は319人となりました。当眞願寺の過去帳によれば、351人と記録されておりますが、これは伝染病以外の死亡者数も含まれていると思われます。この悲運に見舞われた人々の追悼法要は、開教間もない対江説教所(後の眞願寺)により執り行われました。
 説教所開設に奔走した移民共救組合の上野正代表は、彼等の総墓碑を建立するため、明治20年8月9日、北海道御巡教中の本願寺門主明如上人に、追悼碑のご染筆の陳情をいたしました。また、この折には説教所の寺院への引き直しについても要請をいたしております。
 明治22年に眞願寺と寺号公称された境内に、翌年
乘佛本願生彼國(じようぶつほんがんしようひこく)』
の碑が建立されたのであります。この刻まれた七文字の出典は、善導大師の『往生礼讃』日没讃の「佛の本願に乗じて彼の国に生ぜん」にあります。
なお、碑の裏面には当時の西本願寺北海道出張所長安藤龍暁師の撰述した文が、佐久間慶太郎氏の書で次のように刻まれております。

逝者、如斯、夫樺太人之移住、於此地以来、長逝者三百数十名、嗚呼哀哉、夫生者必死普率雖広豈有一人免死者哉、況生命之危、花露風燈不啻茲共救社長上野正君、欲為前後死者、有縁無縁三界万霊、建碑以表追慕之意矣、会明治二十年八月、本願寺法主飛錫、於此地正君所願法主、法主即題乗仏本願生彼国之七文字与之、今年十一月龍暁巡遊之際、正君需記其因、由因書之碑、陰如此
  明治二十三年十一月
    本願寺北海道出張所長 安藤龍暁謹書
        佐久間慶太郎拝書
その後、眞願寺は江別地区の現在地に移りましたが、この碑も同時に移設されました。
 明治31年のことであります。
長い間、江別の地にあった碑でありましたが、明治37年の庫裏の改修を機に、アイヌの人々の埋葬の地である対雁に移設され現在に至っております。
なお、昭和54年からは欠かすことなく、毎年『対雁の碑』の前で、法要が行われております。

坊守から・平成24年9月

 境内の小菊につぼみがつき、夜には虫の声が聞こえてきます。
 今年の夏は残暑も厳しく「あついですね~」が第一声でした。お寺では春に婦人会の方々が植えて下さったお花もまだ元気に咲き、皆さんから「きれいですね~」とたくさん言っていただきました。思えば今年はいつもより一生懸命お水をあげていたような…
 お花は何も言わずに自然におまかせしたまま!えらいですね。ところでわたしは「暑い寒い、忙しい、つかれた、ねむい、好き嫌い」など口に出し文句ばかり言ってます。お恥ずかしい。お花になって少しがまんが出来るようになりたいものです。
 先日ご法話を聞いていましたら、『~暑さ寒さも彼岸まで~とは皆さん、季節の節目ばかりを言っているのではないのですよ。わたくし達のいるのは暑い寒いと不平不満ばかりのこの世の中。彼岸とはお浄土。お浄土はきれいで不平不満などないほとけさまのすばらしい世界のことです。その彼岸にいくまで私達はもがき苦しんで、そして喜びや悲しみにであっていくという意味なのです』と教えていただきました。
 いつの日か彼岸にいく時まで、文句いいながらでも大切に過ごさせていただこうと思うことでした。

相続

 明治17年に開教した眞願寺も来年で130年目をむかえます。その間にこのお寺にご縁をいただいた方は、計り知ることは出来ないが、歴史を振り返ると開墾当時の屯田兵の方々のご苦労や悲しみのご縁、移住を強いられ対雁でなくなった樺太の方々のご縁は、寺史に刻まれた開教当時の出来事です。以来、幾多の悲しみをご縁として、代々にわたって「念佛繁盛」と「寺門興隆」のため、このお寺の土台となり、柱となり、屋根となって、ご尽力いただいてきました。また、家にあっては、お佛壇を中心にお念佛いただく生活、そのお姿を子や孫に伝えてこられたことでしょう。そのご懇念が実を結んだ姿が、まさしく今日の眞願寺といえます。
 しかし「核家族化」は「家族」そのものの意味を失い、人と人との繋がりや家族の文化や歴史を断ち切ろうとしています。「うちのお雑煮の具はね~」や、「うちの味噌汁はにぼしのだしがね~」などと、伝わってきたよき文化、そして佛壇を中心とした生活じたい失われつつあります。お葬式やご法事、結婚式なども、お寺でする方も希になり斎場などの会館が主流となっただけでなく、ご近所皆そろって悲しみやよろこびを分かち合ってきたよき文化が、「家族葬」や「二人だけの結婚式」などが増え、近所にいても亡くなったことさえ知らされない時代になってきました。
 『お寺』や『お念佛』とご縁をむすぶ機会さえない今日の若き世代の方々へ、お念佛の声が響き届くよう、繋がりを求めつつ明日へと歩んでいかなければと願うばかりです。
 < 新しい宗派の総合テーマが『そっとつながる ホッがつたわる~結ぶ絆から広がるご縁へ~』と制定されました>

平成24年 報恩講ご参拝のご案内


門信徒みなさまのご参詣をお待ちしています。
親鸞様の御遺徳を偲び感謝し、み教えを聴かさせていただきましょう。

ご法話のご講師

大阪市 清岡隆文師

9月28日(金)

午後1時半 初逮夜法要
御伝鈔拝読
2時半 ご法話

9月29日(土)

正午 お斎(昼食)
午後1時半 大逮夜法要
引き続き 門信徒追悼会
午後3時半 ご法話
午後5時 お斎(夕食)
午後6時 初夜法要~灯火の集い~

9月30日(日)

午前7時 晨朝勤行
7時半 ご法話
8時 お斎(朝食)
10時 満日中法要
11時 ご法話
12時 終了

お斎(おとき)

3日間のなかで3回の食事のご接待がございます。「ご参拝のご案内」チラシについているお斎券をお持ちの上、どなたでもおいで下さい。
婦人会と当番地区の皆様のお作り下さる精進料理をお召し上がり下さい。そしてご法要も参詣下さいね。
お斎券は1回に何名様でもご利用いただけます。

秋のお彼岸


眞願寺ではご法要とご法話が4日間ございます。
ご本堂はじめ境内が美しくととのった江別の念佛道場。
秋の彼岸会に皆様おそろいでお参り下さい。

日にち平成24年9月19日~22日
時間午後1時よりご法要(40分)
ご法話(40分を2席)途中休憩あり
ご法話の講師熊本県法雲寺住職加藤尚史師
お茶とお菓子の接待もございます。最終日(22日)はお餅が配られます。休憩含め終了は午後3時半ごろの予定です。

眞願寺なごみ食堂・バザーのご案内(壮年会・婦人会主催)

日にち平成24年9月22日
時間 11時半~12時半
なごみ食堂 豚汁とおにぎりの接待があります。

3時半~4時半(法要終了後)
恒例のバザー 本年は諸般の事情により、漬け物・飯物は販売致しませんが、新米などは例年通り販売の予定です。ぜひ皆様でおこし下さいませ。