月別アーカイブ: 9月 2011

報恩講二日目 満堂の大逮夜法要

29日、報恩講中日をお迎えし、親鸞聖人の御恩に報ずる大切な一日を過ごさせていただきました。午後1時半からの大逮夜法要と門信徒追悼法要は、満堂のご参詣をいただき、廊下まで椅子をならべ参詣いただきました。

ご法要前には出勤される僧侶が一室に集まり、門徒責任役人の髙間氏よりご挨拶申し上げ、会奉行の勝円寺ご住職より差定の説明が行われます。

大逮夜法要は相焼香の安楽寺ご住職様の御導師をいただき、親鸞聖人のお示しいただいた「正信偈」を皆さんとご一緒に勤めさせていただきました。

引き続き行われた本年度門信徒追悼法要には、この1年間で悲しみのご縁をいただいた多くの皆様にご案内し、故人を偲びつつ御焼香いただきました。

この二座のご法要には、札幌雅友会の皆様による雅楽の生演奏の中で、総勢25名のご法中(僧侶)により、賑々しくお勤めいただきました。ありがたいことです。

御法話は、昨日に引き続き、広島県足利法水師におひもときいただき、親鸞聖人がお示しいただいたお念佛の道を聴聞させていただきました。

午後6時からの初夜法要(万灯会)には子供たちも集い、ともしびを御尊前におそなえし、老若男女そろって夕べのご法要をお勤めしました。

亡き人を偲び亡き人の為にお参りしていた私が、亡き人がみほとけとなられて、私をお導きくださり、手をあわせお念佛申したときに、阿弥陀様はたらきに出会い、親鸞さまの御恩に気づくことです。阿弥陀如来み手にいだかれている、尊い私のいのちと聞かさせていただきました。明日30日は朝7時より晨朝勤行、10時より満日中法要をお迎えします。どうぞ皆様、尊いご縁にご参詣いただきますよう、ご案内申し上げます。

親鸞聖人報恩講初日 晴天に恵まれ

いよいよ報恩講初日をお迎えしました。朝から総代さんが集まり、境内の準備にご奉仕いただきました。天候は快晴!くも一つ無い秋晴れに恵まれました。山門、ご本堂、玄関には幕が掛けられ、佛旗が空高く掲げられました。

山門近辺や道路渕にも佛旗の竿が設置され、報恩講が行われていることを内外にお伝えします。

厨房も婦人会皆様のご奉仕で、お昼のお斎の準備が進みます。メニューはもちろん精進料理で、つめたいおうどんに、野菜の天ぷら、そしてお漬け物に天ぷらでした。おいしくいただきました。

 

ご本堂のお荘厳も整い、ご法要をまつばかりになりました。真っ赤に染められた絹地に真っ白に刺繍された牡丹に蝶々が飛んでいる打敷をかけると、報恩講をお迎えした感が深まり、身が引き締まる思いです。

午後1時半からの初逮夜法要の御導師は浄光寺住職様にお願いし、十二礼作法を皆様とお勤めさせていただきました。引き続き御伝鈔上巻の拝読があり、皆様には配布した「報恩講冊子」を見ていただきつつ、聴聞いただいました。その後御法話が一席あり、広島県足利法水師により、親鸞聖人の御生涯をひもとかれながら、阿弥陀如来のご本願のおいわれを聞かさせていただきました。

尚、ご本堂には婦人会華道教室の展示やご本山の大遠忌法要に使われたおおきな蝋燭も展示されています。

明日は午後1時半より雅楽の演奏の中、大逮夜法要・門信徒追悼法要があります。夕方6時からは初夜法要として万灯会が行われます。どうぞ皆様お誘い合わせいただきご一緒にご参詣下さいますよう、お願いします。

 

南幌町妙華寺様で報恩講・750回大遠忌・歴代年忌法要

9月10日より12日まで三日間、南幌町妙華寺様で報恩講が、その間に親鸞聖人750回大遠忌法要、前住職さま十三回忌・前々住職さま坊守様さま二十五回忌の年忌法要がおこなわれました。

三日間のご法要にはたくさんの門信徒がご本堂に集い、尊いご勝縁をいただかれ、お念佛ご相続されました。大遠忌法要ではご住職がお導師をつとめられ、法中皆さんが七条袈裟を纏い、すばらしいお荘厳の中で五千枚の華芭が散華され、宗祖のお徳を偲びつつ讃仰させていただきました。

三日目の報恩講満座法要に引き続き年忌法要と営まれました。ご本堂の御本尊阿弥陀如来様の宮殿にかかる戸帳の裏地を拝見すると「親鸞聖人700回大遠忌法要記念」と記されていました。五十年前の大遠忌を記念として御門徒が寄贈されたものでしょう。

50年前の妙華寺様住職は義学師でした。義学師と坊守様の二十五回忌、そして当時よりご苦労された前住様の十三回忌を750回大遠忌というご勝縁の節目に、その戸帳を通し阿弥陀如来を仰ぎつつ、50年前おさなくおいでになった現住職様を中心に営まれた、尊いご相続のご縁でした。

平成23年 報恩講ご参拝のご案内


門信徒みなさまのご参詣をお待ちしています。
親鸞様の御遺徳を偲び感謝し、み教えを聴かさせていただきましょう。

ご法話のご講師

広島県 足利法水師

9月28日(水)

午後1時半 初逮夜法要
御伝鈔拝読
2時半 ご法話

9月29日(木)

正午 お斎(昼食)
午後1時半 大逮夜法要
引き続き 門信徒追悼会
午後3時半 ご法話
午後5時 お斎(夕食)
午後6時 初夜法要~灯火の集い~

9月30日(金)

午前7時 晨朝勤行
7時半 ご法話
8時 お斎(朝食)
10時 満日中法要
11時 ご法話
12時 終了

お斎(おとき)

3日間のなかで3回の食事のご接待がございます。「ご参拝のご案内」チラシについているお斎券をお持ちの上、どなたでもおいで下さい。
婦人会と当番地区の皆様のお作り下さる精進料理をお召し上がり下さい。そしてご法要も参詣下さいね。
お斎券は1回に何名様でもご利用いただけます。

昨年の様子はこちら

平成23年 秋のお彼岸


9月20日(火)~23日(金)午後1時より3時半まで
ご本堂はじめ境内が美しくととのった江別の念佛道場。
秋の彼岸会に皆様おそろいでお参り下さい。

日程

午後1時より ご法要(40分)
ご法話(40分を2席)で途中休憩あり
お茶とお菓子の接待もございます。
最終日(23日)はお餅が配られます。
休憩含め終了は午後3時半ごろの予定です。

ご法話の講師

20日~22日
本願寺西山別院輪番
芦別市西林寺住職
小林義教(こばやしぎきょう) 師
23日
長沼町誓報寺住職
天野廣海(あまのこうかい) 師

眞願寺彼岸バザーのご案内(壮年会・婦人会主催)

9月23日法要終了後(3時半~4時半)まで
恒例のバザーを行います。
ぜひ皆様でおこし下さいませ。

昨年の様子はこちら