月別アーカイブ: 10月 2010

札幌組壮年の集い 10月31日

本願寺札幌別院で行われ、眞願寺からも8名の壮年会メンバーとご一緒させていただきました。御別院の中をあちらこちらと見学させていただいた後、広々とした御別院のご本堂で開会式。ホールに移動し、各会の活動報告を聞かさていただきました。各寺院ごとにアイデアを出し合いながら、活動をされていることを学びました。

その後御輪番のご法話をいただき、親鸞聖人の御生涯や、安芸門徒の精神など、わかりやすく聞かさせていただきました。懇親会は別院を後にして、宮ノ森ガーデンでジンギスカンとビールで懇親を深めました。札幌組にも壮年の輪が少しでも広まり、仏縁が広まればと願うばかりです。参加された皆様ありがとうございました。


江別小学校 学芸発表会

寒くなってきましたね。
今日はわが子の学芸発表会でした。江別小学校の発表会には、毎年多くの地元の方々もおいでになります。今年はわが子の最後とあって、ビデオとカメラを夫婦分担してハラハラドキドキ~ウルウルしながら鑑賞しました。今年の6年生は江戸時代の身分制度の悲劇で「ベロだしチョンマ」でした。難しい表現が大切な劇ですが、とてもよかったですよ。感動しました。

どの子供たちの姿を見ても、今を一生懸命に生きていることを教えてくれます。平素から大人のずるさの中で生活と社会におわれつつアクセク生きていますと、つい忘れがちな大切なことを思いかえさせてくれます。私も「未来あるいのち」だったことを。

やり遂げた充実感と、希望に満ちた今日の感動をいつまでも忘れずに、お互いに生かさせていただきたい、せっかくいただいた、たった一度のいのちを、精一杯生きぬきたいと、思わずにはいられませんでした。
夫婦そろってすばらしいご縁を娘からいただきました。いきているって、すばらしいですね。



突風で境内の楓が倒壊 10月26日

朝から荒れた天気になり、雪やみぞれも打ちつけ、特に風が強い一日になりました。午後5時過ぎ風の勢いが増して、風の音もはげしくなってきた時、寺務所の外で「ドン」と鈍い音が響きました。あわてて外を見ると、色づき始めた楓の木が、倒れているではありませんか。え~~っ!

すぐに雨具を来て外にで見ると、痛々しく根本付近が完全に折れて横たわっていました。思わずその木の下部分を見ましたが、人影もなく一安心ですが、自然の力のすごさに驚かされました。楓も、本堂建築の時に、半身を伐採していて、そのさるの腰掛け部分が腐り始め、浸透し、突風にたえきれなかったんだと思います。この日の江別は西南西の風8メートルだと言うことです。風が強い日の外出には、気をつけなければなりませんね。

突風で楓が倒れる

今日は朝から荒れた天気になり、雪やみぞれも打ちつけ、特に風が強い一日になりました。午後5時過ぎ風の勢いが増して、風の音もはげしくなってきた時、寺務所の外で「ドン」と鈍い音が響きました。

あわてて外を見ると、色づき始めた楓の木が、倒れているではありませんか。え~~っ!

すぐに雨具を来て外にで見ると、痛々しく根本付近が完全に折れて横たわるっていました。思わずその木の下部分を見ましたが、人影もなく一安心ですが、自然の力のすごさに驚かされました。楓も、本堂建築の時に、半身を伐採していて、そのさるの腰掛け部分が腐り始め、浸透し、突風にたえきれなかったんだと思います。今日の江別は西南西の風8メートルだと言うことです。風が強い日の外出には、気をつけなければなりませんね。




境内の秋④ 大根ほし

秋も深まってきました。今晩当たりから気温も下がり、明日には積雪になるとか。。もうすぐですね。

今日は朝から婦人会の役員皆様で、楽しませてくれた花々の片付けと、大根ほしがありました。「大根ほし」はこの時期皆さんの家庭でもよく見かけますが、お寺ではあまりしたことがありませんでした。農家の役員さんが、大根ほしと漬け物を教えてくださると言うことで、大根30本持参していただきました。皆さんで皮をむき、上手に♯に組んだり、じゃばらに編んだり、結構楽しそうでした。小生も最後の一本だけ「最後やらせて~!」とたのみ挑戦しました。風に吹かれて落ちなければいいのですが・・。

11月2日に、婦人会の常例法座の後で、漬けるそうです。出来上がりが楽しみですね。境内にほされた大根が、今晩からの冷たい風で、一層うまみを増しそうですよ。